遠藤 求

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/21 17:12
 
アバター
研究者氏名
遠藤 求
 
エンドウ モトム
URL
http://bsw3.naist.jp/courses/courses115.html
所属
奈良先端科学技術大学院大学
部署
バイオサイエンス領域
職名
教授
その他の所属
日本学術会議/若手アカデミー日本学術会議
科研費研究者番号
80551499
Twitter ID
endolaboratory

プロフィール

植物を研究材料に生理学と時間生物学。
動物との比較を通じた、より普遍的な生命原理の理解に興味があります。
また、新しい技術や解析手法の開発も並行して行っています。

限定条件の中で工夫をし、最適化するのが得意です。
アイデアマンなのかもしれません。

一緒にワクワクするサイエンスのできる
博士過程 進学希望学生・博士研究員を募集しています。

研究分野

 
 

経歴

 
2006年4月
 - 
2008年3月
京都大学 大学院理学研究科 日本学術振興会 特別研究員(DC2・PD)
 
2008年4月
 - 
2008年12月
カリフォルニア州立大学サンディエゴ校 日本学術振興会 海外特別研究員
 
2009年1月
 - 
2009年3月
カリフォルニア州立大学サンディエゴ校 Human Frontier Science Program (Long-term fellow)
 
2009年4月
 - 
2014年12月
京都大学 大学院・生命科学研究科 助教
 
2011年12月
 - 
2014年11月
科学技術振興機構 細胞機能の構成的な理解と制御 さきがけ研究者(兼任)
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2007年3月
京都大学 大学院理学研究科 博士課程
 
2002年4月
 - 
2004年3月
京都大学 大学院理学研究科 博士前期課程
 
1998年4月
 - 
2002年3月
京都大学 理学部 
 
1995年4月
 - 
1998年3月
京都教育大学附属高等学校  
 

委員歴

 
2018年5月
 - 
現在
日本分子生物学会  年会組織委員・プログラム委員
 
2018年4月
 - 
現在
大阪大学蛋白質研究所  運営協議会委員
 
2017年10月
 - 
現在
日本学術会議  若手アカデミー
 
2017年10月
 - 
現在
日本学術会議  連携会員(第24-25期)
 
2016年4月
 - 
2019年3月
日本時間生物学会  評議員
 

受賞

 
2017年3月
第58回 日本植物生理学会 奨励賞 植物の概日時計システムのネットワーク構造
 
2017年2月
愛知県若手研究者イノベーション創出奨励事業 第11回 わかしゃち奨励賞, 優秀賞 温暖化などの気候変動に強い植物を非遺伝子組換えで作る
 
2016年11月
第23回 日本時間生物学会 奨励賞 植物における概日時計の組織特異的な役割
 
2016年7月
ドイツ・イノベーション・アワード ゴットフリード・ワグネル賞(Life Sciences & Healthcare部門) Tissue-specific environmental responses in plants
 
2016年4月
文部科学省 若手科学者賞, 科学技術分野の文部科学大臣表彰 環境刺激に対する植物の組織特異的な応答機構の研究
 

論文

 
Endo M, Yoshida M, Sasaki Y, Negishi K, Horikawa K, Daimon Y, Kurotani KI, Notaguchi M, Abe M, Araki T
Plant & cell physiology   59(8) 1621-1629   2018年8月   [査読有り]
In many plants, timing of flowering is regulated by day length. In Arabidopsis, florigen, FLOWERING LOCUS T (FT) protein, is synthesized in leaf phloem companion cells in response to long days and is transported to the shoot apical meristem (SAM) ...
Negishi K, Endo M, Abe M, Araki T
Plant & cell physiology   59(2) 404-413   2018年2月   [査読有り]
To determine flowering time, plants perceive multiple environmental stimuli and integrate these signals in the regulation of a florigen gene, FLOWERING LOCUS T (FT). It has been known that nutrient availability affects flowering time in both labor...
Inoue K, Araki T, Endo M
Journal of plant research   131(1) 59-66   2018年1月   [査読有り]
Plants have endogenous biological clocks that allow organisms to anticipate and prepare for daily and seasonal environmental changes and increase their fitness in changing environments. The circadian clock in plants, as in animals and insects, mai...
Uemoto K, Araki T, Endo M
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   1830 141-148   2018年1月   [査読有り]
Cell-type-specific transcription factors are key to deducing the distinct functions of specialized cells from gene expression profiles. Mesophyll is a major tissue for photosynthesis, and contributes about 80% of total RNA from leaves. Palisade an...
Inoue K, Araki T, Endo M
Seminars in cell & developmental biology      2017年9月   [査読有り]
Many organisms rely on circadian clocks to synchronize their biological processes with the 24-h rotation of the earth. In mammals, the circadian clock consists of a central clock in the suprachiasmatic nucleus and peripheral clocks in other tissue...
Endo M, Shimizu H, Araki T
Nature protocols   11(8) 1388-1395   2016年8月   [査読有り]
To understand physiological phenomena at the tissue level, elucidation of tissue-specific molecular functions in vivo is required. As an example of the current state of affairs, many genes in plants have been reported to have discordant levels of ...
古藤 知子、清水 華子、遠藤 求
化学と生物   54(7) 461-463   2016年6月   [招待有り]
Higo A, Niwa M, Yamato KT, Yamada L, Sawada H, Sakamoto T, Kurata T, Shirakawa M, Endo M, Shigenobu S, Yamaguchi K, Ishizaki K, Nishihama R, Kohchi T, Araki T
Plant & cell physiology   57(2) 325-338   2016年2月   [査読有り]
In land plants, there are two types of male gametes: one is a non-motile sperm cell which is delivered to the egg cell by a pollen tube, and the other is a motile sperm cell with flagella. The molecular mechanism underlying the sexual reproduction...
Endo M, Araki T, Nagatani A
Cellular and molecular life sciences : CMLS   73(4) 829-839   2016年2月   [査読有り]
Plants use various kinds of environmental signals to adjust the timing of the transition from the vegetative to reproductive phase (flowering). Since flowering at the appropriate time is crucial for plant reproductive strategy, several kinds of ph...
Endo M
Current opinion in plant biology   29 44-49   2016年2月   [査読有り]
Circadian clocks affect a large proportion of differentially expressed genes in many organisms. Tissue-specific hierarchies in circadian networks in mammals have been contentiously debated, whereas little attention has been devoted to the concept ...
Shimizu H, Torii K, Araki T, Endo M
Plant signaling & behavior   11(2) e1143999--   2016年2月   [査読有り]
Circadian clocks adjust an organism's environmentally relevant physiological responses.. In plants, a decentralized circadian clock system has recently been proposed. Epidermal clock function is crucial for cell elongation; thus, epidermis-specifi...
遠藤 求
生物物理   56(1) 33-35   2016年   [招待有り]
Shimizu H, Katayama K, Koto T, Torii K, Araki T, Endo M
Nature plants   1(-) 15163--   2015年11月   [査読有り]
The circadian clock increases organisms' fitness by regulating physiological responses. In mammals, the circadian clock in the suprachiasmatic nucleus (SCN) governs daily behavioural rhythms. Similarly, in Arabidopsis, tissue-specific circadian cl...
Kawamoto N, Sasabe M, Endo M, Machida Y & Araki T
Scientific Reports   5(-) 8341--   2015年2月   [査読有り]
Appropriate timing of flowering is critical for reproductive success and necessarily involves complex genetic regulatory networks. A mobile floral signal, called florigen, is a key molecule in this process, and FLOWERING LOCUS T (FT) protein is it...
Kawamoto N, Endo M, Araki T
Plant signaling & behavior   10(12) e1086856--   2015年10月   [査読有り]
Regulation of flowering time is crucial for reproductive success of plants. FLOWERING LOCUS T (FT) protein is a central component of florigen and forms a ternary complex with 14-3-3 and FD, a basic leucine zipper transcription factor, in the shoot...
Shimizu H, Araki T, Endo M
Plant signaling & behavior   10(6) e1010933--   2015年10月   [査読有り]
Tissue-specific functions of the circadian clock in Arabidopsis have recently been revealed. The vasculature clock shows distinctive gene expression profiles compared to the clock in other tissues under light-dark cycles. However, it has not yet b...
Endo M, Shimizu H, Nohales AM, Araki T & Kay SA
Nature   515(7527) 419-422   2014年11月   [査読有り]
Many organisms rely on a circadian clock system to adapt to daily and seasonal environmental changes. The mammalian circadian clock consists of a central clock in the suprachiasmatic nucleus that has tightly coupled neurons and synchronizes other ...
遠藤 求
生体の科学   65(5) 434-435   2014年10月   [招待有り]
遠藤 求・久保田 茜・河内 孝之・荒木 崇
植物の生長調節   49(1) 49-58   2014年5月   [招待有り]

Misc

 
植物がもつ「体内時計」と環境センシング
遠藤 求
グリーンエージ   (533) 4-7   2018年5月   [依頼有り]
異分野を知ることのすすめ
遠藤 求
時間生物学   24(1) 66-67   2018年5月   [依頼有り]
植物における概日時計の組織特異的な役割
遠藤 求
時間生物学   23(1) 17-20   2017年1月   [依頼有り]
鳥井 孝太郎, 遠藤 求
植物科学最前線   8B 71-79   2017年   [依頼有り]
植物の温度受容の仕組みを探る
遠藤 求
京都大学 環境報告書   26   2016年9月   [依頼有り]
Motomu Endo
ATLAS of Science      2016年5月   [依頼有り]
遠藤 求
SYNODOS      2016年3月   [依頼有り]
遠藤 求
じっきょう理科資料   (78) 1-5   2015年9月   [依頼有り]
葉脈が植物の体内時計を支配する
遠藤 求
自然保護      2015年   [依頼有り]
遠藤 求
ライフサイエンス新着論文レビュー      2014年10月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
京大発! フロンティア生命科学
京都大学大学院生命科学研究科 (担当:共著, 範囲:2章 2.4節)
講談社サイエンティフィク   2018年3月   

講演・口頭発表等

 
シロイヌナズナにおいて、組織間で時間情報を共有する仕組みの解明
上本 恭平, 国本 有美, 荒木 崇, 遠藤 求
日本植物学会 第82回大会   2018年9月15日   
Circadian clocks in Arabidopsis regulates cell-fate determination
遠藤 求
Sapporo Symposium on Biological Rhythm in 2018   2018年7月12日   
概日時計は細胞周期を介して細胞運命決定を制御する
別城 啓太, 清水 華子, 荒木 崇, 遠藤 求
日本植物生理学会 第59回大会   2018年3月30日   
植物の概日時計による細胞周期の制御
金坂 侑紀, 清水 華子, 別城 啓太, 荒木 崇, 遠藤 求
日本植物生理学会 第59回大会   2018年3月30日   
Investigating factors and mechanisms of long-distance clock information sharing
Kyohei Uemoto, Takashi Araki, Motmou Endo
日本植物生理学会 第59回大会   2018年3月28日   
幹細胞における概日リズム形成は細胞運命決定において重要な役割を果たす
清水 華子, 鳥井 孝太郎, 荒木 崇, 遠藤 求
日本植物生理学会 第59回大会   2018年3月28日   
細胞運命決定における植物概日時計の役割
井上 佳祐, 別城 啓太, 鳥井 孝太郎, 清水 華子, 荒木 崇, 遠藤 求
日本植物生理学会 第59回大会   2018年3月28日   
細胞タイプ特異的な概日時計が細胞の運命を決定する
鳥井 孝太郎, 清水 華子, 荒木 崇, 遠藤 求
日本植物生理学会 第59回大会   2018年3月28日   
植物における概日時計と細胞運命決定 [招待有り]
遠藤 求
第40回 日本分子生物学会   2017年12月9日   
植物における概日時計の組織特異的な機能分担 [招待有り]
遠藤 求
第49回 種生物学シンポジウム   2017年12月3日   
維管束の概日時計を標的として花成時期を制御する化合物の探索
小河 香織, 荒木 崇, 遠藤 求
日本時間生物学会 第24回大会   2017年10月28日   
概日時計による細胞周期制御
別城啓太, 清水華子, 荒木崇, 遠藤求
日本時間生物学会 第24回大会   2017年10月28日   
細胞特異的な概日時計が植物細胞の運命を決定する
鳥井 孝太郎, 清水 華子, 荒木 崇, 遠藤 求
日本時間生物学会 第24回大会   2017年10月28日   
シロイヌナズナにおける時計情報の組織間伝達の解明
上本 恭平, 荒木 崇, 遠藤 求
日本時間生物学会 第24回大会   2017年10月28日   
シロイヌナズナの柵状組織と海面状組織特異的なトランスクリプトーム解析
上本 恭平, 荒木 崇, 遠藤 求
日本植物学会 第81回大会   2017年9月10日   
概日時計は細胞分裂周期を制御しているのか
別城啓太, 清水華子, 荒木崇, 遠藤求
日本植物学会 第81回大会   2017年9月10日   
NaKR1によるFT転写制御機構の解析
根岸 克弥, 遠藤 求, 荒木 崇
日本植物学会 第81回大会   2017年9月10日   
維管束の概日時計を標的として花成時期を制御する化合物の探索
小河 香織, 荒木 崇, 遠藤 求
日本植物学会 第81回大会   2017年9月9日   
細胞運命決定における概日時計の役割
井上 佳祐, 別城 啓太, 鳥井 孝太郎, 清水 華子, 荒木 崇, 遠藤 求
日本植物学会 第81回大会   2017年9月8日   
Single cell RNA-seqを用いた、分化誘導過程における概日リズムの時系列解析
鳥井 孝太郎, 清水 華子, 荒木 崇, 遠藤 求
日本植物学会 第81回大会   2017年9月8日   
花成制御におけるNaKR1の役割
根岸 克弥, 遠藤 求, 荒木 崇
日本植物生理学会 第58回大会   2017年3月17日   
植物の概日時計システムのネットワーク構造
遠藤 求
日本植物生理学会 第58回大会   2017年3月17日   
Plant circadian clocks regulate cell cate determination
遠藤 求
NUS-JST (PRESTO) Workshop   2016年12月9日   
Toward understanding fundamental mechanism of totipotency
遠藤 求
TEMASK Seminar   2016年12月8日   
植物の細胞運命決定における概日時計の役割
鳥井 孝太郎, 遠藤 求
日本時間生物学会 第23回大会   2016年11月12日   
植物における非集中型の概日時計システムとその同調 [招待有り]
遠藤 求
日本時間生物学会 第23回大会   2016年11月12日   
1細胞レベルのRNA解析と細胞運命決定
遠藤 求
日本植物学会 第80回大会   2016年9月18日   
トランスクリプトーム解析による苔類ゼニゴケの造精器および精子の発生に機能する因子の探索
肥後 あすか, 大和 勝幸, 遠藤 求, 河内 孝之, 荒木 崇
日本植物学会 第80回大会   2016年9月16日   
苔類ゼニゴケの生殖枝発生におけるSBP型転写因子MpSPL2の機能解析
國本 完, 大神 貴史, 井上 慎子, 遠藤 求, 河内 孝之, 荒木 崇
日本植物学会 第80回大会   2016年9月16日   
nakr1変異体における栄養の乱れと花成制御の関わり
根岸 克弥, 丹羽 優喜, 遠藤 求, 荒木 崇
日本植物学会 第80回大会   2016年9月16日   
植物における組織特異的な環境応答
遠藤 求
第19回日本光生物学協会年会   2016年7月29日   
植物細胞の運命決定における概日時計の役割
鳥井 孝太郎,遠藤 求,清水 華子
第68回 日本細胞生物学会   2016年6月   
組織特異的に概日時計機能を阻害した系統における表現型解析
清水 華子, 片山 可奈, 古藤 知子, 鳥井 孝太郎, 荒木 崇, 遠藤 求
日本時間生物学会 第22回大会   2015年11月21日   
採択される さきがけ申請書の書き方 [招待有り]
遠藤 求
日本時間生物学会トレーニングコース   2015年11月20日   
NaKR1による花成制御機構の解析
根岸 克弥, 遠藤 求, 荒木 崇
日本植物学会 第79回大会   2015年9月8日   
植物に脳はあるか? [招待有り]
遠藤 求
日本植物学会 第79回大会   2015年9月8日   
植物における環境応答の組織特異性 [招待有り]
遠藤 求
日本植物学会 第79回大会   2015年9月7日   
植物に脳はあるか [招待有り]
遠藤 求
第27回 高遠細胞分子生物学シンポジウム   2015年8月26日   
Plant decentralized circadian clocks process thermal and photoperiodic cues in specific tissues [招待有り]
遠藤 求
RNA & Clock   2015年3月25日   
花成制御におけるNaKR1の役割の解析
根岸 克弥, 遠藤 求, 荒木 崇
日本植物生理学会 第56回大会   2015年3月18日   
シロイヌナズナFTタンパク質の輸送機構の解析
堀川 工望, 佐々木 陽平, 遠藤 求, 荒木崇
日本植物生理学会 第56回大会   2015年3月18日   
カルシウム依存性タンパク質キナーゼCPK33はFDをリン酸化しフロリゲン複合体形成を制御する
川本 望, 笹部 美知子, 遠藤 求, 町田 泰則, 荒木 崇
日本植物生理学会 第56回大会   2015年3月16日   
植物の概日時計システムのネットワーク構造 [招待有り]
遠藤 求
日本時間生物学会 第21回大会   2014年11月8日   
Arabidopsis has a central dominant clock in the vasculature
Motomu Endo, Hanako Shimizu, Maria A Nohales, Takashi Araki, Steve A Kay
第38回内藤コンファレンス   2014年10月8日   
苔類ゼニゴケの造精器および精子の発生過程に関与する遺伝子発現プログラムを制御する機構の解析
肥後 あすか, 丹羽 優喜, 遠藤 求, 石崎 公庸,大和 勝幸, 西浜 竜一, 河内 孝之, 荒木 崇
日本植物学会 第78回大会   2014年9月14日   
FD-FT複合体形成を制御するタンパク質キナーゼの探索と同定
川本 望, 笹部 美知子, 遠藤 求, 町田 泰則, 荒木 崇
日本植物学会 第78回大会   2014年9月14日   
苔類ゼニゴケにおけるSBP型転写因子の機能解析
大神 貴史, 山口 礼子, 丹羽 優喜, 遠藤 求, 山口 礼子, 河内 孝之, 荒木 崇
日本植物学会 第78回大会   2014年9月13日   
組織特異的に概日時計機能を阻害した系統における表現型解析
清水 華子, 片山 可奈, 古藤 知子, 荒木 崇, 遠藤 求
日本植物学会 第78回大会   2014年9月13日   
シロイヌナズナの維管束における概日時計の機能解析
遠藤 求, 清水 華子, Steve A. Kay, 荒木 崇
日本植物学会 第78回大会   2014年9月13日   
ゼニゴケの接合子におけるMpLFYの機能解析
丹羽 優喜, 酒井 友希,肥後 あすか, 遠藤 求, 山口 礼子,石崎 公庸,大和 勝幸, 西浜 竜一, 河内 孝之, 荒木 崇
日本植物学会 第78回大会   2014年9月12日   
FD-FT複合体形成を制御するタンパク質キナーゼの探索と同定
川本 望, 笹部 美知子, 遠藤 求, 町田 泰則, 荒木 崇
日本植物生理学会 第55回大会   2014年3月20日   
維管束の概日時計は主要時計としての性質 を持つ
遠藤 求, 清水 華子, Brenda Chow, Steve Kay, 荒木 崇
日本植物生理学会 第55回大会   2014年3月19日   
ゼニゴケMpLFYノックアウト株の表現型解析
丹羽 優喜, 酒井 友希, 肥後 あすか, 遠藤 求, 山口 礼子, 石崎 公庸, 大和 勝幸,西浜 竜一, 河内 孝之, 荒木 崇
日本植物生理学会 第55回大会   2014年3月19日   
植物における生物時計の組織得意的な役割
遠藤 求, 清水 華子, Brenda Y. Chow, Steve A. Kay, 荒木 崇
日本時間生物学会 第20回大会   2013年11月9日   
シロイヌナズナFT/TSFとの相互作用を介したBRC1による側芽相転換の調節
丹羽 優喜, 遠藤 求, 荒木 崇
日本植物学会 第77回大会   2013年9月25日   
シロイヌナズナ14-3-3 タンパク質のFT, TFL1, FDとの相互作用による花成制御機構の解析
肥後あすか, 川本 望, 遠藤 求, 荒木 崇
日本植物学会 第77回大会   2013年9月25日   
維管束の概日時計は主要時計としての性質を持つ
遠藤 求, 荒木 崇
日本植物学会 第77回大会   2013年9月25日   
FD-FT複合体形成を制御するタンパク質キナーゼの探索
川本 望, 笹部 美知子, 遠藤 求,町田 泰則,荒木 崇
日本植物学会 第77回大会   2013年9月25日   
Tissue-specific regulations of circadian clocks in Arabidopsis [招待有り]
遠藤 求
11th Kyoto University and National Taiwan University Joint-Symposium “Molecular and Cell Biology Symposium”   2013年5月3日   
Tissue-specific regulation of circadian clock in plants. [招待有り]
遠藤 求
The 11th International Joint Mini-Symposium on Molecular and Cell Biology   2013年5月1日   
シロイヌナズナBRC1はFT/TSFと相互作用して側芽の相転換を抑制する
丹羽 優喜, 遠藤 求, 荒木 崇
日本植物生理学会 第54回大会   2013年3月23日   
リン酸化によるbZIP型転写因子FDの機能制御機構とタンパク質キナーゼの探索
川本 望, 笹部 美知子, 遠藤 求, 町田 泰則, 荒木 崇
日本植物生理学会 第54回大会   2013年3月23日   
シロイヌナズナ14-3-3タンパク質の花成における役割の解析
肥後 あすか, 川本 望, 丹羽 優喜, 山口 礼子, 遠藤 求, 荒木 崇
日本植物生理学会 第54回大会   2013年3月23日   
phyB相互作用因子PHLによる花成制御
遠藤 求, 長谷 あきら, 荒木 崇
日本植物生理学会 第54回大会   2013年3月22日   
原核生物型 PEBP ファミリータンパク質CORのシロイヌナズナとゼニゴケにおける機能解析
森花 小百合, 竹本 覚, 辻井 由香, 有手 友嗣, 竹村 美保, 酒井 友希, 山口 礼子, 遠藤 求, 石崎 公庸, 大和 勝幸, 河内 孝之, 荒木 崇
日本植物生理学会 第54回大会   2013年3月21日   
シロイヌナズナBRC1/TCP18はFTと相互作用して側芽分裂組織の相転換を抑制する
丹羽 優喜, 遠藤 求, 荒木 崇
日本植物学会 第76回大会   2012年9月15日   
リン酸化によるbZIP型転写因子FDの機能制御機構とタンパク質キナーゼの探索
川本 望, 遠藤 求, 笹部 美知子, 町田 泰則, 荒木 崇
日本植物生理学会 第53回大会   2012年3月17日   
シロイヌナズナの側芽分裂組織の相転換におけるFTとBRC1/TCP18の役割の解析
丹羽 優喜, 遠藤 求, 荒木 崇
日本植物生理学会 第53回大会   2012年3月17日   
構成的アプローチによる、植物の生物時計の組織特異的な役割の解明
遠藤 求, Kay Steve, 荒木 崇
日本植物生理学会 第53回大会   2012年3月17日   
花芽形成のマスター制御因子LEAFYの祖先的機能の探索
酒井 友希, 伊藤 美沙, 川本 麻美, 宮下 結衣, 宇山 和樹, 辻井 由香, 遠藤 求,石崎 公庸, 大和 勝幸, 河内 孝之, 荒木 崇
日本植物生理学会 第53回大会   2012年3月16日   
生物時計の組織特異的な機能分担の解析に向けて
遠藤 求, Steve Kay, 荒木 崇
日本植物学会 第75回大会   2011年9月17日   
シロイヌナズナFT蛋白質と相互作用する新奇転写因子の探索と花成における機能解析
丹羽 優喜, 光田 展隆, 遠藤 求, 高木 優, 荒木 崇
日本植物学会 第75回大会   2011年9月17日   
リン酸化によるbZIP型転写因子FDの機能制御機構の解析
川本 望, 遠藤 求, 笹部 美知子, 町田 泰則, 荒木 崇
日本植物学会 第75回大会   2011年9月17日   
FT蛋白質の輸送と茎頂における下流遺伝子の発現制御の解析
佐々木 陽平, 吉田 昌泰, 野田口 理孝, 大門 靖史, 阿部 光知, 遠藤 求, 荒木 崇
日本植物学会 第75回大会   2011年9月17日   
14-3-3 タンパク質の花成における役割の解析
肥後 あすか, 川本 望, 丹羽 優喜, 遠藤 求, 荒木 崇
日本植物学会 第75回大会   2011年9月17日   
生物時計の組織特異的な機能分担
遠藤 求, Kay Steve, 荒木 崇
日本植物生理学会 第52回大会   2011年3月22日   
リン酸化によるbZIP型転写因子FDの機能制御機構の解析
川本 望, 高山 尊之, 遠藤 求, 笹部 美知子, 町田 泰則, 荒木 崇
日本植物生理学会 第52回大会   2011年3月20日   
シロイヌナズナFT蛋白質と相互作用する新奇転写因子の探索と機能解析
丹羽 優喜, 遠藤 求, 荒木 崇
日本植物生理学会 第52回大会   2011年3月20日   
シロイヌナズナの側枝伸長におけるフロリゲン遺伝子FTの機能
平岡 和久, 阿部 光知, 遠藤 求,荒木 崇
日本植物生理学会 第52回大会   2011年3月20日   
苔類ゼニゴケにおけるLEAFY相同遺伝子MpLFYの機能解析
酒井 友希, 宮下 結衣, 川本 麻美, 宇山 和樹, 辻井 由香, 遠藤 求, 石崎 公庸,大和 勝幸, 河内 孝之, 荒木 崇
日本植物生理学会 第52回大会   2011年3月20日   
花成に関わる新奇因子PHLの機能解析
谷川 善康, 遠藤 求, 村上 匡史, 鈴木 友美, 長谷 あきら, 荒木 崇
日本植物学会 第74回大会   2010年9月9日   
bZIP 型転写因子FD タンパク質のリン酸化を介した花成制御機構の解析
川本 望, 高山 尊之, 遠藤 求, 荒木 崇
日本植物学会 第74回大会   2010年9月9日   
シロイヌナズナのフロリゲンFT蛋白質の長距離伝達性の解析
吉田 昌泰, 野田口 理孝, 大門 靖史, 佐々木 陽平, 阿部 光知, 遠藤 求, 荒木 崇
日本植物学会 第74回大会   2010年9月9日   
苔類ゼニゴケにおけるPEBP family遺伝子の機能解析
竹本 覚, 辻井 由香, 有手 智嗣, 竹村 美保, 酒井 友希, 遠藤 求,石崎 公庸,大和 勝幸, 河内 孝之, 荒木 崇
日本植物学会 第74回大会   2010年9月9日   
苔類ゼニゴケにおけるLEAFY相同遺伝子MpLFYの機能解析
酒井 友希, 宮下 結衣, 宇山 和樹, 辻井 由香, 大門 靖史, 遠藤 求, 石崎 公庸,大和 勝幸, 河内 孝之, 荒木 崇
日本植物学会 第74回大会   2010年9月9日   
ゼニゴケFLO/LFY相同遺伝子の機能解析
宇山 和樹, 宮下 結衣, 辻井 由香, 大門 靖史, 遠藤 求, 石崎 公庸, 大和 勝幸, 福澤 秀哉, 河内 孝之, 荒木 崇
日本植物生理学会 第51回大会   2010年3月21日   
phyBシグナル伝達経路に関わる新奇因子PHL
遠藤 求, 村上 匡史, 谷川 善康,鈴木 友美,荒木 崇, 長谷 あきら
日本植物生理学会 第51回大会   2010年3月21日   
花成に伴う変化におけるシロイヌナズナTCP遺伝子の機能解析
丹羽 優喜, 平岡 和久, 大門 靖史, 遠藤 求, 荒木 崇
日本植物生理学会 第51回大会   2010年3月21日   
シロイヌナズナのフロリゲンFT蛋白質の長距離伝達性の解析
吉田 昌泰, 野田口 理孝, 大門 靖文, 阿部 光知, 遠藤 求, 荒木 崇
日本植物生理学会 第51回大会   2010年3月21日   
シロイヌナズナの花成制御因子FDとFD PARALOG (FDP) の解析
正岡 詩織, 高山 尊之, 大門 靖史, 遠藤 求, 荒木 崇
日本植物学会 第73回大会   2009年9月20日   
シロイヌナズナTCP遺伝子の花成における役割の解析
丹羽 優喜, 大門 靖史, 遠藤 求, 荒木 崇
日本植物学会 第73回大会   2009年9月20日   
フロリゲン遺伝子FTの側枝伸長における役割
平岡 和久, 阿部 光知, 大門 靖史, 遠藤 求, 荒木 崇
日本植物学会 第73回大会   2009年9月20日   
phyBによる花成遅延を抑制する新奇花成因子PHF
遠藤 求, 村上 匡史, 鈴木 友美, 長谷 あきら
日本植物生理学会 第49回大会   2008年3月22日   
青色光受容体フォトトロピンによる柵状組織細胞の伸長制御
小塚 俊明,Kong Sam-Geun, 遠藤 求, 長谷 あきら
日本植物生理学会 第49回大会   2008年3月20日   
Analysis of the TDU gene, which acts downstream of cry2 and regulates the FT gene expression.
Endo, M., Murakami, T., Mochizuki, N., Suzuki, T., and Nagatani, A.
20 Years of Discovery - A Celebration of Scientific Excellence   2007年6月1日   
Cry2の下流でFT発現を制御するTDU遺伝子の解析
遠藤 求, 望月 伸悦, 鈴木 友美, 長谷 あきら
日本植物生理学会 第48回大会   2007年3月30日   
ryptochrome 2 (cry2) in Vascular Bundles Regulates Flowering in Arabidopsis.
Endo M., Mochizuki, N., Suzuki, T., and Nagatani, A.
17th International conference on Arabidopsis research   2006年7月1日   
維管束のクリプトクロム2は花芽形成を促進する
遠藤 求, 望月 伸悦, 鈴木 友美, 長谷 あきら
日本植物生理学会 第47回大会   2006年3月19日   
Phytochrome B in the mesophyll delays flowering by suppressing FLOWERING LOCUS T expression in Arabidopsis vascular bundles.
Endo, M., Nakamura, S., Araki, T., Mochizuki, N., and Nagatani, A.
The 6th Kyoto University International Symposium   2005年10月1日   
Non-cell-autonomous suppression of the FLOWERING LOCUS T (FT) gene by mesophyll phytochrome B.
Endo, M., Nakamura, S., Araki, T., Mochizuki, N., and Nagatani, A.
58th Yamada Conference; Light Sensing and Signal Transduction in Plant Photomorphogenesis   2004年6月5日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
花芽形成における光受容体の組織特異的な役割
日本学術振興会: 特別研究員(DC2, PD)
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 遠藤 求
植物における生物時計の中枢の探索
日本学術振興会: 海外特別研究員
研究期間: 2008年4月 - 2008年12月    代表者: 遠藤求
Dissection of EARLY FLOWERING3 (ELF3) function in the Arabidopsis circadian clock
Human Frontier Science Program: Long-term fellow
研究期間: 2009年1月 - 2009年3月    代表者: 遠藤求
植物における中温シグナルの受容部位の探索
ニッセイ財団: 若手研究
研究期間: 2009年10月 - 2010年9月    代表者: 遠藤求
植物における中枢時計の探索
住友財団: 基礎科学研究助成
研究期間: 2009年11月 - 2010年10月    代表者: 遠藤求

社会貢献活動

 
奈良先端科学技術大学院大学 公開講座2018
【講師】  奈良先端科学技術大学院大学  奈良先端科学技術大学院大学 公開講座2018  2019年10月12日 - 2018年10月12日
生命が刻む時間
【取材協力, その他】  科学技術振興機構  JST News  2018年3月1日
052「世界は未知で満ちている!」
【出演】  BSジャパン  科学ミチル。世界は未知で満ちている  2017年3月29日
植物は体のどこで時間を測っているのか
【出演】  京都大学  連続講演会「東京で学ぶ 京大の知」  2017年1月18日 - 2017年1月18日
植物の生物時計について
【講師】  西宮市  西宮市ライフサイエンスセミナー  2016年10月21日 - 2016年10月21日

その他

 
シンポジウム・ワークショップの企画
温故知新 –ピッテンドリックを読む–
日本時間生物学会トレーニングコース、2017年10月

生物リズム若手研究者の集い2017
生物リズム若手研究者の集い、2017年8月

光合成生物の細胞間の時間調整とその特性
第23回 日本時間生物学会、2016年11月

生物リズム若手研究者の集い2016
生物リズム若手研究者の集い、2016年9月

植物システムを支える運命の分岐点
第68回 日本細胞生物学会、2016年6月

単純から複雑へ 進化発生学のいま
第35回 日本分子生物学会、2012年12月
資格
2007年 12月 第一種 放射線取扱主任者
2013年 8月 第一種 衛生管理者
論文査読依頼
Science, Nature Plants, Plant and Cell Physiology, Journal of Plant Research, Genes & Genetic Systems, Plant Science, Gene Expression, Journal of Plant Physiology, Plant, Cell & Environment, Environmental and Experimental Botany.
その他
STS (Science and Technology in Society) forum 2016に京都大学の若手代表(Future leader)として参加し、ノーベル賞受賞者との対話等を行った。
2016年10月1日〜10月4日