基本情報

所属
山梨大学 大学院 総合研究部 教育学域人間科学系(教養教育センター) 教授
(兼任) professor
(兼任) 教授
学位
B.A(Education)(University of Hiroshima)
学士(教育学)(広島大学)
M.A.(Linguistics)(Sophia University)
修士(言語学)(上智大学)
M.A.(Human and Environmental Studies)(Kyoto University)
修士(人間・環境学)(京都大学)
Ph.D.(Human and Environmental Studies)(Kyoto University)
博士(人間・環境学)(京都大学)

研究者番号
80528935
J-GLOBAL ID
200901035093217990

私の専門は現代日本語を対象とした認知言語学です。認知言語学は、言語学の一分野とされていますが、言語の構造や意味の記述だけでなく、それらを介して人間の精神や文化的な背景、社会的な行動様式等へと考察を進めます。その意味で心理学や社会学に近いといえるかもしれません。私たちは日々言葉を用いて何をしているのか、世界をどのように認識しているのか、また、他者といかに関係を切り結んでいるのかといった問題を考えます。 具体的な担当科目は、日本語教員養成プログラムにおける導入科目「日本語教育概論」、日本語の文法を基礎から学ぶ「日本語の文法」、第二言語習得や言語理解のメカニズムについて考える「言語心理学」「言語習得論」などです。また、教養教育センターでは、初年次教育科目「大学生のための言語表現」と留学生のための日本語科目を担当しています。日本語教育に関心のある人、日本語のしくみに興味のある人、深く人間の言葉について考えてみたい人、一緒に言葉の大海を泳いでみませんか。

論文

  28

書籍等出版物

  8

講演・口頭発表等

  18

共同研究・競争的資金等の研究課題

  5

社会貢献活動

  14

その他

  4
  • 2018年4月 - 2018年4月
    イディオムは、無意味な語の集まりと感じられ、敬遠されることが多いが、短いながらも鮮明な印象を与える有益な表現でもある。本連載では、イディオムの発想の背景となる知識を、イメージ図式と概念メタファーによって提示することで、イディオム表現の深い理解を促し、知的にも楽しい語彙学習の可能性を切り拓いている。
  • 2018年4月 - 2018年4月
    イディオムは、無意味な語の集まりと感じられ、敬遠されることが多いが、短いながらも鮮明な印象を与える有益な表現でもある。本連載では、イディオムの発想の背景となる知識を、イメージ図式と概念メタファーによって提示することで、イディオム表現の深い理解を促し、知的にも楽しい語彙学習の可能性を切り拓いている。
  • 2008年7月 - 2008年7月
    本特集は、空間認知に関わる最前線の研究を特集したものであり、言語人類学、言語類型論、認知言語学、ジェスチャー研究など、様々な分野の論文からなっている。本論考では、言語研究の新たな方向性として、空間認知に関わる日英語の表現を、生態心理学の言うアフォーダンスの概念によって分析できる可能性を提示した。
  • 2008年7月 - 2008年7月
    本特集は、空間認知に関わる最前線の研究を特集したものであり、言語人類学、言語類型論、認知言語学、ジェスチャー研究など、様々な分野の論文からなっている。本論考では、言語研究の新たな方向性として、空間認知に関わる日英語の表現を、生態心理学の言うアフォーダンスの概念によって分析できる可能性を提示した。