今村 知世

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/08 12:17
 
アバター
研究者氏名
今村 知世
 
イマムラ チヨ
eメール
imamurackmed.showa-u.ac.jp
所属
昭和大学
部署
先端がん治療研究所
職名
准教授
学位
薬学博士(熊本大学大学院)
科研費研究者番号
00570954

研究分野

 
 

経歴

 
2019年3月
 - 
現在
昭和大学 先端がん治療研究所 准教授
 
2019年3月
 - 
現在
慶應義塾大学 臨床薬剤学 非常勤講師
 
2015年
 - 
2019年2月
慶應義塾大学病院 臨床研究推進センター教育・研修部門
 
2009年1月
 - 
2019年2月
慶應義塾大学医学部 臨床薬剤学
 
2017年1月
 - 
現在
理化学研究所 イノベーション推進センター杉山特別研究室 客員研究員
 

学歴

 
1997年4月
 - 
2000年3月
熊本大学大学院 薬学研究科博士後期課程 
 
1987年4月
 - 
1989年3月
熊本大学大学院 薬学研究科博士前期課程 
 
1983年4月
 - 
1987年3月
熊本大学 薬学部 
 

委員歴

 
2019年8月
 - 
現在
日本癌治療学会  代議員
 
2019年7月
 - 
現在
日本臨床腫瘍学会  教育セミナー運営部会
 
2018年7月
 - 
現在
日本乳癌学会  学術委員会
 
2017年10月
 - 
現在
日本がんサポーティブケア学会  評議員
 
2017年1月
 - 
現在
日本がんサポーティブケア学会  国際委員会
 

論文

 
Clinical impact of baseline renal function on safety and early discontinuation of adjuvant capecitabine plus oxaliplatin in elderly patients with resected colon cancer: a multicenter post-marketing surveillance study
Yamazaki K, Matsumoto S, Imamura CK, Yamagiwa C, Shimizu A, Yoshino T
Jpn J Clin Oncol      2019年10月   [査読有り]
Akamatsu H, Ninomiya K, Kenmotsu H, Morise M, Daga H, Goto Y, Kozuki T, Miura S, Sasaki T, Tamiya A, Teraoka S, Tsubata Y, Yoshioka H, Hattori Y, Imamura CK, Katsuya Y, Matsui R, Minegishi Y, Mizugaki H, Nosaki K, Okuma Y, Sakamoto S, Sone T, Tanaka K, Umemura S, Yamanaka T, Amano S, Hasegawa K, Morita S, Nakajima K, Maemondo M, Seto T, Yamamoto N
International journal of clinical oncology   24(7) 731-770   2019年7月   [査読有り]
Imamura K. Chiyo
Drug Metab Pharmacokinet   34(1) 14-18   2019年2月   [査読有り][招待有り]
Miura Y, Imamura CK, Uchino K, Kishida T, Matsubara N, Shinojima T, Kondo K, Hongo F, Yoshimura K, Tanigawara Y, Takano T
Clinical genitourinary cancer   17(1) e1-e11   2019年2月   [査読有り]
Yamauchi T, Fernandez JRE, Imamura CK, Yamauchi H, Jinno H, Takahashi M, Kitagawa Y, Nakamura S, Lim B, Krishnamurthy S, Reuben JM, Liu D, Tripathy D, Chen H, Takebe N, Saya H, Ueno NT
Oncotarget   9(6) 6872-6882   2018年1月   [査読有り]

Misc

 
臨床薬理に基づく投薬個別化を目指した臨床研究
今村 知世
乳癌の臨床   33(3) 235-243   2018年6月   [依頼有り]
今村 知世
ファルマシア   53(4) 338-342   2017年4月   [依頼有り]
免疫チェックポイント阻害薬の薬物動態と臨床薬理
今村 知世
腫瘍内科   19(1) 97-100   2017年1月   [依頼有り]
TDMによるアキシチニブの個別化投与を目指したPK/PD研究
三浦 裕司,今村 知世,谷川原 祐介
臨床薬理の進歩   179-185   2016年
分子標的薬のPK/PDとTDM
今村 知世
腫瘍内科   18(1) 79-85   2016年7月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
メディカルスタッフのための白血病診療ハンドブック
今村 知世
中外医学社(東京)   2017年10月   
チームで学ぶ女性がん患者のためのホルモンマネジメント
今村 知世
篠原出版新社(東京)   2017年7月   
Renal Cell Carcinoma
Imamura CK
Springer   2017年1月   ISBN:978-4-431-55531-5
抗がん薬の臨床薬理
今村 知世,谷川原 祐介
南山堂(東京)   2015年7月   
腎臓病薬物療法専門・認定薬剤師テキスト
今村 知世
じほう(東京)   2013年5月   

講演・口頭発表等

 
タモキシフェン pharmacogenomics研究から学んだこと [招待有り]
今村知世,谷川原祐介
第57回日本癌治療学会学術集会   2019年10月   
薬物動態に基づくS-1適正量算出式 [招待有り]
朴成和,今村知世,坊岡英祐,竹内優志,水上卓郎,谷川原祐介
第57回日本癌治療学会学術集会   2019年10月   
Phase I study of afatinib plus bevacizumab in patients with advanced non-small cell lung cancer harboring EGFR mutations
Tokito T, Ko R, Imamura CK, Shukuya T, Shimada N, Koyama R, Yamada K, Ishii H, Azuma K, Takahashi K
IASLC 2019 World Conference on Lung Cancer   2019年9月   
Exposure-Response (PK/PD) relationship に基づいた抗がん薬の個別化投与と適正使用 [招待有り]
今村 知世
医療薬学フォーラム2019   2019年7月   
肝機能低下患者への抗がん薬投与 ~評価指標と推奨用量のエビデンス~;がん薬物治療における「慎重投与例」への対応 [招待有り]
今村 知世
第17回日本臨床腫瘍学会学術集会   2019年7月   

Works

 
スペシャル・ポピュレーション (腎機能低下、肝機能低下、高齢者)への がん薬物療法 Part 2
今村 知世   その他   2019年4月 - 2019年4月
Exposure-response(PK/PD)relationshipに基づいた抗がん薬の個別化投与
今村 知世   その他   2018年8月 - 2018年8月
PK/PD relationship(Exposure-Response relationship)~小児における応用と今後の展望~
今村 知世   その他   2018年7月 - 2018年7月
春のふれあい座談会
今村 知世   その他   2017年9月
小野薬品工業株式会社MR研修用動画監修

競争的資金等の研究課題

 
高齢者がん診療指針策定に必要な基盤整備に関する研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2018年       代表者: 田村 和夫
小児Ph染色体陽性白血病に対するチロシンキナーゼ阻害薬の適正使用に関する研究開発
日本医療研究開発機構: 
研究期間: 2018年10月 - 2021年3月    代表者: 嶋田 博之
革新的がん医療実用化研究事業
Exposure matchingによるPK規定因子を指標とした個別化投薬の確立
科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
非小細胞肺癌患者に対するEGFR-TKIsの治療薬物モニタリング確立のための研究
科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
治験活性化に資するGCP運用等に関する研究
日本医療研究開発機構: 
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月

特許

 
特開平5-213752 : オメプラゾール含有坐剤の調製
今村 知世、西 玲子、小田切 優樹