TAKADA sohei

J-GLOBAL         Last updated: Jul 9, 2019 at 18:24
 
Avatar
Name
TAKADA sohei
Affiliation
National Institutes for the Humanities
Section
National Museum of Japanese History
Research funding number
80597188

Research Areas

 
 

Published Papers

 
髙田 宗平
国立歴史民俗博物館研究報告 = Bulletin of the National Museum of Japanese History   198 9-20   Dec 2015   [Refereed]
高田 宗平, 名和 敏光
国立歴史民俗博物館研究報告 = Bulletin of the National Museum of Japanese History   186 233-257   Mar 2014   [Refereed]
髙田 宗平
国立歴史民俗博物館研究報告 = Bulletin of the National Museum of Japanese History   175 55-76   Jan 2013   [Refereed]
一部非公開情報あり
高田 宗平
Bulletin of the National Museum of Japanese History   163 265-292   Mar 2011   [Refereed]
日本古代の『論語』注釈書の受容について、日本史学では『論語集解』のそれに関しては研究が見られるものの、『論語義疏』については等閑に付されてきた。このことに鑑み、『論語義疏』を引用する日本古代典籍の性格、成立時期、撰者周辺の人的関係を追究すること、古代の蔵書目録から『論語義疏』を捜索すること、古代の古記録から『論語義疏』受容の事跡を渉猟すること、等から、日本古代の『論語義疏』受容の諸相とその変遷を検討した。『論語義疏』は、天平一〇年(七三八)頃には既に、日本に伝来しており、奈良・平安時代を通...
高田 宗平
The journal of kanbun studies   (6) 9-56   Mar 2011   [Refereed]
高田 宗平
The journal of kanbun studies   (5) 161-173   Mar 2010   [Refereed]
高田 宗平
Bulletin of the National Museum of Japanese History   145 349-371   Nov 2008   [Refereed]
旧稿「『令集解』所引『論語義疏』の性格に関する諸問題」では、『令集解』を始めとする日本古典籍所引『論語義疏』と旧鈔本『論語義疏』は唐鈔本に由来する本文を遺存しているが、唐鈔本である敦煌本『論語疏』とは、本文の系統に関して一線を画す区別が必要であり、唐代には少なくとも『集解』所引『義疏』の本文に近いテキストと、敦煌本『論語疏』系のテキストが存在したことを明らかにした。旧稿で得た結論を確実なものにするためには、他の日本古典籍所引『義疏』の性格を旧鈔本『義疏』、敦煌本『論語疏』と比較検討する必要...
高田 宗平
Sokendai review of cultural and social studies   (3) 5-41   Mar 2007   [Refereed]

Association Memberships