ドゥテ シルヴァン マッチュウ ジュリアン

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/06 02:46
 
アバター
研究者氏名
ドゥテ シルヴァン マッチュウ ジュリアン
 
ドゥテ シルヴァン マッチュウ ジュリアン
eメール
deteywaseda.jp
所属
早稲田大学
部署
国際学術院 国際教養学部
職名
教授
学位
学士(その他(海外の大学等)), 修士(その他(海外の大学等)), 博士 (論文)(その他(海外の大学等))
科研費研究者番号
00548927

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
准教授(言語学部),ルーアン国立大学(フランス)
 

学歴

 
 
   
 
その他(海外の大学等) 言語科学研究科 応用言語学
 

論文

 
RACINE, I. & DETEY, S.
In M. Gibson & J. Gil Fernandez (eds), Romance Phonetics and Phonology. Oxford: Oxford University Press.   381-394   2019年1月   [査読有り][招待有り]
KONDO, M., FONTAN, L., LE COZ, M., DETEY, S., KONISHI, T.
Proceedings of the 32nd General Meeting of the Phonetic Society of Japan   280-284   2018年9月   [査読有り]
FONTAN, L., LE COZ, M. & DETEY, S.
Proceedings of Interspeech2018   2544-2548   2018年9月   [査読有り]
This research work investigates the possibility of using automatic acoustic measures to assess speech fluency in the context of second language (L2) acquisition. To this end, three experts rated speech recordings of Japanese learners of French who...
ISELY, R., RACINE, I., DETEY, S., ANDREASSEN, H., EYCHENNE, J.
Proceedings of CMLF2018 - SHS Web of Conferences   46(2)    2018年7月   [査読有り]
Dans l’apprentissage du français, le schwa constitue un véritable défi pour les apprenants. Dans ce travail, effectué dans le cadre du projet « Interphonologie du Français Contemporain » (IPFC), nous proposons un système de codage alphanumérique d...
DETEY, S. & RACINE, I.
International Journal of Learner Corpus Research   3(2) 223-249   2017年12月   [査読有り][招待有り]
In this article, we describe the main methodological steps taken in the InterPhonologie du Français Contemporain (IPFC) research project to build an international corpus of spoken French as a Foreign Language for research and educational purposes....

書籍等出版物

 
Sylvain DETEY Jacques DURAND Bernard LAKS Chantal LYCHE 編著/川口裕司 矢頭典枝 秋廣尚恵 杉山香織 日本語版編訳 (担当:共編者)
三省堂   2019年2月   ISBN:978-4-385-36146-8
DETEY, S., RACINE, I., KAWAGUCHI, Y & EYCHENNE, J. (担当:共編者)
CLE International   2016年12月   ISBN:9782090382419
Comment saisir, présenter et faire apprendre la prononciation du français contemporain , en tenant compte de sa diversité dans l'espace francophone? Quelles sont les principales différences de prononciation typiques de différentes populations d'ap...
DETEY, S., DURAND, J., LAKS, B., LYCHE, C. (担当:共編者)
Oxford University Press   2016年7月   ISBN:9780199573714
This book examines the variation found in modern spoken French, based on the research programme 'Phonology of Contemporary French' (Phonologie du Français Contemporain, PFC). Extensive data are drawn from all over the French-speaking world, includ...
L'apprentissage de la liaison en français par des locuteurs non natifs: éclairage des corpus oraux/French liaison learning by non-native speakers in the light of oral corpora. Special Issue of Bulletin suisse de linguistique appliquée Vals-Asla (102)
RACINE, I. & DETEY, S. (担当:共編者)
Neuchatel University (Switzerland)   2015年12月   ISBN:ISSN : 1023-2044
Universalism and variation in phonology. Phonological papers in honour of Jacques Durand. Special Issue of Language Sciences (39)
CARR, P., DETEY, S., LYCHE, C. (担当:共編者)
Elsevier   2013年   ISBN:ISSN: 0388-0001

講演・口頭発表等

 
Quand savoir c’est pouvoir (ou pas) dans l’enseignement de la prononciation du FLE : de l’effet Buben aux logiciels d’APAO [招待有り]
DETEY, S.
Phonétique corrective en FLE : et maintenant ?   2019年2月   Praxiling UMR 5267, CNRS & Montpellier University (France)
ISELY, R., RACINE, I., DETEY, S. & EYCHENNE, J.
LingCor2018   2018年12月13日   CorDiVal
DETEY, S., RACINE, I. & KAWAGUCHI, Y.
FLORAL-IPFC2018 : contact de langues et (inter)phonologie de corpus   2018年11月26日   IPFC
DETEY, S., LE COZ, M., FONTAN, L., BARCAT, C., KAWAGUCHI, Y., AKIHIRO, H., SUGIYAMA, K. & KONDO, N.
FLORAL-IPFC2018 : contact de langues et (inter)phonologie de corpus   2018年11月26日   IPFC
FONTAN, L., DETEY, S, LE COZ, M., DOMIN, C., HAPEL, F.
FLORAL-IPFC2018 : contact de langues et (inter)phonologie de corpus(IPFC)   2018年11月26日   IPFC

Works

 
DETEY S., DURAND J., LAKS B. & LYCHE C. (dir.) (2010). PFC-EF: bilan d'un projet de recherche appliquée pour la diffusion du français parlé dans l'espace francophone via Internet. Rapport de recherche DGLFLF, Ministère de la Culture et de la Communication
2010年

競争的資金等の研究課題

 
フランス語、ポルトガル語、日本語、トルコ語の対照中間言語分析
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月
① フランス語研究班は東京外国語大学,西南学院大学,名古屋外国語大学において,日本語を母語とする学習者26名について調査を行うことができた。平成29年度は同データを用いて,スピーキング能力の経年変化,テキスト朗読データの評価方法に関する分析結果を学会等で発表し,前者を論文として公刊した。また既存の学習者言語データも含めて,名詞修飾語、接続表現,副詞,/b-v/の対立の経年調査等に関する分析も進行中である。② ポルトガル語研究班はパリ第8大学の協力者と質問項目を完成し,本学と上智大学で計5名...
科学研究費助成事業(早稲田大学): 科学研究費助成事業(基盤研究(B))
研究期間: 2015年 - 2018年
基盤研究(B) n°15H03227 - コーパスを基盤とする中・上級日本人フランス語学習者の話し言葉フランス語の多面的分析
研究期間: 2015年   
基盤研究(B) n° 23320121 - 日本人フランス語学習者の中間音韻論的特徴に関するコーパスに基づく経年調査
研究期間: 2011年 - 2014年
科学研究費助成事業(早稲田大学): 科学研究費助成事業(基盤研究(B))
研究期間: 2011年 - 2014年
2012年度は、録音と知覚テストを2回に分けて実施し、並行してデータの分析と処理を開始した。まず、2012年6月にはIPFCプロトコルに基づいた手法を用いて、39人分の日本語話者を対象として、Moodleソフトを用いて録音を行った。また、フランス語の鼻母音 /an, in, on/、流音 /l, r/、および唇子音/b, v/の知覚についてAXBタスクを使った知覚テストを行い、また被験者がフランス語の音節数を数え上げるタスクを実施した。さらに、カタカナに変換したフランス語のテクストの読み上...