MORIMOTO Nobuyuki

J-GLOBAL         Last updated: Nov 14, 2018 at 17:49
 
Avatar
Name
MORIMOTO Nobuyuki
E-mail
morimotomaterial.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/dbff1e009a136fdd587712786874e488.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Engineering Department of Materials Processing Physical Metallurgy and Physicochemistry of Biomolecular and Biomaterial Systems Physicochemistry of Biomolecular Systems
Job title
Associate Professor
Degree
博士(学術)(Tokyo Medical and Dental University)

Research Areas

 

Academic & Professional Experience

 
May 2016
 - 
Nov 2016
マギル大学薬理治療学科
 
Apr 2016
 - 
Nov 2016
モントリオール大学化学科
 
Apr 2009
 - 
Today
准教授, 東北大学大学院工学研究科
 
Oct 2007
 - 
Jan 2008
客員研究員, パデュー大学化学科
 
Jul 2007
 - 
Oct 2007
客員研究員, モントリオール大学化学科
 

Committee Memberships

 
Apr 2012
 - 
Today
日本バイオマテリアル学会  評議員
 
Nov 2013
 - 
Nov 2015
日本バイオマテリアル学会  編集委員
 

Published Papers

 
Fast and effective mitochondrial delivery of ω-Rhodamine-B-polysulfobetaine-PEG copolymers
N. Morimoto, R. Takei, M. Wakamura, Y. Oishi, M. Nakayama, M. Suzuki, M. Yamamoto, F. M. Winnik.
Scientific Reports   8 1128   Jan 2018   [Refereed]
SiO2 and TiO2 nanoparticles synergistically trigger macrophage inflammatory responses.
M. Tsugita, N. Morimoto, M. Nakayama.
Particle and Fibre Toxicology   14 11   Apr 2017   [Refereed]
M. Tsugita, N. Morimoto, M. Tashiro, K. Kinoshita, M. Nakayama.
Cell Reports   18 1298-1311   Jan 2017   [Refereed]
M. Suzuki, A. Imao, G. Mogami, R. Chishima, T. Watanabe, T. Yamaguchi, N. Morimoto, T. Wazawa.
J. Phys. Chem. B   120 6917-6928   Jun 2016   [Refereed]
N. Morimoto, M. Wakamura, K. Muramatsu, S. Toita, M. Nakayama, W. Shoji, M. Suzuki, F. M. Winnik.
Biomacromolecules   17 1523-1535   Mar 2016   [Refereed]

Misc

 
バイオマテリアルとしての微粒子
森本展行・野村直之
バイオマテリアル:生体材料   33 278-283   2015
双極子-双極子相互作用を会合因子とした自己組織化ポリマーのタンパク質安定化
森本展行
豊田研究報告   67 83-84   2014
ナノゲルDDS研究の最前線.
森本展行、秋吉一成.
ファルマシア   44(8) 764-768   Aug 2008
ナノゲル架橋ゲルの設計と人工分子シャペロン機能.
森本 展行、秋吉 一成.
高分子加工.   54 38-43   2005
ナノゲル工学:新規バイオマテリアルの開発.
森本展行、澤田晋一、岩崎泰彦、秋吉一成.
生体材料工学研究所年報.   38 21-23   2004

Books etc

 
Biomedical Applications of Hydrogels Handbook.
N. Morimoto, K. Akiyoshi (Part:Joint Work, 339-350)
Springer   Aug 2010   
次世代医療のための高分子材料工学
森本展行、秋吉一成 (Part:Joint Work, ナノゲル基盤ゲル材料 pp.33-41.)
シーエムシー出版   2008   
ナノバイオ大辞典
森本展行、秋吉一成 (Part:Joint Work, ナノゲル pp373-375)
テクノシステム   2007   
Nanotechnology in Carbohydrate Chemistry.
N. Morimoto, U. Hasegawa, A. Sugawara, S. Yamane, K. Akiyoshi (Part:Joint Work, Polysaccharide nanogel engineering: Design of nano-structured hydrogel materials and application to biotechnology and medicine. pp.67-87)
Transworld Research Network   2006   
The MML series vol.8
N. Morimoto, K. Akiyoshi (Part:Joint Work, Smart Polymer Nano- and Microgels: Synthesis and Applications. pp159-182)
Citus Books   2006   

Conference Activities & Talks

 
スルホベタインポリマーのナノ会合体形成と温度応答制 御
村松かんな、鈴木 誠
第62回高分子討論会   11 Sep 2013   
Measurement of the local viscosity of the hydration shell around protein by time-resolved fluorescence anisotropy spectroscopy
Tetsuichi Wazawa, George Mogami, Noriyoshi Ishida, Makoto Suzuki
第50回日本生物物理学会年会   22 Sep 2012   
Hydration study of oligophosphates by dielectric relaxation spectroscopy
Kazuki Ishimori, George Mogami, Makoto Suzuki
第50回日本生物物理学会年会   22 Sep 2012   
Hydration Properties of Alkyl Carboxylate Series by Dielectric Relaxation Spectroscopy
Yangtian Wang, GeorgeMogami, Tetsuichi Wazawa, Makoto Suzuki
第50回日本生物物理学会年会   22 Sep 2012   
テレケリック型ポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)の合成と 水溶液特性解析
佐々木 優、Qiu Xing-ping、鈴木 誠、Winnik Francoise
第61回高分子討論会   19 Sep 2012   

Research Grants & Projects

 
バイオ界面の水和構造に着目した医用材料in silicoスクリーニング法の開発
Project Year: Apr 2018 - Mar 2021
多剤排出トランスポーターを回避する細胞膜透過ナノキャリアの創製
Project Year: Apr 2017 - Mar 2020    Investigator(s): MORIMOTO Nobuyuki
微小粒子状化学物質に対する生体応答分子機構の解明
Project Year: Apr 2016 - Mar 2019    Investigator(s): Masafumi Nakayama
ガン温熱化学療法に有効なナノキャリアの開発(国際共同研究強化)
The Other Research Programs
Project Year: Mar 2016 - Mar 2017
ガン温熱化学療法に有効なナノキャリアの開発
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2013 - Mar 2016
蛍光偏光解消法によるナノスペース粘度計測法の開発
Project Year: Apr 2011 - Mar 2014
高分子電解質水和水のダイナミクス精密解析に基づくバイオマテリアルの創製
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2010 - Mar 2013
ATP加水分解およびATP駆動タンパク質のエネルギー・水和状態相関解析
Project Year: Oct 2008 - Mar 2013
ナノゲルを基盤とした新規ドラッグデリバリーシステムの開発
Project Year: Apr 2008 - Mar 2013
ATPおよびATPアナログの分光法による水和特性評価
Project Year: Apr 2009 - Mar 2011
癌免疫療法のための新規ナノキャリアの開発
Project Year: Apr 2008 - Mar 2010
骨吸収抑制ペプチドを徐放するナノゲルを臨床応用する為の検討
Project Year: Apr 2007 - Mar 2009
膜タンパク質機能を組込んだ人工細胞の創製と応用
Project Year: Apr 2006 - Mar 2008
ナノゲル工学による新規ヒドロゲル複合材料の創製とバイオマテリアル応用
Project Year: Apr 2005 - Mar 2007
非天然膜糖鎖認識を介した新しい薬物輸送システムの開拓
Project Year: Apr 2005 - Mar 2007    Investigator(s): MORIMOTO Nobuyuki
アミロースナノゲルキャリアーの創製
Project Year: Apr 2005 - Mar 2007    Investigator(s): MORIMOTO Nobuyuki
ナノゲル積層化金属界面の創製と機能評価
Project Year: 2007       Investigator(s): MORIMOTO Nobuyuki

Patents

 
4599550 : ナノゲル工学によるハイブリッドゲルの調製とバイオマテリアル応用
秋吉一成、森本展行、岩崎泰彦
4774506 : 機能性酵素重合アミロース誘導体合成のための新規プライマー
秋吉一成、森本展行
5443976 : 化学架橋ヒアルロン酸誘導体を含むハイブリッドゲルおよびそれを用いた医薬組成物
秋吉 一成、森本 展行、平倉 泰、下房地 剛

Social Contribution

 
模擬授業
[Others]  16 Mar 2017
東北大学工学部、材料科学総合学科の紹介、研究の紹介
模擬授業
[Others]  28 Jul 2015
東北大学工学部、材料科学総合学科の紹介、研究の紹介
模擬授業
[Others]  18 Mar 2015
東北大学工学部、材料科学総合学科の紹介、研究の紹介
模擬授業
[Others]  27 Jun 2014
東北大学工学部、材料科学総合学科の紹介、研究の紹介
大学・学部紹介
[Others]  Sep 2013
茨城県立竜ヶ崎第一高校にて大学紹介を行った。

Others

 
Sep 2016   MDシミュレーションによるスルホベタインポリマーの細胞膜透過解析
細胞膜透過性を示すスルホベタインポリマーのメカニズム解析をシミュレーションにより行う。
Apr 2013   双極子—双極子相互作用を会合因子とした自己組織化ポリマーのタンパク質安定化
本研究では、ポリベタイン-PEGブロックコポリマーからなるポリマーベシクルを、生理条件下で利用するためチューニングを行う。その上でタンパク質との共存下での安定化材として、またタンパク質を内包しキャリアとして機能させる展望を得ることを目的とする。
Jul 2011   ポリベタインを自己組織化ユニットとする刺激応答性ナノ粒子の創製
本研究は、高分子近傍の水の構造にフィードバックしながら、アルキル鎖構造を制御した種々のスルホベタイン型モノマーの設計より高分子合成を行い、自己組織型ナノ粒子を調製する。このナノ粒子は生体高分子と静電相互作用、あるいは疎水性相互作用を介して弱く相互作用することが期待できる。さらには、温度や塩濃度、pHによりポリマー鎖自体の状態変化、ひいては生体高分子との相互作用の制御が期待できるためバイオチップやキャピラリー電気泳動など診断用の核酸・タンパク質解析ツールとしての展開を目指す。
May 2011   温度応答性ナノ粒子の設計と機能
温度応答性ポリマーを精密重合により合成し、このポリマーよりなるナノ粒子の調製と機能評価を行う。
Apr 2009   酸応答型ナノ粒子の合成と細胞機能
酸性条件により分解性を示す官能基を修飾したナノ粒子を調製し、その酸分解性について検討すると共にタンパク質・核酸のキャリアとしての展開を目指す。