木下 謙朗

J-GLOBALへ         更新日: 19/07/22 19:40
 
アバター
研究者氏名
木下 謙朗
 
キノシタ ノリアキ
eメール
kinoshitaecon.ryukoku.ac.jp
所属
龍谷大学
部署
経済学部 現代経済学科
職名
准教授
学位
日本語教育学博士(明海大学)
科研費研究者番号
00587149

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
龍谷大学 経済学部 准教授
 
2015年4月
 - 
2018年3月
龍谷大学 経済学部 講師
 
2014年4月
 - 
2015年3月
東京福祉大学 留学生別科 講師
 
2010年4月
 - 
2014年3月
朝日大学 留学生別科 講師
 
2008年10月
 - 
2010年3月
横浜国立大学 留学生センター 非常勤講師
 

学歴

 
2007年4月
 - 
2010年3月
明海大学大学院 応用言語学研究科 博士後期課程 博士(日本語教育学)
 
2005年4月
 - 
2007年3月
明海大学大学院 応用言語学研究科 博士前期課程 
 
2002年3月
 - 
2004年8月
釜山大学校 日語日文学科 一般大学院碩士課程
 

委員歴

 
2019年5月
 - 
現在
日本語教育学会  支部活動委員会委員
 
2017年9月
 - 
現在
水谷信子記念日本語教育研究会  代表幹事
 
2017年1月
 - 
現在
日本語教育学会   審査・運営協力員
 
2014年2月
 - 
現在
アカデミック・ジャパニーズ・グループ研究会  代表幹事
 
2011年4月
 - 
現在
アカデミック・ジャパニーズ・グループ研究会  幹事
 

論文

 
形容表現におけるプロフィシェンシー -韓国語母語話者の縦断データに基づいて-
木下 謙朗
日本語プロフィシェンシー研究   (6) 52-68   2018年6月
中国語母語話者におけるイ形容詞習得研究 -縦断的データと横断的データによる習得モデル構築の試み-
木下 謙朗
Learner Corpus Studies in Asia and the World   (3) 207-220   2018年3月
批判的思考の育成を目指した日本語授業の試み
木下 謙朗
水谷信子記念日本語教育論集   (1) 95-102
アフリカからの留学生を対象とした日本語教育の実践 ~日本語運用力の向上と「共修」の観点から~
小柴裕子・木下謙朗
国際言語文化学会 日本学研究   (4) 13-24

Misc

 
大学教育におけるジェネリック・スキルの評価に関する研究
木下 謙朗
龍谷紀要   39(1) 47-64   2017年9月
初級日本語学習者における産出物にみられる特徴―語彙使用の広がりと誤用分析―
木下謙朗・荒瀬雅子
龍谷大学グローバル教育推進センター研究年報   26 55-62   2017年3月
自然発話にみられるイ形容詞の中間言語文法―韓国語母語話者の場合―
木下 謙朗
明海対照言語学論集   (17) 25-33   2017年3月
自然発話にみられる形容詞と共起する副詞の使用状況―英語母語話者の場合―
木下 謙朗
明海対照言語学論集   (16) 39-47

書籍等出版物

 
にほんご語彙力アップトレーニング
木下 謙朗 三橋 麻子 丸山 真貴子 (担当:共著)
アスク出版   2015年3月   
日本語教育をめぐる研究と実践
木下 謙朗 (担当:分担執筆, 範囲:JFL環境における教室活動―韓国での短期集中型日本語コースの一例―)
凡人社   2009年5月   

講演・口頭発表等

 
ライティング課題のルーブリックのための評価観点の要素抽出の試み
大島弥生・ 大場理恵子・木下謙朗・小笠恵美子・佐藤正則・伊藤奈津美・武 一美・三代純平
大学教育研究フォーラム   2019年3月23日   
質問作りを利用した授業による質問態度の変化
木下 謙朗
大学教育研究フォーラム   2019年3月23日   
アカデミック・ジャパニーズ実践報告のデータベース化に向けて
木下 謙朗
アカデミック・ジャパニーズ・グループ研究会   2019年2月24日   
アカデミック・ジャパニーズのこれまでとこれから―理論と実践から考える―
佐藤正則・門倉正美・木下謙朗・古屋憲章
韓国日語教育学会・言語文化教育研究学会共同開催第34回冬季国際学術大会   2018年12月8日   
質問作りから始める批判的思考力育成の試み
木下 謙朗
大学教育研究フォーラム   2018年3月20日   

競争的資金等の研究課題

 
大学教育を支えるアカデミ ック・ジャパニーズの習得過 程の分析とそのルーブリック 化
日本学術振興会: 学術研究助成基金助成金 基盤研究C 
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 木下 謙朗
日本語学習者と母語話者における日本語の形容表現方法
朝日大学: 2013年度宮田研究奨励金(A)
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 木下 謙朗
産出方法の違いによる日本語の形容表現方法
朝日大学: 2012年度宮田研究奨励金(A)
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 木下 謙朗
日本語教育におけるコーパスの構築 ‐日本語学習者と母語話者の産出方法の違いによる表現方法‐
朝日大学: 2011年度宮田研究奨励金(A)
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 木下 謙朗