Noriyo Colley

J-GLOBAL         Last updated: Oct 26, 2018 at 12:05
 
Avatar
Name
Noriyo Colley
Affiliation
Hokkaido University
Section
Faculty of Health Sciences
Job title
Assistant Professor
Degree
Master(Nursing)(La Trobe University)
Research funding number
80431310

Research Areas

 
 

Education

 
 
 - 
Mar 2013
Life-long education, social education laboratory, Graduate School of Education
 
 
 - 
2006
Master cource of Nursing and Midwifery, La Trobe University
 

Committee Memberships

 
Jan 2013
 - 
Dec 2014
Japanese society for therapeutics Engineering  councilor
 

Awards & Honors

 
Sep 2018
Excellent Research Award, Japanese Society of Pediatric Pulmonology
 

Published Papers

 
気管内吸引三法における接触面積計測による接触感染リスクの比較 探索的研究
加藤 ももこ, 浅河 美早紀, 二宮 伸治, コリー 紀代
医工学治療   30(2) 83-90   Jul 2018
間接接触感染の一因として、気管カニューレ内への不適切なカテーテル操作がある。しかしながら、気管内吸引中の接触面積や接触箇所に基づいた感染予防法について報告された論文は少ない。また、CDCのガイドラインにおいても、気管内吸引に未滅菌の手袋よりも滅菌手袋を着用することについてのエビデンスはなく、未解決問題となっている。そこで本研究では、接触感染の感染経路解明のパイロットスタディとして、気管内吸引三法の手技中に実施者が接触する箇所と面積を比較し、各法の接触感染リスクの定量的評価を目的に、吸引シミ...
コリー紀代, 清水弘美, 萬井太規, 浅賀忠義
医工学治療   30(1) 53‐59-59   Mar 2018
医療の発展に伴って、在宅でも人工呼吸器装着者の療養生活が可能なり、今後は在宅における高いスキルを持った看護師のニーズが高まると推察される。しかしながら現在の基礎教育期における技術評価は、学生の達成感やチェックリストが多く用いられ、後光効果(halo effects)や質保証への懸念から、新卒看護師の能力向上のためにはより客観的な教育評価法の確立が急務である。そこで本研究の目的は、モーションセンサーを用いて気管内吸引技術の習熟度別2群における反復施行による動作変動性を可視化することである。看...
Controlling Medicalization and Nurse Practitioner Roles
Noriyo Colley, Andrew Cashin
25 1-12   Mar 2018   [Refereed]
Prificiency of Visual Attention for Quality of Care in Endotracheal Suctioning
Noriyo Colley
5(11) 1-6   Jan 2018   [Refereed]
Future Possibilities for Endotracheal Suctioning Ontologies Based on the Ocular Movement of Skilled Nurses
Noriyo Colley
Medical Education (Japan)   49(2) 117-125   2018   [Refereed]
Hiroki Mani, Shih-fen Hsiao, Tomoya Konishi, Tatsuya Izumi, Akiyo Tsuda, Naoya Hasagawa, Kenta Takeda, Noriyo Colley, Tadayoshi Asaka
International Journal of Rehabilitation Research   39 92-95   2016   [Refereed]
コリー紀代, 大塚健
医工学治療   27(1) 8-12   Mar 2015
医療機器開発において、まず障壁となるのはリスクマネジメントであろう。我が国における医療機器産業の低競争力の背景には、「高リスク製品開発における消極論」と「開発の効率性欠如」がある。しかしながら、少子高齢化による労働力人口の減少が懸念される現在、十分なサービス提供を行うための、介護者の生活の質向上をも考慮した「医療機器開発」と「医療機器の品質確保」の両立は喫緊の課題である。そこで本論は、医療機器開発における品質の担保について、一般的な家庭用電化製品である掃除機と吸引機を題材に比較検討した。そ...
Differences in Visual Attention between Novice and Expert Nurses Performing Endotracheal Suctioning
Noriyo Colley, Tadayoshi Asaka, Shinya Sakai, Yasuko Nagata, Hiromi Shimizu, Tomoyuki Sasaki, Takeshi Nishioka
Therapeutics & Engineerings   27(2) 97-105   2015   [Refereed]
鈴木 美穂, コリー 紀代
看護研究   47(7) 692-697   Nov 2014
コリー 紀代
社会教育研究   (32) 91-100   Apr 2014

Misc

 
熟練看護師の視線計測による気管内吸引オントロジーの構築
コリー 紀代, 清水 弘美, 高橋 望, 小水内 俊介, 近野 敦, 金井 理, 二宮 伸治, 大塚 健, 浅賀 忠義
医学教育   48(Suppl.) 230-230   Aug 2017

Books etc

 
Advanced Practice Nursing
Ann B. Hamric, Charlene M. Hanson, Mary Fran Tracy, Eileen T. O'Grady (Part:Joint Translation)
2018   

Conference Activities & Talks

 
コリー紀代, 小水内俊介, 近野敦, 金井理, 浅賀忠義, 中村美鈴, 井上創造, 村田恵理, 萬井太規, 二宮伸治
日本小児呼吸器学会雑誌   31 Aug 2018   
人工呼吸器装着児(者)の社会参加を促進する多職種連携における構造的課題
コリー 紀代, 清水 弘美, 大塚 健, 高橋 望, 近野 敦, 小水内 俊介, 金井 理, 二宮 伸治, 井上 創造, 村田 恵理, 萬井 太規, 浅賀 忠義
医学教育   Jul 2018   
特別支援学校の生徒に対する自立支援とは 看護師へのインタビュー結果から
栗林 有利, コリー 紀代
小児保健研究   May 2018   
特別支援学校等部の生徒あるいは卒業生の自立志向に関する一考察 本人の意思を尊重した自立観とその支援とは
高木 彩恵, コリー 紀代
小児保健研究   May 2018   
重症心身障害児(者)施設におけるパルスオキシメータによる継続測定データの活用可能性と今後の課題
コリー 紀代, 玉置 美香, 山田 真代, 八柳 千佳子, 稲村 道子, 近野 敦, 小水内 俊介, 金井 理, 二宮 伸治, 井上 創造, 村田 恵理, 萬井 太規, 浅賀 忠義
小児保健研究   May 2018   
コリー 紀代, 清水 弘美, 高橋 望, 小水内 俊介, 近野 敦, 金井 理, 二宮 伸治, 大塚 健, 浅賀 忠義
医学教育 = Medical education (Japan)   Apr 2018   
背景:在宅医療の高度化により、気管内吸引等の高度ケアを担う人材の育成が喫緊の課題である。方法:気管内吸引を行う看護師と看護学生の眼球運動を測定し、気管内吸引中の認知・判断面を含めた多重タスク構造を気管内吸引オントロジーとして可視化した。結果:構築された気管内吸引オントロジーの階層構造からは、手順という手続き的知識のみならず、医療機器に関する知識、気管内吸引が無効であった際の選択肢に関する知識など、多岐にわたった専門知識が要求される行為であることが示された。考察:オントロジーは「できる」能力...
コリー紀代, 清水弘美, 大塚健, 金井理, 近野敦, 二宮伸治, 浅賀忠義, 小水内俊介, 萬井太規, 村田恵理, 高橋望, 井上創造
医工学治療   Mar 2018   
二宮伸治, 小水内俊介, 村田恵理, 近野敦, 金井理, 浅賀忠義, 井上創造, 萬井太規, 高橋望, コリー紀代
日本呼吸療法医学会学術総会プログラム・抄録集   2018   
小水内俊介, コリー紀代, 近野敦, 金井理, 浅賀忠義, 井上創造, 村田恵理, 萬井太規, 高橋望, 二宮伸治
日本呼吸療法医学会学術総会プログラム・抄録集   2018   
コリー紀代, 小水内俊介, 村田恵理, 稲村道子, 玉置美香, 山田真代, 八柳千佳子, 近野敦, 金井理, 浅賀忠義, 井上創造, 萬井太規, 高橋望, 二宮伸治
日本呼吸療法医学会学術総会プログラム・抄録集   2018   
小水内俊介, コリー紀代, 近野敦, 金井理, 浅賀忠義, 井上創造, 村田恵理, 萬井太規, 高橋望, 二宮伸治
日本呼吸療法医学会学術総会プログラム・抄録集   2018   
加藤ももこ, 二宮伸治, 浅河美早紀, コリー紀代
医工学治療   Apr 2017   
コリー紀代, 清水弘美, 萬井太規, 浅賀忠義
医工学治療   Mar 2016   
コリー紀代, ANDREW Cashin
医工学治療   Mar 2015   
災害・停電時における気管内吸引のリスク対策 足踏み式吸引器の使用経験から
コリー 紀代
小児保健研究   May 2014   
コリー紀代, 大塚健
日本医療情報学会看護学術大会論文集   12 Jul 2013   
Impacts of Diffusion of Home-ventilators in the Community
Noriyo Colley, Takashi Miyazaki
ICN Conference   May 2013   

Teaching Experience

 

Research Grants & Projects

 
International comparison of Decision-making Framework in Delegation in Nursing
The Journal of the Japan Academy of Nursing Administration and Policies: 
Project Year: 2009 - 2010    Investigator(s): Noriyo Colley
Literature Review of delegation in Nursing in Japan
The Journal of The Japan Nursing Administration and Policies: 
Project Year: 2009 - 2010    Investigator(s): Noriyo Colley
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(C))
Project Year: 2006 - 2008    Investigator(s): Yoko SATO
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
Project Year: 2005 - 2008    Investigator(s): Michiko EBINA
Delegation in Nursing
Motion Analysis of Tracheal Suctioning
Quality insurance of nursing care provision in relation to safe delegation of suctioning to school teachers in Japan
Consideration of QOL of mothers who have children with illness or disabilities- The QOL of families caring for children with disabilities at home and mothers attending on hospitalized children
Safe Control for hospitalized Children--Accident Prevention Measures in Inpatient Settings

Others

 
2012
Training tracheal suctioning for people who wish to care for children/people with severe disability or medical care, such as ventilators.
2011
Providing 6 hours lecture as a course for visiting people/children with severe disability, required from the CIL(the Center for Independent Living).