山本 雅哉

J-GLOBALへ         更新日: 15/04/01 14:21
 
アバター
研究者氏名
山本 雅哉
 
ヤマモト マサヤ

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
福島県立医科大学 医学部 医学科 准教授
 

Misc

 
Uemura T, Yamamoto M, Kametaka A, Sou YS, Yabashi A, Yamada A, Annoh H, Kametaka S, Komatsu M, Waguri S
Mol. Cell. Biol.      2014年
Saito T, Saito T, Sato Y, Ise K, Anazawa T, Oshibe I, Haga J, Yamamoto M, Waguri S, Gotoh M.
Pancreas   41(2) 245-252   2012年
Miyamoto K, Iwadate M, Yanagisawa Y, Ito E, Imai J, Yamamoto M, Sawada N, Saito M, Suzuki S, Nakamura I, Ohki S, Saze Z, Kogure M, Gotoh M, Omicronbara K, Ohira H, Tasaki K, Abe M, Goshima N, Watanabe S, Waguri S, Takenoshita S.
Int J Oncol.   39(5) 1109-1115   2011年
Tanaka S, Sakamoto K, Yamamoto M, Mizuno A, Ono T, Waguri S, Kimura J.
J Pharmacol Sci.   181(2)    2010年
Oxidative stress decreases phosphatidylinositol 4,5 bisphosphate level by deactivating PIP5Kbeta in a Syk dependent manner
Chen MZ, Zhu X, Sun HQ, Mao YS, Wei Y, Yamamoto M, Yin HL.
J Biol Chem.   Epub ahead of print    2009年

書籍等出版物

 
Growth Factors
Cambridge University Press   1988年   

講演・口頭発表等

 
オートファジー隔離膜の形成過程には小胞体由来細管集合体が関与する
第66回日本細胞生物学会大会   2014年   
オートファジー隔離膜の形成過程には小胞体由来細管集合体が関与する
第14回日本蛋白質科学会年会   2014年   
オートファジー隔離膜の形成過程には小胞体由来細管集合体が関与する
第119回日本解剖学会総会・全国学術集会   2014年   
Tissue and cellular distribution of the clathrin adaptor accessory protein p56 in mouse tissues
XXIII International Symposium on morphological Science 2013   2013年   
オメガソームの微細構造解析
日本顕微鏡学会 第69回学術講演会   2013年   

Works

 
Klothoタンパクの糖分解酵素様構造はセンサーとして機能するのか
2012年4月 - 2013年2月
線維芽細胞成長因子(FGF)21の機能発現に関わる分子の同定
2009年4月 - 2011年3月
FGF21の膵臓β細胞での機能解析
2007年11月 - 2010年3月
線維芽細胞成長因子(FGF)21の機能発現に関わる分子の同定
2007年4月 - 2009年3月

競争的資金等の研究課題

 
線維芽細胞成長因子(FGF)と代謝調節
成長因子は細胞が分裂・増殖する為の因子として認識されてきた。
しかし、個体における代謝・栄養環境を制御する因子としての可能性が明らかにされつつある。
なかでも、線維芽細胞成長因子(FGF)に注目し、代謝と成長をコントロールするメカニズム、更には個体おける機能を解析することで将来的に臨床応用を目指したい。
ホスファチジルイノシトールを介した細胞応答の解析