Tomonori Kawasaki

J-GLOBAL         Last updated: Oct 17, 2019 at 11:57
 
Avatar
Name
Tomonori Kawasaki
E-mail
tkawasaksaitama-med.ac.jp
URL
https://researchmap.jp/read0145980/
Affiliation
Saitama Medical University
Section
Faculty of Medicine
Degree
Doctor of Medical Science(Yamanashi Medical University)
Research funding number
90456484

Research Areas

 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2018
 - 
Today
Professor, Department of Pathology, Saitama Medical University International Medical Center
 
Oct 2012
 - 
Mar 2014
Department of Medical Sciences, University of Turin (Studio)
 

Education

 
Apr 1991
 - 
Mar 1997
Department of Medicine, Faculty of Medicine, Yamanashi Medical University
 

Awards & Honors

 
May 2019
Best Poster Award of The International Academy of Cytology
 
2017
The Best Poster of 29th European Congress of Pathology (European Society of Pathology)
 

Published Papers

 
Solid papillary neuroendocrine carcinoma of the breast - cytopathological features in 36 cases
Tomonori Kawasaki, Ryohei Katoh, Tetsuo Kondo, Keizo Horibe, Hirokazu Nagai and Masahide Takahashi
VIRCHOWS ARCHIV      Sep 2019   [Refereed]
Invasive carcinoma with neuroendocrine differentiation of the breast showing triple negative, large and basal cell-like features
Tomonori Kawasaki, Norihiro Teramoto, Yoshihiko Hoshida, Yuya Murata, Keiji Sugiyama, Mikinao Oiwa, Chisako Muramatsu, Jiro Ichikawa, Ikuko Sugitani, Shigeto Ueda, Takahiro Hasebe, Akihiko Osaki, Kyoichi Kaira
VIRCHOWS ARCHIV      Sep 2019   [Refereed]
High-molecular-weight insulin-like growth factor 2 secreting phyllodes tumor of the breast presenting as a hypoglycemic attack
Tomonori Kawasaki, Shigeto Ueda, Yuki Ichinose, Eiko Hirokawa, Hiroko Shimada, Ikuko Sugitani, Hiroshi Sano, Takahiro Hasebe, Takao Takahashi, Akihiko Osaki, Toshiaki Saeki, Yoichi Oikawa, Ikuo Inoue, Mitsuhiko Noda, Akira Shimada, Yoji Nagashima, Kouichi Kamada, Satoshi Kanno, Makoto Urano, Makoto Kuroda, Toshiaki Utsumi, Takanori Hayashi
VIRCHOWS ARCHIV      Sep 2019   [Refereed]
Neuroendocrine cells relevant to endocrine mammary and cutaneous carcinomas: nature and significance
Tomonori Kawasaki, Toshinobu Kubota, Ryohei Katoh, Tetsuo Kondo, Shu Ichihara, Keizo Horibe, Hirokazu Nagai and Masahide Takahashi
VIRCHOWS ARCHIV      Sep 2019   [Refereed]
Kawasaki T, Hasebe T, Oiwa M, Sugiyama K, Muramatsu C, Ueda S, Osaki A, Ichikawa J, Teramoto N, Hoshida Y
Pathology international      Jul 2019   [Refereed]
Tomonori Kawasaki, Takahiro Hasebe, Kumiko Nakazawa, Tadao Nakazawa, Tetsuo Kondo, Ryohei Katoh, Keizo Horibe, Mikinao Oiwa
   May 2019   [Refereed]
Tomonori Kawasaki, Takahiro Hasebe, Akiko Abo-Yashima, Tamotsu Sugai, Chisako Muramatsu, Jiro Ichikawa, Masao Saitoh
   May 2019   [Refereed]
Tomonori Kawasaki, Ryohei Katoh, Tetsuo Kondo, Keizo Horibe, Hirokazu Nagai, Masahide Takahashi
Acta Cytologica      May 2019   [Refereed]
Chisako Muramatsu, Shunichi Higuchi, Takako Morita, Mikinao Oiwa, Tomonori Kawasaki, Hiroshi Fujita
SPIE Medical Imaging 2019   10955    2019   [Refereed]
Akira Satou, Tetsuya Tabata, Hiroaki Miyoshi, Kei Kohno, Yuka Suzuki, Daisuke Yamashita, Kazuyuki Shimada, Tomonori Kawasaki, Yasuharu Sato, Tadashi Yoshino, Koichi Ohshima, Taishi Takahara, Toyonori Tsuzuki, Shigeo Nakamura
Modern Pathology   in press(8) 1135-1146   Apr 2019   [Refereed]
Clinicopathological analysis of LPD that developed in patients with RA receiving calcineurin inhibitors
Hoshida Yoshihiko, Ohshima Shiro, Saeki Yukihiko, Kawasaki Tomonori, Ichihara Shu, Kurosawa Mitsutoshi, Kuraoka Kazuya, Taguchi Ken-ichi, Tohma Shigeto
CANCER SCIENCE   109 507   Dec 2018   [Refereed]
Novel Compound Heterozygous TYK2 Mutations in Primary Immunodeficiency with T-Cell Lymphopenia
Hattori Hiroyoshi, Nemoto Michiko, Maeda Naoko, Akita Nobuhiro, Moritani Suzuko, Muramatsu Hideki, Kawasaki Tomonori, Maejima Masami, Ode Hirotaka, Hachiya Atsuko, Sugiura Wataru, Yokomaku Yoshiyuki, Iwatani Yasumasa, Horibe Keizo
PEDIATRIC BLOOD & CANCER   65 S45   Nov 2018   [Refereed]
Neuroendocrine cells associated with endocrine mucin-producing sweat gland carcinoma - a potential precursor lesion?
Kawasaki T, Kubota T, Arai E, Ichihara S, Yata K, Nakaguro M, Kuroda M, Katoh R, Takahashi M, Horibe K, Naoe T, Hasebe T
VIRCHOWS ARCHIV   473 S182   Sep 2018   [Refereed]
Small-cell carcinoma of the breast with squamous differentiation
Kawasaki T, Hasebe T, Kondo T, Katoh R, Inoue S, Fujii H, Sano K, Oiwa M, Endo T, Osaki A, Saeki T, Kashiwaba M, Bussolati G, Sapino A
VIRCHOWS ARCHIV   473 S208   Sep 2018   [Refereed]
Neuroendocrine tumour of the breast showing carcinomatous lymphangiosis
Kawasaki T, Tada T, Ishida M, Matsuya H, Sanada M, Hasebe T, Kawada K, Iwatani Y
VIRCHOWS ARCHIV   473 S211   Sep 2018   [Refereed]
Well-differentiated neuroendocrine tumour of the breast showing peculiar endovascular spread
Kawasaki T, Hasebe T, Oyama T, Yasuda M, Nakagomi H, Inoue M, Tsunoda H, Endo T, Furuya K, Bussolati G, Sapino A
VIRCHOWS ARCHIV   473 S209   Sep 2018   [Refereed]
Large cell neuroendocrine carcinoma of the breast showing triple negative, basal-like subtype
Kawasaki T, Hasebe T, Ichihara S, Oiwa M, Sato Y, Morita T, Hayashi T, Kato A, Sugiyama K, Nozawa K, Enomoto A, Takahashi M, Horibe K, Naoe T, Osaki A, Saeki T
VIRCHOWS ARCHIV   473 S208   Sep 2018   [Refereed]
Kawasaki T, Kubota T, Ichihara S, Horibe K, Hasebe T
Pathology   50(5) 573-575   Aug 2018   [Refereed]
Kubota T, Kawasaki T
American journal of ophthalmology case reports   10 122-123   Jun 2018   [Refereed]
A New Method of Tangential Margin Assessment to Identify Ductal Carcinoma In Situ of the Breast that can be Controlled by Conserving Surgery Alone - A retrospective cohort study in Japan
Ichihara Shu, Moritani Suzuko, Kawasaki Tomonori, Oiwa Mikinao, Morita Takako, Hayashi Takako, Kato Aya, Ito Noriko, Kada Akiko, Endo Tokiko, Sato Yasuyuki
LABORATORY INVESTIGATION   98 74   Mar 2018   [Refereed]
A New Method of Tangential Margin Assessment to Identify Ductal Carcinoma In Situ of the Breast that can be Controlled by Conserving Surgery Alone - A retrospective cohort study in Japan
Ichihara Shu, Moritani Suzuko, Kawasaki Tomonori, Oiwa Mikinao, Morita Takako, Hayashi Takako, Kato Aya, Ito Noriko, Kada Akiko, Endo Tokiko, Sato Yasuyuki
MODERN PATHOLOGY   31 74   Mar 2018   [Refereed]
Nemoto M, Hattori H, Maeda N, Akita N, Muramatsu H, Moritani S, Kawasaki T, Maejima M, Ode H, Hachiya A, Sugiura W, Yokomaku Y, Horibe K, Iwatani Y
Scientific reports   8(1) 6956   May 2018   [Refereed]
Nozawa Kazuki, Sugiyama Keiji, Shiraishi Kazuhiro, Funahashi Yoriko, Kogure Yoshihito, Kawasaki Tomonori
JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   36(15)    May 2018   [Refereed]
Suzuki Y, Ichihara S, Kawasaki T, Yanai H, Kitagawa S, Shimoyama Y, Nakamura S, Nakaguro M
Virchows Archiv : an international journal of pathology   473(2) 235-239   May 2018   [Refereed]
Shimao D, Sunaguchi N, Sasaya T, Yuasa T, Ichihara S, Kawasaki T, Ando M
Physica medica : PM : an international journal devoted to the applications of physics to medicine and biology : official journal of the Italian Association of Biomedical Physics (AIFB)   44 236-242   Dec 2017   [Refereed]
Hagiwara H, Nakayama T, Kawasaki T
Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery   71(3) 223-226   Mar 2018   [Refereed]
Neural cell adhesion molecule (CD56)-positive B-cell lymphoma of the urinary bladder
Kawasaki T., Ichihara S., Kato S., Nakamura S.
VIRCHOWS ARCHIV   471 S140   Sep 2017   [Refereed]
Impact of crystal analyser-based phase contrast X-ray computed tomography on histopathology
Ichihara S., Sunaguchi N., Ando M., Yuasa T., Shimao D., Kawasaki T., Mori K., Gupta R.
VIRCHOWS ARCHIV   471 S61   Sep 2017   [Refereed]
Under-diagnosis and over-diagnosis in breast core needle biopsy: An estimation using inter-institutional whole slide imaging-based tele-consultation network
Ichihara S., Nishimura R., Yamashiro K., Suzuki H., Murata Y., Meguro S., Iwashita T., Iwashina M., Kodama Y., Mori K., Taguchi K., Teramoto N., Yamashita N., Ito M., Moritani S., Yamaguchi R., Kawasaki T., Ito N., Kada A., Okuda S., Oiwa M., Hayashi T., Kato A., Morita T., Sato Y.
VIRCHOWS ARCHIV   471 S66   Sep 2017   [Refereed]
Spindle cell adenolipoma of the breast: Hitherto undescribed variant of mammary hamartoma
Ichihara S., Masuzawa Y., Kawasaki T., Nakai T., Moritani S., Toma T.
VIRCHOWS ARCHIV   471 S68   Sep 2017   [Refereed]
An Appraisal of Epithelial and Myoepithelial Markers in Adenoid Cystic Carcinoma of the Breast: A Unique Reverse Staining Pattern of Cytokeratin 5/6 Excludes Its Mimickers
Nakai Tokiko, Ichihara Shu, Kawasaki Tomonori, Moritani Suzuko, Kada Akiko, Ito Noriko, Uchiyama Tomoko, Itami Hiroe, Morita Kouhei, Takano Masato, Takeda Maiko, Hatakeyama Kinta, Ohbayashi Chiho
LABORATORY INVESTIGATION   96 61A   Feb 2016   [Refereed]
Cytological features of lymphoepithelioma-like carcinoma of the breast
Kawasaki T., Ichihara S., Oiwa M., Morita T., Hayashi T., Sato Y., Endo T., Okuda S.
VIRCHOWS ARCHIV   471 S240   Sep 2017   [Refereed]
An Appraisal of Epithelial and Myoepithelial Markers in Adenoid Cystic Carcinoma of the Breast: A Unique Reverse Staining Pattern of Cytokeratin 5/6 Excludes Its Mimickers
Nakai Tokiko, Ichihara Shu, Kawasaki Tomonori, Moritani Suzuko, Kada Akiko, Ito Noriko, Uchiyama Tomoko, Itami Hiroe, Morita Kouhei, Takano Masato, Takeda Maiko, Hatakeyama Kinta, Ohbayashi Chiho
MODERN PATHOLOGY   29 61A   Feb 2016   [Refereed]
A. Sato, T. Kawasaki, T. Kawasaki, A. Abo-Yashima, T. Yoshida, S. Kobayashi, M. Kashiwaba, T. Sugai, S. Ichihara
Cytopathology   28 169-172   Apr 2017
Nakai T, Kawasaki T, Tada T, Ishida M, Iwakoshi A, Enomoto A, Okuda S, Takahashi M, Ambo JI, Sugai T, Ohbayashi C, Ichihara S
Pathology international   66(12) 706-707   Dec 2016   [Refereed]
Chisako Muramatsu,Shunichi Higuchi,Takako Morita,Mikinao Oiwa,Tomonori Kawasaki,Hiroshi Fujita 0001
14th International Workshop on Breast Imaging, IWBI 2018, Atlanta, Georgia, USA, 8-11 July 2018   1071809   2018   [Refereed]
Nakai T, Ichihara S, Kada A, Ito N, Moritani S, Kawasaki T, Uchiyama T, Itami H, Morita K, Takano M, Takeda M, Hatakeyama K, Ohbayashi C
Virchows Archiv : an international journal of pathology   469(2) 213-222   Aug 2016   [Refereed]
Sugimoto R, Sugai T, Habano W, Endoh M, Eizuka M, Yamamoto E, Uesugi N, Ishida K, Kawasaki T, Matsumoto T, Suzuki H
International journal of cancer   138(7) 1689-1697   Apr 2016   [Refereed]
Kawasaki T, Suzuki M, Sato A, Yashima-Abo A, Satoh T, Kato R, Kato Y, Obara W, Shimoyama T, Ishida Y, Sugai T
Journal of clinical pathology   69(1) 89-92   Jan 2016   [Refereed]
Sato A, Kawasaki T, Kashiwaba M, Ishida K, Nagashima Y, Moritani S, Ichihara S, Sugai T
Pathology international   65(12) 674-676   Dec 2015   [Refereed]
Nakazawa T, Kondo T, Sato E, Motosugi U, Niu D, Mochizuki K, Kawasaki T, Yamane T, Katoh R
Journal of cutaneous pathology   42(11) 897-902   Nov 2015   [Refereed]
Massive myoepithelial hyperplasia (myoepitheliosis) with lumpy deposits of basement membrane material closely associated with apocrine adenosis and ductal carcinoma in SITU of the breast
Kawasaki T., Sato A., Oyama T., Nakagomi H., Furuya K., Inoue M., Moriya T., Tsunoda H., Ichihara S., Sugai T., Katoh R.
VIRCHOWS ARCHIV   467 S62   Sep 2015   [Refereed]
High prevalence of solid papillary carcinoma with neuroendocrine differentiation in breast lesions detected by the clinical symptom of bloody nipple discharge
Kawasaki T., Sato A., Saitoh M., Matsui Y., Ishida K., Kashiwaba M., Ichihara S., Yagata H., Yamauchi H., Sugai T., Sapino A.
VIRCHOWS ARCHIV   467 S62   Sep 2015   [Refereed]
Microinvasive neuroendocrine carcinoma arising from central papilloma of the breast
Kawasaki T., Sato A., Saitoh M., Tsunoda H., Moritani S., Ichihara S., Yamauchi H., Uesugi N., Sugai T., Sapino A., Katoh R.
VIRCHOWS ARCHIV   467 S62-S63   Sep 2015   [Refereed]
Glycogen-rich clear cell carcinoma of the breast showing carcinomatous lymphangiosis and extremely aggressive clinical behavior
Sato A., Kawasaki T., Mue Y., Ishida K., Kashiwaba M., Tomabechi M., Ariga H., Komatsu H., Moritani S., Ichihara S., Sugai T.
VIRCHOWS ARCHIV   467 S62   Sep 2015   [Refereed]
Sato A., Kawasaki T., Ishida M., Tada T., Matsuya H., Ichihara S., Tomabechi M., Ariga H., Suzuki M., Sugai T., Sapino A.
VIRCHOWS ARCHIV   467 S63   Sep 2015   [Refereed]
Cytological features of pleomorphic/necrotic lobular carcinoma in SITU of the breast detected by screening mammography
Sato A., Kawasaki T., Yuminamochi T., Ishii Y., Nakazawa K., Sato S., Yamada N., Ambo J-i., Moritani S., Ichihara S., Sugai T.
VIRCHOWS ARCHIV   467 S117   Sep 2015   [Refereed]
Ishida K, Uesugi N, Hasegawa Y, Sugimoto R, Takahara T, Otsuka K, Nitta H, Kawasaki T, Wakabayashi G, Sugai T
Pathology international   65(7) 367-373   Jul 2015   [Refereed]
Suga Y, Sugai T, Uesugi N, Kawasaki T, Fukagawa T, Yamamoto E, Ishida K, Suzuki H, Sugiyama T
Pathology international   65(5) 240-249   May 2015   [Refereed]
Kawasaki T, Bussolati G, Sugai T, Sapino A
Histopathology   66(5) 752-753   Apr 2015   [Refereed]
Kawasaki T, Sugai T, Kashiwaba M, Sapino A
Histopathology   66(5) 754-755   Apr 2015   [Refereed]
Kawasaki T, Ishida M, Tada T, Matsuya H, Saitoh M, Sato A, Suzuki M, Sugimoto R, Mue Y, Uesugi N, Ishida K, Ishida K, Ariga H, Ichihara S, Sugai T, Sapino A
Virchows Archiv : an international journal of pathology   466(4) 479-481   Apr 2015   [Refereed]
Matsui Y, Sugai T, Ishida K, Kawasaki T, Uesugi N, Kashiwaba M, Wakabayashi G
JIMA   67(4) 183-194   2015   [Refereed]
Neuroendocrine ductal carcinoma in situ, comedo type, of the breast detected by screening mammography: A potentially pre-invasive counterpart of high-grade neuroendocrine tumours
Kawasaki T., Bussolati G., Suzuki M., Kosaka T., Sugimoto R., Mue Y., Uesugi N., Ishida K., Katoh R., Sugai T., Sapino A.
VIRCHOWS ARCHIV   465 S95-S96   Aug 2014   [Refereed]
Neuroendocrine Carcinoma (NEC) of the breast clinicopathological study of 90 NEC cases in conjunction with 1,522 non-NEC cases
Kawasaki T., Suzuki M., Kosaka T., Sugimoto R., Mue Y., Uesugi N., Ishida K., Katoh R., Sugai T., Sapino A.
VIRCHOWS ARCHIV   465 S109-S110   Aug 2014   [Refereed]
Sato E, Ichikawa J, Ando T, Sato N, Kawasaki T, Haro H
Orthopedics   37(5) e500-3   May 2014   [Refereed]
Kawasaki T, Bussolati G, Marchiò C, Castellano I, Daniele L, Molinaro L, Hinata M, Furuya K, Nakagomi H, Oyama T, Tsunoda H, Sugai T, Katoh R, Sapino A
Histopathology   64(4) 597-600   Mar 2014   [Refereed]
Jieying W, Kondo T, Yamane T, Nakazawa T, Oishi N, Kawasaki T, Mochizuki K, Dongfeng N, Katoh R
Acta histochemica et cytochemica   47(6) 289-294   2014   [Refereed]
Kawasaki T, Bussolati G, Castellano I, Marchiò C, Daniele L, Molinaro L, Kondo T, Katoh R, Inoue S, Fujii H, Sugai T, Sapino A
Histopathology   63(5) 739-741   Nov 2013   [Refereed]
Shirakihara T, Kawasaki T, Fukagawa A, Semba K, Sakai R, Miyazono K, Miyazawa K, Saitoh M
Cancer science   104(9) 1189-1197   Sep 2013   [Refereed]
Onishi H, Kawasaki T, Zakoji H, Yoshida T, Komiyama T, Kuriyama K, Araya M, Saito R, Aoki S, Maehata Y, Tominaga L, Marino K, Watanabe I, Oguri M, Araki T, Enomoto N, Takeda M, Katoh R
BMC research notes   7 270   Apr 2014   [Refereed]
Mochizuki K, Kondo T, Oishi N, Kawasaki T, Nakazawa T, Yamane T, Katoh R
Histopathology   63(3) 343-350   Sep 2013   [Refereed]
Clonal analysis of multifocal papillary thyroid carcinomas using human androgen receptor gene-based assay (HUMARA)
Nakazawa T., Kondo T., Oishi N., Mochizuki K., Kawasaki T., Katoh R.
VIRCHOWS ARCHIV   463(2) 152-153   Aug 2013   [Refereed]
Neuroendocrine cell hyperplasia of the breast: Potential precancerous lesion of mammary neuroendocrine carcinoma
Kawasaki T., Bussolati G., Castellano I., Marchio C., Daniele L., Molinaro L., Katoh R., Sapino A.
VIRCHOWS ARCHIV   463(2) 258   Aug 2013   [Refereed]
High prevalence of neuroendocrine carcinoma in breast lesions detected by the clinical symptom of bloody nipple discharge
Kawasaki T., Bussolati G., Castellano I., Marchio C., Daniele L., Molinaro L., Katoh R., Sapino A.
VIRCHOWS ARCHIV   463(2) 260   Aug 2013   [Refereed]
Breast schistosomiasis japonica
Kawasaki T., Bussolati G., Castellano I., Marchio C., Daniele L., Molinaro L., Katoh R., Sapino A.
VIRCHOWS ARCHIV   463(2) 259-260   Aug 2013   [Refereed]
Kawasaki T, Mochizuki K, Yamauchi H, Yagata H, Kondo T, Tsunoda H, Nakamura S, Oishi N, Nakazawa T, Yamane T, Inoue A, Maruyama T, Inoue M, Inoue S, Fujii H, Katoh R
Breast (Edinburgh, Scotland)   21(5) 652-656   Oct 2012   [Refereed]
Niu D, Kondo T, Nakazawa T, Yamane T, Mochizuki K, Kawasaki T, Matsuzaki T, Takata K, Katoh R
Histopathology   61(4) 543-551   Oct 2012   [Refereed]
Inoue M, Mimura K, Izawa S, Shiraishi K, Inoue A, Shiba S, Watanabe M, Maruyama T, Kawaguchi Y, Inoue S, Kawasaki T, Choudhury A, Katoh R, Fujii H, Kiessling R, Kono K
Oncoimmunology   1(7) 1104-1110   Oct 2012   [Refereed]
Kawasaki T, Mochizuki K, Yamauchi H, Inoue S, Kondo T, Oishi N, Nakazawa T, Yamane T, Koshimizu Y, Tsunoda H, Yagata H, Inoue M, Inoue A, Maruyama T, Fujii H, Katoh R
Journal of clinical pathology   65(8) 699-703   Aug 2012   [Refereed]
Niu DF, Kondo T, Nakazawa T, Oishi N, Kawasaki T, Mochizuki K, Yamane T, Katoh R
Laboratory investigation; a journal of technical methods and pathology   92(8) 1181-1190   Aug 2012   [Refereed]
Nakazawa T, Kondo T, Ma D, Niu D, Mochizuki K, Kawasaki T, Yamane T, Iino H, Fujii H, Katoh R
Human pathology   43(6) 834-842   Jun 2012   [Refereed]
Kondo T, Nakazawa T, Terada N, Nakazawa K, Kawasaki T, Mochizuki K, Yamane T, Ohno S, Katoh R
Human pathology   43(6) 932-938   Jun 2012   [Refereed]
Inozume T, Kawasaki T, Harada K, Tanaka K, Kawamura T, Shibagaki N, Katoh R, Shimada S
Pathology international   62(5) 344-346   May 2012   [Refereed]
Kawasaki T, Inoue A, Mochizuki K, Inoue S, Nakazawa T, Kondo T, Yamane T, Niu D, Inoue M, Maruyama T, Oishi N, Katoh R
Pathology   44(3) 273-275   Apr 2012   [Refereed]
Niu D, Kondo T, Nakazawa T, Kawasaki T, Yamane T, Mochizuki K, Kato Y, Matsuzaki T, Takata K, Katoh R
PloS one   7(7) e40770   Jul 2012   [Refereed]
Aberrant Expression of the Runx Family Genes in Thyroid Carcinomas
Kondo T., Niu D., Nakazawa T., Kawasaki T., Oishi N., Mochizuki K., Yamane T., Katoh R.
MODERN PATHOLOGY   25 147A   Feb 2012   [Refereed]
Aberrant Expression of the Runx Family Genes in Thyroid Carcinomas
Kondo T., Niu D., Nakazawa T., Kawasaki T., Oishi N., Mochizuki K., Yamane T., Katoh R.
LABORATORY INVESTIGATION   92 147A   Feb 2012   [Refereed]
Neuroendocrine Cell Hyperplasia of the Breast - Potential Precancerous Lesion of Mammary Neuroendocrine Carcinoma
Kawasaki T., Mochizuki K., Kondo T., Yamauchi H., Inoue S., Inoue M., Oishi N., Yamane T., Nakazawa T., Niu D., Nakazawa K., Ishii Y., Yuminamochi T., Yagata H., Tsunoda H., Onishi H., Fujii H., Katoh R.
MODERN PATHOLOGY   25 45A   Feb 2012   [Refereed]
Neuroendocrine Carcinoma (NEC) of the Breast-Clinicopathological Study of 90 NEC Cases in Conjunction with 1505 Non-NEC Cases
Kawasaki T., Mochizuki K., Kondo T., Yamauchi H., Inoue S., Inoue M., Oishi N., Yamane T., Nakazawa T., Niu D., Yagata H., Tsunoda H., Onishi H., Fujii H., Katoh R.
MODERN PATHOLOGY   25 46A   Feb 2012   [Refereed]
Neuroendocrine Cell Hyperplasia of the Breast - Potential Precancerous Lesion of Mammary Neuroendocrine Carcinoma
Kawasaki T., Mochizuki K., Kondo T., Yamauchi H., Inoue S., Inoue M., Oishi N., Yamane T., Nakazawa T., Niu D., Nakazawa K., Ishii Y., Yuminamochi T., Yagata H., Tsunoda H., Onishi H., Fujii H., Katoh R.
LABORATORY INVESTIGATION   92 45A   Feb 2012   [Refereed]
Neuroendocrine Carcinoma (NEC) of the Breast - Clinicopathological Study of 90 NEC Cases in Conjunction with 1505 Non-NEC Cases
Kawasaki T., Mochizuki K., Kondo T., Yamauchi H., Inoue S., Inoue M., Oishi N., Yamane T., Nakazawa T., Niu D., Yagata H., Tsunoda H., Onishi H., Fujii H., Katoh R.
LABORATORY INVESTIGATION   92 46A   Feb 2012   [Refereed]
Kawasaki T, Oyama T, Nakagomi H, Furuya K, Kondo T, Nakazawa T, Mochizuki K, Yamane T, Miyazawa T, Ishii Y, Fukushima K, Moriya T, Tsunoda H, Katoh R
Pathology international   61(10) 615-617   Oct 2011   [Refereed]
Kawasaki T, Suda M, Kondo T, Nakazawa T, Mochizuki K, Yamane T, Ito Y, Tsunoda H, Katoh R
Journal of clinical pathology   64(6) 549-551   Jun 2011   [Refereed]
Nakazawa T, Kondo T, Yuminomochi T, Nakazawa K, Ishii Y, Mochizuki K, Kawasaki T, Yamane T, Miyata M, Motosugi U, Katoh R
Diagnostic cytopathology   39(3) 218-222   Mar 2011   [Refereed]
T. Kawasaki, S. Nakamura, G. Sakamoto, T. Kondo, H. Tsunoda-Shimizu, Y. Ishii, T. Nakazawa, K. Mochizuki, T. Yamane, M. Inoue, S. Inoue, R. Katoh
Cytopathology   22 43-49   Feb 2011
Objective: The purpose of this study was to clarify the cytological features of neuroendocrine ductal carcinoma in situ (NE-DCIS) of the breast.Methods: We analysed the cytopathological findings in 22 fine needle aspiration (FNA) smears and 17 nip...
Expression of Adenosine Receptors in Thyroid Carcinoma
Kondo T., Nakazawa T., Kawasaki T., Mochizuki K., Niu D-F, Yamane T., Katoh R.
MODERN PATHOLOGY   24 137A   Feb 2011   [Refereed]
A Genome-Wide Screening of Promoter DNA Methylation Reveals Differential Profiles of Follicular-Cell Derived Thyroid Neoplasms
Kondo T., Nakazawa T., Kawasaki T., Mochizuki K., Niu D-F, Yamane T., Katoh R.
MODERN PATHOLOGY   24 137A   Feb 2011   [Refereed]
Expression of Adenosine Receptors in Thyroid Carcinoma
Kondo T., Nakazawa T., Kawasaki T., Mochizuki K., Niu D-F, Yamane T., Katoh R.
LABORATORY INVESTIGATION   91 137A   Feb 2011   [Refereed]
A Genome-Wide Screening of Promoter DNA Methylation Reveals Differential Profiles of Follicular-Cell Derived Thyroid Neoplasms
Kondo T., Nakazawa T., Kawasaki T., Mochizuki K., Niu D-F, Yamane T., Katoh R.
LABORATORY INVESTIGATION   91 137A   Feb 2011   [Refereed]
The Clinicopathological Predictive Factors of a Therapeutic Effect with Preoperative Neoadjuvant Chemotherapy for Locally Advanced Breast Cancers
Kawasaki T., Kondo T., Yamauchi H., Nakazawa T., Yamane T., Mochizuki K., Takahashi O., Yagata H., Tsunoda H., Nakamura S., Maruyama T., Inoue A., Inoue M., Inoue S., Kono K., Fujii H., Katoh R.
LABORATORY INVESTIGATION   91 48A   Feb 2011   [Refereed]
Neuroendocrine Tumors (NETs) Account for 44% of Breast Cancers Detected by the Clinical Symptom of Bloody Nipple Discharge
Kawasaki T., Kondo T., Yamauchi H., Yamane T., Nakazawa T., Mochizuki K., Ishii Y., Yagata H., Tsunoda H., Nakamura S., Maruyama T., Inoue A., Inoue M., Inoue S., Kono K., Fujii H., Katoh R.
LABORATORY INVESTIGATION   91 48A   Feb 2011   [Refereed]
Neuroendocrine Tumors (NETS) Account for 44% of Breast Cancers Detected by the Clinical Symptom of Bloody Nipple Discharge
Kawasaki T., Kondo T., Yamauchi H., Yamane T., Nakazawa T., Mochizuki K., Ishii Y., Yagata H., Tsunoda H., Nakamura S., Maruyama T., Inoue A., Inoue M., Inoue S., Kono K., Fujii H., Katoh R.
MODERN PATHOLOGY   24 48A   Feb 2011   [Refereed]
The Clinicopathological Predictive Factors of a Therapeutic Effect with Preoperative Neoadjuvant Chemotherapy for Locally Advanced Breast Cancers
Kawasaki T., Kondo T., Yamauchi H., Nakazawa T., Yamane T., Mochizuki K., Takahashi O., Yagata H., Tsunoda H., Nakamura S., Maruyama T., Inoue A., Inoue M., Inoue S., Kono K., Fujii H., Katoh R.
MODERN PATHOLOGY   24 48A   Feb 2011   [Refereed]
Kawasaki T, Kondo T, Nakazawa T, Mochizuki K, Yamane T, Murata S, Inoue S, Tsunoda H, Katoh R
Pathology international   61(1) 49-51   Jan 2011   [Refereed]
Ma DF, Kondo T, Nakazawa T, Niu DF, Mochizuki K, Kawasaki T, Yamane T, Katoh R
Human pathology   41(11) 1550-1557   Nov 2010   [Refereed]
Ma DF, Sudo K, Tezuka H, Kondo T, Nakazawa T, Niu DF, Kawasaki T, Mochizuki K, Yamane T, Katoh R
The Journal of endocrinology   207(1) 17-25   Oct 2010   [Refereed]
Mochizuki K, Kondo T, Nakazawa T, Iwashina M, Kawasaki T, Nakamura N, Yamane T, Murata S, Ito K, Kameyama K, Kobayashi M, Katoh R
Histopathology   57(3) 444-450   Sep 2010   [Refereed]
Ma DF, Tezuka H, Kondo T, Sudo K, Niu DF, Nakazawa T, Kawasaki T, Yamane T, Nakamura N, Katoh R
Histology and histopathology   25(6) 749-754   Jun 2010   [Refereed]

Misc

 
下坂馨歩, 浅香敏之, 今村淳治, 横幕能行, 片山雅夫, 川崎朋範, 下坂寿希, 亀井克彦, 矢田啓二, 駒野淳
日本医真菌学会雑誌   60(1) 15‐20-20   Jan 2019
Penicilliosis is caused by a fungus, Talaromyces marneffei, distributed mainly in Southeast Asia and develops mostly in an immuno-compromised host. Here we report an imported case of penicilliosis in a young HIV-positive patient originally ...
角田博子, 菊池真理, 負門克典, 川崎朋範, 鈴木高祐, 中村清吾, 矢形寛, 竹井淳子, 浜岡剛
乳癌の臨床   20(3) 245-249   Jul 2005
石灰化の質的診断目的に施行したステレオガイド下吸引式針生検(マンモトーム生検)で乳癌と診断された29例について検討した.組織診断は非浸潤癌24例,微小浸潤癌3例,浸潤性乳管癌2例で,石灰化のある標本のみに乳癌を認めたのは18例で,残り11例は石灰化のある標本および石灰化のない標本のいずれにも癌を認め,石灰化のない標本にのみ癌が存在した症例はなかった.石灰化のカテゴリー別では有意な傾向はみられず,形態別でも同様であった
川崎朋範, 角田博子, 秋山太, 平林陽介, 藤原美恵子, 鈴木高祐, 岡島由佳, 菊池真理, 猿丸修平, 濱岡剛, 竹井淳子, 津川浩一郎, 矢形寛, 中村清吾, 池永素子, 坂元吾偉
乳癌の臨床   21(1) 60-65   Apr 2006   [Invited]
70歳女.約8年前より自覚していた2cm程度の左乳房腫瘤が,この2年間で6cm大に増大した.左乳房AC領域に可動性良好,辺縁整,6cm大の弾性硬な腫瘤を触知した.マンモグラフィでは,萎縮性背景に8cm大の境界明瞭平滑な高濃度腫瘤を認め,レモン様形態を示していた.超音波検査では境界明瞭,内部不均一な腫瘤を認め,エコーレベルは辺縁部分でかなり低く,一部に無エコー部分もみられた.後方エコーは増強していた.MRIは,厚い被膜を有する境界明瞭なレモン様形態の腫瘤を描出した.T2強調像は全体に高信号で...
大東誠司, 西尾梨沙, 住吉辰朗, 鈴木研裕, 小野寺久, 川崎朋範, 鈴木高祐
消化器画像   8(3) 265-267   May 2006
67歳女.検診で胃の外方からの圧排所見を指摘された.CTで膵体尾部を中心に脾門部から膵下方にかけて,分葉状に発育した巨大な嚢胞性病変を認めた.分葉状であるが,腫瘍全体を覆う被膜の存在は示唆され,内腔には隔壁を有していた.MRIではcyst in cystの形態や各cyst内の信号強度が異なるmucinous cystic neoplasm(MCN)に特徴的な所見を認めた.腫瘍の全体像は大きさの異なる3つの嚢胞が合さった特異な形態を示していた.主膵管との交通は明らかでなかった.腫瘍切除術を施...
岡島由佳, 角田博子, 菊池真理, 小山智美, 川崎朋範, 鈴木高祐, 齋田幸久
乳癌の臨床   21(3) 289-291   Jun 2006
マンモグラフィ(MMG)上,病変が腫瘤あるいは非対称性陰影として認識可能であった粘液癌18例を対象に,MMG上の病変濃度を充実腺管癌22例と比較検討した.その結果,粘液癌と充実腺管癌の病変平均濃度,病変・乳腺平均濃度比に有意差はみられなかった.粘液癌のpure typeとmixed typeの比較でも,病変平均濃度および病変・乳腺平均濃度に有意差はみられず,pure typeと充実腺管癌の比較でも有意差はみられなかった.以上より,MMG上の病変濃度では粘液癌と充実腺管癌を鑑別することが困難...
石山光富, 角田博子, 菊池真理, 矢形寛, 川崎朋範, 鈴木高祐, 齋田幸久
臨床放射線   51(13) 1871-1875   Dec 2006
2年間で2例の乳房顆粒細胞腫を経験した。症例1(48歳女)。右乳房のしこりで受診し、マンモグラフィ(MMG)および超音波検査(US)で悪性を疑われた。針生検にて顆粒細胞腫と診断し、腫瘤切除術を施行した。症例2(29歳女)。10歳の頃より右乳房にしこりを自覚していた。2年前からこの腫瘤に一致して引きつれを自覚した。触診で右B領域に約2cmの硬い腫瘤を触知した。MMG、USで悪性を疑われたが、細胞診ではclass IIであった。針生検を施行し、顆粒細胞腫と診断した。腫瘤切除術を行い、手術的に確...
井上正行, 井上慎吾, 丸山孝教, 藤井秀樹, 川崎朋範, 舘田良仁, 吉沢和弥
山梨医学   36 137-140   Oct 2008
視触診、超音波検査でカテゴリー3以上の微細石灰化病変72例を対象にステレオガイド下マンモトーム生検(MMT)を行い検討した。その結果、64例が生検可能で、うち11例(17%)が組織学的に乳癌と診断された。石灰化の性状・分布・総数・密度(個/5cc)と病理診断との対比を行ったところ、集簇性のものでは石灰化総数6個以上、区域性のものでは全例をMMTの適応とすべきと考えられた。
井上慎吾, 井上正行, 丸山孝教, 藤井秀樹, 梅田貴子, 川崎朋範, 花輪和己
山梨医学   36 141-143   Oct 2008
乳癌117例を対象にRIと色素の併用法でセンチネルリンパ節(SLN)生検を行い、腋窩リンパ節転移状況について検討した。その結果、1)非浸潤癌および腫瘍径が5mm以下の乳癌には腋窩リンパ節転移はみられず、それ以上の腫瘍径では腫瘍の増大とともに腋窩リンパ節転移率は上昇した。2)RIかつ色素陽性で検出されたSLNは全体で92%(108例)であったが、RIのみで検出されたSLNは31%(36例)で、色素のみでは2%(2例)とわずかであった。3)非SLNから診断された腋窩リンパ節転移は2例(2%)で...
川崎朋範, 加藤良平
乳癌の臨床   23(6) 479-494   Dec 2008   [Invited]
http://mol.medicalonline.jp/library/archive/search?jo=ad7ngrsc&ye=2008&vo=23&issue=6&UserID=121.115.127.230
井上慎吾, 井上正行, 小俣秀雄, 丸山孝教, 藤井秀樹, 川崎朋範, 梅田貴子, 花輪和己
山梨医学   37 143-145   Oct 2009
乳癌手術時にリンパ節のサンプリングを行った172例を対象にCT、US、組織型を用いて腋窩リンパ節(ALN)転移の特異度、感度を検討した。その結果、術前CTとUSによるALN転移の診断精度については腫瘍径がT2までは特異度が80%以上を示し、安定した結果が得られた。しかし、感度に関しては症例数が少ないためか、あるいは形態診断には限界があるのか、一定の傾向が得られなかった。更に組織型を検討項目に加え検討したところ、硬癌、充実腺管癌、乳頭腺管癌の順に腫瘍径の増大とともにALN転移率が高まった。ま...
近藤哲夫, 中澤匡男, 川崎朋範, 望月邦夫, 山根徹, 加藤良平
組織細胞化学   2010 185-195   Jul 2010   [Invited]
川崎朋範, 坂元吾偉, 加藤良平
診断病理   27(3) 171-182   Jul 2010   [Invited]
乳腺の神経内分泌型非浸潤性乳管癌(NE-DCIS)は、DCISの特殊亜型として比較的近年に確立された疾患概念である。NE-DCISは、免疫組織化学的に神経内分泌マーカー(クロモグラニンA and/orシナプトフィジン)が50%をこえる腫瘍細胞に発現を示すDCISと定義される。本腫瘍は、全DCISの6.8%を占め、血性乳頭分泌の臨床症状を特徴とする。組織学的には、多角形〜紡錘形を呈する腫瘍細胞が管内を充実性に増殖し、ときに硝子化を示す発達した血管網を伴う。腫瘍細胞の胞体は細顆粒状でしばしば好...
井上亜矢子, 井上正行, 小俣秀雄, 井上慎吾, 藤井秀樹, 川崎朋範
山梨医学   38 86-88   Oct 2010
過去5年間に治療を行った40歳以下の乳癌症例の既往歴、第2度近親者までの家族歴を聴取し、我が国における40歳以下の乳癌症例の家族歴を検討した。その結果、1)手術を施行した乳癌症例365例のうち、30歳以下は4例、40歳以下は26例で、40歳以下の症例は8.2%を占めていた。2)30例中10例に乳癌および卵巣癌の家族歴、または本人に悪性疾患の既往歴があった。3)年齢が若年であるほど家族歴、既往歴の保有率が上昇する傾向が認められ、若年者では特に家族歴、既往歴の聴取が重要であると考えられた。
佐藤葉子, 宮沢伸彦, 篠原豊明, 加藤聡, 荒木力, 川崎朋範
核医学   48(2) 148-148   May 2011
宮里恵子, 蔵下要, 川崎朋範, 桜井孝規
乳癌の臨床   27(2) 217-222   Apr 2012
症例1(50歳女性)。左乳房腫瘤が半年前から急速に増大、潰瘍を形成し滲出液と高熱を認めたため来院となった。乳腺エコーでは左乳房に境界明瞭、血流豊富な腫瘤が認められ、内部には流動性エコーと充実性エコーがみられた。また、造影CTでは左胸部皮下に12×20cm大の腫瘤を認め、不均一に濃染され胸筋と広く接しており、浸潤も否定できない所見であった。以上より、本症例は治療として緊急単純乳房切除術+分層植皮術を施行後、2年3ヵ月経過で対側乳房の非浸潤性乳管癌に対して乳房温存術が施行された。目下、初回手術...
前畠良康, 大西洋, 栗山健吾, 尾崎正時, 川崎朋範, 荒木力
臨床放射線   57(6) 849-852   Jun 2012
63歳男。3ヵ月以上続く肉眼的血尿を主訴に受診した。経腹超音波検査で膀胱内に巨大な腫瘤をみとめ、膀胱腫瘍の疑いにて精査加療目的に緊急入院した。経腹超音波検査では膀胱右側壁を主座として内腔へ乳頭状に隆起する8cm大の巨大な腫瘍をみとめた。膀胱癌と診断した。手術療法は困難と考え、化学放射線療法の適応と判断した。初めに先行化学療法として動注化学療法と静注化学療法の併用療法を2コース施行し、腫瘍径は5cm、腫瘍体積は70.9%に縮小をみとめた。治療効果を部分奏功と判定した。放射線治療は、全骨盤照射...
大石直輝, 近藤哲夫, 望月邦夫, 川崎朋範, 山根徹, 中澤匡男, 加藤良平
診断病理   30(3) 258-265   Jul 2013
70代後半男性の剖検例。顕微鏡的多発血管炎に対するプレドニゾロン・メトトレキサート投与中に、クリプトコッカス髄膜炎が先行し、原因不明の劇症肝炎を併発して死亡した。病理解剖では組織学的に肝臓、肺、膵臓など全身諸臓器にCowdry A型核内封入体を伴うウイルス感染細胞、出血・壊死を認めた。PCR法によりホルマリン固定後組織から水痘帯状疱疹ウイルスDNAを検出し、内臓播種性水痘帯状疱疹ウイルス感染と診断した。稀ながら致死的な疾患であり、免疫抑制状態においては常に鑑別に入れる必要がある。(著者抄録)
川崎朋範
病理と臨床   31(9) 980-987   Sep 2013   [Invited]
http://mol.medicalonline.jp/library/archive/search?jo=ag9brysh&ye=2013&vo=31&issue=9&UserID=121.115.127.230
上杉憲幸, 川崎啓祐, 梁井俊一, 永塚真, 荒川典之, 杉本亮, 小坂崇, 石田和之, 川崎朋範, 松本主之, 菅井有
胃と腸   49(12) 1732-1747   Nov 2014
肉眼亜型分類に基づいた側方発育型大腸腫瘍(laterally spreading tumor;LST)の臨床病理学的および分子病理学的解析を行った.岩手医科大学および関連施設で内視鏡的切除が施行されたLST 72例(腺腫症例48例および腺腫内癌症例24例)について,肉眼型をLST-GH,GM,NG-FおよびNG-PDの4型に亜分類し,臨床病理学的,免疫組織化学的検討(粘液形質およびp53過剰発現)およびDNAメチル化解析を行った.臨床病理学的にはLST-GMでは病変の大きさが他の亜型と比較...
石田和之, 上杉憲幸, 川崎朋範, 菅井有
病理と臨床   32(12) 1363-1369   Dec 2014
川崎朋範, 佐藤彩佳, 菅井有, 柏葉匡寛, 市原周
乳癌の臨床   30(5) 429-435   Oct 2015   [Invited]
https://www.shinoharashinsha.co.jp/nyugan/ActiBook/30_5/HTML/index4.html
乳癌における形質分類に基づいた臨床病理学的及び増殖関連タンパク発現の検討(Analysis of clinicopathological features and proliferation-related protein expressions in breast cancer based on tumor intrinsic phenotype)
松井 雄介, 菅井 有, 石田 和之, 川崎 朋範, 上杉 憲幸, 柏葉 匡寛, 若林 剛
岩手医学雑誌   67(4) 183-194   Oct 2015
我々は乳癌における各形質に基づいて乳癌の臨床病理学的特徴と増殖能および細胞周期関連タンパクとの関連性について検討した.乳癌の形質はLuminal A型,Luminal B型,HER2型およびTN型に分類される.各形質ごとにKi-67,サイクリンA,サイクリンD1,p-Rb,p53の発現について免疫組織化学を用いて陽性細胞率を解析した.Ki-67、サイクリンA,p-Rbおよびp53はTN型,HER2型の順で高値を示し,Luminal A型で低値を示した.一方サイクリンD1ではLuminal ...
川崎 朋範, 菅井 有, 柏葉 匡寛, 市原 周
診断病理   33(1) 9-14   Jan 2016   [Invited]
WHOの乳腺腫瘍分類は、改訂に伴い分類項目、疾患名が大幅に増加した。一方、乳癌取扱い規約は、WHO分類との互換性が2003年以降失われている。さらに、非特殊型浸潤癌を乳頭腺管癌、充実腺管癌、硬癌に亜分類するが、管内成分や間質も含めた概念のため組織診断名というより増殖・浸潤パターンであり、国際的コンセンサスも得られていない。充実腺管癌亜型には、新WHO分類の多形癌、絨毛癌特徴を有する癌、神経内分泌癌、充実乳頭癌等、数々のバリアント/特殊型が含まれ、これらの臨床・病理学的意義が示されている。国...
砂口尚輝, 島雄大介, 市原周, 川崎朋範, 森健策, 湯浅哲也, 安藤正海
Medical Imaging Technology (Web)   36(3) 107‐113(J‐STAGE)-113   2018
Refraction-based computed tomography using x-ray dark-field imaging(XDFI-CT), proposed by M. Ando in 2002, can obtain high-definition three-dimensional structures of biomedical samples. Since the advent of XDFI-CT, many methods including hardware ...
萩原啓明, 中山智尋, 川崎朋範
胸部外科   71(3) 223‐226-226   Mar 2018
鳥居厚志, 沖昌英, 堀和美, 中畑征史, 岡さおり, 小暮啓人, 北川智余恵, 川崎朋範, 市原周, 坂英雄
気管支学   40(3) 196‐200(J‐STAGE)-200   May 2018
背景.19ゲージEBUS-TBNA針の臨床使用が可能となった。この針を用いることにより、大きく良質な検体採取が期待できる。症例.69歳男性。4年前に右脈絡膜悪性黒色腫のため、右眼球摘出術を受けた。3年前に胸部CT上、気管支に接する右S6領域に、長径23mm、PET陰性の結節影を指摘され、経過観察していた。1年半前に、確定診断を目的とし22ゲージ針を用いてEBUS-TBNAを行ったが、特異的診断は得られなかった。その後の経過観察において腫瘍径が微増したため、EBUS-TBNAによる再検を行っ...
負門克典, 角田博子, 佐藤奈都子, 中村清吾, 榎戸克年, 熊倉香, 川崎朋範, 鈴木高祐
乳癌の臨床   19(1) 91-95   Feb 2004
45歳女.超音波検診にて,左乳腺に多発する低エコー病変を指摘された.2003年のマンモグラフィでは左乳腺A-C領域に"構築の乱れ"を認めた.しかし,この所見は3年前の2000年も同様にみられており,それ以降とくに変化がみられないために正常構造とみなされてきた.超音波検査では左乳腺11時から1時方向に不整形の数ヶ所の低エコー病変が認められ,境界部高エコー像及び前方境界線の断裂を伴っていた.MRI検査所見では左乳腺A-C領域に不整形の染まりが多発して認められた.以上の所見より,左乳腺A-C領域...
板坂俊典, 西山幸江, 藤田聡子, 真島洋子, 榊原嘉彦, 渡辺浩二, 奥田順子, 川崎朋範, 鈴木高祐
日本産科婦人科学会東京地方部会会誌   52(3) 345-350   Sep 2003
42歳,3経妊2経産,1回人工妊娠中絶.3ヵ月前頃より下腹部腫瘤感が出現した.経腟超音波にて11×8cmの多房性で隔壁の肥厚した卵巣嚢腫と思われる腫瘤が認められた.造影MRIで嚢腫の内部に増強効果のみられるsolid componentが疑われ,卵巣癌がつよく示唆された.開腹したところ子宮体部後方から頸で悪性所見部にかけて発育した筋腫と判明し,子宮全摘術を行った.術中迅速病理診断は変性子宮筋腫はなかった.術後は順調で退院となった.最終病理診断は,著明な変性を伴うcellular leiom...
進藤久美子, 川合耕治, 進藤邦明, 中川和也, 市川和人, 高相和彦, 川崎朋範, 小山敏雄, 大高雅彦
Endosc Forum Dig Dis   18(2) 209-213,249-213,249   Nov 2002
症例1は77歳女で,上部消化管内視鏡検査にて十二指腸ポリープを指摘され,ポリペクトミーを施行した.十二指腸下行部前壁に有茎性ポリープを認め,十二指腸造影にて有茎性隆起病変を認めた.絨毛状の表層上皮過形成と表層上皮直下までに及ぶ増殖帯の肥厚・増加を認め,十二指腸の過形成性ポリープと診断した.症例2は65歳男で,上部消化管内視鏡検査にて十二指腸ポリープを指摘され,ポリペクトミーを施行した.造影所見では十二指腸下行部に有茎性ポリープを認め,切除標本は表面乳頭構造を呈していた.絨毛の過形成は少ない...
宮下義啓, 藤江俊秀, 山田武, 千葉直彦, 川崎朋範, 小山敏雄
山梨県立中央病院年報   28 13-17   Dec 2001
筆者らの施設では平成7年以降に29例がHIV検査で陽性と判定され,このうち内科(呼吸器)にて診療を行った10症例(男5例・女5例,平均37.2歳,日本人4例・外国人6例)について診断,治療経過について検討した.呼吸器感染症にて診療を行った症例は7例(カリニ肺炎確診例3例・疑診例3例,播種型MAC症1例)であり,2例が死亡(カリニ肺炎疑診の26歳タイ人男・播種型MAC症の39歳日本人男),2例が治療後帰国,1例が未治療にて帰国した.現在,カリニ肺炎治療後のエイズ症例2例と無症候性キャリア3例...
石井健一, 中込博, 鶴岡優子, 今村豪, 神谷健太郎, 千葉成宏, 小山敏雄, 川崎朋範, 今村公一
山梨県立中央病院年報   28 60-63   Dec 2001
Invasive Micropapillary Carcinoma(IMP)は浸潤性乳管癌の中でもリンパ節転移,リンパ管侵襲の頻度が高く予後不良の組織型と考えられている.症例1:63歳女.T4bN2M0 stage IIIbで術前化学療法後にPatry法による乳房切除術を施行した.病理組織像は線維性組織の空隙内に癌細胞が陰性の反転した小腺腔を形成して増殖しておりIMPと診断され,ER/PgR陽性で,31/31にリンパ節転移陽性で組織像もIMPであった.術後化学療法に加え鎖骨上リンパ節,胸壁...
小山敏雄, 川崎朋範, 千葉成宏
山梨肺癌研究会会誌   13(2) 36-44   Oct 2000
腺癌の縮小手術に病理診断がいかに有効に貢献できるかを最大径3cm以下の腺癌について手術時の転移の状況をもとに様々な組織学的パラメーター等により検討を加えた.1)最大径3cmを越えるもの及び低分化腺癌は縮小手術から除外すべきである.2)分化度は,僅かでも最も低い部分をもって決定する.3)野口分類の最大の問題点はFocal Pを入れるところがない.4)径3cm以下で,全て高分化(肺胞置換型が主体)且つP0,P1の症例は縮小手術を考慮してよい
藤原美恵子, 川崎朋範, 外岡暁子, 浜田智美, 木村晃大, 村瀬貴幸, 林仲信, 鈴木高祐, 中村清吾
病理と臨床   23(3) 317-319   Mar 2005
川崎朋範, 小山敏雄, 羽田真朗, 千葉成宏
山梨肺癌研究会会誌   15(1) 8-16   Apr 2002   [Invited]
羽田真朗, 千葉成宏, 赤池英憲, 本橋慎也, 小室陽子, 中沢美知雄, 小山敏雄, 川崎朋範, 都倉昭彦
山梨医学   29 250-252   Oct 2001
羽田 真朗, 千葉 成宏, 牧 真彦, 本橋 慎也, 石井 健一, 宮坂 芳明, 武川 悟, 中込 博, 三井 照夫, 芦沢 一喜, 小山 敏雄, 川崎 朋範, 宮下 義啓, 花輪 充彦
山梨肺癌研究会会誌   14(2) 76-80   Oct 2001
62歳男.長期間に及ぶ結核性慢性膿胸があった.突然,重篤な両側性気胸,呼吸不全を呈し,その後,急性膿胸を併発した.膿胸は保存的療法での制御が不能な有瘻有菌症例であり,開窓術を行った.術後は膿胸腔の浄化と全身状態の改善が得られず,術後1ヵ月目のCT検査により,胸壁を破壊進展する10×8cmの腫瘍を認めた.生検により扁平上皮癌と診断したが,全身状態不良と呼吸状態悪化のため,術後2ヵ月で死亡した.明らかな腫瘍の原発部位や両側性気胸・膿胸の発生機序は特定できなかったが,腫瘍は空洞周囲の肺組織より発...

Books etc

 
http://nyugan.info/tt/qa/q2_14.html
2013   
http://nyugan.info/tt/qa/q2_14.html
http://www.intern.co.jp/jscc49aki/hand/pw1.pdf
2010   
http://www.intern.co.jp/jscc49aki/hand/pw1.pdf

Conference Activities & Talks

 
5年の経過観察中に徐々に増大したMicronodular thymoma with lymphoid stroma
石田 博徳, 柳原 章寿, 二反田 博之, 坂口 浩三, 田口 亮, 吉村 竜一, 川崎 朋範
肺癌   Aug 2019   
Follicular lymphoma of the male breast(和訳中)
川崎 朋範, 佐野 弘, 上田 重人, 杉谷 郁子, 島田 浩子, 廣川 詠子, 近藤 奈美, 長谷部 孝裕, 大崎 昭彦, 高橋 孝郎, 鎌田 孝一, 伊藤 梢絵, 佐藤 次生, 新井 栄一, 田丸 淳一, 塚崎 邦弘, 高橋 直樹, 市川 二郎, 齋藤 正夫, 佐伯 俊昭
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   Jul 2019   
HER2陽性乳癌の補助療法、ペルツズマブの適応 過去10年の症例から当院での適応を検討する
杉浦 良子, 児玉 ひとみ, 中村 靖, 柳田 充郎, 藤沢 美穂, 相田 久美, 川崎 朋範
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   Jul 2019   
癌の悪性度を規定する因子-癌微小環境および脈管内腫瘍塞栓の役割 癌間質と腫瘍内マクロファージの密接な関係について
島田 浩子, 長谷部 孝裕, 杉山 迪子, 杉谷 郁子, 淺野 彩, 佐野 弘, 近藤 奈美, 上田 重人, 川崎 朋範, 大崎 昭彦, 佐伯 俊昭
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   Jul 2019   
癌の悪性度を規定する因子-癌微小環境および脈管内腫瘍塞栓の役割 脈管内腫瘍塞栓 乳癌の浸潤・転移における役割
長谷部 孝裕, 杉山 迪子, 島田 浩子, 杉谷 郁子, 浅野 彩, 上田 重人, 佐野 弘, 近藤 奈美, 川崎 朋範, 大崎 昭彦, 佐伯 俊昭
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   Jul 2019   
乳腺腫瘍の正確な病理診断を目指して 神経内分泌形質を有する乳癌
川崎 朋範, 加藤 良平, 長谷部 孝裕, 大崎 昭彦, 佐伯 俊昭
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   Jul 2019   
多彩な組織像を示したependymoma、RELA fusion-positive(11歳、男児)の1例
石澤 圭介, 鈴木 智成, 川崎 朋範, 安達 淳一, 西川 亮, 佐々木 惇
Brain Tumor Pathology   May 2019   
川崎朋範, 佐藤次生, 新井栄一, 伊藤梢絵, 福田桃子, 浜田芽衣, 矢野光剛, 永田耕治, 安田政実, 田丸淳一
日本病理学会会誌   15 Apr 2019   
浜田芽衣, 長塚仁, 川崎朋範, 永田耕治, 佐藤次生, 細沼佑介, 鎌田孝一, 蝦原康宏, 小柏靖直, 安田政実
日本病理学会会誌   15 Apr 2019   
脳梗塞血行再建術時の病理所見で肺多型癌による閉塞と診断した66歳男性例
増田 怜良, 新井 徳子, 長田 高志, 吉川 信一郎, 川崎 朋範, 高尾 昌樹
臨床神経学   Apr 2019   
カルシニューリン阻害剤投与リウマチ患者に発生したリンパ増殖性疾患の臨床病理学検討
星田 義彦, 大島 至郎, 佐伯 行彦, 川崎 朋範, 金子 敦史, 片山 雅夫, 倉岡 和矢, 秋谷 久美子, 斎藤 生朗, 村山 寿彦, 田口 健一, 市原 周, 當間 重人
国立病院総合医学会講演抄録集   10 Nov 2018   
血管内再開通療法が奏功した中大脳動脈腫瘍塞栓症の一例
吉川 信一朗, 笠倉 至言, 木幡 一麿, 塚越 瑛介, 米沢 あづさ, 水橋 里弥, 神山 信也, 新井 徳子, 高尾 昌樹, 浜田 芽衣, 川崎 朋範, 毛利 篤人
脳血管内治療   Nov 2018   
浜田芽衣, 川崎朋範, 長谷部孝裕, 扇田智彦, 加藤智美, 矢野光剛, 佐藤次生, 永田耕治, 藤野節, 新井栄一, 安田政実, 加藤良平, 小柏靖直, 中平光彦, 菅澤正
日本臨床細胞学会雑誌(Web)   5 Oct 2018   
HER2陽性縦隔原発アポクリン癌に対して抗HER2療法が奏功した1例
佐藤 真利子, 石井 友里加, 白石 和寛, 能澤 一樹, 杉山 圭司, 船橋 依里子, 高間 夏子, 小暮 啓斗, 川崎 朋範, 北川 智余恵, 西村 理恵子, 加藤 恵利子, 市原 周, 坂 英雄
日本癌治療学会学術集会抄録集   Oct 2018   
カルシニューリン阻害剤投与リウマチ患者に発生したリンパ増殖性疾患の臨床病理学検討(Clinicopathological analysis of LPD that developed in patients with RA receiving calcineurin inhibitors)
星田 義彦, 大島 至郎, 佐伯 行彦, 川崎 朋範, 市原 周, 黒澤 光俊, 倉岡 和矢, 田口 健一, 當間 重人
日本癌学会総会記事   Sep 2018   
カルシニューリン阻害剤投与リウマチ患者に発生したリンパ増殖性疾患の臨床病理学検討(Clinicopathological analysis of LPD that developed in RA patients receiving calcineurin inhibitors)
星田 義彦, 大島 至郎, 佐伯 行彦, 川崎 朋範, 市原 周, 金子 敦史, 片山 雅夫, 倉岡 和夫, 木田 迪子, 斎藤 生朗, 當間 重人, 黒澤 光俊, 菅原 浩之, 平松 靖史, 矢部 博樹
臨床血液   Sep 2018   
藤田美穂, 服部浩佳, 花田優, 秋田直洋, 関水匡大, 市川瑞穂, 二村昌樹, 前田尚子, 後藤雅彦, 関幸雄, 川崎朋範, 堀部敬三
日本小児科学会雑誌   1 May 2018   
扁平上皮性の分化を伴う乳腺の小細胞癌(Small-cell carcinoma of the breast with squamous differentiation)
川崎 朋範, 長谷部 孝裕, 市原 周, 佐藤 康幸, 森田 孝子, 林 孝子, 加藤 彩, 大岩 幹直
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   May 2018   
久野欽子, 川崎朋範, 市原周, 矢田啓二, 山下美奈, 河野知代, 須崎法幸, 佐々木惇
日本臨床細胞学会雑誌(Web)   2 Jun 2018   
星田義彦, 大島至郎, 佐伯行彦, 川崎朋範, 市原周, 金子敦史, 片山雅夫, 倉岡和矢, 齋藤生朗, 當間重人
日本病理学会会誌   26 Apr 2018   
森田孝子, 須田波子, 大岩幹直, 川崎朋範, 市原周, 遠藤登喜子
超音波医学   15 Apr 2018   
佐橋恩, 伊藤馨那, 伊藤果穂, 森田孝子, 須田波子, 遠藤登喜子, 川崎朋範, 市原周
超音波医学   15 Apr 2018   
大岩幹直, 大岩幹直, 遠藤登喜子, 遠藤登喜子, 森田孝子, 須田波子, 佐橋恩, 伊藤馨那, 伊藤果穂, 市原周, 川崎朋範
超音波医学   15 Apr 2018   
Oral presentation (English): Neuroendocrine cells relevant to endocrine mammary and cutaneous carcinomas: nature and significance
川崎 朋範, 長谷部 孝裕, 久保田 敏信, 市原 周, 大岩 幹直, 遠藤 登喜子, 林 孝子, 森田 孝子, 佐藤 康幸, 加藤 良平
日本病理学会会誌   Apr 2018   
Precursor neuroendocrine cells associated with endocrine mucin-producing sweat gland carcinoma(和訳中)
川崎 朋範, 久保田 敏信, 市原 周, 西川 恵理, 大岩 幹直, 長谷部 孝裕
日本病理学会会誌   Apr 2018   
森田孝子, 林孝子, 加藤彩, 佐藤康幸, 須田波子, 市原周, 川崎朋範, 佐橋恩, 佐橋恩, 伊藤馨那, 遠藤登喜子
乳腺甲状腺超音波医学   5 Mar 2018   
多田隆士, 松谷英樹, 石田茂登男, 上杉憲幸, 川崎朋範
日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集   May 2018   
森田孝子, 須田波子, 大岩幹直, 川崎朋範, 市原周, 遠藤登喜子
日本乳癌画像研究会プログラム・抄録集   2018   
佐藤康幸, 林孝子, 加藤彩, 森田孝子, 大岩幹直, 遠藤登喜子, 黒石哲夫, 嘉田晃子, 伊藤典子, 川崎朋範, 森谷鈴子, 市原周
日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集   May 2018   
森田孝子, 須田波子, 大岩幹直, 佐藤康幸, 林孝子, 加藤彩, 市原周, 川崎朋範, 遠藤登喜子, 遠藤登喜子
日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集   May 2018   
大岩幹直, 大岩幹直, 遠藤登喜子, 遠藤登喜子, 佐藤康幸, 森田孝子, 須田波子, 林孝子, 加藤彩, 宇佐見寿志, 安藤嘉朗, 市原周, 川崎朋範
日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集   2018   
カルシニューリン阻害剤投与リウマチ患者に発生したリンパ増殖性疾患の4例
星田 義彦, 大島 至郎, 佐伯 行彦, 川崎 朋範, 市原 周, 金子 敦史, 片山 雅夫
国立病院総合医学会講演抄録集   Nov 2017   
扁平上皮細胞分化を伴う乳腺の小細胞癌(Small-cell carcinoma of the breast with squamous differentiation)
川崎 朋範, 市原 周, 大岩 幹直, 遠藤 登喜子, 佐藤 康幸, 森田 孝子, 林 孝子, 加藤 彩, 星田 義彦, 久野 欽子, 矢田 啓二, 奥田 聡
国立病院総合医学会講演抄録集   Nov 2017   
長谷川裕高, 片岡政人, 杉谷麻未, 林泰三, 森憲彦, 田嶋久子, 加藤公一, 中山裕史, 竹田伸, 川崎朋範
日本臨床外科学会雑誌   20 Oct 2017   
多田隆士, 松谷英樹, 志賀光二郎, 石田茂登男, 上杉憲幸, 川崎朋範
日本臨床外科学会雑誌   20 Oct 2017   
大岩幹直, 遠藤登喜子, 大岩幹直, 遠藤登喜子, 佐藤康幸, 森田孝子, 林孝子, 須田波子, 加藤彩, 宇佐見寿志, 安藤嘉朗, 市原周, 川崎朋範
日本乳癌検診学会誌   20 Oct 2017   
岡本喜一郎, 松尾康治, 岩下寿秀, 岩下寿秀, 市原周, 川崎朋範, 冨家由美, 安藤雅規, 二宮豪, 伊藤武, 山下克也, 佐藤健, 市原透
日本臨床外科学会雑誌   20 Oct 2017   
森美喜子, 杉山圭司, 白石和寛, 能澤一樹, 船橋依理子, 長谷川裕高, 小暮啓人, 中山裕史, 北川智余恵, 川崎朋範, 近藤建, 坂英雄
日本癌治療学会学術集会(Web)   Oct 2017   
気管原発MALTリンパ腫の1例
重松 文恵, 鳥居 厚志, 山田 有里紗, 石田 あかね, 丹羽 英之, 伊勢 裕子, 中畑 征史, 岡 さおり, 小暮 啓人, 北川 智余恵, 沖 昌英, 坂 英雄, 川崎 朋範
気管支学   Sep 2017   
癌性リンパ管炎を呈した高分化型神経内分泌乳部腫瘍(Well-differentiated neuroendocrine tumor of the breast showing carcinomatous lymphangiosis)
川崎 朋範, 市原 周, 大岩 幹直, 森田 孝子, 林 孝子, 加藤 彩, 須田 波子, 遠藤 登喜子, 佐藤 康幸, 松谷 英樹, 石田 茂登男, 多田 隆士
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   Jul 2017   
鈴木康裕, 鈴木康裕, 長谷川祐太, 徳永隆之, 國富あかね, 宮田泰彦, 飯田浩充, 川崎朋範, 永井宏和
日本リンパ網内系学会会誌   30 May 2017   
米倉由香, 長谷川正規, 山下美奈, 小塚佳代子, 矢田啓二, 岩越朱里, 尹漢勝, 市原周, 川崎朋範, 駒野淳
日本臨床細胞学会雑誌(Web)   11 Apr 2017   
榎本篤, 市原周, 川崎朋範, 高橋雅英
日本病理学会会誌   24 Mar 2017   
中井登紀子, 市原周, 川崎朋範, 佐々木翔, 大谷知之, 内山智子, 伊丹弘恵, 高野将人, 畠山金太, 大林千穂
日本病理学会会誌   24 Mar 2017   
西川恵理, 西川恵理, 川崎朋範, 久保田敏信, 市原周, 中井登紀子, 矢田啓二, 小塚佳代子, 米倉由香, 山下美奈, 猪爪隆史
日本病理学会会誌   24 Mar 2017   
中井登紀子, 市原周, 川崎朋範, 佐々木翔, 大谷知之, 内山智子, 伊丹弘恵, 高野将人, 畠山金太, 大林千穂
日本病理学会会誌   24 Mar 2017   
野村順一, 菅原淳, 石垣大哉, 藤原俊朗, 川崎朋範, 小笠原邦昭
脳神経外科速報   10 Mar 2017   
33歳女。右臀部から足底にかけてのしびれと疼痛を主訴とした。3年前より主訴を自覚し、近医で馬尾腫瘍を指摘された。紹介受診時には歩行困難、L5以下の神経根障害と頻尿がみられ、腰椎MRIではL2-L3レベルにT1強調画像で等信号、T2強調画像で高信号を呈する硬膜内髄外腫瘤(16×17mm大)を認めた。L2-L3の部分椎弓切除と腫瘍摘出を行い、病理組織学的所見では角質化した重層扁平上皮で構成される嚢胞壁と腫瘍内部に豊富なケラチン質を含む組織を認め、類上皮腫と診断した。術後は疼痛の消失、歩行障害と...
巨大な腫瘍塞栓を伴った乳腺神経内分泌腫瘍(Well-differentiated neuroendocrine tumor of the breast showing peculiar endovascular spread)
川崎 朋範, 市原 周, 中井 登紀子, 奥田 聡, 佐藤 康幸, 森田 孝子, 林 孝子, 加藤 彩, 大岩 幹直, 遠藤 登喜子
日本病理学会会誌   Mar 2017   
癌性リンパ管症を呈した乳腺神経内分泌腫瘍(Neuroendocrine tumor of the breast showing carcinomatous lymphangiosis)
川崎 朋範, 中井 登紀子, 市原 周, 長谷川 正規, 岩越 朱里, 榎本 篤, 佐藤 朋子, 浅井 昌美, 西川 恵理, 大林 千穂
日本病理学会会誌   Mar 2017   
深川智之, 永塚真, 菅安寿子, 山田範幸, 杉本亮, 上杉憲幸, 石田和之, 川崎朋範, 菅井有
岩手医学雑誌   1 Feb 2017   
大野真佐輔, 雄山隆弘, 宮澤卓真, 安藤遼, 横山欣也, 浅井琢美, 須崎法幸, 梶田泰一, 高橋立夫, 川崎朋範, 市原周, 中井登紀子, 廣瀬隆則
日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集   2017   
佐藤康幸, 林孝子, 加藤彩, 森田孝子, 須田波子, 能澤一樹, 加藤恭子, 大岩幹直, 市原周, 川崎朋範
日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集   Jul 2017   
石田和茂, 小松英明, 松井雄介, 川岸涼子, 川崎朋範, 刑部光正, 上杉憲幸, 石田和之, 菅井有, 佐々木章
日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集   Jul 2017   
大岩幹直, 大岩幹直, 遠藤登喜子, 遠藤登喜子, 佐藤康幸, 森田孝子, 須田波子, 林孝子, 加藤彩, 宇佐見寿志, 安藤嘉朗, 市原周, 川崎朋範
日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集   Jul 2017   
多田隆士, 松谷英樹, 志賀光二郎, 石田茂登男, 齋藤純一, 上杉憲幸, 川崎朋範
日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集   Jul 2017   
林孝子, 佐藤康幸, 加藤彩, 森田孝子, 大岩幹直, 須田波子, 川崎朋範, 市原周
日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集   Jul 2017   
多田隆士, 松谷英樹, 志賀光二郎, 石田茂登男, 川崎朋範, 菅井有
日本臨床外科学会雑誌   20 Oct 2016   
小松英明, 稲葉亨, 石田和茂, 川岸涼子, 松井雄介, 川崎朋範, 菅井有, 佐々木章
日本臨床外科学会雑誌   20 Oct 2016   
松谷英樹, 多田隆士, 西成尚人, 石田茂登男, 川崎朋範
日本臨床外科学会雑誌   20 Oct 2016   
石田茂登男, 多田隆士, 長澤茂, 松谷英樹, 西成尚人, 川崎朋範
日本臨床外科学会雑誌   20 Oct 2016   
菊池いな子, 石田和之, 石田和之, 佐藤彩佳, 上田奈央子, 肥田野靖史, 高橋静子, 山田範幸, 安保淳一, 杉本亮, 杉本亮, 無江良晴, 無江良晴, 上杉憲幸, 上杉憲幸, 川崎朋範, 川崎朋範, 佐藤孝, 菅井有, 菅井有
日本臨床細胞学会雑誌(Web)   19 Oct 2016   
川崎朋範, 川崎朋範, 市原周, 中井登紀子, 榎本篤, 佐藤彩佳, 安保淳一, 石田茂登男, 多田隆士, 松谷英樹, 森谷鈴子, 菅井有
日本臨床細胞学会雑誌(Web)   19 Oct 2016   
乳腺 HER2陽性再発乳がんに対する治療戦略 当院におけるT-DM1の使用症例の検討
小松 英明, 石田 和茂, 川岸 涼子, 松井 雄介, 稲葉 亨, 川崎 朋範, 菅井 有, 佐々木 章
日本癌治療学会学術集会抄録集   Oct 2016   
石田和茂, 柏葉匡寛, 佐々木章, 大槻花恵, 川岸涼子, 川崎朋範, 菅井有, 小松英明
東北医学雑誌   25 Jun 2016   
松井雄介, 柏葉匡寛, 小松英明, 石田和茂, 川岸涼子, 佐々木章, 上杉憲幸, 石田和之, 川崎朋範, 菅井有
東北医学雑誌   25 Jun 2016   
柏葉匡寛, 石田和茂, 松井雄介, 佐々木章, 上杉憲幸, 川崎朋範, 菅井有
東北医学雑誌   25 Jun 2016   
石田和茂, 柏葉匡寛, 大槻花恵, 松井雄介, 川岸涼子, 小松英明, 稲葉亨, 川崎朋範, 菅井有, 佐々木章
日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集   Jun 2016   
柏葉匡寛, 小松英明, 石田和茂, 川岸涼子, 松井雄介, 川崎朋範, 菅井有, 佐々木章
日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集   Jun 2016   
乳管内中心性乳頭腫から発生した微小浸潤性神経内分泌癌(Microinvasive neuroendocrine carcinoma arising from central papilloma of the breast)
川崎 朋範, 須田 健, 伊藤 嘉智, 苫米地 牧子, 松井 雄介, 石田 和茂, 小松 英明, 柏葉 匡寛, 菅井 有, 角田 博子, 山内 英子, 市原 周
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   Jun 2016   
土田宏大, 土田宏大, 石田和之, 山田範幸, 上杉憲幸, 川崎朋範, 佐藤郁郎, 松浦一登, 志賀清人, 菅井有
日本病理学会会誌   12 Apr 2016   
杉本亮, 上杉憲幸, 荒川典之, 永塚真, 肥田圭介, 石田和之, 石田和之, 川崎朋範, 佐々木章, 松本主之, 菅井有
日本病理学会会誌   12 Apr 2016   
荒川典之, 永塚真, 高橋弥生, 杉本亮, 無江良晴, 上杉憲幸, 石田和之, 川崎朋範, 菅井有
日本病理学会会誌   12 Apr 2016   
小泉薫, 永塚真, 石田和之, 山田範幸, 杉本亮, 無江良晴, 上杉憲幸, 川崎朋範, 菅井有
日本病理学会会誌   12 Apr 2016   
上杉憲幸, 永塚真, 荒川典之, 山田範幸, 杉本亮, 石田和之, 川崎朋範, 菅井有
日本病理学会会誌   12 Apr 2016   
永塚真, 高橋弥生, 杉本亮, 上杉憲幸, 石田和之, 川崎朋範, 菅井有
日本病理学会会誌   12 Apr 2016   
深川智之, 永塚真, 菅安寿子, 山田範幸, 杉本亮, 上杉憲幸, 石田和之, 川崎朋範, 菅井有
日本病理学会会誌   12 Apr 2016   
永塚真, 高橋弥生, 山田範幸, 土田宏大, 杉本亮, 無江良晴, 上杉憲幸, 石田和之, 川崎朋範, 菅井有
日本病理学会会誌   12 Apr 2016   
無江良晴, 川崎朋範, 山田範幸, 鈴木正通, 杉本亮, 上杉憲幸, 石田和之, 松本主之, 菅井有
日本病理学会会誌   12 Apr 2016   
鈴木正通, 川崎朋範, 長尾俊孝, 杉本亮, 無江良晴, 上杉憲幸, 石田和之, 斉藤大輔, 志賀清人, 菅井有
日本病理学会会誌   12 Apr 2016   
高橋弥生, 永塚真, 荒川典之, 鈴木正通, 杉本亮, 無江良晴, 上杉憲幸, 石田和之, 川崎朋範, 菅井有
日本病理学会会誌   12 Apr 2016   
熊谷優里, 高橋弥生, 石田和之, 永塚真, 鈴木正道, 杉本亮行, 無江良晴, 上杉憲幸, 川崎朋範, 菅井有
日本病理学会会誌   12 Apr 2016   
乳腺腫瘍分類の新しい展開 神経内分泌形質を有する乳癌(Recent Development of Classification of Breast Tumors: Breast carcinomas with neuroendocrine features) [Invited]
川崎 朋範, 菅井 有, 市原 周
日本病理学会会誌   May 2016   
Needle tract seedingに起因して再発した乳腺の高分化型神経内分泌腫瘍(Well-differentiated neuroendocrine tumor of the breast with recurrence due to needle tract seeding)
鈴木 正通, 川崎 朋範, 石田 茂登男, 佐藤 彩佳, 杉本 亮, 無江 良晴, 上杉 憲幸, 石田 和之, 市原 周, 菅井 有
日本病理学会会誌   Apr 2016   
高橋弥生, 永塚真, 杉本亮, 山田範幸, 佐藤綾香, 土田宏大, 荒川典之, 深川智之, 鈴木正通, 無江良晴, 上杉憲幸, 石田和之, 川崎朋範, 菅井有
岩手医学雑誌   1 Feb 2016   
永塚真, 高橋弥生, 山田範幸, 佐藤綾香, 土田宏大, 荒川典之, 深川智之, 鈴木正通, 杉本亮, 無江良晴, 上杉憲幸, 石田和之, 川崎朋範, 菅井有
岩手医学雑誌   1 Feb 2016   
松井雄介, 柏葉匡寛, 川岸涼子, 石田和茂, 小松英明, 上杉憲幸, 石田和之, 川崎朋範, 菅井有, 佐々木章
日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集   Jun 2016   
松谷英樹, 多田隆士, 西成尚人, 石田茂登男, 川崎朋範
日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集   Jun 2016   
小松英明, 石田和茂, 川岸涼子, 松井雄介, 稲葉亨, 川崎朋範, 菅井有, 佐々木章
日本癌治療学会学術集会(Web)   2016   
川崎朋範, 市原周, 佐藤彩佳, 山田範幸, 安保淳一, 柏葉匡寛, 菅井有
日本臨床細胞学会雑誌(Web)   19 Oct 2015   
肥田野靖史, 石田和之, 山田範幸, 佐藤彩佳, 上田奈央子, 高橋静子, 菊池いな子, 安保淳一, 杉本亮, 鈴木正通, 無江良晴, 上杉憲幸, 川崎朋範, 菅井有
日本臨床細胞学会雑誌(Web)   19 Oct 2015   
佐々木仁子, 宮智恵子, 海老川久美子, 工藤里美, 方山揚誠, 桧山美佐江, 黒滝日出一, 川崎朋範, 菅井有
日本臨床細胞学会雑誌(Web)   19 Oct 2015   
乳腺のリンパ上皮腫様癌の細胞学的特徴(Cytological features of lymphoepithelioma-like carcinoma of the breast)
佐藤 彩佳, 川崎 朋範, 阿保 亜希子, 肥田野 靖史, 上田 奈央子, 高橋 静子, 菊池 いな子, 山田 範幸, 安保 淳一, 鈴木 正通, 杉本 亮, 無江 良晴, 上杉 憲幸, 石田 和之, 菅井 有
日本臨床細胞学会雑誌   Oct 2015   
柏葉匡寛, 小松英明, 石田和茂, 川岸涼子, 松井雄介, 大槻花恵, 川崎朋範, 上杉憲幸, 石田和之, 菅井有
日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集   Jul 2015   
小松英明, 柏葉匡寛, 石田和茂, 川岸涼子, 松井雄介, 大槻英恵, 上杉憲幸, 川崎朋範, 菅井有, 若林剛
日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集   Jul 2015   
石田和茂, 柏葉匡寛, 大槻花恵, 松井雄介, 川岸涼子, 小松英明, 稲葉亨, 上杉憲幸, 石田和之, 川崎朋範, 菅井有, 若林剛
日本乳癌学会学術総会プログラム・抄録集   Jul 2015   
アポクリン病変と関連のある基底膜の物質の沈着を伴う巨大なmyoepitheliosis(Massive myoepitheliosis with lumpy deposits of basement membrane material related to apocrine lesion)
川崎 朋範, 中込 博, 古屋 一茂, 井上 正行, 中山 裕子, 小山 敏雄, 石田 和茂, 小松 英明, 柏葉 匡寛, 市原 周, 森谷 卓也, 山内 英子, 菅井 有
日本乳癌学会総会プログラム抄録集   Jul 2015   
小松英明, 柏葉匡寛, 石田和茂, 川岸涼子, 松井雄介, 大槻花恵, 若林剛, 上杉憲幸, 川崎朋範, 菅井有
東北医学雑誌   25 Jun 2015   
菅安寿子, 菅井有, 上杉憲幸, 山本栄一郎, 石田和之, 川崎朋範, 鈴木拓, 杉山徹
日本婦人科腫瘍学会雑誌   25 Jun 2015   
石田和茂, 柏葉匡寛, 小松英明, 若林剛, 上杉憲幸, 石田和之, 川崎朋範, 菅井有, 大槻花恵, 川岸涼子, 松井雄介, 稲葉亨
東北医学雑誌   25 Jun 2015   
柏葉匡寛, 小松英明, 石田和茂, 川岸涼子, 松井雄介, 大槻花恵, 若林剛, 川崎朋範, 上杉憲幸, 石田和之, 菅井有
東北医学雑誌   25 Jun 2015