高橋 淳

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/13 10:10
 
アバター
研究者氏名
高橋 淳
 
タカハシ アツシ
URL
http://www.kiui-pt.com/archives/201
所属
吉備国際大学
部署
保健医療福祉学部 理学療法学科
職名
教授
学位
医学博士(京都大学)
その他の所属
吉備国際大学保健福祉研究所

研究分野

 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
吉備国際大学 保健医療福祉学部 理学療法学科 教授
 
2016年4月
 - 
2018年3月
京都大学大学院医学研究科 血液・腫瘍内科学 客員研究員
 
2011年7月
 - 
2016年3月
九州大学 生体防御医学研究所 悪性腫瘍に対する新規免疫・遺伝子治療薬開発研究部門(寄附研究部門) 准教授
 
2008年7月
 - 
2011年6月
九州大学病院 先端分子・細胞治療科 講師
 
2003年8月
 - 
2008年7月
千葉県がんセンター・久光製薬共同研究施設 遺伝子機能解析センター 主任研究員
 
1998年8月
 - 
2003年7月
京都大学 血液・腫瘍内科 助手
 
1997年4月
 - 
1998年8月
財団法人長寿科学振興財団  リサーチ・レジデント
 
1996年1月
 - 
1996年4月
エジンバラ大学 細胞分子生物学研究所 研究員
 
1994年6月
 - 
1995年12月
ジョンズ・ホプキンス大学 医学部細胞生物学部門 研究員
 
1993年4月
 - 
1994年5月
京都大学ウイルス研究所 がんウイルス研究部門、細胞制御研究分野 研修員
 

学歴

 
1989年4月
 - 
1993年3月
京都大学 大学院医学研究科博士課程 内科系専攻
 
1980年4月
 - 
1986年3月
京都大学 医学部 医学科
 
1977年4月
 - 
1980年3月
北海道立札幌南高等学校  
 

委員歴

 
2000年3月
   
 
日本血液学会  代議員
 

受賞

 
2019年2月
学校法人順生学園 第15回学術交流コンファレンス 高梁市長賞
 
2018年5月
東京バイオマーカー・イノベーション技術研究組合 第6回TOBIRA研究助成奨励賞
 

論文

 
Li Y, Kobayashi K, Murayama K, Kawahara K, Shima Y, Suzuki A, Tani K, Takahashi A
Genes to cells : devoted to molecular & cellular mechanisms   23(11) 952-962   2018年11月   [査読有り]
(第6回TOBIRA研究助成奨励賞)分子標的を用いた網羅的癌早期発見
高橋 淳
実験医学   36(18) 3106-3106   2018年11月   [招待有り]
Li Y, Kobayashi K, Mona MM, Satomi C, Okano S, Inoue H, Tani K, Takahashi A
Journal of translational medicine   14(1) 275   2016年9月   [査読有り]
Takahashi A, Tokita H, Takahashi K, Takeoka T, Murayama K, Tomotsune D, Ohira M, Iwamatsu A, Ohara K, Yazaki K, Koda T, Nakagawara A, Tani K
Scientific reports   1 15   2011年   [査読有り]
Kobayashi S, Yamashita K, Takeoka T, Ohtsuki T, Suzuki Y, Takahashi R, Yamamoto K, Kaufmann SH, Uchiyama T, Sasada M, Takahashi A
The Journal of biological chemistry   277(37) 33968-33977   2002年9月   [査読有り]
Yoshinaga-Ohara N, Takahashi A, Uchiyama T, Sasada M
Experimental cell research   278(1) 112-122   2002年8月   [査読有り]
Kotani A, Takahashi A, Koga H, Morita R, Fukuyama H, Ichinohe T, Ishikawa T, Hori T, Uchiyama T
European journal of haematology   69(5-6) 318-320   2002年11月   [査読有り]
Caspase: executioner and undertaker of apoptosis.
Takahashi A
International journal of hematology   70(4) 226-232   1999年12月   [査読有り]
Caspases mediate tumor necrosis factor-alpha-induced neutrophil apoptosis and downregulation of reactive oxygen production.
Yamashita K, Takahashi A, Kobayashi S, Hirata H, Mesner PW Jr, Kaufmann SH, Yonehara S, Yamamoto K, Uchiyama T, Sasada M
Blood   93(2) 674-685   1999年1月   [査読有り]
Hirata H, Takahashi A, Kobayashi S, Yonehara S, Sawai H, Okazaki T, Yamamoto K, Sasada M
The Journal of experimental medicine   187(4) 587-600   1998年2月   [査読有り]
Takahashi A, Hirata H, Yonehara S, Imai Y, Lee KK, Moyer RW, Turner PC, Mesner PW, Okazaki T, Sawai H, Kishi S, Yamamoto K, Okuma M, Sasada M
Oncogene   14(23) 2741-2752   1997年6月   [査読有り]
Takahashi A, Earnshaw WC
Advances in pharmacology (San Diego, Calif.)   41 89-106   1997年   [査読有り]
Takahashi A, Earnshaw WC
Current opinion in genetics & development   6(1) 50-55   1996年2月   [査読有り]
Takahashi A, Alnemri ES, Lazebnik YA, Fernandes-Alnemri T, Litwack G, Moir RD, Goldman RD, Poirier GG, Kaufmann SH, Earnshaw WC
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   93(16) 8395-8400   1996年8月   [査読有り]
Lazebnik YA, Takahashi A, Moir RD, Goldman RD, Poirier GG, Kaufmann SH, Earnshaw WC
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   92(20) 9042-9046   1995年9月   [査読有り]
Positive and negative regulation of granulocyte-macrophage colony-stimulating factor promoter activity by AML1-related transcription factor, PEBP2.
Takahashi A, Satake M, Yamaguchi-Iwai Y, Bae SC, Lu J, Maruyama M, Zhang YW, Oka H, Arai N, Arai K
Blood   86(2) 607-616   1995年7月   [査読有り]
Kotone-Miyahara Y, Yamashita K, Lee KK, Yonehara S, Uchiyama T, Sasada M, Takahashi A
Journal of leukocyte biology   76(5) 1047-1056   2004年11月   [査読有り]
Takahashi A, Goldschmidt-Clermont PJ, Alnemri ES, Fernandes-Alnemri T, Yoshizawa-Kumagaya K, Nakajima K, Sasada M, Poirier GG, Earnshaw WC
Experimental cell research   231(1) 123-131   1997年2月   [査読有り]
Takahashi A, Musy PY, Martins LM, Poirier GG, Moyer RW, Earnshaw WC
The Journal of biological chemistry   271(51) 32487-32490   1996年12月   [査読有り]
Characterization of the execution phase of apoptosis in vitro using extracts from condemned-phase cells.
Lazebnik YA, Takahashi A, Poirier GG, Kaufmann SH, Earnshaw WC
Journal of cell science. Supplement   19 41-49   1995年   [査読有り]
Bone marrow stromal cells attenuate mitoxantrone cytotoxicity against HL-60 leukemic cells.
Takahashi A, Yamamoto K, Okuma M, Sasada M
Anti-cancer drugs   3(6) 647-650   1992年12月   [査読有り]
Transient calcium elevation in polymorphonuclear leukocytes triggered by thrombin-activated platelets.
Takahashi A, Yamamoto K, Okuma M, Sasada M
European journal of haematology   48(4) 196-201   1992年4月   [査読有り]

Misc

 
Hijikata Y, Okazaki T, Tanaka Y, Murahashi M, Yamada Y, Yamada K, Takahashi A, Inoue H, Kishimoto J, Nakanishi Y, Oda Y, Nakamura Y, Tani K
PloS one   13(1) e0187878   2018年   [査読有り]
Sakamoto C, Kohara H, Inoue H, Narusawa M, Ogawa Y, Hirose-Yotsuya L, Miyamoto S, Matsumura Y, Yamada K, Takahashi A, Tani K
Cancer gene therapy   24(4) 165-174   2017年4月   [査読有り]
Murahashi M, Hijikata Y, Yamada K, Tanaka Y, Kishimoto J, Inoue H, Marumoto T, Takahashi A, Okazaki T, Takeda K, Hirakawa M, Fujii H, Okano S, Morita M, Baba E, Mizumoto K, Maehara Y, Tanaka M, Akashi K, Nakanishi Y, Yoshida K, Tsunoda T, Tamura K, Nakamura Y, Tani K
Clinical immunology (Orlando, Fla.)   166-167 48-58   2016年5月   [査読有り]
Narusawa M, Inoue H, Sakamoto C, Matsumura Y, Takahashi A, Inoue T, Watanabe A, Miyamoto S, Miura Y, Hijikata Y, Tanaka Y, Inoue M, Takayama K, Okazaki T, Hasegawa M, Nakanishi Y, Tani K
Cancer immunology research   2(6) 568-580   2014年6月   [査読有り]
Yamaguchi S, Marumoto T, Nii T, Kawano H, Liao J, Nagai Y, Okada M, Takahashi A, Inoue H, Sasaki E, Fujii H, Okano S, Ebise H, Sato T, Suyama M, Okano H, Miura Y, Tani K
Cancer science   105(4) 402-408   2014年4月   [査読有り]

書籍等出版物

 
臍帯血移植の基礎と臨床.
高橋 淳、谷 憲三朗 (担当:分担執筆, 範囲:再生医療)
医学書院   2014年   
臓器別アポトーシス証明法
小林 進, 高橋 淳 (担当:分担執筆, 範囲:Bcl-2ファミリーとcaspase)
南江堂   2000年   
新アポトーシス実験法
高橋 淳, 山下 浩平, 小林 進 (担当:分担執筆, 範囲:第3章 E. Caspaseの解析)
羊土社   1999年   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
分子標的を用いた癌早期発見と癌二次予防の前臨床研究
科研費: 基盤研究(C)
研究期間: 2016年10月 - 2019年3月    代表者: 高橋 淳
分子標的を用いた癌早期診断と癌予防
科研費: 基盤研究(C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 高橋 淳
アポトーシス核変化制御因子p74の作用機構と癌発生・進展への関与
科研費: 特定領域(C)
研究期間: 2001年4月 - 2002年3月    代表者: 高橋 淳
アポトーシス細胞死の核変化を制御する新規カスパーゼ基質p74の作用機構
科研費: 特定領域(C)
研究期間: 2000年4月 - 2001年3月    代表者: 高橋 淳
アポトーシス細胞死における核構造変化に関与する分子の同定
科研費: 奨励研究(A)
研究期間: 1999年4月 - 2001年3月    代表者: 高橋 淳

特許

 
特願PCT/JP2011/068814 : 腫瘍の検査用試薬及び腫瘍の予防用医薬組成物
高橋 淳
特願2010-181835 : 腫瘍の検査用試薬及び腫瘍の予防用医薬組成物
高橋 淳