土肥 寿文

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/08 03:16
 
アバター
研究者氏名
土肥 寿文
 
ドヒ トシフミ
URL
http://www.ritsumei.ac.jp/pharmacy/dohi/
所属
立命館大学
部署
薬学部創薬科学科
職名
准教授
学位
薬学博士(大阪大学)
その他の所属
立命館大学

研究分野

 
 

経歴

 
2014年4月
   
 
立命館大学薬学部 准教授
 
2008年4月
 - 
2014年3月
立命館大学総合理工学院薬学部 助教
 
2007年4月
 - 
2008年3月
大阪大学薬学研究科 助教
 
2005年9月
 - 
2007年3月
大阪大学薬学研究科 助手
 

学歴

 
 
 - 
2000年3月
大阪大学 工学部 
 
 
 - 
2005年9月
大阪大学 大学院 薬学研究科 
 

委員歴

 
2008年3月
   
 
日本薬学会  化学系薬学部会若手教員役員、化学系薬学部会次世代シンポ世話人
 
2013年3月
   
 
ヨウ素国際学会  超原子価ヨウ素化学国際会議 実行委員
 
2014年5月
   
 
薬学教育評議会   有機化学系教科担当教員会議員
 
2009年
   
 
有機合成化学協会 平成21年度(後期)有機合成化学講習会 講師
 
2009年
   
 
科学技術交流財団講習会 講師
 

受賞

 
2015年7月
Japan Association for Chemical Innovation グリーン・サステイナブル ケミストリー(GSC)奨励賞
 
2014年1月
Thieme Thieme Chemistry Journal Award
 
2013年11月
万有生命科学振興国際交流財団 Banyu Chemist Award
 
2012年12月
有機合成化学協会 有機合成化学協会研究企画賞
 
2009年7月
立命館大学 2008年度立命館大学教職員評価・報奨制度表彰
 

論文

 
Vicinal functionalization of uracil heterocycles with base activation of iodonium(Ⅲ) salts
Heterocycles   98    2019年
Facile synthesis of stable uracil-iodonium(III) salts with various counterions
Heterocycles   97 (Kiyoshi Tomioka’s Special(2) 1248-1260   2018年
Metal-free oxidative cross-coupling of pyrrole with arenes using recyclable hypervalent iodine(III) reagent
Heterocycles   97 (Kiyoshi Tomioka’s Special(1) 632-645   2018年
超原子価ヨードニウム種の安定化:飽和炭素への酸化的炭素―炭素結合形成への展開
T. Dohi
Rep. Grant. Res., Asahi Glass Foundation   1-16   2018年9月
Selective carboxylation of reactive benzylic C-H bonds by a hypervalent iodine(III)/inorganic bromide oxidation system
Beilstein J. Org. Chem.   14 1087-1094   2018年5月

書籍等出版物

 
The Chemistry of Hypervalent Halogen Compounds
T. Dohi, Y. Kita
John Wiley & Sons Ltd   2018年   
月刊ファインケミカル 有機ヨウ素触媒酸化的ビアリールカップリング-フェノール類の選択的クロスカップリングへの展開
K. Morimoto, T. Dohi, Y. Kita
シーエムシー出版   2016年12月   
CSJ Current Review 有機分子触媒の化学 - モノづくりのパラダイムシフト
Y. Kita, T. Dohi
化学同人   2016年9月   
SIS ニュースレター
T. Dohi, K. Morimoto, Y. Kita
ヨウ素学会   2016年5月   
Hypervalent Iodine Chemistry
T. Dohi, Y. Kita
Springer   2016年2月   

講演・口頭発表等

 
μ-オキソ超原子価ヨウ素触媒を用いる芳香族化合物の酸化的C-N結合形成カップリング
第44回反応と合成の進歩シンポジウム   2018年11月   
Hypervalent Iodine-Induced Oxidative Coupling of Silyl Enolates and Its Application to the Construction of Naturally-Occurring Structures
The 7th Asia-Oceania Conference on Green and Sustainable Chemistry(AOC-7 GSC)   2018年11月   
μ-オキソ超原子価ヨウ素触媒を用いたアニリン類の酸化的カップリング ― 窒素原子および芳香環選択性の制御 ―
第68回近畿支部大会・総会   2018年10月   
キノンモノアセタールのBronsted酸/アニオン活性化型カップリング反応
第68回近畿支部大会・総会   2018年10月   
ハロゲン原子制御型C-Hラクトン化反応の開発 ―trans-ハロアシルラクトンの合成と誘導化―
第68回近畿支部大会・総会   2018年10月   

担当経験のある科目

 

Works

 
Org. Biomol. Chem.・9, 6899-6902 (The Top 10% Most Highly Cited Articles)
その他   2014年8月
J. Am. Chem. Soc.・135・38, 14078-14081(Most Read Articles)
その他   2013年10月
Synthesis・44・8・1183-1189. (Most Accessed Articles: Lank 1)
その他   2013年10月
ChemCatChem・5,selected as Hot Topics
その他   2013年10月
Chem.-Eur. J.・19・27,Highlighted as a Frontispiece
その他   2013年6月

競争的資金等の研究課題

 
超元素的化学挙動に基づく新規合成反応の開発
公益財団法人旭硝子財団平成23年度研究奨励
研究期間: 2011年 - 2012年
有機ヨードニウムの酸化還元制御による環境調和型合成法の開発研究
公益財団法人中部電気利用基礎研究振興財団平成22年度研究助成
研究期間: 2011年 - 2011年
高活性酸素架橋型ヨウ素触媒の設計と環境調和型酸化反応の開発
公益財団法人住友財団2010年度基礎科学研究助成
研究期間: 2010年 - 2011年
環境調和を志向する超原子価ヨウ素化合物の高次利用
NEDO 若手グラント
研究期間: 2006年 - 2010年
超原子価ヨウ素反応剤の触媒的利用による環境調和型新規酸化反応の開発
Academia Showcase 研究助成金
研究期間: 2005年 - 2006年

特許

 
特開第2012051846号 : 新規酸素架橋型超原子価ヨウ素化合物及びこれを含有する酸化剤
特開第2012064498号 : 透明電極基板
特開第2012020952号 : ヨードニウム化合物、その製造方法、及び官能基化スピロ環状化合物とその製造方法
特開第2012017398号 : 導電性樹脂組成生物、印刷インキ、透明電極基盤及び電磁波シールド材
特開第2012017399号 : 帯電防止性粘着剤組成物、粘着剤層、粘着シート、表面保護フィルム及び偏光版