Shiobara, Yoshikazu

J-GLOBAL         Last updated: Jun 8, 2019 at 03:39
 
Avatar
Name
Shiobara, Yoshikazu
E-mail
shiobaralaw.keio.ac.jp
URL
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Cafe/9921/
Affiliation
Keio University
Section
Faculty of Law Department of Political Science
Job title
Professor
Degree
Master of Law(Keio University), Ph.D(Sociology)(Keio University)
Other affiliation
Graduate School of Human Relations
Research funding number
80411693

Profile

Yoshikazu Shiobara was born in Japan in 1973. He got Bachelor of Law (Political Science) in 1996, Master of Law (Political Science) in 1998, and Ph.D (Sociology) in 2004 at Keio University, Tokyo. He also studied at the Australian National University (2001-2003) and Sydney University (2003-2005) as a visiting student/scholar. Dr. Shiobara’s current research interests are multiculturalism and ethnic minority issues in Australia and Japan. Since 2001 he constantly visits Australia and researches on the policies and official discourses of multiculturalism and the implications for immigrant communities, as well as policies for indigenous peoples and asylum seekers. He has published a lot of books, journal articles and papers for academic presentations written in Japanese and English. He is also known as a translator of Japanese translation of Australian anthropologist Ghassan Hage’s White Nation (co-translation) and Against Paranoid Nationalism.

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1998
 - 
Jun 1999
Analyst, Sanwa Research Institute Corporation
 
Oct 2006
 - 
Sep 2008
Associate Professor, Tokyo University of Foreign Studies
 

Education

 
Mar 1996
   
 
Department of Political Science, Faculty of Law, Keio University
 
Mar 1998
   
 
Political Science, Graduate School, Division of Law, Keio University
 
Mar 2003
   
 
Divison of Sociology, Graduate School of Human Relations, Keio University
 

Committee Memberships

 
Dec 2018
 - 
Today
Japan Sociological Association  International Journal of Japanese Sociology Editorial Committee
 
Dec 2017
 - 
Today
Japan Sociological Association  Committee for the JSA Annual Award
 
Aug 2017
 - 
Today
Kanto Sociological Association  Editorial Board
 
May 2017
 - 
Today
移民政策学会  理事
 
May 2017
 - 
Today
移民政策学会  企画委員長
 

Published Papers

 
Exclusionism and Multiculturalism in Divided Societies: Cases of Japan and Australia
Yoshikazu Shiobara
クァドランテ   (21) 107-120   Mar 2019   [Invited]
The Implication of "3.11" in the Migration Process of Japanese Communities in Australia
SHIOBARA Yoshikazu
立命館言語文化研究   29(2) 45-61   Oct 2017   [Invited]
外国人労働者受け入れと多文化共生――いま、ここにある多文化化の現実から
SHIOBARA Yoshikazu
農業と経済   83(6) 39-47   Jun 2017   [Invited]
Between Liberation and Neglect: ‘Community-based’ Approaches and Neoliberalism in Policies for Asylum Seekers in Australia
SHIOBARA Yoshikazu
Hogaku Kenkyu (Journal of Law, Politics and Sociology)   90(1) 542-518   Jan 2017   [Invited]
共生と対話――多文化主義の刷新のために
SHIOBARA Yoshikazu
TASC MONTHLY   (491) 12-18   Nov 2016   [Invited]

Misc

 
essay
Yoshikazu Shiobara
講談社現代新書ウェブサイト      Apr 2019   [Invited]
interview
Yoshikazu Shiobara
社会運動   (432) 40-54   Oct 2018   [Invited]
interview
Yoshikazu Shiobara
母の友   (783) 20-25   Aug 2018   [Invited]
comment
Yoshikazu Shiobara
三田社会学   (23) 116-120   Jul 2018   [Invited]
book review
Yoshikazu Shiobara
ソシオロジ   62(2) 97-100   Oct 2017   [Invited]

Books etc

 
宮崎里司・樋口くみ子編著『サスティナビリティ・サイエンスとオーストラリア研究――地域性を超えた持続可能な地球社会への展望』
SHIOBARA Yoshikazu (Part:Contributor, 「移住者がサスティナブルになるということ――シドニーの日本永住者の経験から」159-177頁)
オセアニア出版社   Apr 2018   
移民政策学会設立10周年記念論集刊行委員会編『移民政策のフロンティア――日本の歩みと課題を問い直す』
SHIOBARA Yoshikazu (Part:Contributor, 「オセアニア――オーストラリアの移民政策を中心に」188-193頁)
明石書店   Mar 2018   
分断するコミュニティ:オーストラリアの移民・先住民族政策
SHIOBARA Yoshikazu
法政大学出版局   Oct 2017   ISBN:978-4-588-67520-1
変容する国際移住のリアリティ――「編入モード」の社会学
SHIOBARA Yoshikazu (Part:Contributor, 就学前児童支援と移住女性へのエンパワーメント――シドニーの日本人永住者によるプレイグループ活動の発展(61-75頁))
ハーベスト社   Aug 2017   
変容する国際移住のリアリティ――「編入モード」の社会学
渡戸一郎編者代表、塩原良和・長谷部美佳・明石純一・宣元錫編 (Part:Joint Editor)
ハーベスト社   Aug 2017   ISBN:978-4-86339-090-4

Conference Activities & Talks

 
排外主義の台頭と多文化共生 [Invited]
SHIOBARA Yoshikazu
社会学系コンソーシアム・日本学術会議 第11回シンポジウム「アジアがひらく日本」   26 Jan 2019   
分断する社会の諸相――日本とオーストラリアを中心に [Invited]
SHIOBARA Yoshikazu
日本国際政治学会2018年度研究大会 部会13「『分断』を再考する」   4 Nov 2018   
Is This the Mutual Permeation of Border Control and Social Integration?: Implementation of Policies for "Multicultural Coexistence" in Contemporary Japan. [Invited]
SHIOBARA Yoshikazu
一橋大学国際社会学プログラム科学研究費プロジェクトチーム主催・国際シンポジウム「トランスナショナル化と国境/境界規制――北米・EU・日本の比較」   28 Oct 2018   
排外主義に対峙するための『ラディカル・オーラル・ヒストリー』再読 [Invited]
SHIOBARA Yoshikazu
オーストラリア学会関東例会/東京外国語大学海外事情研究所シンポジウム「ポストファクト時代におけるGlobalizing reconciliationのゆくえ」   23 Jun 2018   オーストラリア学会関東例会/東京外国語大学海外事情研究所
複言語主義と多文化共生:排外主義に対峙するために [Invited]
SHIOBARA Yoshikazu
日本言語政策学会第20回記念大会 パネルディスカッション「言語教育政策としての複言語主義は移民・難民問題を乗り越えられるか」   16 Jun 2018   日本言語政策学会

Teaching Experience

 

Works

 
多文化主義と多文化共生
塩原良和   The Others   Dec 2018
神奈川県における「外国につながる子どもの貧困」問題への取り組みの現状と課題
The Others   Jul 2018
揺れ動く多文化社会オーストラリア:移民・難民問題を中心に
塩原良和   The Others   Jun 2018
オーストラリアの排外主義-歴史的経緯と近年の動向
塩原良和   The Others   Jan 2018
ともに生きる社会の実現に向けて ~ニーズを施策につなげる~ -神奈川県の外国人住民支援・多文化共生施策の課題から
塩原良和   The Others   Apr 2017

Research Grants & Projects

 
International comparative studies on migration policies
日本学術振興会: 科研費
Project Year: Apr 2019 - Mar 2022    Investigator(s): 小井土彰宏
ナショナルなシティズンシップの分断と移民・難民・先住民族:社会学的日豪比較研究
文部科学省: Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2016 - Mar 2020
 本研究は、現代の社会変動がもたらす国民国家のシティズンシップの変容をエスニック・マイノリティとマジョリティ国民の関係性の変化という視点から考察することで、日本を含む先進諸国における多民族・多文化共生の社会学的研究に貢献することを目指す。具体的には、移民、難民・庇護申請者、先住民族が国民国家のシティズンシップへと包摂されるあり方がグローバル化と新自由主義の影響によってどのように変容しているのかを、日本とオーストラリアにおける社会学的現地調査と国際比較分析によって明らかにする。さらにそうした...
移民・難民選別システムの重層的再編成――9ヶ国の国際比較と越境的構造分析
文部科学省: Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2016 - Mar 2019    Investigator(s): KOIDO, Akihiro
comparative sociological study on social policies for ethnic minorities between Australia and Japan
Japan society for the promotion of science: Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2013 - Mar 2015    Investigator(s): Yoshikazu Shiobara
従来、オーストラリアにおいても日本においても、移住者(移民・難民・定住外国人)のための社会政策と先住民族のための社会政策は別個に研究され、両者を統合する理論モデルの構築は積極的に行われてこなかった。そこで本研究では、現代先進諸国における移住者と先住民族に対する社会政策の双方を包含する「エスニック・マイノリティ向け社会政策」分析の理論的枠組みの構築を試みる。そのためにオーストラリアと日本で現地調査を行い、それぞれの国における「多文化主義(多文化共生)」政策と先住民族政策の現状に関する実証的デ...
選別的移民政策の国際比較――新自由主義/新保守主義と国民国家の境界再編成
文部科学省: Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2012 - Mar 2015    Investigator(s): 小井土彰宏

Social Contribution

 
港区立芝浦港南・台場・麻布・高輪・赤坂区民センター指定管理者候補者選考委員会 委員
[]  Apr 2018 - Mar 2019
かながわ国際政策推進懇話会 委員
[]  Sep 2015 - Mar 2019
委員
横浜市日本語学習コーディネート業務
[]  Jun 2014 - Mar 2016
アドバイザー
Member of Research Project on Foreign Residents, Kawasaki City Government
[]  Mar 2013 - Mar 2016
Chairperson, Research Project on children of Foreign Background in Tsurumi Ward, Yokohama City, Tsurumi Ward Administration Office
[]  Jun 2012 - Mar 2013