菊池 城治

J-GLOBALへ         更新日: 10/10/18 00:00
 
アバター
研究者氏名
菊池 城治
 
きくち じょうじ
所属
警察庁 科学警察研究所
部署
犯罪行動科学部犯罪予防研究室
職名
研究員
学位
社会学博士(パデュー大学(Purdue University))

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2008年
   
 
- 科学警察研究所 犯罪予防研究室 研究員
 
2007年
   
 
-8 Billsland Dissertation Research Fellow, Purdue University
 
2007年
   
 
Research Assistant (for Dr. Scott A. Desmond), Purdue University, West Lafayette, IN
 
2005年
   
 
Crime Analyst Intern (paid), Lafourche Parish Sheriff’s Office, Lockport, LA
 
2004年
   
 
Crime Analyst Intern, Lafayette Police Department, Lafayette, IN
 

学歴

 
 
 - 
2008年
パデュー大学(Purdue University) 社会学研究科 社会学
 
 
 - 
2003年
筑波大学 第一学群社会学類 法学専攻
 

受賞

 
2007年
アメリカ犯罪学会大学院生論文賞(第2位)
 

Misc

 
雨宮護, 齋藤知範, 菊池城治, 島田貴仁, 原田豊
ランドスケープ研究   72(5) 747-752   2009年
声かけなどの不審者遭遇情報と性犯罪の時空間的近接性の分析
菊池城治, 雨宮護, 島田貴仁, 齋藤知範, 原田豊
犯罪社会学研究   34 151-163   2009年
Kikuchi, George and Scott A. Desmond
Sociological Perspectives   
近刊
Churches and Crime: Does the Spatial Distribution of Churches Influence Neighborhood Crime Rates?
Desmond, Scott A., George Kikuchi, and Kris A. Morgan
Journal for the Scientific Study of Religion   
近刊

書籍等出版物

 
翻訳『犯罪予防―方法, 実践, 評価―』(Lab, Steven. 2005. Crime Prevention: Approaches, Practices, and Evaluations. )
社会安全研究財団   2006年   

Works

 
Billsland Dissertation Fellowship “Spatial and Temporal Dynamics of Crime and Neighborhoods: A Longitudinal Analysis of Crime Rates in Seattle Neighborhoods between 1950 and 2000.”
2007年 - 2008年
East Asia and Pacific Summer Institutes for U.S. Graduate Students (EAPSI) “A Spatial Analysis of the Police Box System and Neighborhood Crime Rates in Japan.”
2007年

競争的資金等の研究課題

 
犯罪の時空間分析
犯罪分析におけるデータマイニングの応用
子どもの被害の測定と防犯活動の実証的基盤の確立
JST社会技術研究プログラム(RISTEX)
研究期間: 2007年 - 2011年
信頼性と妥当性を備えた尺度によって子どもの犯罪被害の時間的・空間的分布を測定し、被害の情勢や地域社会・個々の住民の特性に即した、効果的で持続可能な対策を立案・評価する手法を確立する。また、防犯NPO 関係者の情報共有のための携帯型GIS ツールの開発および防犯GISポータルサイトの構築、これらを用いた防犯教育プログラムの開発を行う。これにより、犯罪から子どもを守る取り組みの実証的基盤の確立をめざす。
電子タグを利用した測位と安全・安心の確保
科学技術振興調整費による総合研究
研究期間: 2006年 - 2008年
電子タグを用いた測位技術を発展させるために、1)電子タグを付加した基準点そのものの開発、2)電子タグを付加した基準点による位置情報を活用しながら、屋内・屋外を問わずいつでもどこでも安価に、日本国国土のあらゆる時間、あらゆる場所で高い精度で位置情報を得ることの出来る技術の開発、3)国民の安全・安心の向上を図る応用技術の開発を行う。