SUGIMOTO Shusaku

J-GLOBAL         Last updated: Oct 11, 2019 at 13:30
 
Avatar
Name
SUGIMOTO Shusaku
E-mail
shusaku.sugimoto.d7tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/f1c5111b91f2b8a9bd7a17b7a59aa25d.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Science Department of Geophysics
Job title
Assistant Professor
Degree
Doctor(Science)(Tohoku University)
Other affiliation
Tohoku University
Research funding number
50547320

Research Areas

 
 

Awards & Honors

 
Apr 2016
日本海洋学会岡田賞, 日本海洋学会
 
Mar 2007
青葉理学振興会賞, 東北大学
 

Published Papers

 
Marked coastal warming off Tokai attributable to Kuroshio large meander
Sugimoto, S., B. Qiu, and A. Kojima
Journal of Oceanography      2019   [Refereed]
Oka, E., M. Ishii, T. Nakano, T. Suga, S. Kouketsu, M. Miyamoto, H. Nakano, B. Qiu, S. Sugimoto, and Y. Takatani
Journal of Oceanography   74(2) 115-145   Apr 2018   [Refereed]
Local atmospheric response to warm mesoscale ocean eddies in the Kuroshio-Oyashio Confluence region
Sugimoto, S., K. Aono, and S. Fukui
Scientific Reports   7 1-6   Sep 2017   [Refereed]
Enhanced warming of the subtropical mode water in the North Pacific and North Atlantic
Sugimoto, S., K. Hanawa, T. Watanabe, T. Suga, and S.-P. Xie
Nature Climate Change   7(9) 656-658   Aug 2017   [Refereed]
西部北太平洋亜熱帯域における海洋表層変動の解析的研究
杉本周作
海の研究   26 45-61   Mar 2017   [Refereed][Invited]

Misc

 
春季黒潮上における海面気圧極小の形成要因
木村覚志,杉本周作,須賀利雄
月刊海洋   49(6) 303-311   Jun 2017
総論:「海洋循環に果たすスケール間相互作用の理解」「東西・南北・上下から見た日本の気象と気候」
杉本周作,西井和晃,田中潔
月刊海洋   49(6) 267-271   Jun 2017
冬季黒潮続流上における楔型低圧部の経年変動とその要因
木村覚志、杉本周作、須賀利雄
月刊海洋   48(5) 170-176   May 2016
西部北太平洋での冬季亜寒帯海面水温前線の準十年規模変動
杉本周作、小林央、花輪公雄
月刊海洋   48(5) 162-169   May 2016
北太平洋中央モード水の形成域の経年東西偏位とその要因
川上雄真, 杉本周作, 須賀利雄
月刊海洋   47(4) 162-171   Apr 2015

Books etc

 
天気と海の関係についてわかっていることいないこと
筆保 弘徳, 杉本 周作, 万田 敦昌, 和田 章義, 小田 僚子, 猪上 惇, 飯塚 聡, 川合 義美, 吉岡 真由美 (Part:Joint Work, 第1章)
ベレ出版   May 2016   

Conference Activities & Talks

 
Influence of the interannual-scale Bering Sea ice variation on cold air outbreaks
Iida, M., S. Sugimoto, and T. Suga
Ocean Obs'19   17 Sep 2019   
Influences of the Kuroshio on surface air temperature in Kanto district, Japan
Sugimoto, S., B. Qiu, and N. Schneider
Ocean Obs'19   17 Sep 2019   
Influence of the interannual-scale Bering Sea ice variation on cold air outbreaks
Iida, M., S. Sugimoto, and T. Suga
Earth, Sea and Sky III: International Joint Graduate Program Workshop in Earth and Environmental Sciences   5 Jun 2019   
Influence of the interannual-scale Bering Sea ice variation on cold air outbreaks
Iida, M., S. Sugimoto, and T. Suga
Japan Geoscience Union Meeting 2019   28 May 2019   
Long-term thermohaline variations in the North Pacific subtropical gyre observed by repeat hydrography along the 165E meridian
川上 雄真,北村 佳照,中野 俊也,杉本周作
Japan Geoscience Union Meeting 2019   28 May 2019   

Social Contribution

 
東北大学サイエンスカフェ「Cubic Earch 〜もしも地球が立方体だったら〜」
[Presenter]  東北大学サイエンスカフェ  14 Dec 2016
スーパーエルニーニョと異常気象
[Organizing Member]  18 Jul 2016
海をはかる 〜海洋観測と私たちの暮らし〜
[Organizing Member]  26 Mar 2016
マイワシの資源量の増加傾向がさらに強まる可能性が高い状況
[Informant]  立研究開発法人水産総合研究センター  プレスリリース  14 Dec 2015
ニューイヤースクール
[Others]  Jun 2009 - Mar 2015

Others

 
Apr 2013   北太平洋亜熱帯モード水の形成・分布に果たす中規模擾乱の役割の理解
北太平洋亜熱帯モード水の形成や分布に,黒潮・黒潮続流の蛇行や渦といった中規模擾乱が重要な役割を果たしていると期待する.そこで,気象庁気象研究所作成の高解像度海洋も出る出力値を用いることで,その実態解明を目指す.
Apr 2013   日本海での乱流熱フラックス決定に果たす対馬暖流の役割の理解
観測資料解析を行い,日本海での大気海洋間熱交換の実態解明を目指し,その決定に果たす海(対馬暖流)の役割を定量的に評価することを目的とする.
Apr 2011   黒潮続流流軸位置の約10年規模変動に果たす大気大循環場の役割解明
海面高度計資料を用いることで,黒潮続流の流軸位置の抽出を行い,それを南北位置と流路長の観点で時間変動特性を調べる.そして,北太平洋中央部に発達するアリューシャン低気圧に注目することでその要因解明を目指す.
Jan 2010   東部亜熱帯前線構造の長期変動に関する研究
北太平洋の東部亜熱帯前線の変動要因として,その北部に位置している低渦位水(中央モード水)が重要な役割を果たしていると予測される.そこで,気象研究所の海洋大循環モデルによる数値実験結果を用いて相関解析等の統計的手法を駆使することで,低渦位水特性(渦位や密度)と前線変動(位置・強度)の関係を明らかにする.また,前線変動を解明するためには,低渦位水の形成機構に迫ることも重要となる.そのため,混合層熱収支解析を行うことにより中央モード水特性が決定される要因を明らかにする.