HIRATSUKA Masahiro

J-GLOBAL         Last updated: Jul 4, 2019 at 10:03
 
Avatar
Name
HIRATSUKA Masahiro
E-mail
masahiro.hiratsuka.a8tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/450b36a6190aca05d39f36c746902c11.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Pharmaceutical Sciences & Faculty of Pharmaceutical Sciences Division of Biochemical Pharmacology and Therapeutics Biochemical Pharmacology and Therapeutics Laboratory of Pharmacotherapy of Life-style Related Diseases
Job title
Associate Professor
Degree
博士(薬学)(Tohoku University)
Other affiliation
Tohoku University

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Oct 2008
 - 
Today
准教授, 東北大学大学院薬学研究科
 
Apr 2006
 - 
Mar 2007
客員研究員, スウェーデン王国カロリンスカ研究所
 
Apr 2002
 - 
Sep 2008
講師, 東北薬科大学
 
Feb 1998
 - 
Mar 2002
薬剤師, 東北大学医学部附属病院薬剤部
 
Apr 1996
 - 
Jan 1998
助手, 東北大学大学院医学研究科
 

Education

 
 
 - 
Mar 1996
Graduate School, Division of Pharmaceutical Sciences, Tohoku University
 
 
 - 
Mar 1991
Faculty of Pharmaceutical Science, Tohoku University
 

Awards & Honors

 
Mar 2016
平成28年度 日本薬学会学術振興賞受賞, 日本薬学会
 
Sep 2014
第24回 日本医療薬学会年会優秀演題賞, 日本医療薬学会
 
Oct 2012
平成24年度 日本医療薬学会学術貢献賞, 日本医療薬学会
 
Oct 2010
平成22年度 日本薬物動態学会奨励賞, 日本薬物動態学会
 
Mar 2002
平成14年度 日本薬学会奨励賞, 日本薬学会
 

Published Papers

 
Zhou Y, Mkrtchian S, Kumondai M, Hiratsuka M, Lauschke VM
The pharmacogenomics journal      Sep 2018   [Refereed]
Watanabe T, Saito T, Rico EMG, Hishinuma E, Kumondai M, Maekawa M, Oda A, Saigusa D, Saito S, Yasuda J, Nagasaki M, Minegishi N, Yamamoto M, Yamaguchi H, Mano N, Hirasawa N, Hiratsuka M
Biochemical pharmacology   156 420-430   Sep 2018   [Refereed]
Saito T, Gutiérrez Rico EM, Kikuchi A, Kaneko A, Kumondai M, Akai F, Saigusa D, Oda A, Hirasawa N, Hiratsuka M
Drug metabolism and pharmacokinetics      Aug 2018   [Refereed]
Kumondai M, Ito A, Hishinuma E, Kikuchi A, Saito T, Takahashi M, Tsukada C, Saito S, Yasuda J, Nagasaki M, Minegishi N, Yamamoto M, Kaneko A, Teramoto I, Kimura M, Hirasawa N, Hiratsuka M
Drug metabolism and pharmacokinetics      Aug 2018   [Refereed]
Jukic MM, Lauschke VM, Saito T, Hiratsuka M, Ingelman-Sundberg M
Pharmacogenomics   19(12) 931-936   Aug 2018   [Refereed]

Misc

 
東北メディカル・メガバンク統合データベースより見出された新規フラビン含有モノオキシゲナーゼ3遺伝子変異の組換え酵素を用いた機能解析
中莖 昂明, 清水 万紀子, 菱沼 英史, 平塚 真弘, 山崎 浩史
日本薬学会年会要旨集   138年会(3) 141-141   Mar 2018
個別化薬物療法を目指した日本人全ゲノムリファレンスパネルによるリアルワールドデータ解析
平塚 真弘
薬学図書館   62(4) 206-210   Oct 2017
医薬品の効果や副作用発現には著しい個人差が存在する。その原因として、医薬品の代謝能の個人差が大きく影響することが明らかになっている。薬物代謝酵素群には、一塩基多型、挿入、欠失、コピー数バリアントなどの遺伝子多型が多数存在し、薬剤反応性の個人差との関連性が注目されている。筆者らは、最近明らかにされた2,049人の日本人全ゲノムリファレンスパネル情報を利用して、これまで低頻度のために見過ごされていた、複数の薬物代謝酵素のレアバリアントについて、その機能変化の特徴を酵素反応速度論的解析と3次元構...
【感染症診療を変える新しい診断技術・検査法】 臨床応用される注目の検査法 核酸クロマトグラフィー法
平塚 真弘, 齋藤 雄大
化学療法の領域   33(10) 2011-2019   Sep 2017
マラリア感染の診断の遅れは病態の重症化を招くため,迅速,簡便,高感度かつ複数の原虫種を特異的に検出できる診断法の開発が喫緊の課題になっている。一般的に,マラリア原虫の感染検査は光学顕微鏡観察法やイムノクロマトグラフィー法が利用されている。しかし,マラリア原虫種を区別する特異性は低く,種によって効果的な薬物が異なるため問題となっている。我々は最近開発された核酸クロマトグラフィー法を利用して,1時間程度で,5種のマラリア原虫感染の有無および種の特定をマルチプレックス診断できる方法を開発した。同...
ヘルスケアの最前線 新しい情報技術を現場に生かす 個別化薬物療法を目指した日本人全ゲノムリファレンスパネルによるリアルワールドデータ解析
平塚 真弘
日本薬学会年会要旨集   137年会(1) 204-204   Mar 2017
日本人喫煙者におけるCYP1B1遺伝子多型と膀胱がん発症リスクの関連
中西 悠悦, 公文代 將希, 新井 冨生, 椙村 春彦, 折笠 一彦, 平澤 典保, 平塚 真弘
日本薬学会年会要旨集   137年会(4) 109-109   Mar 2017

Books etc

 
遺伝子診療学(第2版)-遺伝子診断の進歩とゲノム治療の展望
平塚真弘、工藤睦、作山佳奈子 (Part:Joint Work)
日本臨牀   2010   
製剤化のサイエンス
平塚真弘 (Part:Joint Work)
ネオメディカル   2006   
イラストで学ぶ必修薬物治療学
平塚真弘 (Part:Joint Work)
廣川書店   2003   
薬物動態研究ガイド -創薬から臨床へ-
平塚真弘、水柿道直 (Part:Joint Work)
エル・アイ・シー   2003