宮里 修

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/20 13:40
 
アバター
研究者氏名
宮里 修
 
ミヤザト オサム
所属
高知大学
部署
人文社会科学部
職名
准教授
学位
博士(文学)(早稲田大学)

研究分野

 
 

委員歴

 
2018年10月
 - 
現在
土佐国分寺跡調査指導委員会  委員
 
2018年10月
 - 
現在
香美市史跡楠目城跡整備等検討委員会  委員
 
2017年7月
 - 
2019年6月
四万十市文化財保護審議会  委員
 
2017年6月
 - 
2019年5月
高知市史編さん委員会専門部会(考古学部会)  委員
 
2018年4月
 - 
2019年3月
四万十市重要文的景観整備活用計画検討会  評議員
 

論文

 
弥生時代の政治、社会変動
宮里 修
青銅器・初期鉄器時代 政治・社会変動   133-156   2019年10月   [招待有り]
書評:森岡秀人・古代学協会編『初期農耕活動と近畿の弥生社会』
宮里 修
考古学研究   66(2) 92-94   2019年9月
中世山城の築造技術と年代について
宮里 修
『海南史学』   57 54-74   2019年8月   [査読有り]
東松木式土器の系統と編年的位置について─南四国最古の弥生土器─
宮里 修
『高知考古学研究』   3 1-28   2019年3月
太平洋沿岸地域の交流─南四国と銅戈─
宮里 修
『西相模考古学研究会・兵庫考古学談話会合同シンポジウム予稿集 弥生時代における東西交流の実態』   69-86   2019年2月

書籍等出版物

 
『高知市史 考古編』
宮里 修 (担当:共著, 範囲:農耕の始まり、社会の拡大─弥生時代/遅れてきた「古墳」─古墳時代)
高知市   2019年3月   
『朝倉城跡Ⅰ』
宮里 修 (担当:編者)
高知大学人文社会科学部考古学研究室・高知市   2017年7月   
『旧陸軍歩兵第44連隊弾薬庫等調査報告書』
宮里 修 (担当:共著, 範囲:埋蔵文化財調査)
高知市教育委員会   2016年3月   
『弘人屋敷跡』
宮里 修 (担当:編者)
高知県文化財団埋蔵文化財センター   2014年3月   
『技術と交流の考古学』
宮里 修 (担当:共著, 範囲:日韓青銅器文化の併行関係と東北アジアにおける位置)
同成社   2013年1月   
『동아시아 청동기문화의 교류와 국가형성』
宮里 修 (担当:共著, 範囲:일본열도의 청동기와 국가형성)
学研文化社   2012年10月   
『朝鮮史研究入門』
宮里 修 (担当:共著, 範囲:青銅器時代・初期鉄器時代)
名古屋大学出版会   2011年6月   
『한반도 청동기의 기원과 전개(韓半島青銅器の起源と展開)』
宮里 修
社会評論   2010年8月   
『長崎並木Ⅱ』
宮里 修 (担当:共著, 範囲:第Ⅲ章・第Ⅳ章)
豊島区教育委員会   2010年3月   
『청동 거울과 고대사회(青銅鏡と古代社会)』
宮里 修 (担当:共著, 範囲:다뉴경의 제작시(多鈕鏡の製作地))
福泉博物館   2010年2月   
『比較考古学の新地平』
宮里 修 (担当:共著, 範囲:朝鮮無文土器文化の青銅器副葬)
同成社   2010年2月   
『扶桑─田村晃一先生喜寿記念論文集─』
宮里 修 (担当:共著, 範囲:朝鮮半島の青銅器埋納について)
青山考古学会・記念論文集刊行会   2009年10月   
『服部コレクション 鏡の世界』
宮里 修 (担当:共著, 範囲:戦国鏡と服部コレクション)
早稲田大学會津八一記念博物館   2008年11月   
『アジア地域文化学叢書Ⅶ 中国シルクロードの変遷』
宮里 修 (担当:共著, 範囲:朝鮮式細形銅剣の成立過程再考─東北アジア琵琶形銅剣の展開のなかで─)
雄山閣   2007年10月   
『北大塚遺跡Ⅱ』
宮里 修 (担当:編者)
豊島区教育委員会   1998年10月   

講演・口頭発表等

 
考古学からみた田村城館 [招待有り]
宮里 修
南国市郷土学講座   2019年2月   
太平洋沿岸地域の交流:南四国と銅戈
宮里 修
西相模考古学研究会・兵庫考古学談話会合同シンポジウム   2019年2月   
東北アジア各地における琵琶形銅剣の形成について
宮里 修
東アジア古代史・考古学研究会交流会   2019年1月   
不動ヶ岩屋洞穴と縄文時代の暮らし [招待有り]
宮里 修
高知大学出前講座 in 佐川町   2018年10月   
晩期東日本系土器の四国・瀬戸内への波及
宮里 修
中四国縄文研究会   2018年5月   

競争的資金等の研究課題

 
朝倉城跡西ノ段に対する3D測量調査および測量・発掘調査
土佐山内記念財団: 学術研究・文化学術振興活動助成金
研究期間: 2018年6月 - 2019年3月    代表者: 宮里 修
実験考古学的手法を用いた朝鮮青銅器文化の研究
文部科学省: 科学研究費補助金若手研究(B)
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 宮里 修
鋳造技術からみた朝鮮半島の青銅器文化
文部科学省: 科学研究費補助金若手研究(B)
研究期間: 2002年4月 - 2005年3月    代表者: 宮里 修
-