TATSUMICHI SHINGO

J-GLOBAL         Last updated: Nov 2, 2019 at 02:43
 
Avatar
Name
TATSUMICHI SHINGO
Alternative names
TATSUMICHI SHINGO
E-mail
statchs.nihon-u.ac.jp
Affiliation
Nihon University
Section
College of Humanities and Sciences, Department of Sociology
Job title
Professor
Degree
master of Literature(Nihon University)
Research funding number
40546264

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1991
 - 
Mar 1997
Tokyo Metropolitan institute for labor researcher
 
Apr 1996
 - 
Mar 2000
Edogawa university department of sociology lecturer
 
Apr 1997
 - 
Mar 1999
Ministry of labor labor training center lecturer
 
Apr 1997
 - 
Sep 2003
The Japan institute for labor researcher
 
Apr 2000
 - 
Mar 2009
Hosei university department of modern welfare lecturer
 

Education

 
 
 - 
1986
Department of Sociology, Faculty of Humanities and Sciences, Nihon University
 
 
 - 
Mar 1991
sociology, Graduate School, Division of Letters, Nihon University
 

Published Papers

 
The Impact of the Merit-based Wage System on Morale and Productivity
Japanese Sociological Review   60(2) 225-241   Sep 2009   [Refereed]
変革期の労働者のキャリア意識・コミットメント・満足度
『日本の企業と雇用』   183-224   Mar 2007   [Refereed]
労働組合と労使協議機関の併存の現実
独立行政法人労働政策研究・研修機構ディスカッションペーパーシリーズ   (6) 135-189   Mar 2009   [Refereed]
成果主義の現実
『現代日本企業の人材マネジメント』   36-92   May 2006   [Refereed]
人材マネジメント戦略と企業業績
立道 信吾
『成果主義と働くことの満足度』   4-28   Aug 2005   [Refereed]

Misc

 
「東日本大震災前後の大学生の就職活動に関する調査」の分析結果等の概要
『大学生の生活と学業成績・就職活動に関する総合的研究 第8次報告』      Mar 2019
[「東日本大震災前後の大学生の就職活動に関する調査」の分析結果の概要]『大学生の生活と学業成績・就職活動に関する総合的研究 第7次報告』所収。 2011年度から8ヶ年にわたって行った時系列アンケート調査の分析結果を2018年度ゼミナール1,2の受講学生と共にとりまとめた報告書の総論部分。2019/03-
「東日本大震災前後の大学生の就職活動に関する調査」の分析結果の概要
『大学生の生活と学業成績・就職活動に関する総合的研究 第7次報告』      Mar 2018
[「東日本大震災前後の大学生の就職活動に関する調査」の分析結果の概要]『大学生の生活と学業成績・就職活動に関する総合的研究 第7次報告』所収。 2011年度から7ヶ年にわたって行った時系列アンケート調査の分析結果を2017年度ゼミナール1,2の受講学生と共にとりまとめた報告書の総論部分。2018/03-
分析結果の概要
『大学生の生活と学業成績・就職活動に関する総合的研究 第6次報告』      Mar 2017
[「東日本大震災前後の大学生の就職活動に関する調査」の分析結果の概要]『大学生の生活と学業成績・就職活動に関する総合的研究 第6次報告』所収。 2011年度から6ヶ年にわたって行った時系列アンケート調査の分析結果を2016年度ゼミナール1,2の受講学生と共にとりまとめた報告書の総論部分。

Books etc

 
日本の企業と雇用 長期雇用と成果主義のゆくえ
宮本 光晴守島 基博藤本  真奥津 眞里中村 良二 (Part:Joint Work, 183-227)
独立行政法人労働政策研究・研修機構   Mar 2007   ISBN:978-4-538-46005-5
中小製造業(機械・金属関連産業)における人材育成・能力開発
藤本真、佐藤 厚、大木栄一、藤波美帆、姫野宏輔、立道信吾、小杉礼子、高見具広、金井 郁 (Part:Joint Work, 191-200)
独立行政法人労働政策研究・研修機構様   Mar 2011   
社会学事典
日本社会学会社会学事典刊行委員会 (編集) (Part:Joint Work, 「成果主義」の項目)
丸善   Jun 2010   ISBN:462108254X
Investigation about the present conditions of the personnel affairs function and the problem in Japaniese company.
Hamaguchi Keiitirou (Part:Joint Work, 1-56)
The Japan Institute for Labour Policy and Training   Jun 2010   
 企業内の労使紛争処理の機能を担っている人事担当部門の機能と役割を明らかにするとともに、人事管理を巡る諸問題について実態を解明することを目的に、従業員数200名以上の企業11,772社の人事部長宛にアンケート調査票を郵送し、924社から回答を得た。
中小サービス業における人材育成・能力開発
藤本真、佐藤厚、大木栄一、小杉礼子、金井都、高見具広、藤波美帆 (Part:Joint Work, 33-47)
独立行政法人労働政策研究・研修機構   Mar 2010   

Conference Activities & Talks

 
デザイナーの働き方とキャリア-クリエィティブな専門職の社会学的分析
日本社会学会   23 Nov 1996   
What influence does IT revolution have on employment or labor? [Invited]
Shingo Tatsumichi
APEC HUMAN RESOURCE DEVELOPMENT FORUM   10 Dec 2001   Ministry of Health, Labour and Welfare, JapanJapan Vocational Ability Development Association (JAVADA)
The Study of Human Resource Management in Japanese IT Industry
立道信吾
Technical Meeting on the ILO/JIL Networking of National Institute for Labor Studies   17 Dec 2001   ILO Japan Institute of Laor
社会学から考えるメディア
2018年度日本大学社会学会大会   21 Jul 2018   日本大学社会学会
「社会学から考えるメディア」という統一テーマによる研究報告とパネルディスカッションの司会を担当した。
大学生の人間関係が就職活動に与える影響
2017年度日本大学社会学会大会   22 Jul 2017   日本大学社会学会

Others

 
Oct 2007   白書座談会「平成 19年版労働経済白書をめぐって――ワークライフバランスと雇用システム」『日本労働研究雑誌』No.569所収,労働政策研究・研修機構発行
日本労働研究雑誌に、平成19年版労働経済白書を巡って、国内の学識経験者や労働経済調査官との座談会の模様を収録した