YASHIRO Yoshimi

J-GLOBAL         Last updated: Apr 9, 2019 at 21:11
 
Avatar
Name
YASHIRO Yoshimi
E-mail
yyashirokeio.jp
Affiliation
Kanagawa University of Human Services
Twitter ID
Yashiro_Y

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Oct 2012
 - 
Mar 2013
Project Associate Professor, Keio University School of Medicine
 

Education

 
 
 - 
2009
Pathology, Immunology and Microbiology, Graduate School, Division of Medical Sciences, The University of Tokyo
 
 
 - 
2005
Graduate School, Division of Medical Sciences, The University of Tokyo
 

Published Papers

 
Karagiannis P, Takahashi K, Saito M, Yoshida Y, Okita K, Watanabe A, Inoue H, Yamashita JK, Todani M, Nakagawa M, Osawa M, Yashiro Y, Yamanaka S, Osafune K
Physiological reviews   99(1) 79-114   Jan 2019   [Refereed]
Ludwig TE, Kujak A, Rauti A, Andrzejewski S, Langbehn S, Mayfield J, Fuller J, Yashiro Y, Hara Y, Bhattacharyya A
Cell stem cell   23(5) 644-648   Nov 2018   [Refereed]
Shineha R, Inoue Y, Ikka T, Kishimoto A, Yashiro Y
Stem cells translational medicine   7(2) 251-257   Feb 2018   [Refereed]
Ryuma Shineha, Yusuke Inoue, Tsunakuni Ikka, Atsuo Kishimoto, Yoshimi Yashiro
Regenerative Therapy   7 89-97   Dec 2017   [Refereed]
Arisa Ema,Naonori Akiya,Hirotaka Osawa,Hiromitsu Hattori,Shinya Oie,Ryutaro Ichise,Nobutsugu Kanzaki,Minao Kukita,Reina Saijo,Takushi Otani,Naoki Miyano,Yoshimi Yashiro
IEEE Technol. Soc. Mag.   35(4) 68-75   Dec 2016   [Refereed]

Misc

 
用語解説 QALY
八代 嘉美
再生医療   17(1) 70-71   Feb 2018
八代嘉美
日本実験動物学会総会講演要旨集   65th 103   Apr 2018
八代嘉美
日本再生医療学会総会(Web)   17th ROMBUNNO.SY‐01‐6 (WEB ONLY)   2018
Good Cell Culture Practice(GCCP)を考える 再生医療領域における「責任ある研究・イノベーション」の実現のために考えておくべきこと
八代 嘉美, 標葉 隆馬, 井上 悠輔
組織培養研究   36(3) 105-105   May 2017
八代嘉美
小児内科   49(7) 940‐945-945   Jul 2017
<Key Points>(1)高リスクの"再生医療等行為"(ex vivoの遺伝子治療を含む)は再生医療等安全性確保法に基づく二重審査を受ける。(2)カルタヘナ法への留意も必要である。(3)新しい技術に関しては社会との積極的議論が必要である。(著者抄録)
八代嘉美, 八代嘉美
生物の科学 遺伝   71(5) 411‐414-414   Sep 2017
八代嘉美
日本臨床工学技士会会誌   (57) 114-114   Apr 2016
八代 嘉美
科学技術社会論研究   (14) 38-48   Nov 2017
YASHIRO Yoshimi
Philosophy (Tetsugaku)   2016(67) 96-109   2016
<p>In Japan, the problem of research inaccuracies, especially in the life science field, has received wide attention. As a result, the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology improved guidelines for guideline of the research...
八代嘉美, 井上悠輔, 一家綱邦, 岸本充生, 標葉隆馬
再生医療と社会のコミュニケーションに関する調査報告書(概要・速報版)平成26年   23P   2016
EMA Arisa, AKIYA Naonori, OSAWA Hirotaka, HATTORI Hiromitsu, OIE Shinya, ICHISE Ryutaro, KANZAKI Nobutsugu, KUKITA Minao, SAIJO Reina, OTANI Takushi, MIYANO Naoki, YASHIRO Yoshimi
Journal of Information Processing and Management   59(5) 330-330   2016
<p>Responsible Research and Innovation (RRI) on Artificial Intelligence (AI) requires various stakeholders to discuss Human-Machine relations in the near future. Therefore, we conducted questionnaire surveys twice in December 2015 and February 201...
八代嘉美
化学経済   63(5) 66‐71-71   Apr 2016
EMA Arisa, AKIYA Naonori, OSAWA Hirotaka, HATTORI Hiromitsu, OIE Shinya, ICHISE Ryutaro, KANZAKI Nobutsugu, KUKITA Minao, SAIJO Reina, OTANI Takushi, MIYANO Naoki, YASHIRO Yoshimi
Journal of Information Processing and Management   59(6) E1-E1   2016
<p>The correction is only for Japanese text.</p>
標葉 降馬, 井上 悠輔, 八代 嘉美
成城文藝 = The Seijo University Arts and Literature Quarterly   (240) 416-398   Jun 2017
八代嘉美
泌尿器外科   28(臨増) 543-544   May 2015
八代 嘉美
哲学   (67) 96-109   Apr 2016
仙石慎太郎, 櫻井満也, 八代嘉美
研究・技術計画学会年次学術大会講演要旨集(CD-ROM)   30th ROMBUNNO.2G25   Oct 2015
再生医療を実施する自由診療クリニックに対する民事訴訟 明らかになった実態と残った問題
一家 綱邦, 八代 嘉美, 藤田 みさお, 池谷 博
日本医事新報   (4766) 14-16   Aug 2015
八代嘉美
現代化学   (534) 48-49   Sep 2015
【再生医療-新たな医療を求めて-】 再生医療とELSI(Ethical,Legal and Social Issues) iPS細胞を用いた研究の倫理的・法的・社会的課題について
八代 嘉美
日本臨床   73(増刊5 再生医療) 537-543   Jun 2015
八代嘉美
現代化学   (530) 52-53   May 2015
八代嘉美
現代化学   (529) 36-37   Apr 2015
八代嘉美
再生医療   14 182   Feb 2015
石原研治, 石津美阿里, 一宮飛鳥, 稲見真美, 橋本朋美, 湯澤理恵, 廣原紀恵, 八代嘉美, 瀧澤利行
再生医療   14 351   Feb 2015
【再生医療2015 幹細胞と疾患iPS細胞の研究最前線】 (第6章)再生医療のELSI 再生医療研究における倫理的・法的・社会的課題について
八代 嘉美
実験医学   33(2) 381-386   Feb 2015
ヒトiPS細胞の樹立をきっかけに、わが国では再生医療の実用化の機運が高まっている。2013年には世界に先駆けて再生医療を推進する法律が策定され、これに合わせる形で薬事法などの既存の法律も改正されるなど、これまでにない勢いで社会制度が整備されつつある。しかし、再生医療はこれまでに先端医療分野において指摘されてきた医療倫理的な問題に加え、生殖や異種キメラの作製といった「ヒトの本質」とでもいうべき問題も併せもつ。本稿ではこうした問題を概説し、社会と協調して再生医療を実現させるためのありかたを検討...
Yoshimi Yashiro, Center for iPS Cell Research and Application Kyoto University
人工知能 = journal of the Japanese Society for Artificial Intelligence   29(5) 502-506   Sep 2014
八代 嘉美
年報科学・技術・社会   24 25-34   2015
八代嘉美
Horm Front Gynecol   21(2) 149-153   Jun 2014
八代嘉美
日本医師会雑誌   142(4) 751-755   Jul 2013
【生殖再生医学】 社会と再生医療・幹細胞研究の関係
八代 嘉美
HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY   21(2) 149-153   Jun 2014
わが国では2013年に「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」が成立し、薬事法が改正され「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」となるなど、再生医療を推進するための環境が急速に整いつつある。本年は世界ではじめてのヒトiPS細胞を用いる臨床研究の1例目が計画されており、一般社会との関係も構築されなければならない段階へと入っている。再生医療研究や幹細胞研究という領域は、社会の意識を変革しうる可能性をもっており、適切な情報発信等を通じて社会と適切に協調していく必要があ...
Yoshimi Yashiro
Japanese Journal of Clinical Chemistry   43 203-210   Jan 2014
八代 嘉美
日本医師会雑誌   142(4) 751-755   Jul 2013
視点 iPS細胞研究の現状と再生医療
八代 嘉美
保険診療   68(6) 54-58   Jun 2013
八代 嘉美
科学技術コミュニケーション   (13) 113-119   Jun 2013
脊髄損傷に対する神経再生治療の現状
安田 明正, 八代 嘉美, 岡野 栄之, 戸山 芳昭, 中村 雅也
侵襲と免疫   21(2) 78-80   Jun 2012
【幹細胞治療-基礎研究の進歩と臨床応用-】 特論 幹細胞研究と日本の科学技術政策
八代 嘉美
日本臨床   69(12) 2251-2256   Dec 2011
【再生医療の将来展望】 再生医療における生命倫理のあり方について
八代 嘉美
医薬ジャーナル   47(10) 2505-2507   Oct 2011
社会と協調した形で再生医療研究を実現化するためには、基礎研究の段階から臨床応用を明確に見据え、研究者への倫理的支援体制や、適切な問題理解能力を持つ倫理審査委員会による審査などを包含する研究支援体制を構築する必要がある。しかしわが国では、研究機関ごとに倫理支援や倫理審査の体制の質にばらつきがあるとの問題点が指摘されるなど、適切なシステムが存在するとは言えない。こうした問題を解決し、再生医療研究を推進するためには各種指針・専門知識のガイドラインを熟知し、機関内で研究者や研究計画、あるいは倫理委...
八代 嘉美
現代の図書館   49(3) 180-184   Sep 2011
【iPS細胞の創薬研究への利用】 iPS細胞研究の最近の進展
八代 嘉美, 岡野 栄之
Medical Science Digest   35(12) 482-484   Oct 2009
2007年11月にヒトiPS細胞の樹立が報告されて以来、「再生医療」という面が注目されている。ES細胞と比較して倫理的・制度面のハードルが低いことから細胞の供給への制限がないことや、患者から採取した細胞を発症前に遡らせることができるということから、治療法が確立されていなかった疾患の細胞モデルを創出することが可能とされる。本稿では、iPS細胞研究の最近の進展に焦点をあて、加速するiPS細胞研究の現状を理解する一助としたい。(著者抄録)
YASHIRO Yoshimi, OKANO Hideyuki
tits   14(8) 24-29   2009
【ノーベル賞の医療への貢献】 各分野におけるノーベル賞の貢献 発生学・再生医学分野におけるノーベル賞の貢献
八代 嘉美, 中内 啓光
綜合臨床   57(1) 37-41   Jan 2008
古代ギリシャのアリストテレスは発生という事象に強い興味を抱き、「動物発生論」(De generatione animalium)などという著書を残しているが、実際に発生過程の研究が進むようになったのはヤンセン親子やレーウェンフックが顕微鏡を製作し、細胞レベルでの観察を可能にしたこと、そして実験発生学の父といわれるウィルヘルム・ルーが、胚に人為的な操作を行い、その経過から発生の仕組みを解明するという手法を編み出したことによる。本稿ではノーベル賞で顕彰された再生・発生にかかわる研究を紹介する。...
八代 嘉美, 中内 啓光
綜合臨床   57(1) 37-41   Jan 2008

Conference Activities & Talks

 
“Transcriptional Profiling of Hematopoietic Stem Cells by High-Throughput Sequencing”
East Asian Joint Symposium on Biomedical Research   2004   
Transcriptional Profiling of Hematopoietic Stem Cells by High-Throughput Sequencing
2004