NAKAMURA Yasuka

J-GLOBAL         Last updated: Sep 22, 2019 at 15:32
 
Avatar
Name
NAKAMURA Yasuka
E-mail
ynakatohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/6446d4a2c74641c0c4ff8ea72dac7f5c.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Medicine Health Sciences Family Nursing Women's Health Nursing
Job title
Assistant Professor

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Jun 2004
 - 
Feb 2007
midwife part-time, Onodera maternity clinic
 
Apr 2002
 - 
Feb 2007
midwife part-time, Ishizaki maternity clinic
 
Apr 1999
 - 
Mar 2002
Instractor, Nagano College of Nursing
 
Jul 1998
 - 
Jan 1999
Nurse, International ESL Ltd. EnglishProgramUBC
 
Apr 1998
 - 
Mar 1999
Canada
 

Education

 
 
 - 
Mar 2007
graduate school of nursing, Graduate School, Division of Nursing, Chiba University
 
 
 - 
Mar 2004
graduate school of nursing, Graduate School, Division of Nursing, Chiba University
 
 
 - 
Mar 1995
School of Nursing, Faculty of Nursing, Chiba University
 

Committee Memberships

 
Jul 2015
 - 
Jun 2017
日本看護科学学会  社会貢献委員会委員
 
Jun 2007
 - 
Jun 2010
宮城県看護協会  教育委員会 委員
 

Awards & Honors

 
Jun 2016
第10回日本母性看護学会学術論文賞, 日本母性看護学会
Winner: 山口典子,中村康香, 跡上富美, 吉沢豊予子
 
Jun 2012
第6回日本母性看護学会学術論文賞, 日本母性看護学会
Winner: 中村 康香, 他
 
Jun 2008
「妊娠経過における妊娠受容を高める看護援助の効果-快適さの体験に焦点を当てた看護介入を行って-」, 第2回日本母性看護学会学術論文賞, 日本母性看護学会
 
Mar 2007
成績優秀賞, 千葉大学学長奨励賞, 千葉大学
 

Published Papers

 
Kawajiri M, Nakamura Y, Takeishi Y, Ito N, Atogami F, Yoshizawa T
Japan journal of nursing science : JJNS   e12294   Aug 2019   [Refereed]
妊娠経過に伴う身体活動内容の変化 就労状況別の身体活動量との比較
中村 康香, 高松 悠帆, 川尻 舞衣子, 吉沢 豊予子, 跡上 富美
母性衛生   59(4) 712-718   Jan 2019
本研究は、妊婦の身体活動内容について、妊娠中期から妊娠後期にかけての変化と妊婦の就労状況別にみた変化の特徴を明らかにし、先行研究で報告した身体活動量の変化と合わせ、妊婦に対する身体活動に関する保健指導への示唆を得ることを目的とした。2016年3〜11月に初産婦を対象として、妊娠中期と妊娠後期のそれぞれ約1週間、生活行動記録用紙を用いて身体活動内容を5分単位で記録した。記録された生活行動を分類し統計学的分析を行った。35名の分析対象者の身体活動内容の変化は、家事、入浴、休息時間が妊娠後期の方...
Takeishi Y, Nakamura Y, Kawajiri M, Atogami F, Yoshizawa T
The Tohoku journal of experimental medicine   249(1) 9-17   Sep 2019   [Refereed]
Nakamura Y, Sato M, Watanabe I
The Tohoku journal of experimental medicine   245(4) 223-230   Aug 2018   [Refereed]
20歳代未婚女性がとらえる自己の妊孕力認識の実態
須原 涼子, 跡上 富美, 川尻 舞衣子, 武石 陽子, 中村 康香, 吉沢 豊予子, アンガホッファ 司寿子
母性衛生   59(2) 544-550   Jul 2018
目的:20歳代の未婚女性が現時点でとらえている自己の妊孕力認識の実態を明らかにすることを目的とした。方法:7名の20歳代の未湖女性に対し、半構造化面接を行い、データを収集した。収集した録音内容から逐語録を作成し、主題分析の手法を参考に分析を行った。結果:20歳代の未婚女性がとらえる自己の妊孕力認識として、【私はきっと子どもが産める】というコアカテゴリ、[生理は大丈夫だから]、[身体に問題はないから][年齢が若いから]という3つのカテゴリが抽出された。また、[生理が大丈夫だから]には3つのサ...
What does Klinefelter syndrome mean for men with azoospermia in Japan?
Fumi Atogami,Noriko Yamaguchi,Yasuka Nakamura, Toyoko Yoshizawa
J Midwifery Reprod Health   6(2) 1230-1235   Apr 2018   [Refereed]
就労妊婦の罪悪感の測定「胎児への罪悪感尺度」と「職場への罪悪感尺度」の開発 信頼性と妥当性の検討
和田 彩, 中村 康香, 跡上 富美, 佐藤 眞理, 吉沢 豊予子
東北大学医学部保健学科紀要   27(1) 23-30   Jan 2018
(J-LYMQOL-1) 日本語版の信頼性と妥当性の検討(Japanese Version of the Quality of Life Measurement for Limb Lymphedema(leg) (J-LYMQ0L-1) its Reliability and Validity)
吉沢 豊予子, 青山 真帆, 武石 陽子, 中村 康香, 跡上 富美
リンパ浮腫管理の研究と実践   5(1) 1-8   Jan 2018
背景:がん患者はリンパ節摘出を伴う手術、化学療法や放射線治療によりリンパ浮腫を発症することがある。リンパ浮腫の発症は患者のQOLの低下を招くことから、その経過によるQOLを知るためにも、特異的疾患QOLを評価する指標が必要である。目的:英国で開発されている上肢、下肢両方のリンパ浮腫患者のQOLを評価するLYMQOL(Arm & Leg)のうち、本研究は日本語版LYMQOL(下肢)を開発するために、その信頼性と妥当性を検討した。方法:東北および関東地方のリンパ浮腫外来のある医療機関で211名...
女性の足関節底背屈運動が腓腹筋の血行動態に及ぼす影響 浮腫予防ケアの開発を目指して
由利 静香, 武石 陽子, 中村 康香, 跡上 富美, 吉沢 豊予子
リンパ浮腫管理の研究と実践   5(1) 9-17   Jan 2018
【目的】静脈還流障害が主な起因となる周産期にある女性の下肢浮腫予防法を検討するために、足関節底背屈運動による腓腹筋血行動態の変動を運動負荷量および筋肉率の比較から、その違いについて明らかにすることを目的とした。【方法】研究参加者は20歳以上の健康な成人女性17名とした。最大底背屈を20°と30°に設定し、足関節底背屈運動を交互に回/秒のテンポで、20回の運動をセットとし、休息分間をとりセットそれぞれ実施した。腓腹筋血行動態の測定にレーザー組織血液酸素モニターを用いて、酸素化ヘモグロビン(O...
妊娠期のセルフケア向上に役立つアプリの検討
中村 康香 上池 那奈 川尻 舞衣子 跡上 富美 吉沢 豊予子
母性衛生   58(4)    Jan 2018   [Refereed]
無侵襲的出生前遺伝学的検査(NIPT)受検者が妊娠中に抱く思い
吉田明莉 中村 康香 跡上 富美 吉沢 豊予子
東北大学医学部保健学科紀要   26(1) 47-56   Mar 2017   [Refereed]
妊婦の日常生活における身体活動の評価
川尻 舞衣子 中村 康香 長坂 桂子 武石 陽子 跡上 富美 吉沢 豊予子
日本母性看護学会誌   17(1) 29-36   Mar 2017   [Refereed]
日本語版コペアレンティング関係尺度(CRS-J)の信頼性・妥当性の検証
武石 陽子 中村 康香 川尻 舞衣子 跡上 富美 吉沢 豊予子
日本母性看護学会誌   17(1) ⒒-20   Mar 2017   [Refereed]
無侵襲的出生前遺伝学的検査(NIPT)受検者が妊娠中に抱く思い
吉田 明莉, 跡上 富美, 中村 康香, 吉沢 豊予子
東北大学医学部保健学科紀要   26(1) 47-56   Jan 2017
NIPTを受検し陰性の結果を受け無事挙児を得た16名に半構成的面接を行い、「妊娠が判明してからNIPTを受けるまでの思い」「受検してから結果が出るまでの思い」「陰性の結果を受けたときの思い」について聴取し、『Braun&Clarkeのテーマ分析法』のアプローチ法を参考に分析した。結果、NIPTを受けるまでの思いは【私の年齢だと染色体異常の子どもを妊娠する確率が高くなる】【障がいがあると分かっている子どもを産み育てる自信はない】【大丈夫とは思うけど染色体異常の子どもではないという確かな証拠が...
Kikuchi K Toyota M Endo K Nakamura Y Atogami F Yoshizawa T.
Breastfeed Medicine   12(6) 359-364   Jul 2017   [Refereed]
Japanese Version of the Quality of Life Measurement for Limb Lymphedema(leg)(J-LYMQOL-l):its Reliability and Validity
Toyoko Yoshizawa Maho Aoyama Yoko Takeishi Yasuka Nakamura Fumi Atogami
LYMPHOEDEMA RESEARCH AND PRACTICE   5(1) 1-8   2017   [Refereed]
Kameoka, Junichi Iwazaki, Junya Takahashi, Fumie Sato, Fumiko Sato, Kazuki Taguchi, Atsuko Nakamura, Yasuka Ishii, Seiichi Kagaya, Yutaka
Nurse Educ Today   38 138-143   Mar 2016   [Refereed]
Feelings of guilt toward the baby and workplace commitment related to prenatal comfort in pregnant Japanese working women
Yasuka Nakamura Aya WADA Fumi ATOGAMI Toyoko YOSHIZAWA
International Journal Of Occupational Health and Public Health Nursing      2017   [Refereed]
妊婦の身体活動に対する認識と保健指導の実態
川尻 舞衣子 中村 康香 武石 陽子 跡上 富美 吉沢 豊予子
母性衛生   57(2) 475-482   Jul 2016   [Refereed]
Sato M Nakamura Y Atogami F Horiguchi R Tamaki R Yoshizawa T Oshitani H
PLOS Currents Disasters   8    Jan 2016   [Refereed]
就労妊婦の就労日と休日における身体活動量と生活活動パターン
中村 康香 伊藤 直子 川尻 舞衣子 武石 陽子 跡上 富美 吉沢 豊予子
日本母性看護学会誌   16(1) 33-40   Mar 2016   [Refereed]
無精子症の診断を受けた時の思い 精巣内精子採取術・顕微鏡下精巣内精子採取術を選択した男性の語りから
山口 典子 中村 康香 跡上 富美 吉沢 豊予子
日本母性看護学会誌   16(1) 49-56   Mar 2016   [Refereed]
和田 彩 中村康香 跡上富美 佐藤眞理 吉沢豊予子
日本看護科学学会誌   36 213-219   2016   [Refereed]
Mari Sato Fumi Atogami Yasuka Nakamura Toyoko Yoshizawa
Health Emergency and Disaster Nursing   3(1) 18-27   2016   [Refereed]
就労妊婦における妊娠期の快適性の特徴
小川 彩 中村 康香 跡上 富美 吉沢 豊予子 武石 陽子
母性衛生   56(2) 292-300   Jul 2015   [Refereed]
宮城県における出産後女性の健診・検診受診の実態に関する調査 「子どもの健康と環境に関する全国調査(Japan Environment & Children's Study)」宮城ユニットセンターによる調査結果
渡邊 生恵, 中村 康香
宮城県公衆衛生学会会誌   (47) 9-9   Mar 2015
Sato, Mari Atogami, Fumi Nakamura, Yasuka Kusaka, Yuko Yoshizawa, Toyoko
Health Care Women Int   36(11) 1-15   Aug 2014   [Refereed]
Nakamura, Yasuka Takeishi, Yoko Ito, Naoko Ito, Mizuki Atogami, Fumi Yoshizawa, Toyoko
Tohoku J Exp Med   235(1) 53-59   Jan 2015   [Refereed]
日下 裕子 中村 康香 跡上 富美 吉沢 豊予子
日本がん看護学会誌   29(1) 5-13   Feb 2015   [Refereed]
Is there a meaningful level of activity restriction for hospitalized pregnant women?: A single-case experimental investigation
Yasuka NAKAMURA Toyoko YOSHIZAWA Fumi ATOGAMI Naoko ITO
Bulletin of School of Health Sciences Tohoku University   24(1) 29-37   Jan 2015   [Refereed]
宮城県における出産後女性の健診/検診受診の実態とその関連要因に関する調査
渡邊生恵 中村康香
公衆衛生みやぎ   435 21-27   Jul 2014   [Refereed]
Sato, M., Atogami, F., Nakamura, Y., Kusaka, Y., Yoshizawa, T.
Australasian Emergency Nursing Journal   17(3) 106-111   Aug 2014   [Refereed]
妊娠先行型結婚をした女性の妊娠経過における快適性の変化
跡上富美, 中村康香, 武石陽子, 伊藤直子, 吉沢豊予子
日本母性看護学会誌   14(1) 50-56   Mar 2014   [Refereed]
Kudo, M., Hojo, M., Okuyama, T., Yoshizawa, T., Atogami, F., Nakamura, Y., Tanaka, M.
International Journal of Applied Electromagnetics and Mechanics   45(1-4) 717-722   2014   [Refereed]
リンパ浮腫予防教育プログラムの開発 知識教育に焦点をあてて
日下 裕子 吉沢 豊予子 中野 弘枝 鈴木 花菜 千葉 美貴 竹内 真帆 中村 康香
リンパ浮腫管理の研究と実践   1(1) 33-41   Dec 2013   [Refereed]
Nakamura, Y., Takeishi, Y., Atogami, F., Yoshizawa, T.
Nursing and Health Sciences   14(2) 182-188   Jun 2012   [Refereed]
Takeuchi M Yoshizawa T Kusaka Y Furusawa Y Nakamura Y Atogami F Niikura H
Journal of Lymphoedema   8(2) 182-188   Dec 2013   [Refereed]
入院している切迫早産妊婦の肯定的な体験について
今村 麻乃 中村 康香 跡上 富美 吉沢 豊予子
母性衛生   54(2) 346-353   Jul 2013   [Refereed]
切迫早産妊婦の入院中における妊娠の受けとめ
中村 康香 跡上 富美 竹内 真帆 吉沢 豊予子
母性衛生   53(2) 313-321   Jul 2012   [Refereed]
Nakamura, Y.
Japan Journal of Nursing Science   7(1) 29-36   Jun 2010   [Refereed]
Y.NAKAMURA, F.ATOGAMI, T.YOSHIZAWA
Nursing Reports   1(1) 35-39   Nov 2011   [Refereed]
現代の更年期女性における体型とQOL・更年期症状の関連
鴫野 理絵 吉沢 豊子 中村 康香 跡上 富美 今村 栄吏子
母性衛生   52(2) 263-269   Jul 2011   [Refereed]
妊娠期の快適性に関する尺度の開発
武石 陽子 中村 康香 跡上 富美 吉沢 豊予子
日本母性看護学会誌   11(1) 11-18   Mar 2011   [Refereed]
マタニティダイアリーを妊娠初期から妊娠末期に継続的に使用した効果について
中村 康香
母性衛生   50(1) 42-48   Apr 2009   [Refereed]
Encouraging positive reactions to pregnancy in first-time mothers
Nakamura, Y.
British Journal of Midwifery   17(1) 48-53   2009   [Refereed]
妊娠経過における妊娠の受容を高める看護援助の効果 快適さの体験に焦点を当てた看護介入を行なって
中村 康香
日本母性看護学会誌   8(1) 1-8   Mar 2008   [Refereed]
マタニティスイミングの精神的効果 MCL-3,POMSを利用して
中村 康香 吉沢 豊予子 伊藤 愛子 跡上 富美 平石 皆子
母性衛生   47(2) 283-289   Jul 2006   [Refereed]
日本における妊娠期の母親役割獲得を促す家族看護の構成概念
大月 恵理子 森 恵美 中村 康香 林 ひろみ 中野 美佳 陳 東 前原 邦江
千葉看護学会会誌   12(1) 50-57   Jun 2006   [Refereed]
妊娠経過における快適さの体験に関する研究
中村 康香 森 恵美
日本母性看護学会誌   5(1) 15-22   Mar 2005   [Refereed]
マタニティスイミングの運動強度の測定 %HRmaxとRPEを用いて
中村 康香 吉沢 豊予子 跡上 富美 平石 皆子 岸 利江子 伊藤 愛子
日本母性看護学会誌   3(1) 37-46   Mar 2003   [Refereed]
更年期女性の精神・心理症状の特徴 45歳から65歳迄の長野・大阪女性の健康実態調査から
吉沢 豊予子 跡上 富美 平石 皆子 中村 康香
女性心身医学   5(1) 38-46   Jun 2000   [Refereed]

Misc

 
助産師のためのウィメンズヘルス入門(第3回) 妊孕性とウィメンズヘルス
中村 康香
臨床助産ケア: スキルの強化   11(4) 106-111   Jul 2019
助産師のためのウィメンズヘルス入門(第2回) 就労と女性
中村 康香
臨床助産ケア: スキルの強化   11(3) 82-88   May 2019
大月 恵理子, 平石 皆子, 林 佳子, 高島 えり子, 中村 康香, 坂上 明子
助産雑誌   66(3) 238-243   Mar 2012
妊娠経過における妊娠の受容を高める看護援助 快適さの体験に焦点を当てた看護介入の効果からみて
中村 康香
東北大学医学部保健学科紀要   17(1) 83-84   Jan 2008
臨地実習 プログラムと指導の実際 生涯を通じた女性を対象にした母性看護学実習
平石 皆子, 吉沢 豊予子, 跡上 富美, 上條 陽子, 中村 康香, 岸 利江子
看護展望   26(8) 942-947   Jul 2001
多胎児家族への保健指導の実態調査(第1報) 市町村の取り組み
岸 利江子, 平石 皆子, 中村 康香, 伊藤 愛子, 跡上 富美, 吉沢 豊予子
母性衛生   41(3) 281-281   Sep 2000
多胎児家族への保健指導の実態調査(第2報) 医療機関の取り組み
平石 皆子, 岸 利江子, 中村 康香, 伊藤 愛子, 跡上 富美, 吉沢 豊予子
母性衛生   41(3) 281-281   Sep 2000

Books etc

 
The pregnant body
大月恵理子,金子政時,古川誠志,山口昌俊,山本英子,鈴木幸子,芝本美紀,岩田裕子,前原邦江,高橋紀子,中村康香,平石皆子,児玉由紀,古田賢,菊地圭子,望月明見,成田伸,鮫島浩,齋藤英子,山内憲之,山下理絵,大橋昌直 (Part:Joint Work)
Nov 2013   ISBN:978-4-524-26824-5
新訂第2版マタニティアセスメントガイド
吉沢豊予子, 鈴木幸子 eds. 吉沢豊予子, 中村康香, 鈴木幸子, 工藤里香, 山本英子 (Part:Joint Work, 第1章 妊婦編 第2章 産婦編, 2)
真興交易   Nov 2012   
(新体系看護学全書)母性看護学1 第2編ウィメンズヘルスと看護
吉沢豊予子 ed. 中村康香 (Part:Joint Work, 第3章女性とヘルスプロモーション 第6章女性の自立支援, 35)
メジカルフレンド社   Oct 2011   
(新体系看護学全書)第4編母性看護学2マタニティサイクルにおける母子の看護
遠藤俊子 ed. 中村康香 (Part:Joint Work, 第1章 妊娠期における母子の看護 4事例を通して看護を学ぶ-切迫早産事例-, 4)
メジカルフレンド社   Oct 2011   
助産師基礎教育テキスト 第4巻 妊娠期の診断とケア
森恵美 ed. 森恵美, 鈴木俊治, 大月恵理子, 石井邦子, 中村康香, 前原邦江 (Part:Joint Work, 妊婦の日常生活におけるケア, 142-175)
日本看護協会出版会   Nov 2009   

Research Grants & Projects

 
妊娠期における男性の肯定的体験に関する研究
Project Year: Apr 2017 - Today
ウェアラブル機器を用いた妊婦の身体活動の可視化による活動パターンと評価指標の検討
Project Year: Apr 2016 - Mar 2019
家族基盤に基づくコペアレンティングを促す妊娠期介入プログラムの開発と検証
Project Year: Apr 2016 - Mar 2019
助産師外来で活用できる妊娠期アセスメントツールの開発と実用化に向けたシステム構築
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2013 - Mar 2016
入院切迫早産妊婦におけるキュアとケアを融合した看護実践ガイドラインの開発
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2012 - Mar 2015

Social Contribution

 
[日本国内] 妊婦超音波検査被験者
[Others]  Jan 2012 - May 2012
大学病院における助産師外来開設に伴い、助産師の超音波検査技術の向上のため1回/週程度、被験者となった

Others

 
Jul 2013   宮城県における出産後女性の健診・検診受診の実態とその関連要因に関する調査
妊娠期の女性は、妊婦健康診査により健康状態の把握が行われているが、出産後は、こどもの健診は定期的に行われるものの、母親の健康管理は本人に委ねられており、健診・検診受診の実態も明らかではない。そこで、①宮城県における、出産後女性の健診・検診受診率を明らかにする。②健診・検診を受診しなかった理由と関連要因を明らかにする。以上の2つを目的に研究を行った。
※平成25年度宮城県公衆衛生研究振興基金(研究代表者:渡邊生恵、300千円、平成25.7.1~平成26.3.31)
Apr 2012   母体・胎児集中ケアのための研修プログラムの開発に関する研究
本研究プロジェクトは、周産期医療ケアシステムが効率的かつ有効に機能するよう、その一翼を担う母体・胎児集中治療室(maternal-fetal intensive care unit:MFICU)の運営に焦点を当てたものである。MFICUの看護の質を向上させるため、平成21~23年度までの研究から明らかとなったMFICU看護の問題点と課題およびMFICU看護職に必要とされる専門的能力を基に、母体・胎児集中ケアに携わる中堅以上の看護職に対する研修プログラムを開発することと、プログラム開発過程および成果発表を利用して、看護職のネットワーク化を推進することにある。

※「母体・胎児集中ケアのための研修プログラムの開発に関する研究」 
文部科学省科学研究費補助金(基盤研究(C))(課題番号24593381)研究代表者:大月恵理子
Apr 2009   周産期医療ケアシステム・看護の質改善を推進するための研究
看護職の視点で、現在MFICUが抱える課題を明らかにするため、全国のMFICUの看護管理者に対し、MFICU管理上の困難点や工夫などに関して質問紙による実態調査を行った。31施設(41%)の看護管理者から回答があり、MFICUの看護スタッフのストレスや、MFICUの看護管理上の困難点や課題、MFICUスタッフに求められる能力とその育成のための研修会の実態などの概要が明らかとなった。研究の第2段階として、施設の特徴や背景をふまえた困難さ、MFICUであることの困難さや必要とされる能力を明らかにするため、施設見学を含めた面接調査を6施設に行った。施設の特徴などの背景により、管理上の困難は異なっていたが、MFICUスタッフとして必要とされる能力等については、基本的には、ハイリスク妊娠の看護に伴うものであり、十分にMFICU独自の専門性を明らかに出来たとはいえない。並行して、米国でのハイリスク妊娠の管理の実際の視察や、文献による海外のハイリスク妊娠看護のシステムや教育について分析を行った結果、ハイリスク妊娠の看護とローリスク妊娠看護の管理システムを分ける必要性やより専門的な教育の必要性が示唆された
Apr 2017   未婚男性における妊孕性の認識構造と「男性の妊孕性に対する自己認識尺度」の開発
未婚男性における妊孕性の認識構造と「男性の妊孕性に対する自己認識尺度」の開発
Apr 2016   「男性因子不妊の診断を受けた男性が抱く治療上の困難さの実態調査」
男性因子不妊の診断を受けた男性が抱く治療上の困難さの実態調査