梶丸 岳

J-GLOBALへ         更新日: 17/06/22 13:10
 
アバター
研究者氏名
梶丸 岳
 
カジマル ガク
URL
https://sites.google.com/site/gakukajimaru/
所属
京都大学
部署
人間・環境学研究科
職名
助教
学位
博士(人間・環境学)(京都大学)

プロフィール

中国・日本・ラオスを調査地として、各地の歌の掛け合いについて人類学的立場から研究しています。
プロフィールおよび研究業績については個人ホームページをご参照ください。

研究分野

 
 

経歴

 
2017年3月
 - 
現在
京都大学 人間・環境学研究科 助教
 
2014年9月
 - 
2017年3月
名城大学 非常勤講師
 
2014年4月
 - 
2017年3月
京都学園大学 非常勤講師
 
2014年4月
 - 
2017年2月
京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター 非常勤講師(特別研究員)
 
2016年4月
 - 
2016年8月
京都精華大学 非常勤講師
 
2015年4月
 - 
2016年8月
京都文教短期大学 非常勤講師
 
2014年9月
 - 
2015年3月
龍谷大学 非常勤講師
 
2005年4月
   
 
-8. 兵庫大学非常勤講師 非常勤講師
 
 
 - 
2009年9月
2009.4.-2009.9.日本学術振興会特別研究員(DC2)
 
 
 - 
2011年3月
2010.4.-2011.3. 京都学園大学非常勤講師
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2009年9月
京都大学 人間・環境学研究科 共生文明学専攻
 
1999年4月
 - 
2003年3月
京都大学 総合人間学部 
 

委員歴

 
2015年5月
 - 
現在
アジア民族文化学会  学会誌編集委員
 
2014年11月
 - 
現在
東洋音楽学会西日本支部  参事
 
2009年
 - 
2011年
東洋音楽学会  参事
 

受賞

 
2014年3月
社会言語科学会 徳川宗賢賞(萌芽賞) 「中国貴州省の掛け合い歌「山歌」におけるコードスイッチング―言語交替と文化復興のはざまで―」
 
 
東洋音楽学会 田邉尚雄賞 『山歌の民族誌』
 

論文

 
うたの意味はどこにあるか:シンポジウム発表へのコメントとして
梶丸 岳
アジア民族文化研究   16 91-98   2017年3月   [査読有り][招待有り]
掛唄で歌われることはなにか―計量テキスト分析による掛唄の話題抽出の試み
梶丸 岳
日本伝統音楽研究   13 71-86   2016年6月
掛け合い歌による儀礼空間の歌い方-追善供養儀礼で歌われたラオスの掛け合い歌「カップ・サムヌア」の事例
梶丸 岳
アジア民族文化研究   15 19-49   2016年3月   [査読有り]
「歌垣」から歌掛けへ:歌掛けの民族誌的研究に向けて
梶丸 岳
社会人類学年報   40 133-150   2014年12月   [査読有り]
秋田県の掛け合い歌「掛唄」の今
梶丸 岳
民俗音楽研究   39 49-60   2014年3月   [査読有り]
浅析罗甸布依歌的结构
梶丸 岳
贵州民族大学学报(哲学社会科学版)   143 85-89   2014年2月   [査読有り]
中国貴州省の掛け合い歌「山歌」におけるコードスイッチング-言語交替と文化復興のはざまで-
梶丸 岳
社会言語科学   15(2) 58-65   2013年3月   [査読有り]
引き延ばされた対話―長大なターンを持つ歌掛けの構造
梶丸岳
社会言語科学会第27回大会発表論文集   126-129   2011年
中国貴州省プイ族の「年歌」―プイ語による長詩型歌掛け
梶丸岳
人文学報   10 1-40   2011年
東アジアの味ことばとその意味拡張:中国語貴州方言、プイ語、日本語を例として
高嶋由布子、梶丸岳
日本言語学会第140回大会予稿集   364-369   2010年
歌掛けを見る/聞く―前観光的芸能としての中国貴州省山歌
梶丸岳
人文学報   99 61-77   2010年
中国語の歌掛けにおける接続表現の不使用―ルール化された文脈と応答
梶丸岳
社会言語科学会第24回大会発表論文集   138-141   2009年
「うまいこと言う」のための語用論-中国西南部における掛け合い歌の認知詩学的考察-
『言語科学論集』   14 89-107   2008年
「民族アイデンティティ」からエイジェンシーへ : 中国貴州省プイ族を事例に
62(7): pp. 1-12
『中国研究月報』   62(7) 1-12   2008年
歌掛けにおける旋律の機能
『音楽学』   51(2) 81-93   2005年

Misc

 
【書評】山本達也『舞台の上の難民--チベット難民芸能集団の民族誌』
梶丸 岳
コンタクト・ゾーン   7 351-356   2015年3月   [依頼有り]
【書評】谷正人著『イラン音楽 声の文化と即興』
梶丸岳
『文化人類学』   73(2) 263-266   2008年
【書評】徳丸吉彦、高橋悠治、北中正和、渡辺裕編『事典 世界音楽の本』
梶丸岳
東洋音楽研究   74 158-161   2009年

書籍等出版物

 
フィールドノート古今東西
梶丸 岳 (担当:共編者, 範囲:イントロダクション:フィールドノート古今東西)
古今書院   2016年5月   
民族音楽学12の視点
梶丸 岳 (担当:分担執筆, 範囲:4章 音・声・ことば、コラム7 フィールドワーク)
音楽之友社   2016年3月   
フィールドの見方
梶丸 岳 (担当:共編者, 範囲:第4章 人との交わりから見る―人類学者の見方と、はみだし方)
古今書院   2015年6月   
世界の手触り-フィールド哲学入門
梶丸 岳 (担当:共編者, 範囲:第2章 現成する場所、立ち現われる身体-掛け合い歌における身体の二重性)
ナカニシヤ出版   2015年3月   
中国の伝統文芸・演劇・音楽
梶丸 岳 (担当:分担執筆, 範囲:13章から15章)
京都造形大学東北芸術工科大学出版局藝術学舎   2014年1月   

講演・口頭発表等

 
掛け合い歌の多様性:中国貴州省の漢歌と日本秋田県の掛唄
梶丸 岳
第10回日中音楽比較研究国際学術会議   2013年3月28日   
秋田県の掛け合い歌「掛唄」の談話構造
梶丸 岳
社会言語科学会第30回大会   2012年9月2日   
Recruiting Singers to Kakeuta : Recruitment as Renovation of the Social Network
梶丸 岳
Anthropology of Japan in Japan 2012 Spring Workshop   2012年4月22日   
歌掛けにみる中国少数民族のバイリンガリズム─中国貴州省の歌掛け「山歌」を事例に
梶丸 岳
社会言語科学会第29回大会   2012年3月10日   
Chinese and Buyi in Contact Zone: Bilingual Antiphonal Song in Guizhou
梶丸 岳
Chinese and Buyi in Contact Zone: Bilingual Antiphonal Song in Guizhou   2011年11月12日   
遊びとしてのオラリティ―中国貴州省の漢歌を事例に
梶丸 岳
日本文化人類学会第45回研究大会   2011年6月11日   
Conversation Structure of Buyi Antiphonal Singing
12th International Pragmatics Conference   2011年   
引き延ばされた対話―長大なターンを持つ歌掛けの構造
第27回社会言語科学会   2011年   
味の対照言語調査―中国語、プイ語、日本語と食文化
対照言語学」シンポジウム   2010年   
東アジアの味ことばとその意味拡張―中国語貴州方言、プイ語、日本語を例として
日本言語学会第140回大会   2010年   
没有田野调查没有人类学
没有田野调查没有人类学   2010年   
Kakeuta: Japanese Antiphonal Singing beside a Srine
Anthropology of Japan in Japan 2010 Spring Workshop   2010年   
歌掛けにおける旋律と声調の関係―中国貴州省の漢歌を事例に
日本音楽学会第60回全国大会   2009年   
歌掛けの旋律における定型性と声調の影響―中国貴州省プイ歌を事例に
第60回東洋音楽学会大会   2009年   
中国語の歌掛けにおける接続表現の不使用―ルール化された文脈と応答
社会言語科学会第24回大会   2009年   
歌掛けは観光化できるか―山歌の場をめぐって―
日本文化人類学会第43回研究大会   2009年   
歌掛けの技法 中国貴州省プイ族の歌掛けをめぐって
日本文化人類学会第42回研究大会   2008年   
プイ山歌のコミュニケーション論―歌・詩・対話のはざまで―
日本文化人類学会近畿地区修士論文発表会   2005年   
プイ山歌の音楽性―言語機能音階論再考―
日本音楽学会関西支部・東洋音楽学会西日本支部合同例会   2005年   

担当経験のある科目

 

Works

 
中国貴州省における歌掛けに関する現地調査
2004年 - 2008年
秋田県横手市における掛唄調査
2009年

競争的資金等の研究課題

 
中国貴州省プイ族および漢族の歌掛け
中国貴州省において、プイ族および漢族の行う歌掛け(歌垣)を、人類学的調査手法を用いて研究。音楽、言語、コミュニケーション、パフォーマンス、感覚論などから多角的に歌掛けの様態を探る。
ラオス北部「カップ」の記述的研究
科学研究費補助金
研究期間: 2011年 - 2014年
ラオス北部フアパン県サムヌアにおける歌の掛け合いの様態を、ミクロ/マクロの視点から記述する。
秋田県横手市の金澤八幡宮伝統掛唄の記述的研究
科学研究費補助金
研究期間: 2011年 - 2014年
秋田県横手市で行われている歌の掛け合い「掛唄」の実体をミクロな視点から記述し、またこの芸能がどのように維持されているのかを明らかにする。