UENO Katsuhiro

J-GLOBAL         Last updated: Feb 16, 2018 at 19:54
 
Avatar
Name
UENO Katsuhiro
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/53b56b70d50d60813e1eff3bdf3760f6.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Research Institute of Electrical Communication Systems & Software Division Software Construction
Job title
Associate Professor
Degree
博士(情報科学)(Tohoku University)

Research Areas

 
 

Awards & Honors

 
Jun 2011
多相レコード計算に基づく軽量な第一級オーバーロードの設計と実装, 高橋奨励賞, 日本ソフトウェア科学会
 

Published Papers

 
Katsuhiro Ueno, Atsushi Ohori, Toshiaki Otomo
Proceeding of the 16th ACM SIGPLAN international conference on Functional programming      Sep 2011   [Refereed]
Atsushi Ohori, Katsuhiro Ueno
Proceeding of the 16th ACM SIGPLAN international conference on Functional programming      Sep 2011   [Refereed]
Katsuhiro Ueno, Atsushi Ohori
日本ソフトウェア科学会論文誌「コンピュータソフトウェア」   27(2) 142-168   May 2010   [Refereed]
制御フローの合流のための計算系
Katsuhiro Ueno, Atsushi Ohori
情報処理学会論文誌「プログラミング(PRO)」   1(3) 19-33   Oct 2008   [Refereed]
型代入を遅延する最適化型推論アルゴリズム
Katsuhiro Ueno, Atsushi Ohori
日本ソフトウェア科学会論文誌「コンピュータソフトウェア」   25(2) 101-113   May 2008   [Refereed]

Conference Activities & Talks

 
ビットマップマーキングに基づくnon-moving GCの可能性
大堀淳
日本ソフトウェア科学会第28回大会   27 Sep 2011   
多相レコード計算に基づく軽量な第一級オーバーロードの設計と実装
大堀淳
日本ソフトウェア科学会第27回大会   13 Sep 2010   
MLとC間の多相型外部関数インターフェース
大堀淳
FIT2009 第8回情報科学技術フォーラム   2 Sep 2009   

Research Grants & Projects

 
実用プログラミング言語のための系統的言語開発基盤の実現
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2015 - Today
次世代プログラミング言語SML#の研究開発
Project Year: Apr 2003 - Today
高水準かつ安全なプログラミング言語間連携機構の実現
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2012 - Mar 2015

Others

 
Apr 2009
プログラミング言語SML#の開発