佐藤 淳

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/06 17:31
 
アバター
研究者氏名
佐藤 淳
 
サトウ ジュン
URL
https://sites.google.com/site/junjsato/home
所属
福山大学
部署
生命工学部 生物工学科
職名
准教授
学位
博士(地球環境科学)(北海道大学 大学院 地球環境科学研究科)
科研費研究者番号
80399162

研究分野

 
 

経歴

 
2003年4月
   
 
福山大学生命工学部生物工学科 技術助手
 
2005年4月
   
 
福山大学生命工学部生物工学科 助手
 
2007年4月
   
 
福山大学生命工学部生物工学科 助教
 
2009年4月
   
 
福山大学生命工学部生物工学科 講師
 
2014年4月
 - 
現在
福山大学生命工学部生物工学科 准教授
 
2017年9月
 - 
2018年8月
豪州アデレード大学 生物科学科 客員研究員
 
 
   
 
現在に至る
 

学歴

 
 
 - 
2003年
北海道大学 大学院 地球環境科学研究科 生態環境科学専攻
 
 
 - 
2001年
北海道大学 理学部 生物科学科
 

委員歴

 
2018年9月
 - 
現在
日本哺乳類学会  国際交流委員
 
2014年1月
 - 
現在
日本哺乳類学会  Mammal Study編集幹事
 

受賞

 
2017年2月
福山大学 学長賞
 
2016年11月
日本動物学会 奨励賞 哺乳類の分子系統と日本産哺乳類の起源の解明
 
2015年7月
日本哺乳類学会 日本哺乳類学会論文賞
 
2014年6月
モロシヌス研究会 森脇和郎賞 哺乳類の進化遺伝学的研究:モロシヌスマウスの由来と環境適応の解明に向けて
 
2013年2月
福山大学 学長賞
 
2012年9月
日本哺乳類学会 奨励賞 食肉目及び齧歯目哺乳類を対象とした進化遺伝学的研究
 
2009年
第81回日本遺伝学会Best Papers賞
 
2006年
日本哺乳類学会2006年度大会ポスター優秀賞
 
2011年
ポーランド科学アカデミー 生物学・農学部門賞
受賞者: Mieczyslaw Wolsan, 佐藤 淳
 

論文

 
Dietary niche partitioning between sympatric wood mouse species (Muridae: Apodemus) revealed by DNA meta-barcoding analysis
佐藤 淳
99(4) 952-964   2018年6月   [査読有り]
Kinoshita G, Sato JJ, Meschersky IG, Pishchulina SL, Simakin LV, Rozhnov VV, Malyarchuk BA, Derenko MV, Denisova GA, Frisman LV, Kryukov AP, Hosoda T, Suzuki H
Journal of Mammalogy   96(1) 172-184   2015年3月   [査読有り]
Sato JJ, Kawakami T, Tasaka Y, Tamenishi M, Yamaguchi Y
Mammal Study   in press    2014年3月   [査読有り]
Phylogeographic and feeding ecological effects on the mustelid faunal assemblages in Japan.
Sato JJ
Animal Systematics, Evolution, and Diversity   29(2) 99-114   2013年4月   [査読有り]
Ishida K, Sato JJ, Kinoshita G, Hosoda T, Kryukov AP, Suzuki H
Acta Theriologica   58(1) 13-24   2013年   [査読有り]
Sato JJ and Wolsan M.
Naturwissenschaften   99 655-659   2012年   [査読有り]
Sato JJ, Wolsan M, Prevosti F, D'Elia G, Begg C, Begg K, Hosoda T, Campbell K, Suzuki H
Molecular Phylogenetics and Evolution   63 745-757   2012年   [査読有り]
佐藤淳、Mieczyslaw Wolsan
哺乳類科学   52(1) 23-40   2012年6月   [査読有り]
日本産テン類の系統地理学的研究
佐藤淳、石田浩太朗
タクサ   32 1-7   2011年12月
Sato JJ, Hosoda T, Kryukov AP, Kartavtseva IV, Suzuki H
Mammal Study   36(4) 209-222   2011年   [査読有り]
Ito M, Jiang W, Sato JJ, Zhen Q, Jiao W, Goto K, Sato H, Ishiwata K, Oku Y, Chai J-J, Kamiya H
Zoological Science   27(3) 269-278   2010年   [査読有り]
野生集団より新たに育成されたマウス系統の実験動物としての貢献(総論).
宮下信泉、久城憲壽、城石俊彦、松島芳文、山口泰典、佐藤淳
関西実験動物研究会会報   31 49-54   2009年
Sato JJ, Wolsan M, Minami S, Hosoda T, Sinaga MH, Hiyama K, Yamaguchi Y, Suzuki H
Molecular Phylogenetics and Evolution   53(3) 907-922   2009年   [査読有り]
Sato JJ, Yasuda SP, Hosoda T
Zoological Science   26(7) 457-466   2009年   [査読有り]
Shimada T, Sato JJ, Aplin KP, Suzuki H
Genes and Genetic Systems   84(3) 225-231   2009年   [査読有り]
Sato JJ, Shinohara A, Miyashita N, Koshimoto C, Tsuchiya K, Nakahara I, Morita T, Yonekawa H, Moriwaki K, and Yamaguchi Y
Mammalian Genome   19(3) 155-162   2008年   [査読有り]
Suzuki H, Filippucci MG, Chelomina GN, Sato JJ, Serizawa K, and Nevo E
Biochemical Genetics   46 329-346   2008年   [査読有り]
Nunome M, Yasuda SP, Sato JJ, Vogel P, and Suzuki H
Zoologica Scripta   36(6) 537-546   2007年   [査読有り]
複数の遺伝子を用いた食肉目イタチ科の分子系統学的解析.
佐藤 淳
Animate   特別号1 95-100   2006年   [査読有り]
Sato JJ, Tsuru Y, Hirai K, Yamaguchi Y, Mekada K, Takahata N, and Moriwaki K
Genes and Genetic Systems   81(3) 201-209   2006年   [査読有り]
Sato JJ, Wolsan M, Suzuki H, Hosoda T, Yamaguchi Y, Hiyama K, Kobayashi M, and Minami S
Zoological Science   23(2) 125-146   2006年   [査読有り]
Hosoda T, Sato JJ, Shimada T, Campbell KL, and Suzuki H
Journal of Heredity   95(5) 607-623   2005年   [査読有り]
Sato JJ, Hosoda T, Wolsan M, and Suzuki H
Zoological Science   21(1) 111-118   2004年   [査読有り]
Suzuki H, Sato JJ, Tsuchiya K, Luo J, Zhang Y-P, Wang Y-X, and Jiang X-L
Biological Journal of Linnean Society   80 469-481   2003年   [査読有り]

Misc

 
Jun J. Sato, Tetsuji Hosoda, Mieczyslaw Wolsan, Kimiyuki Tsuchiya, Yasuhiko Yamamoto, and Hitoshi Suzuki
Zoological Science   20(2) 243-264   2003年
Hitoshi Suzuki, Jun J. Sato, Kimiyuki Tsuchiya, Jing Luo, Ya-Ping Zhang, Ying-Xiang Wang, and Xue-Long Jiang
Biological Journal of Linnean Society   80(3) 469-481   2003年
Jun J. Sato, Tetsuji Hosoda, Mieczyslaw Wolsan, and Hitoshi Suzuki
Zoological Science   21(1) 111-118   2004年
Jun J. Sato and Hitoshi Suzuki
Canadian Journal of Zoology   82(8) 1343-1351   2004年
Phylogenetic relationships and divergence times of the genus Tokudaia within Murinae (Muridae; Rodentia) inferred from the nucleotide sequences encoding the mitochondrial cytochrome b and nuclear recombination-activating gene 1 and interphotorecep...
Tetsuji Hosoda, Jun J. Sato, Tomofumi Shimada, Kevin L. Campbell, and Hitoshi Suzuki
Journal of Heredity   95(5) 607-623   2005年
Jun J. Sato, Mieczyslaw Wolsan, Hitoshi Suzuki, Tetsuji Hosoda, Yasunori Yamaguchi, Kozue Hiyama, Mari Kobayashi, and Shinji Minami
Zoological Science   23(2) 125-146   2006年
Jun J. Sato, Yoshiharu Tsuru, Kyoko Hirai, Yasunori Yamaguchi, Kazuyuki Mekada, Naoyuki Takahata, and Kazuo Moriwaki
Genes and Genetic Systems   81(3) 201-209   2006年
Mitsuo Nunome, Shumpei P. Yasuda, Jun J. Sato, Peter Vogel, and Hitoshi Suzuki
Zoologica Scripta   36(6) 537-546   2007年
Hitoshi Suzuki, Maria Grazia Filippucci, Galina N. Chelomina, Jun J. Sato, Keiko Serizawa, and Eviatar Nevo
Biochemical Genetics   46(5-6) 329-346   2008年
Jun J. Sato, Akio Shinohara, Nobumoto Miyashita, Chihiro Koshimoto, Kimiyuki Tsuchiya, Ikuyo Nakahara, Tetsuo Morita, Hiromichi Yonekawa, Kazuo Moriwaki, and Yasunori Yamaguchi
Mammalian Genome   19(3) 155-162   2008年
Tomofumi Shimada, Jun J. Sato, Ken P. Aplin, Hitoshi Suzuki
Genes and Genetic Systems   84(3) 225-231   2009年
Jun J. Sato, Shumpei P. Yasuda, Tetsuji Hosoda
Zoological Sciece   26(7) 457-466   2009年
Jun J. Sato, Mieczyslaw Wolsan, Shinji Minami, Tetsuji Hosoda, Martua H. Sinaga, Kozue Hiyama, Yasunori Yamaguchi, and Hitoshi Suzuki
Molecular Phylogenetics and Evolution   53(3) 907-922   2009年
複数の遺伝子を用いた食肉目イタチ科の分子系統学的解析
佐藤淳
Animate   特別号1 95-100   2006年
Mamoru Ito, Wei Jiang, Jun J. Sato, Qiang Zhen, Wei Jiao, Kazuo Goto, Hiroshi Sato, Kenji Ishiwata, Yuzaburo Oku, June-Jie Chai, Haruo Kamiya
Zoological Science   27(3) 269-278   2010年

書籍等出版物

 
review of the processes of mammalian faunal assembly in Japan – insights from molecular phylogenetics
Jun J. Sato
Springer (2017)   2017年1月   
日本のネズミ―多様性と進化(本川雅治 編)
佐藤 淳
東京大学出版会   2016年9月   
Molecular systematics of the caniform Carnivora and its implications for conservation.
佐藤 淳 (担当:共著)
Wiley Blackwell (in press)   2017年   
Small Carnivores: Evolution, Ecology, Behaviour and Conservation.
28. Do Linh San E, Sato JJ, Belant JL and Somers MJ (担当:共編者)
Wiley Blackwell (in press)   2017年   
世界を変えた安佐動物公園のレッサーパンダ
佐藤 淳
安佐動物公園 すづくり   2016年1月   
The systematics and taxonomy of the world’s badger species – A Review
Jun J. Sato
Alpha Wildlife Publications (in press)   2016年   
日本列島でみられる哺乳類の毛色多型と、系統地理学からみえるその遺伝的背景
布目三夫、友澤森彦、佐藤淳、鈴木仁 (担当:共著, 範囲:系統地理学 DNAで解き明かす生きものの自然史 第7章 pp. 183-212.)
文一総合出版   2013年   
Origin and genetic status of Mus musculus molossinus: a typical example of reticulate evolution in the genus Mus
Yonekawa H, Sato JJ, Suzuki H, Moriwaki K (担当:共著, 範囲:Evolution of the House Mouse pp. 94-113.)
Cambridge University Press   2012年   

講演・口頭発表等

 
DNAメタバーコーディングで探るアカネズミの食性の普遍性と多様性に与える時空間要因
佐藤 淳
第一回環境DNA学会東京大会   2018年9月29日   
次世代シークエンサーを用いた真無盲腸目哺乳類のゲノム系統学的研究
佐藤 淳
第7回 札幌生物多様性研究会   2018年9月21日   
超保存エレメントに基づく真無盲腸目Eulipotyphlaのゲノム系統分析
佐藤 淳
日本哺乳類学会2018年度大会   2018年9月9日   
Mammal Study ~過去、現在、未来~
佐藤 淳
2018年9月7日   
Phylogenomic analyses of a mammalian order Eulipotyphla based on ultra-conserved elements (UCEs)
佐藤 淳
Seminar in the University of Adelaide   2018年8月21日   
Molecular Phylogenetics and Conservation Genetics of the Small Eutherian Mammals (Carnivora and Rodentia).
佐藤 淳
Seminar of Prof. Craig Moritz Laboratory   2018年3月7日   
瀬戸内の里山・里海の生態系機能の解明に向けた研究拠点の形成
佐藤 淳
第111回岡山県医用工学研究会   2017年6月16日   
生息地の分断化がネズミの個体群の遺伝的多様性に与える影響 [招待有り]
佐藤 淳
第2回広げよう「野生動物の歩道橋」~コリドーで繋ぐ森と命~   2016年11月   
哺乳類の分子系統と日本産哺乳類の起源の解明 [招待有り]
佐藤 淳
第22回国際動物学会・第87回日本動物学会   2016年11月   
DNAバーコーディング法を用いたアカネズミの食性分析
佐藤 淳
日本哺乳類学会2016年度大会   2016年9月   
瀬戸内海島嶼のアカネズミ集団の遺伝的多様性とメタバーコーディングによる食性分析
佐藤淳、京極大助、小村健人、白石裕樹、前田康平、稲森千章、三浦大器、山口泰典、井鷺裕司
日本哺乳類学会2016年度大会   2016年9月   
遺伝子からみた哺乳類の真実~味覚とウンチと生態系の話~
佐藤 淳
福山大学 生命工学部 第16回公開授業~かしこく生きるヒント~   2016年6月   
瀬戸内海島嶼アカネズミの味覚受容体遺伝子の多様性とDNAバーコーディングによる食性の分析
佐藤 淳
第63回日本生態学会   2016年3月24日   
瀬戸内海の島でネズミは何を食べているのか?
佐藤 淳
福山大学グリーンサイエンス研究センター公開講演会   2016年2月29日   
Molecular Phylogenetics and Evolution of Carnivoran Mammals [招待有り]
佐藤 淳
Special Lecture in Yangon University   2015年12月21日   
Supermatrix phylogenetic analyses of the Cuban solenodon based on nuclear DNA sequences [招待有り]
佐藤 淳
Symposium: Research and conservation of the Cuban solenodon, Solenodon cubanus: challenges and opportunities in Vth International Wildlife Management Congress (organized by Lazaro M. Echenique-Diaz and Satoshi D. Ohdachi)   2015年7月28日   
瀬戸内海島嶼による隔離がアカネズミ集団の遺伝的多様性に与えた影響
佐藤 淳
第62回日本生態学会   2015年3月21日   
遺伝子に残された進化の痕跡~パンダやアザラシは旨みを感じていない?~ [招待有り]
佐藤 淳
福山市西部市民大学特別講座   2014年11月19日   
哺乳類分子系統学のこれから
篠原明男、佐藤淳
日本哺乳類学会2014年度大会   2014年9月12日   
日本の哺乳類の毛色進化 [招待有り]
佐藤 淳
公益社団法人 日本動物学会 第85回大会   2014年9月12日   
Mammal Study-アジア哺乳類学の世界への発信
本川雅治、島田卓哉、佐藤淳、押田龍夫
日本哺乳類学会2014年度大会   2014年9月4日   
EDGEの現状と問題点―食肉目の分子系統学を例に―
佐藤 淳
日本哺乳類学会2014年度大会   2014年9月4日   
文献の引用について―投稿規定改定に向けて
佐藤 淳
日本哺乳類学会2014年度大会   2014年9月4日   
Evolutionary distinctiveness and genetic diversity in mammals [招待有り]
Jun J. Sato
International Symposium: Status and Trends in Genetic Diversity under Changing Environments (organized by Tetsukazu Yahara)   2014年2月15日   
The systematics and taxonomy of the badger species of the world– A Review
Sato JJ
International Badger Symposium   2013年10月   
短期・長期の隔離がアカネズミ集団の遺伝的多様性に与えた影響
佐藤淳、田坂由里奈、高田靖司、植松康、酒井英一、立石隆、山口泰典
第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会2013年度合同大会   2013年9月   
遺伝的多様性の盛衰-野生哺乳類を例として- [招待有り]
佐藤 淳
第11回 因島種苗生産技術交流会   2013年8月7日   
The phylogenetic, ecological, and geological impacts on the carnivoran faunal assemblages in Japan
Sato JJ
The 11th international Mammalogical Congress, Symposium "Small Carnivores in Space and Time”   2013年8月   
Molecular Systematics of the caniform Carnivora
Sato JJ, Wolsan M
The 11th international Mammalogical Congress, Symposium "Small Carnivores in Space and Time"   2013年8月   
ゲノムから見た哺乳類の進化と絶滅 [招待有り]
佐藤 淳
北海道高等学校理科研究会函館支部 平成25年度 総会・研究協議会   2013年6月5日   
哺乳類の多様性と食における環境適応
佐藤 淳
里内清教授 退職記念 グリーンサイエンス講演会   2013年3月4日   
鰭脚類における旨味受容体遺伝子Tas1r1の偽遺伝子化
佐藤淳、Mieczyslaw Wolsan
日本遺伝学会第84回大会   2012年9月   
アカネズミApodemus speciosusの隔離集団における遺伝的多様性について
佐藤淳、川上司、為西正也、田坂由里奈、山口泰典
日本哺乳類学会2012年度大会   2012年9月   
ゲノム情報から探る進化と絶滅 [招待有り]
佐藤 淳
福山大学発!リレー講座~これからの時代を生きるために~   2012年3月22日   
ゲノム情報を利用した哺乳類の進化と保全に関する研究 [招待有り]
佐藤 淳
岡山県高等学校教育研究会理科部会 平成23年度生命科学公開講演会並びに教育方法研究会   2011年12月3日   
The origin of the sable in Hokkaido inferred from mitochondrial NADH dehydrogenase subunit 2 gene sequences.
Sato JJ, Hosoda T, Kryukov AP, Kartavtseva IV, Suzuki H
日本哺乳類学会2011年度大会 (宮崎市民プラザ・宮崎観光ホテル、宮崎).   2011年9月   
ニホンテン集団における中立・適応遺伝子座の多型
佐藤淳、御厨昭平、山口泰典、細田徹治
日本遺伝学会第82回大会   2010年   
10遺伝子座に基づくイタチ類の分子系統、分岐年代、生物地理
佐藤淳、Mieczyslaw Wolsan、Francisco J Prevosti、Guillermo D'Elia、Colleen Begg、Keith Begg、細田徹治、Kevin Campbell、鈴木仁
第16回野生生物保護学会・日本哺乳類学会2010年度合同大会   2010年   
DNAから見た哺乳類の進化と保全 [招待有り]
佐藤 淳
福山大学 生命工学部 公開講座~楽しく学ぶバイオと健康~   2009年7月4日   
ニホンテンの保全遺伝学的研究
佐藤淳、安田俊平、細田徹治
日本哺乳類学会2009年度台北大会   2009年   
超行列法における不完全なデータが系統推定に与える影響-イタチ科とアライグマ科を例に-
佐藤淳、Mieczyslaw Wolsan
日本遺伝学会第81回大会   2009年   
ヘモグロビンベータ鎖遺伝子から見た野生ハツカネズミゲノムの複雑な由来
佐藤淳
第23回モロシヌス研究会   2009年   
Supermatrix法を用いた食肉目イタチ科の網羅的系統解析
佐藤淳、Mieczyslaw Wolsan
日本動物学会中国四国支部 第61回大会   2009年   
日本固有種ニホンテンの保全遺伝学的研究
佐藤淳、細田徹治、尾関篤史、山口泰典、鈴木仁
第55回日本生態学会   2008年   
5つの核遺伝子エクソン領域を用いた鰭脚類とレッサーパンダの系統解析
佐藤淳、Mieczyslaw Wolsan
日本哺乳類学会2008年度大会   2008年   
超行列法を用いた食肉目イタチ科の亜科分類
佐藤淳、Mieczyslaw Wolsan、細田徹治、鈴木仁
日本動物学会第79回大会   2008年   
Genetic characterization of the wild-derived house mice in East Asia
Sato JJ, Yamaguchi Y, Ueta J, Suzuki H, Chunyan W, Kryukov AP, Mekada K, Takahata N, Moriwaki K
21th International Mammalian Genome Conference   2007年   
ヘモグロビンβ鎖b1-b2遺伝子間組換えにより示唆された日本産ハツカネズミの起源
佐藤淳、上田純平、鈴木仁、高畑尚之、目加田和之、森脇和郎、山口泰典
日本遺伝学会第79回大会   2007年   
利用可能な全DNA塩基配列を用いた食肉目イタチ科の亜科分類
佐藤淳、Mieczyslaw Wolsan、細田徹治、鈴木仁
日本哺乳類学会2007年度大会   2007年   
Homologous recombinations observed within the hemoglobin beta adult genes of the wild derived house mouse, Mus musculus, in East Asia
Sato JJ, Yamaguchi Y, Ueta J, Suzuki H, Chunyan W, Kryukov AP, Mekada K, Takahata N, Moriwaki K
20th International Mammalian Genome Conference   2006年   
イタチ科とネズミ科の同調的多様化-複数の核遺伝子を用いた分子系統学的解析-
佐藤淳、Mieczyslaw Wolsan、細田徹治、山口泰典、鈴木仁
日本哺乳類学会2006年度大会   2006年   
日本の哺乳類における地理的変異と多様性創出・維持
佐藤淳
日本哺乳類学会2006年度大会   2006年   
野生由来ハツカネズミ(Mus musculus)ヘモグロビンβ鎖b1-b2遺伝子間における組換え点の特定
佐藤淳、上田純平、目加田和之、鈴木仁、高畑尚之、森脇和郎、山口泰典
日本遺伝学会第78回大会   2006年   
Synchronized diversification between mustelid carnivorans and murid rodents inferred from multiple nuclear gene sequences
Sato JJ, Wolsan M, Hosoda T, Yamaguchi Y, and Suzuki H
International Symposium on Nature and Land Management of Tropical Peat Land in South East Asia   2006年   
Radiation of weasels and martens into Southeast Asia in the Late Miocene-Early Pliocene transition period from multiple nuclear gene sequences
Sato JJ
International Symposium "JSPS Core University Program: Biodiversity, Biogeography and Zoonoses of Indo-Malayan Region"   2005年   
Evolutionary correlation between mustelids and muroid rodents
Sato JJ and Wolsan M
9th International Mammalogical Congress   2005年   
複数の核遺伝子より推察された食肉目イタチ科におけるイタチ属とテン属の放散の関係
佐藤淳、細田徹治、Mieczyslaw Wolsan、山口泰典、鈴木仁
日本動物学会第75回大会   2004年   
核遺伝子より推定した食肉類の系統-イタチ科の進化と中新世後期の環境変動との関係を中心に-
佐藤淳、鈴木仁、細田徹治、Mieczyslaw Wolsan、山口泰典、樋山梢、小林万里、南心司
日本進化学会第6回東京大会   2004年   
複数の核の遺伝子より推定した食肉類の系統-イタチ科の進化を中心に-
佐藤淳、鈴木仁、Mieczyslaw Wolsan、細田徹治、山口泰典、樋山梢、小林万里、南心司
日本哺乳類学会2004年度大会   2004年   
Phylogeny of Mustelidae inferred from nuclear gene sequences with special reference to the phylogenetic status of the genus Martes
Sato JJ, Hosoda T, Wolsan M, Yamaguchi, Y, and Suzuki H
第4回国際テン会議   2004年   
複数の遺伝子に基づく食肉目イタチ(Mustelidae; Carnivora)の系統解析-Distribution of Support and Conflict among Data Set in Simultanious Analyses-
佐藤淳、細田徹治、Mieczyslaw Wolsan、鈴木仁
日本進化学会第5回九州大会   2003年   
複数の遺伝子に基づく食肉目イタチ科(Mustelidae; Carnivora)の系統解析
佐藤淳、細田徹治、Mieczyslaw Wolsan、鈴木仁
日本動物学会第74回大会   2003年   
複数の遺伝子と化石の記録から見た食肉目イタチ科(Mustelidae; Carnivora)の系統進化とアナグマ亜科の多系統性についての考察
佐藤淳、細田徹治、Mieczyslaw Wolsan、土屋公幸、鈴木仁
日本哺乳類学会2002年度大会   2002年   
複数の核遺伝子及びミトコンドリア遺伝子を用いた食肉目イタチ科(Mustelidae; Carnivora)の分子系統学的解析
佐藤淳、細田徹治、Mieczyslaw Wolsan、土屋公幸、鈴木仁
日本進化学会第4回東京大会   2002年   
核DNAから見た食肉目イタチ科の系統進化
佐藤淳、細田徹治、土屋公幸、鈴木仁
日本哺乳類学会2001年度大会   2001年   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
アカネズミゲノム情報から瀬戸内海 古代河川が残した足跡をたどる
文科省: 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月    代表者: 佐藤 淳
野ネズミの春の餌資源としての堅果の再評価
文科省: 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 島田卓哉
野生ハツカネズミの歴史的拡散の時空間把握と局所適応遺伝子の探索
文科省: 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(B)海外学術調査
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 鈴木 仁
アカネズミ野生集団を用いた放射線影響の多角的評価
文科省: 文部科学省科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月    代表者: 友澤森彦
瀬戸内海島嶼のアカネズミ集団をモデルとした遺伝的多様性の創出・維持機構の解明
住友財団: 基礎科学研究助成
研究期間: 2012年10月 - 2014年3月    代表者: 佐藤 淳
ユーラシア大陸東端の島嶼による隔離が島の哺乳類の固有性と絶滅リスクに与えた影響の解明
平和中島財団: アジア地域重点学術研究助成
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 佐藤 淳
第三紀後期のユーラシア産小型哺乳類の断続的放散と環境適応に関する分子系統解析
文科省: 
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月    代表者: 鈴木仁
マウスと日本人:マウスからみたヒトの祖先集団とその重層構造の
平和中島財団: 国際学術共同研究助成
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月    代表者: 城石俊彦
日本固有種ニホンテンの保全遺伝学的研究
乾太助記念動物科学研究助成基金: 
研究期間: 2007年4月 - 2008年3月
核およびミトコンドリアDNA塩基配列を利用し、ニホンテンにおける保全の単位の設定を行うことを目的とする。これまでにツシマテンの系統学的特異性と集団の遺伝的多様性の低下を見出している。