鈴木 正泰

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/02 02:56
 
アバター
研究者氏名
鈴木 正泰
 
スズキ マサヒロ
所属
日本大学
部署
医学部医学科精神医学
職名
准教授
学位
博士(医学)(日本大学)
科研費研究者番号
20526107

研究分野

 
 

経歴

 
2002年
 - 
2004年
日本大学医学部 精神神経科 研修医
 
2008年
 - 
2009年
日本大学医学部 精神医学系 助手
 
2009年
 - 
2018年
日本大学医学部 精神医学系 助教
 
2015年
 - 
2016年
Vita-Salute San Raffaele University Department of Clinical Neuroscience visiting researcher(日本大学海外派遣研究員)
 
2017年
   
 
日本大学歯学部 兼担講師
 

学歴

 
 
 - 
2008年
日本大学 大学院 医学研究科 精神医学
 

委員歴

 
2018年
   
 
日本精神科診断学会  評議員
 
2018年
   
 
日本うつ病学会  評議員
 
2017年
   
 
日本生物学的精神医学会  評議員
 
2016年
   
 
日本時間生物学会  評議員
 
2014年
   
 
日本精神神経学会  薬物療法研修特別委員
 

受賞

 
2018年
第16回日本時間生物学会学術奨励賞(臨床・社会部門)
 
2018年
第23回日本睡眠学会研究奨励賞
 
2017年
日本睡眠学会第42回定期学術集会 ベストプレゼンテーション賞
 
2016年
Society for Light Treatment and Biological Rhythms Society for Light Treatment and Biological Rhythms 28th Annual MeetingPoster Prize Winner
 
2014年
日本大学医学部同窓会60周年記念医学奨励金研究助成金
 

論文

 
REM sleep behavior disorder predisposed by neuroleptic malignant syndrome: a case report
Konno M, Suzuki T, Kanamori T, Furihata R, Yokose H, Kubo H, Akiyama M, Suzuki M, Uchiyama M
Sleep Biol Rhythm   17 155-157   2019年
Association of Serum BDNF levels and the BDNF Val66Met polymorphism with the sleep pattern in healthy young adults
Saitoh K, Furiharta R, Kaneko Y, Suzuki M, Takahashi S, Uchiyama M
PLOS ONE   13 e0199765   2018年
Stressful events and coping strategies associated with symptoms of depression: a Japanese general population survey
Suzuki M, Furihata R, Konno C, Kaneita Y, Ohida T, Uchiyama M
J Affect Disord   238 482-488   2018年
Evidence for the efficacy of bright light for bipolar depression
Benedetti F, Avery D, Bunney W, Caliyurt O, Camardese G, Colombo C, Dallaspezia S, Henriksen T, Kasper S, Kuriyama K, Lam R, Martiny K, Meesters Y, Mishima K, Shulte P, Suzuki M, Swiecicki L, Uchiyama M, Vaeale D, Winkler D, Wu J, Yorguner Kupeli N, Yoshiike T, Yu X
Am J Psychiatry   175 905-906   2018年
Chronotype influences response to chronotherapeutics in bipolar patients
Dallaspezia S, Suzuki M, Locatelli C, Colombo C, Benedetti F
Chronobiol Int   15 1-7   2018年

Misc

 
出産後に “spike-wave stupor” を呈した1例
永井康, 鈴木正泰, 金森正, 内山真
精神医学   58 959-963   2016年11月   [査読有り]

書籍等出版物

 
東京こころのクリニック(例会講演集)
鈴木正泰 (担当:共著, 範囲:睡眠に着目したうつ病診療)
東京都精神科診療所協会   2018年   
睡眠学 第2版
鈴木正泰, 内山真
朝倉書店   2018年   
伊賀淳一, 内山真, 大森哲郎, 小笠原一能, 尾崎紀夫, 神庭重信, 齊藤卓弥, 杉山暢宏, 鈴木正泰, 冨田真, 中村敏範, 野村総一郎, 降籏隆二, 渡邊衡一郎
医学書院   2017年   
Reference Module in Neuroscience and Biobehavioral Psychology
Hardin KA, Pandya CM, Suzuki M, Benedetti F
Elsevier   2017年   
別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ No.37 精神医学症候群(第2版)
551-554, 623-627 (担当:共著)
日本臨床社   2017年3月   

講演・口頭発表等

 
うつ病、双極性障害(躁うつ病)の診断と治療
鈴木正泰
PHARMACISTセミナー   2018年11月28日   
蒸気吸入マスクが睡眠に及ぼす影響
市場智久, 垣内健太, 鈴木正泰, 内山真
第28回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会   2018年11月10日   
非接触型眼球運動計測装置を用いた視覚探索機能に対する加齢効果の検討
金子宜之, 永井康, 鈴木正泰, 内山真
第48会日本臨床神経生理学会学術大会   2018年11月9日   
睡眠-覚醒リズムの乱れと日中の眠気を主訴に受診した脳腫瘍の1例
中島英, 金子宜之, 鈴木正泰, 稲原裕也, 梶原遼, 小林真人, 五十嵐崇浩, 吉野篤緒, 内山真
第48会日本臨床神経生理学会学術大会   2018年11月8日   
季節性うつ病に対するアリピプラゾールの使用例
小澤俊博, 山田幸樹,横瀬宏美, 鈴木正泰, 内山真
第11回城北精神科臨床セミナー   2018年10月29日   

競争的資金等の研究課題

 
睡眠脳波を用いたうつ病の客観的評価方法の実用化に関する研究
国立研究開発法人 日本医療研究開発機構: 
研究期間: 2016年10月 - 2019年3月
薬剤抵抗性うつ病に対する覚醒療法の有効性とその作用機序に関する研究
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月
難治性うつ病に対する在宅覚醒療法の開発に関する研究
研究期間: 2013年 - 2014年