有村 幹治

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/12 04:01
 
アバター
研究者氏名
有村 幹治
 
アリムラ ミキハル
eメール
arimurammm.muroran-it.ac.jp
所属
室蘭工業大学
部署
大学院工学研究科 くらし環境系領域
職名
准教授
科研費研究者番号
40548062

研究分野

 
 

経歴

 
2011年10月
 - 
2013年4月
室蘭工業大学 大学院工学研究科 くらし環境系領域 助教
 

委員歴

 
2017年12月
 - 
2018年11月
土木学会  調査研究部門 土木計画学研究委員会 学術小委員会 委員委員
 
2017年5月
 - 
2018年5月
International Journal of ITS Research (IJIT)編集委員会委員
 
2017年5月
 - 
2018年12月
土木学会北海道支部  土木学会北海道支部創立80周年記念事業実行委員会委員
 
2016年1月
 - 
2017年11月
土木学会  土木学会 土木計画学研究委員会学術小委員会委員
 
2015年5月
 - 
2017年4月
土木学会  土木学会 北海道支部幹事委員
 

受賞

 
2018年2月
北海道 平成29年度 北海道科学技術奨励賞
 
2013年2月
土木学会 2012年度 土木学会デザイン賞 奨励賞
 
2005年
土木学会 平成17年度 土木学会賞 環境賞(Iグループ)
 
2005年
国際交通安全学会 平成17年度 第27回国際交通安全学会賞(業績部門)
 

論文

 
Chawis Boonmee, Mikiharu Arimura,Takumi Asada
International Journal of Disaster Risk Reduction      2018年7月   [査読有り]
Analysis of Travel Time Reliability on Road Hierarchy in Winter Weather Conditions using ETC2.0 Probe Data
Tosporn Arreeras, Masaki Kanbe, Takumi Asada and Mikiharu Arimura
   2018年5月   [査読有り]
RBFネットワークを用いた時間帯別入込人口推計のダウンスケーリング手法の開発
生越拓実,有村幹治,浅田拓海
土木学会誌論文集D3(土木計画学)   73(5) I_483-I_491   2017年12月   [査読有り]
An Integrated Multi-Model Optimization and Fuzzy AHP for Shelter Site Selection and Evacuation Planning
Chawis Boonmee, Naotaka IKUTOMI, Takumi ASADA, Mikiharu ARIMURA
土木学会論文集D3(土木計画学)   73(5) I_225-I_240   2017年12月   [査読有り]
Improving Evacuation Planning and Shelter Site Selection for Flood Disaster - Thai Flooding Case Study -
Chawis Boonmee, Takumi ASADA, Mkiharu ARIMURA
土木学会論文集D3(土木計画学)   73(5) I_253-I_267   2017年12月   [査読有り]

Misc

 
マイクロデータを用いた施設用途別滞在人口の推定:帯広都市圏の事例
有村幹治
交通工学   Vol.52(No.3) 15-18   2017年7月
モバイル空間統計を用いた都市の賑わいと建物構成に関する分析
有村幹治
土木学会誌   Vol. 102(No5) 16-17   2017年5月
空間系ビッグデータ適用による北海道地方都市のコンパクトシティ施策立案支援に関する研究
有村幹治
開発こうほう   (No.623) 26-31   2015年6月
空間系ビッグデータ適用による北海道地方都市のコンパクトシティ施策立案支援に関する研究
有村 幹治 ・松田 真宜・浅田 拓海・長谷川裕修
北海道開発協会開発調査総合研究所 平成26年度助成研究論文集   15-59   2014年
第11 回ITS 世界会議愛知・名古屋2004 に参加して
有村幹治
北海道開発土木研究所月報   No.620    2005年

書籍等出版物

 
Social Capital and Development Trends in Rural Areas Vol.6
M.Arimura, T.Tamura and K.KIKUCHI
Marginal Areas Research Group   2011年   
改訂交差点改良のキーポイント
有村幹治,他分担
丸善(株)   2011年   
Social Capital and Development Trends in Rural Areas Vol.4
R.Kawashima, H.Hasegawa, M.Arimura, T.Tamura
Marginal Areas Research Group   2009年   
Social Capital and Development Trends in Rural Areas Vol.4
M.Fujii, H.Hasegawa, M.Arimura, T.Tamura
Marginal Areas Research Group   2009年   
Social Capital and Development Trends in Rural AreasVol.3
T.Tamura, M.Fujii, H. Hasegawa ,M.Arimura
Marginal Areas Research Group   2007年   

講演・口頭発表等

 
Wi-Fi パケットセンシングによる 広域観光圏における 時空間周遊行動パターン分析
遠藤 幹大・髙橋 央亘・浅田 拓海・有村 幹治
第57回土木計画学研究発表会・春大会   2018年6月9日   
Analysis of Travel Time Reliability on Road Hierarchy in Winter Weather Conditions using ETC2.0 Probe Data
Tosporn Arreeras, Masaki Kanbe, Takumi Asada and Mikiharu Arimura
The 16th ITS Asia-Pacific Forum FUKUOKA 2018   2018年5月8日   
室蘭市中島エリアシェイクアウトにおける避難行動分析
伊藤駿,村上和馬,浅田拓海,有村幹治
平成29年度土木学会北海道支部年次技術研究発表会   2018年1月24日   土木学会北海道支部
室蘭市中学在校生世帯を対象とした津波災害に対する防災・減災意識
山腋泰輔,村上和馬,浅田拓海,有村幹治
平成29年度土木学会北海道支部年次技術研究発表会   2018年1月24日   土木学会北海道支部
Wi-Fiパケットセンシングによる広域観光圏における時空間周遊行動パターン分析
遠藤幹大,高橋央亘,浅田拓海,有村幹治
平成29年度土木学会北海道支部年次技術研究発表会   2018年1月24日   土木学会北海道支部

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費/基盤研究(B)
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 有村 幹治
ETC2.0プローブ情報等を活用した”データ駆動型”交通需要・空間マネジメントに関する研究開発の一部
国土交通省: 道路政策の質の向上に資する技術研究開発 ※東京工業大学からの再委託
研究期間: 2017年5月 - 2018年3月    代表者: 有村 幹治
自動運転と道の駅を活用した生産空間を支える新たな道路交通施策に関する研究開発
国土交通省: 道路政策の質の向上に資する技術研究開発
研究期間: 2017年8月 - 2018年3月    代表者: 有村 幹治
IoH型交通行動調査の方法論の開発
国立研究開発法人科学技術振興機構: 戦略的国際共同研究プログラム(SICORP)
研究期間: 2016年6月 - 2019年3月    代表者: 有村 幹治
ETC2.0プローブ情報等を活用した”データ駆動型”交通需要・空間マネジメントに関する研究開発の一部
国土交通省: 道路政策の質の向上に資する技術研究開発 ※東京工業大学からの再委託
研究期間: 2016年6月 - 2017年3月    代表者: 有村 幹治