柏木 賀津子

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/17 06:49
 
アバター
研究者氏名
柏木 賀津子
 
カシワギ カヅコ
通称等の別名
kaskazu
URL
https://kazukokashiwagi.jimdofree.com/
所属
大阪教育大学
部署
連合教職実践研究科 高度教職開発専攻
職名
教授
学位
教育学修士(奈良教育大学)
その他の所属
京都大学人間環境学研究科ユバスキュラ大学(フィンランド)

プロフィール

My blog & My HomePage: https://www.kashiwagi-lab.com

Major research interest in processes of foreign langauge learning for early adolescent learners (age 11-14). Current theoritical focus on Usage-based Model,Focus on Form, and CLIL.
Kazuko Kashiwagi is a professor at Osaka Kyoiku University and a director of J-CLIL-WEST in Japan. In 2011, she fulfilled the requirements of her Ph.D at Hyogo University of Education,Hyogo, Japan. In 2015, she enrolled in Kyoto University, Kyoto, Japan, to continue research on her doctor’s thesis, submitted the PhD dissertation, and completed her PhD defense at KyotoUniversity, the Graduate School of Human and Environmental Study in 2018.
Her research interests include early adolescent learners’verb acquisition in L2 and Usage-Based Model (UBM).She published a paper on CLIL and overseasteaching project in Finland (2015) which aims at raising the teacher students’ 21st skills. Her recent paper presentations on UBM integrated with CLIL were hold at the conference,Hawaii International conference on education in Hawaii, USA (2018).

PhD dissertation
EarlyAdolescent learners’ noticing of language structures through the accumulation of formulaic sequences: Focusing on increasing the procedural knowledge of verb phrases, 1-225. (Unpublishedthesis)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年8月
 - 
2019年3月
フィンランド ユバスキュラ大学 応用言語研究所 客員研究員
 
2014年
   
 
- 国立大学法人大阪教育大学・教授
 
2009年
   
 
- 国立大学法人大阪教育大学・准教授
 
2007年
 - 
2009年
 奈良市教育委員会指導主事
 
2002年
 - 
2007年
 奈良市立小学校教諭
 

学歴

 
2017年4月
 - 
2019年3月
京都大学人間環境学研究科後期博士課程  
 
 
 - 
2011年
兵庫教育大学 外国語学研究科 
 
 
 - 
1983年
奈良教育大学 教育学部 
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
日本CLIL英語教育学会  西日本支部長
 
 
   
 
JES(小学校英語教育学会)  理事
 
2008年
   
 
CELES(中部地区英語教育学会)  理事
 
 
   
 
JASTEC(日本児童英語教育学会)  査読
 

受賞

 
 
Hong Kong International Conference on Education, Psychology and Sociey 優秀論文賞 A reflective practice of improving teacher students' abilities of conducting PE in CLIL: Through Overseas Teaching Project, Proceedings of HKICEPS, 526-537
 

論文

 
Science CLIL in a Japanese upper secondary school: Focusing on increasing procedural knowledge with a Usage-based Model perspective
柏木賀津子&小林祐美子
J-CLIL Journal      2019年
The effectiveness of formulaic sequences on acquisition of the English passive voice: Using dictogloss tasks in form-focused instruction
柏木賀津子 李静香 伊藤由紀子
Proceedings of 18th Hawaii International Conference   167-197   2018年3月
EFL learners’ grammatical awareness through accumulating formulaic sequences of morphological structure (-ing)
柏木賀津子 &伊藤由紀子
English Language Teaching   10(11) 60-75   2017年10月   [査読有り]
音韻認識からはじめる「読むこと」へのゆるやかなステップス
柏木賀津子&中田葉月
大学英語教育学会 JACET JOURNAL   20 136-155   2017年3月   [査読有り]
How CLIL classes exert a positive influence on teaching style in student centered language learning through overseas teacher training in Sweden and Finland
柏木賀津子&トムセック・ジョン
Procedia-Social and Behavioral Sciences   177 79-84   2015年3月   [査読有り]

Misc

 
奈良県学校教育番組「劇指導英語デジタル教材:十二支の動物の物語」:Story of Twelve Zodiac Animals
奈良県立教育研究所奈良県学校教育番組   1-12   2012年
奈良市小中一貫教育指導資料集 「英会話科」実践事例集
奈良市教育委員会   1-122   2009年
GP事業取組における評価テスト”Versant"の効果について
大阪教育大学教科教育学論集『教科教育学論集』   10    2011年
小学校外国語活動におけるICT教材開発と活用
大阪教育大学デジタル教材開発活用サイクルによる新しい教育の展開   14-18   2011年
奈良市小学校ハローイングリッシュ指導事例集
奈良市教育委員会   1-104   2008年

書籍等出版物

 
『小中連携の英語教育ーはじめてのCLILー』
柏木賀津子&伊藤由紀子 (担当:共著)
大修館書店   2019年   
朝倉日英対照言語学シリーズ『英語教育と言語研究』
柏木 賀津子 (担当:分担執筆, 範囲:第3章 英語教育と文理解 pp. 60-82)
朝倉書店   2018年10月   
『はじめての小学校外国語活動 実践ガイドブックー新学習指導要領対応』中学年用
大城賢 萬谷隆一  (担当:分担執筆, 範囲:文字の教え方)
開隆堂   2017年11月   
『はじめての小学校外国語活動 実践ガイドブックー新学習指導要領対応』高学年用
大城賢 萬谷隆一 
開隆堂   2017年7月   
『小中連携Q&Aと実践小学校外国語活動と中学校英語をつなぐ 40のヒント』
開隆堂   2011年   

講演・口頭発表等

 
Early adolescent learners' noticing language structures by accumulating formulaic sequences
柏木 賀津子
Thinking,doing,learning 2019,Jyvaskyla,Finland   2019年6月17日   
How UBM perspectives exert a positive influence on instruction in a CLIL classrrom
柏木 賀津子
NERA: Nordic Educational Research Association, Uppsala, Sweden   2019年3月6日   

競争的資金等の研究課題

 
教科内容の深化を図るCLILと小中学生への文構造への気づき
JSPS科研費: 
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 柏木 賀津子
フィンランド(EU)海外教育実習ーCLIL授業をとおしたグローバルリテラシーの養成
JASSO独立行政法人日本学生支援機構: 
研究期間: 2011年9月 - 2016年11月    代表者: 柏木 賀津子
ICT教材開発:動詞&前置詞アニメーションの活用
研究期間: 2005年   
第2言語習得&小学校外国語活動
研究期間: 2002年   
Usage-based Modelからみた小中一貫の英語教育
研究期間: 2009年   

社会貢献活動

 
小学校教員に向けた中学校英語2種免許講習法講習(文部科学省採択プログラム)
【講師, 助言・指導, 企画, 実演, 調査担当, 報告書執筆】  大阪教育大学  2016年4月 - 2019年2月
小学校外国語教科化における実践的指導
【講師, 助言・指導】  岡山県教育委員会  2018年7月
日本CLIL教育学会小中部会基調講演
【講師】  日本CLIL教育学会  2018年4月21日
京都府南山城地区 教育課程推進部会講演「小中連携の英語教育の指導のありかた」
【講師】  京都府山城教育局  2017年12月20日
寝屋川市国際コミュニケーション科基調講演「新学習指導要領にもとづいた音声を大切にした文字指導」
【講師】  寝屋川市教育委員会  2017年11月10日 - 2017年11月11日