前野 高章

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/02 05:52
 
アバター
研究者氏名
前野 高章
 
マエノ タカアキ
通称等の別名
MAENO Takaaki
所属
日本大学
部署
通信教育部経済学部 経済学科
職名
准教授
学位
博士(経済学)(中央大学大学院経済学研究科)
科研費研究者番号
00590605

研究分野

 
 

経歴

 
2009年5月
 - 
2015年3月
日本大学経済学部助手
 
2011年
 - 
2013年
常磐大学 非常勤講師
 
2013年
 - 
2014年
芝浦工業大学 非常勤講師
 
2013年
 - 
2015年
明海大学 非常勤講師
 
2014年
   
 
学習院大学 非常勤講師
 

論文

 
清酒製造業の海外市場創出と産業特殊要因に関する研究-ヒアリング調査による清酒製造業の国際化における現状と課題-
前野高章
『経営行動研究年報』   27 41-45   2018年7月   [査読有り]
貿易構造の分解と日本の国際分業パターン ‐中間財貿易を中心に‐
日本貿易学会年報『JAFTAB』   (48)    2011年3月   [査読有り]
中央アジア諸国の貿易構造と輸出決定要因分析
『紀要』日本大学経済学部経済科学研究所   (41)    2011年3月
工程間分業の進展と貿易データによる実証研究
ESTRELA   195 9-15   2010年6月
A Firm's Global Activity and International Trade: A Survey of Production Fragmentation
『経世論集』   35 19-36   2010年3月

Misc

 
日中韓の貿易構造とFTA
石川幸一・馬田啓一・清水一史編著『検証・アジア経済:進化する相互依存と経済連携』   228-243   2017年3月
知的財産権保護と技術移転―ASEAN諸国の貿易データを使用した実証分析―
長谷川聰哲編著『アジア太平洋地域のメガ市場統合』   77-96   2017年3月
中国企業の輸出行動:中国企業の企業形態別輸出と資金制約の関係性
羽田翔、前野高章、安田知絵
『JAFTAB Journal』   (53) 43-55   2016年   [査読有り]
TPP諸国の貿易構造と生産ネットワーク
馬田啓一・浦田秀次郎・木村福成編著『TPPの期待と課題:アジア太平洋の新通商秩序』   25-48   2016年10月
ユーラシア大陸の新時代と日中経済協力
本多光雄,陸亦群,呉 逸良,前野高章
17-28   2015年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
米国の研究者が書いたTPPがよくわかる本
浦田秀次郎(監訳)、前野高章・三浦秀之(共訳)
日本経済新聞出版社   2013年10月   
TPPと日本の決断
石川幸一、馬田啓一、木村福成、渡辺頼純 (担当:共著)
文眞堂   2013年2月   
国際経済の論点
馬田啓一・木村福成 (担当:共著)
文眞堂   2012年10月   
グローバル貿易の進路を読む
本多光雄・井尻直彦・前野高章・羽田翔 (担当:共著)
文眞堂   2012年7月   
日本のTPP戦略
馬田啓一・浦田秀次郎・木村福成 (担当:共著)
文眞堂   2012年5月   
国際比較の経済学‐グローバル経済の構造と多様性‐
溝端佐登史・岩崎一郎・雲和広・徳永昌弘 監訳 (担当:共著, 範囲:第4章 先進資本主義経済の政策と課題)
NTT出版   2012年1月   
日本通商政策論
馬田啓一,浦田秀次郎,木村福成 (担当:共著)
文眞堂   2011年3月   

講演・口頭発表等

 
財ヴィンテージ別の貿易-非新品貿易財の貿易構造に関する研究-
日本国際情報学会2018年度全国大会   2018年12月8日   
新シルクロード,「一帯一路」構想とユーラシア中央地域の立地優位性
日本貿易学会東部部会研究報告会(アジア市場経済学会合同報告会)   2018年10月20日   
清酒製造業の海外市場創出と産業特殊要因に関する研究 -ヒアリング調査による清酒製造業の国際化における現状と課題-
前野 高章
経営行動研究学会第27回全国大会   2017年9月5日   
製薬産業における企業行動の変化とその諸要因に関する研究
前野 高章
経営行動研究学会 第25回全国大会   2015年8月7日   
金融危機が貿易に与えた影響:中国の企業形態別輸出と資金制約の関係性
前野高章、安田知絵、羽田翔
日本貿易学会第55回全国大会   2015年5月31日