ROH Sanggun

J-GLOBAL         Last updated: Feb 6, 2018 at 03:18
 
Avatar
Name
ROH Sanggun
E-mail
sanggun.roh.a3tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/684443bda081a409f743a226cfe09613.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Agriculture Division of Biological Resource Sciences Department of Animal Production Science Laboratory of Animal Physiology
Job title
Associate Professor
Degree
農学博士(Iwate University)

Research Areas

 
 

Committee Memberships

 
May 2011
 - 
Today
家畜栄養生理研究会  庶務幹事
 
May 2007
 - 
Today
Asian Australian Journal of Animal Science  編集委員
 

Awards & Honors

 
Jun 2016
伊藤記念財団賞, 伊藤記念財団
 
Mar 2016
Animal Science Journal Excellent Paper Award, 日本畜産学会
Winner: 論文共著者
 
Mar 2016
Animal Science Journal Reviewers Award, 日本畜産学会
 
Nov 2012
AAAP-2nd Woogene B & G Award Protocol, Asian-Australian Society of Animal Production
 
Nov 2007
家畜脂肪蓄積の分子機構の解明に関する研究, 2.日本農学進歩賞, 財団法人農学会
 

Published Papers

 
Hishikawa D., Y. H. Hong YH, S.G. Roh (Corresponding Author), H. Miyahara, Y. Nishimura, A. Tomimatsu, H. Tsuzuki, C. Gotoh, M. Kuno, K.C. Choi, H.G. Lee, K.K. Cho, H. Hidari and S. Sasaki
Physiol. Genomics   21(3) 343-350   Mar 2005   [Refereed][Invited]
Roh S.G. (Corresponding Author), S.H. Song, K.C. Choi, K. Katoh, V. Wittamer, M. Parmentier and S. Sasaki
Biochem. Biophys. Res. Commun.   362(4) 1013-1018   Nov 2007   [Refereed]
Roh S.G.*, G.Y. Nie, K. Loneragan, A. Gertler and C. Chen
Endocrinology   142 5167-5171   Dec 2001   [Refereed]
Roh S.G.*(Corresponding Author), M. Kuno, D. Hishikawa, Y.H. Hong, K. Katoh, Y. Obara, H. Hidari and S. Sasaki
J. Anim. Sci.   85 395-403   Feb 2007   [Refereed]
Mechanisms of action of growth hormone to growth hormone-releasing peptide-2 (GHRP-2) in bovine pituitary cell
Roh S.G.*, M. L. He, N. Matsunaga, S. Hidaka and H. Hidari
J. Anim. Sci.   75 2744-2748   Oct 1997   [Refereed]

Misc

 
反芻動物の生産に関する最近の研究動向:第4章 泌乳生理機能と乳量制御
芳賀 聡、鈴木 裕、加藤大地、加藤 和雄, 盧 尚建.
畜産の研究   69(12) 1005-1009   Dec 2015
反芻動物の生産に関する最近の研究動向:第3章 内分泌調節機能としての肝臓の機能
鈴木 裕、加藤大地、加芳賀 聡、藤 和雄, 盧 尚建.
畜産の研究   69(11) 929-934   Nov 2015
反芻動物の生産に関する最近の研究動向:第2章 反芻動物のルーメン発達と生産性との関連
加藤大地、鈴木 裕、芳賀 聡、加藤 和雄, 盧 尚建.
畜産の研究   69(10) 861-866   Oct 2015
反芻動物の生産に関する最近の研究動向:第1章 短鎖脂肪酸の生理機構
加藤和雄、鈴木啓一、盧尚建
畜産の研究   69(9) 773-782   Sep 2015
頭脳循環を加速する若手研究者戦略的海外派遣プログラムー(3)ドイツライプニッツ家畜生物学研究所およびミュンヘン工科大学を訪問して
後藤貴文、中村真子、柴田昌宏、盧尚建、辰巳隆一、古瀬充宏.
畜産の研究   67(9) 907-912   Sep 2013

Books etc

 
新編 家畜生理学
加藤 和雄、古瀬 充宏、盧 尚建 (Part:Editor)
Apr 2015   
Differential signaling pathway on antilipolytic action of insulin in sheep and rat adipocyte, Prospect in Comparative Endocrinology: Unity and Diversity.
Sasaki S, S.G. Roh and Sawada K (Part:Joint Work, p1273-1277)
Jul 2001   

Conference Activities & Talks

 
The Importance of Hepatokines in Metabolic Regulation of Ruminants
Sanggun Roh, Misato Nakano, Koki Nishihara, Dahye Kim, Yutaka Suzuki
2016 International Animal Sciences and Biotechnology Forum   7 Dec 2016   
Comparison of the Gene Expression of Rumen Epithelium in Pre- and Post-Weaning Young Cattle
Sanggun ROH, Yutaka SUZUKI, Daichi KATO, Satoshi HAGA
17th AAAP ANIMAL SCIENCE CONGRESS   22 Aug 2016   
Gene expression and secretion of chemerin in bovine mammary epithelial cells
Yutaka Suzuki, Sachi Chiba, Satoshi Haga, Sanggun Roh
2016 ADSA®-ASAS Joint Annual Meeting Abstract Presentation Notice   19 Jul 2016   
GH多型による黒毛和種牛の脂肪細胞の生理的特徴
鈴木裕、谷田奈々子、加藤大地、村井篤嗣、平山琢二、加藤和雄、盧尚建
日本畜産学会大 121回大会   26 Mar 2016   
培養脂肪細胞におけるヨード卵の卵黄の脂肪蓄積抑制の効果
横山 次郎、森岡 恵美、鈴木 啓一、加藤 和雄、盧 尚建
日本畜産学会大 121回大会   26 Mar 2016   

Research Grants & Projects

 
反芻動物の代謝・内分泌ネットワークに関する新規調節因子の探索と生理的機能に関する研究
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: May 2009 - Today
反芻動物のルーメン発達に関連する遺伝子の網羅的な探索
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2015 - Today
新規アディポカイン、Chemerinの生理学的な作用
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: May 2004 - Today
脂肪細胞分化・形成過程におけるAdipogeninの生理学的な役割
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: May 2004 - Today
網羅的遺伝子解析によるウシ体脂肪蓄積の分子機構の解明
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: May 2004 - Today

Social Contribution

 
南相馬市の被爆牛のCs蓄積量の調査
[Others]  1 Jul 2011 - Today
南相馬市の被爆牛を解体し、各組織のCs蓄積量を調査する。

Others

 
Jun 2016   家畜の産肉性と生産性を特徴づける脂肪細胞由来の新規調節因子の解明に関する研究
食肉の肉質と美味しさは多数の要因によって決定されるが、「脂肪交雑」と「脂肪の質」などによって主に評価される。したがって、家畜の産肉性と生産性の向上には、体内での筋肉内脂肪、皮下脂肪、内臓脂肪組織における脂肪細胞の形成と蓄積過程に関わる新規調節因子の解明は重要である。本研究ではこれまで脂肪細胞由来の脂肪蓄積に関連する因子について同定、解析および生産性との関連を調査した。
Apr 2016   国産和牛肉の新たな差別化のための評価指標及び育種手法の開発
和牛肉の構成成分等を詳細かつ網羅的に分析することにより、和牛肉に特徴的な成分項目を抽出し、新たな牛肉評価指標を作成する。和牛のゲノム情報を網羅的に解析し、選抜に有効なSNPマーカーを開発するとともに、開発したSNPマーカー周辺を探索し、遺伝子機能を明らかにした上で和牛肉の特性に関連する遺伝子を解明する。新たな指標に基づく和牛の育種改良技術を開発するとともに、市場における和牛肉の優位性を確保する。
Apr 2016   国際競争力強化に向けた黒毛和種短期肥育技術の開発
肥育開始月齢を8か月齢280kgとし、早期肥育に向く子牛育成方法を開発する。その後の肥育期間を18か月とし26か月齢で出荷できるようにCPやTDNを調整した管理を行い、この間の栄養状態を把握する。対照として慣行肥育を行い、生産された牛肉の解析を行い、差異について検討する。第2回目以降の肥育においては、1回目のデータを検討しプログラムの修正を行うとともに、明らかとなった基礎的知見をもとにビタミンなどの補給も試みる。
Jun 2015   黒毛和種牛のルーメン絨毛組織の発達関連遺伝子の網羅的解析に関する研究
反芻動物のルーメンは、ヒトやマウスなどの単胃動物と異なり、飼料の発酵に重要な役割を果たしている器官である。特に、仔牛の離乳前後における適切な栄養・飼養管理によるルーメン発達を促すことは重要であり、丈夫なルーメンづくりとは、その容積とともに筋肉層と上皮層(第一胃乳頭・絨毛)の両方を発育させることである。本研究は次世代シーケンサーを用いてウシのルーメン絨毛組織の形成・発達に関連する候補遺伝子を選別し、多様な飼養条件(エピジェネティクス制御)で得られたウシのルーメン絨毛組織において遺伝子の機能と解析を行うものである。
Jan 2015
National Institute of Animal Science, RDA Honary researcher