髙城 一郎

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/04 02:40
 
アバター
研究者氏名
髙城 一郎
 
タカジヨウ イチロウ
URL
http://www.med.miyazaki-u.ac.jp/menekikansen/index.htm
所属
宮崎大学
部署
医学部 附属病院
職名
講師
学位
博士(医学)(宮崎大学)
科研費研究者番号
20418841

研究キーワード

 
 

経歴

 
2011年10月
 - 
現在
宮崎大学 医学部 附属病院 講師
 
2007年4月
 - 
2011年9月
宮崎大学 医学部 附属病院 膠原病・感染症内科 助教
 
2005年7月
 - 
2007年3月
宮崎大学 医学部 附属病院 膠原病・感染症内科 助手
 
2005年1月
 - 
2005年6月
魅成会宮永病院 内科医師
 
2003年6月
 - 
2004年12月
宮崎大学 医学部 附属病院 第二内科 医員
 

学歴

 
 
 - 
2008年3月
宮崎大学 医学系研究科 生体制御系
 
 
 - 
1998年3月
久留米大学 医学部 
 

受賞

 
2008年12月
日本感染症学会 日本感染症学会西日本地方会感染症優秀論文賞
受賞者: 高城一郎
 

論文

 
Detection of microbial genes in a single leukocyte by polymerase chain reaction following laser capture microdissection.
Yamada A, Umeki K, Saeki Y, Hashikura Y, Nomura H, Yamamoto I, Umekita K, Takajo I, Koshimoto C, Okayama A.
Journal of Microbiological Methods.      2018年12月   [査読有り]
The time-sequential changes of risk factors for adult T-cell leukemia development in human T-cell leukemia virus-positive patients with rheumatoid arthritis: a retrospective cohort study.
Umekita K, Hashiba Y, Kariya Y, Kubo K, Miyauchi S, Aizawa A, Umeki K, Nomura H, Kawaguchi T, Matsuda M, Takajo I, Hidaka T, Okayama A.
Mod Rheumatol.      2018年10月   [査読有り]
C.DIFF QUIK CHEK COMPLETE®にてクロストリジウム・ディフィシル抗原(グルタミン酸デヒドロゲナーゼ(GDH))陽性・トキシン陰性を示した検体におけるBDマックスCDIFF®を用いた遺伝子検査の有用性.
松浦成美, 佐伯裕二, 梅木一美, 武田展幸, 山田明輝, 山本成郎, 高城一郎, 岡山昭彦.
医学検査.   67(4) 451-455   2018年7月   [査読有り]
病院大規模再整備に伴うアスペルギルス感染予防対策.
岡山昭彦, 福田真弓, 佐伯裕二, 高城一郎, 平原康寿.
環境感染誌.   33(4) 161-168   2018年7月   [査読有り]
母児結核感染例の院内感染対策.
高城一郎, 荒武舞, 福田真弓, 平原康寿, 佐伯裕二, 岡山昭彦.
環境感染誌.   33(2) 81-86   2018年3月   [査読有り]

Misc

 
麻疹とその対策.
岡山昭彦, 高城一郎.
宮崎県内科医会誌.   94 8-13   2018年10月
重症熱性血小板減少症候群(Severe fever with thrombocytopenia syndrome : SFTS)について.
高城一郎
宮崎県内科医会誌.      2017年10月   [査読有り]
筋ジストロフィーとの鑑別を要し、経口ステロイドおよびタクロリムス併用療法が奏功した抗SRP抗体陽性ミオパチーの1例.
河野彩子, 梅北邦彦, 小村真央, 岩尾浩昭, 松田基弘, 久保和義, 宮内俊一, 高城一郎, 長友安弘, 塩見一剛, 西野一三, 岡山昭彦.
九州リウマチ.   37(1) 72-79   2017年3月   [査読有り]
関節リウマチ治療中に発症したウエステルマン肺吸虫症.
小村真央, 宮内俊一, 岩尾浩昭, 河野彩子, 松田基弘, 久保和義, 梅北邦彦, 高城一郎, 長友安弘, 岡山昭彦, 丸山治彦.
宮崎県内科医会誌.   91 11-15   2017年3月   [査読有り]
医療関連感染(HAI)対策(4)~インフルエンザ,ノロウイルス胃腸炎対策~.
高城一郎.
宮崎県内科医会誌.   89 26-28   2016年3月

講演・口頭発表等

 
関節リウマチに対する生物学的製剤を用いた治療中に発症したウエステルマン肺吸虫症の一例.
小村真央, 宮内俊一, 岩尾浩昭, 河野彩子, 松田基弘, 久保和義, 梅北邦彦, 高城一郎, 長友安弘, 岡山昭彦.
宮崎県内科医会総会・学会   2016年3月12日   宮崎県内科医会
当院での関節リウマチ患者における生物学的製剤スイッチの有無による最終中止理由の検討.
日高俊彦, 橋場弥生, 西英子, 甲斐泰文, 黒田宏, 坂口翔太, 久保和義, 宮内俊一, 梅北邦彦, 高城一郎, 長友安弘, 岡山昭彦.
第51回九州リウマチ学会.   2016年3月5日   九州リウマチ学会
当科における皮膚筋炎(DM)での抗ARS抗体陽性例とMDA5抗体陽性例の検討.
松田基弘, 岩尾浩昭, 小村真央, 河野彩子, 久保和義, 宮内俊一, 梅北邦彦, 高城一郎, 長友安弘, 岡山昭彦.
第51回九州リウマチ学会.   2016年3月5日   九州リウマチ学会
筋ジストロフィーの鑑別に苦慮した抗SRP抗体陽性筋症の1例.
力武雄幹, 河野彩子, 梅北邦彦, 小村真央, 岩尾浩昭, 松田基弘, 久保和義, 宮内俊一, 高城佳人子, 高城一郎, 長友安弘, 岡山昭彦.
第51回九州リウマチ学会.   2016年3月5日   九州リウマチ学会
ANCA関連血管炎の血栓症の臨床的検討.
宮内俊一, 梅北邦彦, 岩尾浩昭, 小村真央, 河野彩子, 松田基弘, 久保和義, 高城一郎, 長友安弘, 岡山昭彦.
第51回九州リウマチ学会.   2016年3月5日   九州リウマチ学会

Works

 
「話題の感染症」デング熱について.
その他   2014年12月
醫友しののめ.
届出制に基づいたダプトマイシンの使用状況の検討.
その他   2014年10月
記録集 第88回日本感染症学会学術講演会 第62回日本化学療法学会総会.

競争的資金等の研究課題

 
膠原病患者自己抗体産生B細胞によるモデル動物の作成
科学技術振興調整費による重点基礎研究
研究期間: 2005年7月 - 現在
レーザーマイクロダイセクション法による画期的な病原体診断法の開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 高城 一郎
膠原病における新規疾患特異的マーカーの検索
科学研究費助成事業
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月
膠原病における新規疾患特異的マーカーの検索

社会貢献活動

 
がん専門薬剤師研修
【】  (宮崎県 未設定)  2007年10月
講演「がん患者における感染症対策」