土肥 秀行

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/06 15:17
 
アバター
研究者氏名
土肥 秀行
 
ドイ ヒデユキ
eメール
hidedoifc.ritsumei.ac.jp
URL
http://www.ritsumei.ac.jp/~hidedoi/
所属
立命館大学
部署
文学部 国際文化学域 文化芸術専攻
職名
教授
学位
修士(東京大学), 博士(イタリア文学)(ボローニャ大学)
その他の所属
立命館大学
科研費研究者番号
40334271

プロフィール

イタリアの現代文学がはらむオリジナリティと異質性を考察しています。日本の短詩形の影響もその異質性のひとつです。

2009年12月 実用イタリア語検定1級取得
2011年10月「第1回ポルトガル語スピーチコンテスト」(主催:在浜松ブラジル総領事館ほか、於・浜松市多文化共生センター)3位入賞
2014年8月 Camino Barcelona Spanish Language School(バルセロナ市)にてスペイン語コース(レベルA2)受講
2015年11月 スペイン語技能検定5級取得
2016年8月 スペイン語技能検定4級取得
イタリア学会幹事(2016/4-)
イタリア学会誌編集委員(2016/1-)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
立命館大学文学部教授
 
2014年4月
 - 
2018年3月
立命館大学文学部准教授
 
2012年4月
 - 
2014年3月
静岡文化芸術大学国際文化学科准教授
 
2007年4月
 - 
2014年3月
東京外国語大学 外国語学部 非常勤講師
 
2009年4月
 - 
2012年3月
静岡文化芸術大学国際文化学科講師
 
2007年4月
 - 
2009年3月
日本学術振興会特別研究員(PD)
 
2006年9月
 - 
2009年3月
東京大学 教養学部 非常勤講師
 
2006年8月
   
 
ボローニャ大学 イタリア文学科 客員研究員
 
2001年8月
 - 
2006年7月
東京大学文学部助手
 

学歴

 
1999年3月
 - 
2005年6月
ボローニャ大学大学院 イタリア文学研究科 博士号Ph.D.取得
 
 
 - 
2001年7月
東京大学大学院 人文社会系研究科 南欧語南欧文学専門 博士課程
 
 
 - 
1998年3月
東京大学大学院 人文社会系研究科 南欧語南欧文学専門 修士課程進学 修士号取得
 
1992年4月
 - 
1996年3月
東京大学 文学部 美学藝術学科 学士
 

書籍等出版物

 
L’archivio Marone a Buenos Airesブエノスアイレスのマローネ文庫[伊語]西葡語圏におけるイタリア文学 [伊語]La letteratura italiana nel mondo iberico e latinoamericano. Critica, traduzione, istituzioni, a cura di Alejandro Patat, pp. 103-109
Pisa, Pacini   2018年9月   ISBN:EAN: 9788869954559
Hideyuki Doi, 226 pp.
Cesati   2011年2月   ISBN:8876674101
日本におけるパゾリーニ、「恐るべき」類似[伊語]Pasolini in Giappone. Un’analogia “agghiacciante”, in Moravia, Pasolini e il conformismo
a cura di Angelo Fávaro (担当:共著, 範囲:pp. 93-98)
Edizioni Sinestesie (Avellino)   2018年4月   ISBN:8899541892
中央大学人文科学研究所編 (担当:共著, 範囲:35-58)
中央大学出版部   2018年3月   ISBN:480575351X
編著者:土肥秀行・山手昌樹 (担当:共編者, 範囲:序章、第6章(pp. 1-7, 87-99))
ミネルヴァ書房   2017年5月   ISBN:4623080218
和田忠彦編 (担当:共著, 範囲:2-7, 36-47, 52-55, 144-147, 174-175, 200-207, 29-39)
ミネルヴァ書房   2015年4月   ISBN:4623072681
土肥秀行 (担当:分担執筆, 範囲:書評 ギンツブルグ『わたしたちのすべての昨日』)
2015年3月   
石川清子ほか全23名 (担当:共著, 範囲:ウンベルト・エーコ、ダーチャ・マライーニ、pp. 62-77)
青月社   2014年9月   ISBN:4810912779
静岡文化芸術大学国際文化学科 (担当:共編者, 範囲:「文化と文化のはざま―翻訳は裏切り、みえない本質をつく」pp. 33-47)
すずさわ書店   2013年4月   ISBN:4795402310
ジャンニ ヴァッティモ, ピエル・アルド ロヴァッティ (担当:共訳, 範囲:コモッリ、コスタ、クレスピ論考 pp. 261-365)
法政大学出版局   2012年8月   ISBN:458800977X
土肥 秀行, 橋本 勝雄, 住 岳夫 (担当:共編者, 範囲:「サンドロ・ペンナの短詩形-須賀敦子が最後に訳した詩人」pp. 237-245)
双文社印刷   2012年3月   
和田忠彦, マッテオ・カザーリ (担当:共著, 範囲:"Shimoi Harukichi e due riviste napoletane", pp. 55-60)
東京外国語大学出版会   2011年4月   ISBN:4904575113
サンドロ・ペンナ「夜の散歩」、「ローマのリド」 (担当:単訳, 範囲:pp. 130-133)
リトル・モア   2010年10月   ISBN:489815302X
マッテオ・カザーリ「大野一雄、ダンスは続く」 (担当:単訳, 範囲:pp. 106-107)
思潮社   2010年9月   
W. Tadahiko M. Casari (担当:共著, 範囲:"Shimoi Harukichi e due riviste napoletane", pp. 55-60)
I Libri di Emil   2010年3月   ISBN:8896026318
森田学編 (担当:共著, 範囲:「近代歌曲の詩人たち」pp. 251-267)
東京堂出版   2009年4月   ISBN:4490206607
Kiju Yoshida, a cura di Hideyuki Doi, 233 pp.
Cesati   2008年12月   ISBN:8876673601
小泉 義之, 大澤 真幸, 川島 真, 木村 幹, 原 武史, 伊勢 賢治, 東島 誠, リチャ-ド・ロ-ティ, ロベルト・エスポジト, ジョルジョ・アガンベン, 岡田 温司, 大屋 雄裕, 鈴木 泉, 郡司ペギオー幸夫, 伊勢田 哲治, 多賀 健太郎, 土肥 秀行, 戸田山 和久, 冨田 恭彦 (担当:共訳, 範囲:ジョルジョ・アガンベン「人間の仕事」, pp. 194-210)
講談社   2006年2月   ISBN:4062133148
ヴィヴィアン・ラマルク、クラウディオ・ポッツァーニ (担当:単訳, 範囲:pp. 88, 91-92)
思潮社   2006年1月   
Satoru Nagami, Hideyuki Doi (担当:共編者)
Cesati   2006年   ISBN:8876672214
Satoru Nagami, Hideyuki Doi (担当:共編者)
Cesati   2005年   ISBN:8876672109
Satoru Nagami, Hideyuki Doi (担当:共編者)
Cesati   2004年9月   ISBN:8876671730
Giuseppina Bartolini Luongo (担当:共著)
Gazebo   2004年   ISBN:8888292209
ウンベルト・エーコ 監訳:和田忠彦 (担当:共訳, 範囲:第六章pp.179-269)
岩波書店   2003年7月   ISBN:400022431X
岡田 温司 (担当:共著, 範囲:「交差するふたつの眼差し:カラヴァッジョとパゾリーニ」pp.329-350 (石田美紀との共著、文学の部分を担当))
人文書院   2001年10月   ISBN:4409100149
大島 渚, 浅田 彰, 四方田 犬彦, 大野 裕之 (担当:共著, 範囲:「フリウリ方言詩人パゾリーニの言語意識」pp. 132-147)
とっても便利出版部   2001年6月   ISBN:4925095048

論文

 
“L’Italia, un Giappone in Europa”: le immagini sovrapposte nel boom dell’Italia del tardo periodo Meiji「“以太利は欧州の日本也”―明治後期イタリアブームにおける二重写し」(伊語論文)
立命館言語文化研究   30(3) 105-113   2019年2月
"L’archivio Marone a Buenos Aires"「ブエノスアイレスのマローネ文庫」(伊語論文)
in "La letteratura italiana nel mondo iberico e latinoamericano. Critica, traduzione, istituzioni", a cura di Alejandro Patat, Pisa, Pacini, 2018, pp. 103-109
103-109   2018年9月   [査読有り][招待有り]
日本におけるパゾリーニ、「恐るべき」類似[伊語]Pasolini in Giappone. Un’analogia “agghiacciante”
Moravia, Pasolini e il conformismo a cura di Angelo Fávaro, Avellino, Edizioni Sinestesie   93-98   2018年4月   [査読有り]
イタリア・モダニズム再考
『モダニズムを俯瞰する』中央大学人文科学研究所編、中央大学出版部   35-58   2018年4月   [招待有り]
ゲラルド・マローネとナポリの未来派
イタリア語イタリア文学   (8) 95-117   2016年2月   [査読有り]
下位春吉とは何者か/一九三五年の現代日本詩撰-「ファシズム文学」とは
日伊文化研究   (53) 2-12   2015年3月   [査読有り][招待有り]
Harukichi Shimoi e l'avanguardia napoletana「下位春吉とナポリの前衛」(伊語論文)
Ricerca, scoperta, innovazione: l'Italia dei saperi, a cura di Maria Katia Gesuato, Istituto Italiano di Cultura - Tokyo   43-51   2014年11月   [招待有り]
下位春吉とゲラルド・マローネ-ナポリにおける文学的交歓
イタリア圖書   (48) 2-9   2013年4月   [招待有り]
サンドロ・ペンナの短詩形──須賀敦子が最後に訳した詩人
和田忠彦先生還暦記念論文集   237-245   2012年3月
Il primo Ungaretti e la poesia breve del Novecento (abstract in italiano)
Studi italici   (61) 295-297   2011年10月   [査読有り]
初期ウンガレッティと20世紀の短詩形
イタリア学会誌   (61) 195-216   2011年10月   [査読有り]
L'esperienza friulana di Pasolini. Cinque studi「パゾリーニのフリウリ体験」(伊語単著), Firenze, Cesati
Hideyuki Doi, 226 pp.
   2011年
Pasolini in Giappone「日本におけるパゾリーニ」(伊語論文)
Studi pasoliniani   (4) 111-119   2010年   [査読有り]
Pasolini critico della poesia dialettale e del canto popolare 「方言詩と民衆詩の評論家パゾリーニ」(伊語論文)
イタリア学会誌
(56) 16-45   2006年10月   [査読有り]
方言詩と民衆詩の評論家パゾリーニ(和文アブストラクト)
(56) 272-273   2006年   [査読有り]
パゾリーニが文学を問う:「未刊」の遺作『石油』をめぐって
言語文化   (20) 58-71   2003年3月   [査読有り]
カザルサ詩集の詩語
イタリア学会誌   (50) 208-231   2000年10月   [査読有り]

Misc

 
書評 ナタリア・ギンズブルグ『小さな徳』白崎容子訳、河出書房新社、2018
図書新聞   (3388)    2019年2月
書評 G.ポーリ、G.カルカーニョ『プリーモ・レーヴィ―失われた声の残響』二宮大輔訳(水声社)
図書新聞   (3381)    2019年1月
書評 マリア・ロベルタ・ノヴィエッリ『アニメラマ――日本アニメーション映画史』
日本研究   58 253-257   2018年12月   [査読有り][依頼有り]
書評 河島英昭訳『ウンガレッティ全詩集』、『クァジーモド全詩集』
図書新聞   (3362)    2018年7月
Prigionieri italiani in Giappone durante la Grande Guerra「第一次大戦期の日本におけるイタリア人捕虜」(伊語)
«Liberi», Associazione Nazionale Reduci della Prigionia
(6-7-8) 12-13   2018年7月   [査読有り][依頼有り]
書評 和田忠彦『遠まわりして聴く』
現代詩手帖   129   2018年3月
書評マッシモ・ボンテンペッリ『鏡の前のチェス盤』
図書新聞   (3334)    2018年1月
書評 石井元章『明治期のイタリア留学 文化受容と語学取得』
イタリア学会誌   (67) 159-166   2017年10月
かたりかける主体とわれわれ
立命館言語文化研究   29(1) 3-5   2017年9月
書評アントニオ・タブッキ『とるにたらないちいさないきちがい』
図書新聞   (3316)    2017年8月
書評ダーチャ・マライーニ『ひつじのドリー』
図書新聞   (3288)    2017年1月
書評ウンベルト・エーコ『ヌメロ・ゼロ』
図書新聞   (3285)    2017年1月
ダンテとパゾリーニについての二講Due lezioni su Dante e Pasolini(伊語)
声をさがしつづけて 和田忠彦先生退任記念論文集   11-19   2016年12月
吉増剛造英訳アンソロジー発刊を記念して
現代詩手帖   59(11) 94-95   2016年11月   [依頼有り]
書評國司航佑『ベネデット・クローチェとイタリア頽廃主義―詩の哲学』
イタリア学会誌   (66) 153-158   2016年10月   [依頼有り]
書評ウンベルト・エーコ『ヌメロ・ゼロ』
南日本新聞ほか      2016年10月   [依頼有り]
書評カルミネ・アバーテ『偉大なる時のモザイク』
図書新聞   (3265)    2016年7月
吉増剛造、サンパウロでアロルド・ジ・カンポスに会う
REAR   (37) 84-86   2016年6月
書評ウンベルト・エーコ『プラハの墓地』
図書新聞   (3257)    2016年6月
書評ロベルト・カラッソ『カドモスとハルモニアの結婚』
図書新聞   (3248)    2016年3月
現代のイタリア詩人を読む-アレゴリー、短い詩とは-
星美学園短期大学日伊総合研究所報   (10) 58-63   2014年5月   [依頼有り]
「巴里の石松」松尾邦之助とイタリア語版『現代日本の詩篇』
DARA DA MONDE   (3) 35-42   2014年5月   [依頼有り]
詩人 吉増剛造講演会 映像とともに
文化と芸術   (19) 7   2014年3月
[Recensione a Pasolini e il teatro] (伊語書評『パゾリーニと演劇』)
Antropologia e il teatro (web magazine)   (4)    2013年   [依頼有り]
文化と文化のはざま―翻訳は裏切り、みえない本質をつく
『国際文化学への第一歩』、すずさわ書店、2013   33-47   2013年
Shimoi Harukichi e due riviste napoletane 下位春吉とナポリの雑誌2誌(伊語)
Giappone e Italia―le arti del dialogo『日本とイタリア-芸術と対話』, Bologna, I Libri di Emil   55-60   2011年4月
Poesia e non poesia: lo haiku in Italia 詩とそうでないもの イタリアでのハイクについて(伊語)
『往還と横断と 地域文化研究から総合国際学へ』、東京外国語大学大学院   631-636   2010年
Mori Ōgai e Gabriele D’Annunzio: interscambi letterari nel primo Novecento giapponese 森鴎外とガブリエーレ・ダヌンツィオ 20世紀初頭における文学的交流(伊語)
『往還と横断と 地域文化研究から総合国際学へ』、東京外国語大学大学院   725-729   2010年
近代歌曲の詩人たち
『イタリアのオペラと歌曲を知る12章』(東京堂)   251-267   2009年
下位春吉とナポリの文芸誌『サクラ』-下位春吉伝(下)
『イタリア圖書』   (40) 2-8   2009年4月
下位春吉とナポリの文芸誌『ラ・ディアーナ』-下位春吉伝(上)
『イタリア圖書』   (39) 11-17   2008年10月

講演・口頭発表等

 
Mirai / Shorai. A proposito del mirai, tutto ciò che non ci arriva ancora (o forse è già arrivato)
Istituto Giapponese di Cultura in Roma   2019年2月19日   
パゾリーニにおける文学と映画の円環
イタリア文化会館大阪   2018年12月14日   
詩人レオパルディと出会う ペシミズムと《無限》、日本での受容
古田耕史、土肥秀行
イタリア文化会館大阪   2018年12月7日   
マリネッティの“規範回帰”―国際的展開と演劇批評
イタリア言語・文化研究会 第157回例会   2018年12月1日   
1926年のマリネッティ――新たな劇批評と初の南米旅行 [伊語] Marinetti 1926: le Misurazioni come nuova critica teatrale e il primo viaggio in Sud America
アルゼンチン・イタリア文学会ADILLI (Asociación de Docentes e Investigadores de Lengua y Literatura Italiana 第34回国際大会   2018年9月20日   
風景の不在と「写生」の誕生(和伊語発表)
国際シンポジウム「イタリアの都市の表象」   2018年5月26日   
一次大戦中の日本におけるイタリア人捕虜Prigionia italiana in Giappone durante la Grande Guerra(伊語) [招待有り]
「日本が語るイタリア」“La via del Sol levante. Il Giappone racconta l’Italia”, che inaugura una serie di convegni del progetto Il Medalics incontra Il Mondo   2018年2月23日   
「マリネッティの運動に与さない前衛作家たち―リオネッロ・フィウーミ、アウロ・アルバ、フランチェスコ・メリアーノ」Gli avanguardisti non allineati al movimento di Marinetti: Lionello Fiumi, Auro d’Alba, Francesco Meriano(伊語)
「われわれは20世紀文学のためにいる」資料館での研究   2018年2月21日   
厭世詩人レオパルディ―日本での受容Leopardi pessimista “ensei”: un secolo di ricezione in Giappone(伊語) [招待有り]
レオパルディ研究会   2018年2月8日   
ローマと文学―「作家の本棚」
関西イタリア学研究会 京都外国語大学   2017年12月10日   
Sekiyu, Petrolio. Criteri per la resa in giapponese ‟『石油』、『ペトロリオ』、邦訳方針”(伊語) [招待有り]
Petrolio 25 anni dopo “『石油』発刊から25年を記念して”ピサ高等師範学校   2017年11月9日   
Il paradosso del mare nella poesia contemporanea italiana e giapponese“イタリアと日本の現代詩における海のパラドクス”(伊語) [招待有り]
アルゼンチン・イタリア文学語学会 第33回国際大会、国立トゥクマン大学   2017年9月18日   
Un rapporto a specchio: centocinquanta anni di parallelismo tra Italia e Giappone "日本とイタリアの歴史的並行関係"(伊語) [招待有り]
フォッジャ大学人文学部   2017年7月7日   
L’Archivio Marone in Argentina‟アルゼンチンのマローネ文庫”(伊語) [招待有り]
ナポリ東洋大学主催国際シンポジウム 「ゲラルド・マローネ文庫:彼の時代1914-24」   2017年2月23日   
第二部「翻訳について」コメント [招待有り]
シエナ外国人大学国際シンポジウム 「イベリア半島とラテンアメリカにおけるイタリア文学」   2017年1月19日   
『「以太利は欧州の日本也」―明治後期イタリアブームにおける二重写し』 [招待有り]
上智大学シンポジウム「19世紀における日伊関係」   2016年10月14日   
「南の文学 南から/南へ」
世界文学・語圏横断ネットワーク第5回研究集会   2016年9月24日   
イタリア・ノヴェチェント再考
中央大学人文科学研究所主催公開研究会   2016年7月30日   
立命館大学文学部における多言語入試と大学教育とをつなげる新たな取り組み-中国語・朝鮮語・イタリア語を中心に(庵逧由香氏と共同)
シンポジウム第4回外国語教育の未来を拓く-多様な外国語教育の価値を発見する   2016年3月13日   
Pasolini in Giappone: un'agghiacciante analogia‟日本におけるパゾリーニ、恐るべき類似”(伊語) [招待有り]
パゾリーニ国際シンポジウム、サバウディア市立図書館   2015年12月4日   
Lezione su Pasolini‟パゾリーニ講”(伊語) [招待有り]
ヴィート・ヴォルテッラ高校講堂(ローマ、チャンピーノ)   2015年12月2日   
アルゼンチンのイタリア人―マローネとヴィタ=フィンツィ [招待有り]
イタリア研究会   2015年10月30日   
La fortuna di Dante in Giappone“日本におけるダンテの受容”(伊語・西語講演) [招待有り]
Homaje a Dante Alighieri: primo convivio internazionale“ダンテへのオマージュ”ブエノス・アイレス・ダンテ協会   2015年9月2日   
1935年の日伊関係と文学交流
関西イタリア学研究会2014年11月定例会 立命館大学   2014年11月30日   
モンテ・サン・ジャコモ市主催講演会(於マローネ邸)   2014年9月2日   
イタリアにおける日本文化-短詩形の影響を中心に [招待有り]
掛川市竹の丸ゼミ   2013年12月14日   
「イタリア語研究者の集い」、東京イタリア文化会館   2013年11月10日   
現代のイタリア詩人を読む―アレゴリー、短い詩とは [招待有り]
星美学園短期大学 公開講座   2013年11月9日   
ゲラルド・マローネとナポリの前衛
イタリア学会第61回大会、富山大学   2013年10月19日   
下位春吉とゲラルド・マローネ-ナポリにおける文学的交歓
シンポジウム「ファシズムと文学―下位春吉をめぐって」、静岡文化芸術大学   2012年12月14日   
イタリアの大学と都市―最古の大学を擁するボローニャの例から
静岡文化芸術大学 公開講座   2012年5月26日   
出版記念講演会L'esperienza friulana di Pasolini 『パゾリーニのフリウリ体験』(伊語講演)
ロベルト・キエージ、ステファノ・コランジェロ、土肥秀行
ボローニャ市立シネマテーク   2011年11月11日   
地中海文化圏とカルタゴ~ローマの発掘現場より~
岩城克洋、土肥秀行
「チュニジア世界遺産 古代カルタゴとローマ展」開催記念講演、浜松市美術館   2010年4月25日   
出版記念講演会Giappone e Italia: le arti del dialogo 『日本とイタリア-芸術と対話-』(伊語講演)
ジョヴァンニ・アッザローニ、ジャコモ・マンゾリ、マッテオ・カザーリ、和田忠彦、土肥 秀行
ボローニャ大学マレスコッティの間   2010年3月1日   

競争的資金等の研究課題

 
イタリア新前衛派の軌跡と展開に関する総合的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究B)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 土肥 秀行
複数形の前衛観へ:未来派とゲラルド・マローネ関連資料研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究C)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 土肥 秀行
20世紀前半イタリアにおける短詩形:異国趣味と前衛のはざまで
日本学術振興会: 科学研究費補助金(若手研究B)
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 土肥 秀行
パゾリーニと20世紀イタリア短詩形:ヨーロッパと日本の詩の影響
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月    代表者: 土肥 秀行
吉田喜重著『小津安二郎の反映画』のイタリア語での出版
財団法人サントリー文化財団海外出版助成
研究期間: 2005年   
現代イタリア詩研究
イタリア政府: 奨学生
研究期間: 2000年10月 - 2001年5月
国際親善奨学生
ロータリー国際財団: 
研究期間: 1998年9月 - 2000年8月

担当経験のある科目