天野 知幸

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/13 02:55
 
アバター
研究者氏名
天野 知幸
 
アマノ チサ
所属
京都教育大学
部署
国文学科
職名
准教授
学位
博士(文学)(筑波大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2004年4月
 - 
2007年3月
日本学術振興会 特別研究員(PD)
 
2009年4月
 - 
2012年3月
滋賀大学 特任准教授
 
2012年4月
 - 
現在
京都教育大学 国文学科 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1995年3月
金沢大学 文学部 文学科
 
 
 - 
2002年3月
筑波大学 文芸・言語研究科 各国文学専攻
 

論文

 
占領期文学におけるジェンダー・メタファー――三島由紀夫「聖女」を題材として
天野知幸
国文学会誌   (44) 1-16   2016年7月

Misc

 
天野 知幸
京都教育大学国文学会誌   (39) 11-27   2013年3月
田村泰次郎「女盗記」「情婦」論―占領期文学における寓意としての〈性〉
天野 知幸
滋賀大国文   (49) 16-32   2012年1月
マリヤはマリヤひとりの死を死ぬ―武田泰淳「聖女俠女」と戦後の上海
天野 知幸
金沢大学国語国文   (34) 88-97   2009年3月
戦後の京都と「赤線」の町―水上勉「五番町夕霧楼」論
天野 知幸
佛教大学総合研究所紀要別冊   161-176   2008年12月
戦場の性と記憶をめぐるポリティクス―田村泰次郎「春婦伝」が伝えるもの
天野 知幸
昭和文学研究   55 38-52   2007年9月

書籍等出版物

 
三島由紀夫とスポーツ(三島由紀夫研究⑰)
松本徹,佐藤秀明,井上隆史玉利齋,山内由紀人,山中剛史,中元さおり,天野知幸,柳瀬善治,疋田雅昭,加藤孝男,柴田勝二ほか (担当:共著, 範囲:三島由紀夫のボディビルとアメリカ―編集され、コラージュされる身体の形成)
鼎書房   2017年4月   ISBN:978-4-907282-34-9 C0
占領期雑誌資料大系 文学編Ⅳ 「戦後」的問題系と文学 1948・8‐1949・12
天野 知幸
岩波書店   2010年5月   
イメージとしての戦後
天野 知幸
青弓社   2010年3月   
展望 太宰治
天野 知幸
ぎょうせい   2009年6月   
スポーツする文学 1920‐30年代の文化詩学
天野 知幸
青弓社   2009年6月   

講演・口頭発表等

 
GHQ占領下の引揚雑誌における〈越境〉の記録と記憶――雑誌『みなと』を中心に
天野知幸
国際日本文化研究センター・共同研究会「戦後文化再考」                    2016年4月17日   国際日本文化研究センター・共同研究会「戦後文化再考」                 

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
占領期ローカルメディアに関する資料調査および総合的考察
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2021年3月    代表者: 大原祐治
全国書房ネットワークの総合的研究─戦時下~占領期における文学と出版メディア─
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月
占領の複数性:GHQ占領下における〈地方〉の言論環境と文化・思想の生成
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 天野知幸