白川 康一

J-GLOBALへ         更新日: 18/05/29 15:59
 
アバター
研究者氏名
白川 康一
 
シラカワ コウイチ
所属
京都大学
部署
東南アジア地域研究研究所 グローバル生存基盤研究部門/大学院医学研究科 医学専攻 病原細菌学分野
職名
連携助教
科研費研究者番号
70791888

研究分野

 
 

経歴

 
2017年
 - 
現在
Stemcell Inc. 主任研究員
 
2016年
 - 
現在
京都大学東南アジア地域研究研究所 グローバル生存基盤研究部門 連携助教
 
2016年
 - 
2017年
浜松医科大学 医学部
 
2016年
 - 
現在
京都大学学際融合教育研究推進センター
 
2014年
 - 
2015年
京都大学東南アジア研究所 リサーチフェロー
 

学歴

 
 
   
 
京都大学 医学研究科 医学
 

委員歴

 
2014年
 - 
2015年
京都大学医学部  医学図書館選書委員
 
2007年
 - 
2009年
大阪府岸和田市医療対策審議会委員  
 
2010年
 - 
2012年
大阪府岸和田市都市景観審議会委員 
 
2009年
 - 
2011年
京都大学環境報告書ステークホルダー委員 
 

受賞

 
2009年9月
京都大学大学院医学研究科 国際学会派遣アワード
 

論文

 
Caution on use of anti-malaria drag for control of mixed infection of malaria: Baysian anlysis of malaria data from Sarawak, Malaysia
白川 康一
Parasitic Zoonoses in Asia-Pacific Regions 2012   25-28   2013年3月   [査読有り]

Misc

 
Special Issue: Abstracts of the 8th European Congress on Tropical Medicine and International Health & 5th Conference of the Scandinavian-Baltic Society for Parasitology, 10–13 September 2013, Copenhagen, Denmark
白川 康一
Tropical Medicine & International Health   18 144   2013年9月
ネットワーク構造を考慮した感染症拡散モデルの構築と効果的なワクチン接種の検討 (生物現象に対するモデリングの数理) Mathematical Models for the Spatial Spread of Influenza Transmission and Vaccination Programs Depending on the Social Network in Osaka (Kyoto Winter Research Program in Mathematical Biology Ne・・・
白川康一, 香川幸太郎, 今村(滝川)寿子, 落合洋文
数理解析研究所講究録 京都大学   (1653) 18-31   2009年
ネットワーク構造を考慮した感染症拡散モデルの構築と効果的なワクチン接種の検討 (生物現象に対するモデリングの数理)

Mathematical Models for the Spatial Spread of Influenza Transmission and Vaccination Programs Depending on the Social Network in Osaka (Kyoto Winter Research Program in Mathematical Biolo...
白川康一,益田岳,石川登,西渕光昭
Medical Entomology and Zoology   61 p.52   2010年
蚊(Anopheles属)の媒介とマラリア感染症の理論疫学について
白川康一
第6回生物数学の理論とその応用RIMS研究集会報告集 京都大学数理解析研究所講究録1704   (1704) 31-36   2010年
呼吸器感染症に対する効果的なマスクの使用に関する検討
白川康一,梅岡航,国定宗久,末吉眞人
生物現象に対するモデリングの数理 RIMS共同研究 京都大学数理解析研究所講究録1706   (1706) 41-47   2010年

講演・口頭発表等

 
The factor analysis for dormancy promotion and the defeat of Plasmodium vivax
白川康一,西渕光昭
EMBL Conference BioMalPar XIV: Biology and Pathology of the Malaria Parasite, Heidelberg   2018年5月23日   
感染症疫学における統計処理について マレーシア・サラワク州におけるマラリア データから見えるもの
白川康一,西渕光昭
第58回日本熱帯医学会大会   2017年11月   
異種マラリア原虫の混合感染に対する薬剤効果のベイズ統計学的メタ解析について
白川康一,西渕光昭
第87回日本感染症学会西日本地方会学術集会   2017年10月   
Examination of the method that most suitable for the influence on sleep in the transplant of the mesencymal system stem cell and cognitive function and QOL evaluation
伊沢博美, 白川康一, 外崎登, 松岡孝明
World Sleep 2017,Prague   2017年10月   
The relation with a sleep gene and the life gene. About genetic interaction by the systems biological analysis
白川康一,伊沢博美,外崎登,松岡孝明
World Sleep 2017,Prague   2017年10月   
Occurrence and transmission of infectious diseases in major transportation facilities. Mathematical epidemiological consideration of infectious disease
白川康一,西渕光昭
The 16th Awaji International Forum on Infection and Immunity   2017年9月   
原虫感染症における偽薬が耐性機序へ与える 影響について
白川康一,西渕光昭
第 91 回日本感染症学会学術講演会   2017年4月   
主要交通施設における感染症患者の発生と伝播について
白川康一,西渕光昭
東京大学空間情報科学センターデー 2016 全国共同利用施設研究発表大会   2016年11月   
マラリア感染症疫学研究への方向統計学的解析の導入
白川康一,西渕光昭
第57回日本熱帯医学会総会   2016年11月   
感染症疫学への方向統計学および波形解析の適用
白川康一,西渕光昭
第59回日本感染症学会中日本地方会学術集会   2016年11月   
高齢者の交通手段から検討する外出行動と健康
寺澤美晴,白川康一,大磯義一郎
第75回日本公衆衛生学会総会   2016年10月   
The analysis of the factor affecting the outbreak of malaria: application of Directional epidemiology to the control of Plasmodium knowlesi
白川康一,西渕光昭
The 15th Awaji International Forum on Infection and Immunity   2016年9月   
多世代共創プロジェクトに対する要介護者への 適応性の評価と参加者の増加に向けた検討
小澤由季,白川康一,大磯義一郎
第75回日本公衆衛生学会   2016年10月   
医療訴訟関連費用と医療賠償保険における実験経済学的均衡について
白川康一,大磯義一郎
第75回日本公衆衛生学会   2016年10月   
熱帯熱マラリア感染における低血糖症とグルコース代謝阻害機構の分子病態生理学的およびシステム生物学解析
白川康一,西渕光昭
日本生体防御学会   2016年4月   
医療事故報道の臨床研修マッチングに及ぼす影響
大野 航 ,森 亘平 ,橋本優子 ,鈴木孝昭,岡崎幸治,白川康一,大磯義一郎
日本内科学会総会   2016年4月   
糖尿病罹患中に発症した肝細胞癌と血糖コントロールに関する検討
,岡崎幸治,大磯義一郎,白川康一,鈴木義広,木村 守,鈴木孝昭,森 亘平,大野 航,橋本優子
日本内科学会総会   2016年4月   
経済疫学的解析法を用いたサラワク州におけるマラリアの疾病集積性の特性分析
白川康一,西渕光昭
第56回日本熱帯医学会   2015年12月   
流行性感染症時系列データにおける季節調整法について
白川 康一
日本感染症学会 第58回日本感染症学会中日本地方会学術集会 第85回日本感染症学会西日本地方会学術集会 第63回日本化学療法学会西日本支部総会 【要望演題】   2015年10月   
Epidemiological influence that the habits of the mosquito give on constructing a malarial control model
白川康一, 西渕光昭
第14回淡路島感染症フォーラム2015/9   2015年9月   
Analysis of the mechanism of glucose metabolism inhibition, as a cause of hypoglycemia, in falciparum malaria using a systems biology approach
白川康一,西渕光昭
第55回日本熱帯医学会総会, 東京,2014.11月   2014年11月   
抗マラリア剤の作用機序と耐性機序について
白川康一,西渕光昭
第84回日本感染症学会西日本地方学術集会, 岡山市,2014.10月   2014年10月   
Hypoglycemia in malaria: Systems biological analysis to mechanism of impaired glucose metabolism,11th International Coccidiosis Conference 2014
白川康一
11th International Coccidiosis Conference 2014   2014年10月   
Network theory and systems biological analysis to the interaction between the three; anti drag type malaria parasite and anti malaria drag molecule, placebo drag molecule
白川康一, 西渕光昭
The 13th Awaji International Forum   2014年9月   
Molecular genetics and systems biological analysis to the pathogenesis of drug-resistant type malaria
白川康一,西渕光昭
国際微生物学会連合会議2014 モントリオール,カナダ   2014年7月28日   
薬剤耐性マラリアのゲノム解析
白川 康一
第8回日本ゲノム微生物学会年会   2014年3月7日   
薬剤耐性型マラリアの発生の因子解析とコントロール
白川 康一
京都大学微生物科学寄付研究部門主催第二回シンポジウム「微生物科学研究の多様性と新展開」   2013年11月8日   
薬剤耐性型マラリアの発生の因子解析とコントロール
白川 康一
感染症流行モデリング 理論、実践とシミュレーションのギャップを埋める   2013年10月23日   
The analysis of the factor affecting the outbreak of resistant type malaria: application of macro-and micro-epidemiology to the control of the drug-resistant type
白川康一,西渕光昭
8th European Congress on Tropical Medicine & International Health (ECTMIH 2013),Copenhagen,Danmark   2013年9月   
The analysis of the factor affecting the outbreak of resistant type malaria: Application of Mathematical Epidemiology to the control of the drug-resistant type 
白川 康一
International Meeting on Emerging Diseases and Surveillance,Wien,Oesterreich   2013年2月15日   The International Society for Infectious Diseases
原虫の生体防御と薬剤耐性機構について
白川 康一
第82回日本感染症学会西日本地方学術集会   2012年11月   
Caution on use anti-malarial drag for mixed and infectious control of super infection of malaria particular: baysian analysis of malaria data from Sarawak malaysia
白川 康一
Proceeding of the12th Asian-Pacific Congress for Parasitic Zoonoses   2012年10月   
Characteristics of malaria in various areas of Sarawak, Malaysia caught from prevalence clustering
白川 康一
第53回日本熱帯医学会大会   2012年9月   
A hypothesis on diversification on Plasmodium species based on the comparative analysis of the reiterated sequence and the genome sequence encoding the infection control protein
白川 康一
The 11th Awaji International Forum on Infection and Immunity   2012年9月   
Analysis of Malaria Data from Sarawak, Malaysia:caution on Use of Anti-Maralial Drug for Mixed Infection and Infectious Control of Super Infection of Maralia in particular
白川 康一
XXVIth International Biometric Conference   2012年8月   
新型マラリアPlasmodium knowlesi(二日熱マラリア)のゲノム解析
白川 康一
第6回日本ゲノム微生物学会   2012年3月   
サラワク州・クチンにおけるマラリアと疾病集積性について
白川 康一
第52回日本熱帯医学会大会   2011年11月   
An Epidemiological analysis to evaluate effect ofintervention on dynamics of community-level infection byP.vivax in Southeast Asia: Elucidation of a feature uniqueto the malaria parasite
白川 康一
XIII International Congressof Bacteriology andApplied Microbiology   2011年9月   
妊婦の疫学データーを用いた胚子奇形発生に関する要因の検討~先天異常データベースの網羅的解析
第51回日本先天異常学会学術集会   2011年7月   
Plasmodium vivax とP.knowlwsi.の重複感染における疫学
白川 康一
第85回日本感染症学会総会   2011年4月   
マラリア原虫の感染調節タンパク質と病原性について
白川 康一
第5回日本ゲノム微生物学会   2011年3月   
Correlation analysis for genome of infection control plptein of Plasmodium and function
白川 康一
第51回日本熱帯医学会大会   2010年12月   
A hypothesis on diversification of Plasmodium species based on the comparative analyses of the reiterated-sequence and the genome sequence encoding the infection control proteins 京都大学GCOE
白川 康一
2010年11月   
A hypothesis on diversification of Plasmodium species based on the comparative analyses of the reiterated-sequence and the genome sequence encoding the infection control proteins
RSTMH Biennial Meeting (英国王立熱帯医学衛生学会)   2010年9月   
プラスモディウム属の感染調節タンパク質のゲノムと機能における相関解析
第9回分子寄生虫・マラリア研究フォーラム   2010年   
呼吸器感染症に対する効果的なマスクの使用に関する検討
2010年京都大学数理解析研究所共同研究 Kyoto Summer Research Program in Mathematical Biology Next Wave 2010 生物現象に対するモデリングの数理【招待講演】   2010年   
プラスモディウム属における感染調節タンパク質のゲノム分析について
2010年度日本計量生物学会年会   2010年   
マレーシア・サラワク州におけるマラリア患者解析における理論疫学の応用
第84回日本感染症学会総会   2010年   
マレーシア・クチンにおけるマラリア媒介蚊に対するコントロールモデルについて
第62回日本衛生動物学会大会   2010年   
The Estimation of the dynamics for the pathogenic bacteria persisting and Immunosystem
第83回日本細菌学会総会   2010年   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
京都大学医学研究科GCOE 国際学会派遣助成対象(国際学会派遣  英国)
2010年

競争的資金等の研究課題

 
マラリアの地域特異性研究における新しい理論疫学・医学統計学的手法の導入(機関内研究)
京都大学: 
研究期間: 2016年4月       代表者: 白川 康一
マレーシア・サラワクにおけるマラリアの疫学(機関内共同研究)
研究期間: 2009年   
Plasumodium属の分子系統学的分類と感染機序に関与するタンパク質(個人研究)
研究期間: 2009年   
数理モデルを用いた感染症疫学(個人研究)
近畿地方におけるCulicidaeの生息と再興感染症の空間疫学的研究(国内共同研究)
研究期間: 2009年   

社会貢献活動

 
国際高等難民弁務官事務所協会
【その他】