杉本 周作

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/05 03:34
 
アバター
研究者氏名
杉本 周作
 
スギモト シュウサク
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/f1c5111b91f2b8a9bd7a17b7a59aa25d.html
所属
東北大学
部署
学際科学フロンティア研究所 新領域創成研究部 先端基礎科学研究領域
職名
助教
学位
博士(理学)(東北大学)

研究分野

 
 

受賞

 
2016年
日本海洋学会岡田賞
 
2007年
青葉理学振興会賞
 

Misc

 
西部北太平洋亜熱帯域における海洋表層変動の解析的研究
杉本周作
海の研究   26 45-61   2017年
Decadal variations in wintertime mixed layer depth south of the Kuroshio Extension and its influence on winter mixed layer temperature
Sugimoto, S., and S.-I. Kako
Journal of Climate   29(3) 1237-1252   2016年
Inter-annual zonal shift of the formation region of the lighter variety of the North Pacific Central Mode Water
Kawakami, Y., S. Sugimoto, and T. Suga
Journal of Oceanography   72(2) 225-234   2016年
Decadal variations in mixed layer salinity in the Kuroshio Extension recirculation gyre region: Influence of precipitation during the warm season
Kitamura, T., T. Nakano, and S. Sugimoto
Journal of Oceanography   72(2) 167-175   2016年
冬季黒潮続流上における楔型低圧部の経年変動とその要因
木村覚志、杉本周作、須賀利雄
月刊海洋   48(5) 170-176   2016年

書籍等出版物

 
天気と海の関係についてわかっていることいないこと
ベレ出版   2016年   

講演・口頭発表等

 
東北三陸沖暖水渦が冬の大気場におよぼす影響
低気圧と暴風雨に係るワークショップ2017   2017年   
Decadal-scale variability of the core layer temperature of North Pacific Transition Region Mode Water: Influence of the quasi-stationary jet
AGU Fall Meeting 2016   2016年   
A long-term reference for detecting oceanic variations in the western North Pacific: JMA 50-year long 137°E repeat hydrographic section
PICES 2016 Annual Meeting "25 Years of PICES: Celebrating the Past, Imagining the Future"   2016年   
黒潮親潮混合域暖水渦の上空大気場への影響
東京大学大気海洋研究所国際沿岸海洋研究センター共同研究集会「海洋循環に果たすスケール間相互作用の理解」   2016年   
気象庁東経137度線断面における長期トレンド分布の違いについて
2016年度日本海洋学会秋季大会   2016年   

Works

 
日本海での乱流熱フラックス決定に果たす対馬暖流の役割の理解
2013年 - 2014年
黒潮続流流軸位置の約10年規模変動に果たす大気大循環場の役割解明
2011年 - 2012年
北太平洋亜熱帯モード水の形成・分布に果たす中規模擾乱の役割の理解
2013年 - 2016年
東部亜熱帯前線構造の長期変動に関する研究
2010年 - 2013年

競争的資金等の研究課題

 
東北沖暖水渦が大気場に果たす影響評価
研究期間: 2013年   
大気テレコネクションパターンが果たす海洋表層変動への役割解明
研究期間: 2007年 - 2007年
大気海洋数十年規模変動
研究期間: 2005年 - 2005年
大規模大気海洋相互作用の理解
研究期間: 2003年 - 2003年