梶原 三恵子

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/09 20:30
 
アバター
研究者氏名
梶原 三恵子
 
カジハラ ミエコ
所属
東京大学
部署
大学院人文社会系研究科
職名
准教授
学位
Ph.D.(ハ−バ−ド大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2012年
 - 
現在
東京大学大学院人文社会系研究科 准教授
 
2009年
 - 
2012年
京都大学人文科学研究所 助教
 
2009年
 - 
2012年
京都外国語大学・大学院 非常勤講師
 
2003年
 - 
2011年
花園大学文学部 非常勤講師
 
2007年
 - 
2010年
大阪大学外国語学部・大学院言語文化研究科 (2007年9月まで大阪外国語大学) 非常勤講師
 

学歴

 
 
 - 
2002年
ハーバード大学 大学院 (Harvard University, Graduate School of Arts and Sciences) サンスクリット・インド学科 (Department of Sanskrit and Indian Studies)
 
 
 - 
1996年
大阪大学 大学院文学研究科 
 
 
 - 
1989年
大阪大学 文学部 哲学科 インド哲学専攻
 

委員歴

 
2017年
 - 
現在
日本学術会議  連携会員
 
2017年
 - 
現在
日本印度学仏教学会  理事
 
2016年
 - 
現在
インド思想史学会  理事
 
2014年
 - 
現在
日本印度学仏教学会  評議員
 
2010年
 - 
現在
インド思想史学会  編集委員
 
2013年
 - 
2014年
6th International Vedic Workshop  Technical Program Committee
 
2009年
 - 
2012年
インド思想史学会  事務局幹事
 
2009年
   
 
第14回国際サンスクリット学会実行委員会幹事
 
2002年
 - 
2003年
日本南アジア学会  編集担当幹事
 
1999年
   
 
第2回国際ヴェーダ学ワークショップ実行委員会幹事
 

論文

 
梶原 三恵子
国際哲学研究   (7) 51-55   2018年   [招待有り]
梶原 三恵子
印度学仏教学研究   65(1) 283-290   2016年   [査読有り]
Mieko Kajihara
Vedic Investigations (ed. Asko Parpola and Petteri Koskikallio). Motilal Banarsidass, Delhi   271-296   2016年   [査読有り]
梶原 三恵子
人文学報   (109) 33-102   2016年   [査読有り]
梶原 三恵子
文化交流研究(東京大学文学部次世代人文学開発センター研究紀要)   (26) 47-61   2013年
Mieko Kajihara
ZINBUN. Annals of the Institute for Research in Humanities, Kyoto University   42 39-62   2011年   [査読有り]
Mieko Kajihara
Journal of Indological Studies   20/21 25-42   2009年   [査読有り]
2008-2009
梶原三恵子
小林圓照博士古稀記念論集 佛教の思想と文化の諸相   161-175   2005年
Mieko Kajihara
The Vedas. Texts, Language & Ritual. (ed. A.Griffiths and J.E.M.Houben), Groningen   417-431   2004年
梶原三恵子
仏教学セミナ−   (78) 1-20   2003年
梶原三恵子
印度学仏教学研究   52(1) 473-471(22-24)   2003年   [査読有り]
梶原三恵子
印度学仏教学研究   43(2) 1052-1047(1-6)   1995年   [査読有り]
古代インドの入門式
梶原三恵子
宗教研究   66(4-295) 249-251   1993年
梶原三恵子
印度学仏教学研究   40(2) 1062-1059(25-28)   1992年
梶原三恵子
待兼山論叢   (25) 25-38   1991年

Misc

 
月に守られた者
梶原 三恵子
『世界の名前』 岩波新書   1-3   2016年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
The brahmacarin in the Veda: the Evolution of the "Vedic Student" and the Dynamics of Texts, Rituals, and Society in Ancient India
博士学位論文 (Harvard University) UMI Dissertation Publishing, Ann Arbor   2002年   

講演・口頭発表等

 
グリヒヤ祭にみる「伝統」と「慣習」
梶原 三恵子
日本印度学仏教学会第69回学術大会 パネル「現代インドにおけるヴェーダ祭式の文化的・社会的プレゼンス —ケーララ州の事例から探る」(東洋大学)   2018年9月2日   
入門儀礼と学習儀礼における衣について
梶原 三恵子
「ブラフマニズムとヒンドゥイズム」第4回シンポジウム「古代・中世インドの儀礼、制度、社会」(於・東京大学)   2018年3月24日   
インドにおけるヴェーダの伝承について [招待有り]
梶原 三恵子
「聖典はどのように伝えられたのか―宗教の言葉と思想を考える」 東洋大学国際哲学研究センター シンポジウム   2017年10月21日   
聖典学習者と禁欲 ― brahmacarin 再考 [招待有り]
梶原 三恵子
「ブラフマニズムとヒンドゥイズム」第2回シンポジウム,京都大学人文科学研究所   2017年3月25日   
グリヒヤスートラにおける手と水の儀礼
梶原 三恵子
日本印度学仏教学会第67回学術大会   2016年9月4日   
The sodasa-kriyas and today's Namputiri society [招待有り]
Mieko KAJIHARA
The Brahmanism and Hinduism: Prolegomena. International Symposium, Kyoto   2016年3月11日   
家庭儀礼一覧「十六行事」からみるナンブーディリ社会の現在
梶原 三恵子
日本南アジア学会第28回全国大会   2015年9月27日   
The Sacred Verse Savitri in the Vedic Religion and Beyond
Mieko KAJIHARA
16th World Sanskrit Conference, Bangkok   2015年6月29日   
ウパニシャッドの入門儀礼と初期仏典の受戒儀礼 [招待有り]
梶原 三恵子
「仏教儀礼の成立と展開に関する総合的研究」研究会   2015年2月21日   
brahmacarin, brahmacarya, and Chastity in Vedic Literature [招待有り]
Mieko KAJIHARA
6th International Vedic Workshop, Calicut   2014年1月9日   
The Initiation Ritual (upanayana) in the Vedic Texts and Beyond [招待有り]
Mieko Kajihara
International Symposium: Consecration, Initiation, and Enthronement Rituals in Ancient and Medieval India. Kyoto   2012年12月23日   
聖なる「ことば」の伝承―古代インドのヴェーダ学習者たち
梶原 三恵子
東京大学文学部文化交流茶話会   2012年10月   
カリフォルニア州教科書の古代インド史記述をめぐる論争と訴訟
現代インド地域研究京大拠点第二回グローバルインド研究会   2010年9月   
On the Vadhula-Grhyasutra [招待有り]
14th World Sanskrit Conference, Kyoto   2009年9月   
ケーララ州におけるヴァードゥーラ学派の現況(2009年2月)
京都大学人文科学研究所共同研究「王権と儀礼」報告(藤井正人・手嶋英貴との共同報告)   2009年6月   
Vadhula-Grhyasutra について
インド思想史学会第14回学術大会   2007年   
Godana 儀礼と vedavrata
日本印度学仏教学会第56回学術大会   2005年   
入門式(upanayana)と再入門式
日本印度学仏教学会第54回学術大会   2003年   
The `repeated upanayana'
The 12th World Sanskrit Conference (Helsinki, Finland)   2003年   
ヴェーダ学生(brahmacarin)研究から見たアタルヴァヴェーダの構成とヴェーダ文献史に占める位置
京都大学人文科学研究所共同研究「後期ヴェーダの言語と宗教」報告   2003年   
The upanayana and marriage in the Atharvaveda
TheThird International Vedic Workshop (Leiden, the Netherlands)   2002年   
Brahmacarin Formulas in Paippalada Samhita 20
The Second International Vedic Workshop (Kyoto)   1999年   
Atharvaveda の brahmacarin
日本印度学仏教学会第45回学術大会   1994年   
古代インドの入門式−upanayana−
日本宗教学会第51回学術大会   1992年   
Bodhicaryavatara と受戒儀礼
日本印度学仏教学会第42回学術大会   1991年   

Works

 
人間文化研究機構(NIHU)南アジア地域研究・東京大学拠点(TINDAS)拠点構成員
梶原 三恵子   その他   2017年 - 現在
京都大学人文科学研究所共同研究「ブラフマニズムとヒンドゥイズム:南アジアの社会と宗教の連続性と非連続性」(主宰:藤井正人)共同研究員
2016年 - 現在
京都大学人文科学研究所共同研究「ヴァードゥーラ・シュラウタスートラ研究」(主宰:井狩彌介・藤井正人)共同研究員
2015年 - 現在
京都大学人文科学研究所共同研究「ブラフマニズムとヒンドゥイズム:準備研究」(主宰:藤井正人)共同研究員
2014年4月 - 2016年3月
京都大学人文科学研究所共同研究「灌頂と即位の文化史」(主宰:藤井正人)共同研究員
2011年4月 - 2014年3月
京都大学人文科学研究所共同研究「王権と儀礼」(主宰:藤井正人)共同研究班員
2005年4月 - 2011年3月
京都大学人文科学研究所共同研究「グローバル化する思想・宗教の重層的接触と人文学の可能性」(主宰:奥山直司)共同研究班員
2010年
京都大学人文科学研究所共同研究「後期ヴェ−ダの言語と宗教−ヴァ−ドゥ−ラ・アヌア−キア−ナの研究」(主宰:井狩彌介)共同研究班員
2002年 - 2004年
京都大学人文科学研究所共同研究「サ−マヴェ−ダ基礎資料集成」(主宰:藤井正人)共同研究班員
1999年 - 2000年
京都大学人文科学研究所共同研究「インド文化史の諸問題−テクスト伝承と写本」(主宰:井狩彌介)共同研究班員
1999年 - 2000年
京都大学人文科学研究所共同研究「インド文化史の諸問題−古代インド王権とその周辺−」(主宰:井狩彌介)共同研究班員
1995年 - 1996年
京都大学人文科学研究所共同研究「古典インドの法と社会」(主宰:井狩彌介)共同研究班員
1992年 - 1995年
Thesaurus Indogermanischer Text- und Sprachmaterialien(インド・ヨ−ロッパ語文献集成プロジェクト、フランクフルト大学他): Jaiminiya-Upanisad-Brahmana, Typed by Masato Fujii and proofread by Mieko Kajihara)
1995年
古代インド法典コンピュ−タ入力プロジェクト(京都大学他):Baudhayana-Dharmasutra, Typed and analysed by Masato Fujii and Mieko Kajihara, proofread by Toru Yagi
1992年

競争的資金等の研究課題

 
ヴェーダからポスト・ヴェーダの宗教・文化の共通基盤と重層性の研究
科研費基盤B 研究代表者
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 梶原三恵子
南インド希少ヴェーダ学派の文献集成と翻訳研究
科研費基盤B 研究分担者
研究期間: 2013年4月 - 2018年3月    代表者: 藤井正人
南インド現存二学派の収集諸写本に基づくヴェーダ新資料の校訂と研究
科研費基盤B 連携研究者
研究期間: 2008年4月 - 2013年3月    代表者: 藤井正人
南インドにおけるブラーマン文化の現在:ケーララ州ブラーマン宗家の事例研究を中心に
科研費基盤C 連携研究者
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 手嶋英貴
ヴェーダ文献伝承の研究―サンスクリット文献学と南アジア地域研究の複合研究
科研費基盤B 研究分担者
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月    代表者: 藤井正人