KAWAKITA Atsuko

J-GLOBAL         Last updated: Apr 6, 2019 at 02:40
 
Avatar
Name
KAWAKITA Atsuko
Affiliation
Chuo University
Section
Faculty of Letters
Job title
Professor
Research funding number
80396837

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1999
 - 
Mar 2002
Japan Society for the Promotion of Science, Research Fellow (DC)
 
Jan 2004
 - 
Mar 2004
New Research Initiatives for Humanities and Social Sciences, Japan Society for the Promotion of Science "Comparative Genocide Studies", Research Fellow
 
Apr 2004
 - 
Sep 2005
The University of Tokyo, Center for German and European Studies, Assistant Professor
 
Oct 2005
 - 
Mar 2010
The University of Tokyo, Center for German and European Studies, Project Associate Professor
 
Apr 2010
 - 
Mar 2013
Osaka University, Graduate School of Language and Culture, Associate Professor
 

Education

 
Apr 1990
 - 
Mar 1993
東京都立戸山高等学校
 
Apr 1993
 - 
Mar 1997
教養学科, Faculty of Liberal Arts, The University of Tokyo
 
Apr 1997
 - 
Mar 1999
地域文化研究専攻, Graduate School, of Arts and Sciences, The University of Tokyo
 
Apr 1999
 - 
Mar 2002
地域文化研究専攻, Graduate School, of Arts and Sciences, The University of Tokyo
 

Published Papers

 
第二次世界大戦後の西ドイツ賠償問題とヨーロッパ地域秩序形成
川喜田敦子
名古屋大学法政論集   (260) 165-187   Feb 2015
ヨーロッパにおける国際歴史教科書対話の現在―ドイツ=フランス共通教科書からドイツ=ポーランド共通教科書へ
川喜田敦子
西洋史学   (241) 70-81   Jun 2011
20世紀ヨーロッパ史の中の東欧の住民移動―ドイツ人「追放」の記憶とドイツ=ポーランド関係をめぐって
川喜田敦子
歴史評論   (665) 54-64   Sep 2005
第二次世界大戦後の人口移動 連合国の構想にみるヨーロッパとアジアの連関
川喜田敦子
ヨーロッパ研究   (17) 5-15   Dec 2017
「外国語としてのドイツ語(DaF)」から「学術言語としてのドイツ語(DaW)」へ―専門分野への「導入文献」について考える―
林明子、羽根礼華、川喜田敦子
中央大学文学部紀要   (120) 25-64   Mar 2017

Misc

 
書評:武井彩佳『〈和解〉のリアルポリティクス ドイツ人とユダヤ人』
川喜田敦子
ドイツ研究   (52) 164-168   Mar 2018
Berichte zur Durchführung des Goethe-Zertifikats A1/A2 an der Chuo Universität
Shinya Takahashi et al.
Journal of the Faculty of Letters (Language, Literature and Culture)   (122) 65-88   Mar 2018
『わが闘争』とナチズム後のドイツ
川喜田敦子
SYNODOS      Jan 2018
ヒトラーに関する研究
川喜田敦子
歴史と地理 世界史の研究   (704) 43-46   May 2017
書評:木畑和子著『ユダヤ人児童の亡命と東ドイツへの帰還―キンダートランスポートの群像―』
川喜田敦子
史学雑誌   126(3) 98-105   Mar 2017

Books etc

 
越境する歴史認識 ヨーロッパにおける「公共史」の試み
剣持久木(編) (Part:Contributor, ドイツ現代史の記述と表象―「ジェネレーション・ウォー」から考える歴史認識の越境化の諸相―(第2章))
岩波書店   Mar 2018   
Mutual Perceptions and Images in Japanese-German Relations
Sven Saaler, Kudo Akira, Tajima Nobuo (eds.) (Part:Contributor, Images of Japan in German Media. How the “Past” is Used to Reinforce Images of Self and Other)
Brill   Jul 2017   
知っておきたい歴史の新常識
歴史科学協議会(編) (Part:Contributor, 第二次世界大戦の戦争賠償)
勉誠出版   May 2017   
歴史を社会に活かす 楽しむ・学ぶ・伝える・観る
歴史学研究会(編) (Part:Contributor, ドイツにおける第二次世界大戦の表象―加害国の被害意識をめぐって―)
東京大学出版会   May 2017   
ドイツの歴史を知るための50章
森井裕一(編) (Part:Contributor, ドイツ史のなかの人の移動 ―移民排出国から移民受入国へ―、「過去の克服」の現在 ―負の過去の記憶をどう継承するか―)
明石書店   Oct 2016   

Conference Activities & Talks

 
『戦争と性暴力の比較史へ向けて』をどう読むか?
『戦争と性暴力の比較史へ向けて』刊行記念シンポジウム   May 2018   
戦後ドイツの政治と司法―ナチ犯罪を中心に
第28回西日本ドイツ現代史学会小シンポジウム   Mar 2018   
Erwerben und Anwenden des Deutschen als Wissenschaftssprache: Unterrichtspraxis mit der Einführungsliteratur im Bereich der Sprach- und Geschichtswissenschaft
Akiko Hayashi
JaF-DaF Forum   Feb 2018   
Nachkriegsbeziehungen zwischen Deutschland und Osteuropa aus japanischer Sicht. Unter besonderer Berücksichtigung der Vertreibung der Deutschen als Problem des Geschichtsbewusstseins
Gemeinsames Kolloquium (Osteuropäische Geschichte & Didaktik der Geschichte)   Jan 2018   
Bevölkerungsverschiebungen im 20. Jahrhundert in Europa und Asien. Unter besonderer Berücksichtigung der Übergangszeit vom Zweiten Weltkrieg zum Kalten Krieg
Kolloquium: Neuere und Neueste Geschichte & Zeitgeschichte am Institut für Geschichte   Dec 2017   

Research Grants & Projects

 
国際紛争の処理における住民移動と財産の所有権移転:20世紀ヨーロッパの事例から
国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)(日本学術振興会)
Project Year: Jan 2017 - Mar 2019    Investigator(s): 川喜田敦子
ヨーロッパにおける公共史の実践―歴史博物館、歴史教養メディア、歴史教科書
文部科学省: 科学研究費補助金(日本学術振興会・文部科学省)
Project Year: Apr 2016       Investigator(s): 剣持久木
二〇世紀東アジアをめぐる人の移動と社会統合に関する総合的研究
文部科学省: 科学研究費補助金(日本学術振興会・文部科学省)-基盤研究(A)
Project Year: Apr 2014 - Mar 2018    Investigator(s): 蘭信三
20世紀北朝鮮の建築・都市通史の解明
文部科学省: 科学研究費補助金(日本学術振興会・文部科学省)-基盤研究(B)
Project Year: Apr 2014 - Mar 2018    Investigator(s): 谷川竜一
シンティ・ロマの迫害と「反ツィガニズム」に関する歴史学的研究
文部科学省: 科学研究費補助金(日本学術振興会・文部科学省)-基盤研究(B)
Project Year: Apr 2013 - Mar 2017    Investigator(s): 石田勇治