論文

2015年

友人関係における怒り感情制御方略が親密度に及ぼす影響 : 縦断的な調査に基づく分析

広島大学心理学研究 = Hiroshima psychological research
  • 久間 絵理香
  • ,
  • 蔵永 瞳
  • ,
  • 森永 康子

15
開始ページ
61
終了ページ
71
記述言語
日本語
掲載種別
DOI
10.15027/39465
出版者・発行元
広島大学大学院教育学研究科心理学講座

The effects of anger regulation tactics (Yoshida & Takai, 2008) on the level of intimacy with a close friend were investigated. First- and second-year university students were asked to indicate the frequency of experiencing anger towards their closest friend in the university, the frequency of using five anger regulation tactics, and how intimate they felt with the friend. They responded to the same questionnaire 1 month later. Results of a hierarchical regression analysis indicated no significant effects of anger regulation tactics on the level of intimacy. These negative findings may indicate the need for a shorter-term longitudinal study to identify the effects of anger regulation tactics on short-term friendships in university students.本研究は,第一著者が平成25年度に広島大学教育学部に提出した卒業論文を加筆修正したものである。本研究の一部は, 2014年に開催された中国四国心理学会第70回大会で発表された。調査にあたってご助言・ご協力いただきました総合研究大学院大学横田晋大先生に深〈感謝いたします。

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.15027/39465
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/120005733284
CiNii Books
http://ci.nii.ac.jp/ncid/AA11616129
URL
http://id.ndl.go.jp/bib/027256385
URL
http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/00039465
ID情報
  • DOI : 10.15027/39465
  • ISSN : 1347-1619
  • CiNii Articles ID : 120005733284
  • CiNii Books ID : AA11616129

エクスポート
BibTeX RIS