書籍等出版物

2012年8月

中世学僧と神道 了誉聖冏の学問と思想

  • 鈴木英之

担当区分
単著
出版者・発行元
勉誠出版
総ページ数
384
担当ページ
DOI
ISBN
4585210091

了誉聖冏(1340-1421)は浄土宗の独立教団化をすすめた浄土宗中興の祖として知られ、百数十巻もの浄土教学書をあらわした。その一方で、神道に強い関心をもち、複数の著作を残している。周知の通り、浄土宗などの専修念仏諸派は、教理上の制約から神々と距離を置くことが一般的である。それにも関わらず、浄土教学の権威でありながらなぜ神道の研究を行ったのか。兼学という側面に注目して論じていく。第七回 日本思想史学会奨励賞 受賞