秋山 美紀

J-GLOBALへ         更新日: 19/08/24 03:02
 
アバター
研究者氏名
秋山 美紀
 
アキヤマ ミキ
URL
http://www.sfc.keio.ac.jp/~miki/lab
所属
慶應義塾大学
部署
環境情報学部
職名
教授
学位
MsC. Meida and Communication Regulation(London School of Economics and Political Science, London University), 博士(政策・メディア)(慶應義塾), 博士(医学)(慶應義塾大学)
その他の所属
医学部大学院政策・メディア研究科
科研費研究者番号
50439254

研究分野

 
 

経歴

 
1991年4月
 - 
1998年3月
(株)仙台放送 報道制作局
 
2003年10月
 - 
2005年11月
慶應義塾大学 政策・メディア研究科 (嘱託)COE研究員(21世紀 COE プログラム社会科学分野「日本・アジアにおける総合政策学先導拠点」)
 
2005年12月
 - 
2007年3月
慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 講師(有期・非常勤)
 
2007年4月
 - 
2010年3月
慶應義塾大学 総合政策学部 専任講師(有期)
 
2009年4月
 - 
現在
慶應義塾大学 医学部 兼担准教授(医学部衛 生学公衆衛生学教室)
 

学歴

 
1987年4月
 - 
1991年3月
慶應義塾 法学部 政治学科
 
2001年1月
   
 
ロンドン大学経済政治大学院(LSE) Graduate School of Mecia and Communication Msc. Media and Communication Regulation
 
2004年
   
 
慶應義塾 政策・メディア 
 

委員歴

 
2013年12月
 - 
2014年3月
鶴岡市がん検診受診率向上対策評価検討委員会  委員
 
2012年8月
 - 
2014年3月
鶴岡市健康なまちづくり推進協議会  委員
 
2008年5月
 - 
現在
奈良県地域医療連携課  委員
 
2007年12月
 - 
2008年11月
飛鳥大学専門職大学院(設置申請準備中)  学術委員
 
2007年
 - 
現在
緩和ケアコーディネータ養成講座  講師
 

受賞

 
2018年9月
日本ヘルスコミュニケーション学会 第10回日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会 優秀演題賞 スマートフォンを用いた在宅高齢者・療養患者の食生活支援コミュニケーションプログラムの開発と実証
 
2013年10月
日本ヘルスサポート学会 日本ヘルスサポート学会第6回(2013年度)学会賞(実践活動部門) 「からだ館がん情報ステーション」の活動
 
2013年10月
日本ヘルスサポート学会 日本ヘルスサポート学会第6回学会賞(実践部門) からだ館がん情報ステーション
 
2010年6月
緩和医療学会誌2009優秀論文賞 『地域診療所医師の在宅緩和ケアに関する意識調査』Palliative Care Research 第4巻2号.
受賞者: 秋山 美紀
 
2009年11月
日本緩和医療学会 Best Palliative Care Research 2009(緩和医療学会誌2009優秀論文賞) 「地域診療所医師の在宅緩和ケアに関する意識調査」
受賞者: 秋山美紀ほか
 

論文

 
秋山 美紀
MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   49(5) 216-216   2017年5月
医療・介護の連携と情報システム-プラットフォームの視点からの考察
秋山 美紀
慶應経営論集   31(1) 229-256   2014年3月   [招待有り]
Hirooka, Kayo, Miyashita, Mitsunori, Morita, Tatsuya, Ichikawa, Takeyuki, Yoshida, Saran, Akizuki, Nobuya, Akiyama, Miki, Shirahige, Yutaka, Eguchi, Kenji
JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   44(3) 249-256   2014年3月   [査読有り]
A Population-Based Survey on Perceptions of Opioid Treatment and Palliative Care Units: OPTIM Study
Igarashi, Ayumi, Miyashita, Mitsunori, Morita, Tatsuya, Akizuki, Nobuya, Akiyama, Miki, Shirahige, Yutaka, Eguchi, Kenji
AMERICAN JOURNAL OF HOSPICE & PALLIATIVE MEDICINE   31(2) 155-160   2014年3月   [査読有り]

Misc

 
「対話の場をつくる-NPO法人地域医療を育てる会の挑戦」、特集「地域医療を支える住民の活動」
秋山 美紀
月刊誌『病院』   70(9) 667-70   2011年9月
豊かな感性のコーディネーターを育てよう
秋山 美紀
地域連携入退院支援   2011(1, 2月)    2011年1月
情報共有とその道具
秋山 美紀
地域連携入退院支援   (11,12月)    2010年11月
顔の見える関係と信頼
秋山 美紀
地域連携入退院支援   (9,10月)    2010年9月
勉強会で育むコミュニティ感情
秋山 美紀
地域連携入退院支援   (7,8月)    2010年7月

書籍等出版物

 
コミュニティヘルスのある社会へ-「つながり」が生み出す「いのち」の輪
秋山 美紀
岩波書店   2013年8月   ISBN:978-4-00-022927-2
地域医療におけるコミュニケーションと情報技術  医療現場エンパワーメントの視点から
秋山 美紀
慶應義塾大学出版会   2008年4月   ISBN:978-4-7664-1519-3
地域医療を守れ-「わかしおネットワーク」からの提案
平井愛山, 秋山美紀 (担当:共著)
岩波書店   2008年1月   ISBN:978-4-00-023845-8
日本最悪のシナリオ 9つの死角
(財)日本再建イニシアティブ (担当:分担執筆, 範囲:「コミュニケーション」 pp. 285-302)
新潮社   2013年3月   ISBN:978-4103337317
創発経営のプラットフォーム 協働の情報基盤づくり
國領二郎、プラットフォームデザイン・ラボ (担当:共著, 範囲:「信頼形成のプラットフォーム――ヘルスケアをめぐる多様な主体の協働の場づくり」 pp. 205-231)
日本経済新聞出版社   2011年10月   ISBN:9784532134136

講演・口頭発表等

 
IT・ユビキタス社会と医薬品情報 [招待有り]
秋山 美紀
第14回日本医薬品情報学会 総会・学術大会   2011年7月23日   
和泉典子、秋山美紀、奥山慎一郎、難波幸井、富樫清、柏倉貢、渋谷美恵、武林亨、鈴木聡. 「地域緩和ケアチームが開催した多施設・他職種デスカンファレンス参加者の体験」、第16回日本緩和医療学会学術大会、札幌、2011年7月
和泉典子、秋山美紀、奥山慎一郎、難波幸井、富樫清、柏倉貢、渋谷美恵、武林亨、鈴木聡
第16回日本緩和医療学会学術大会   2011年7月   第16回日本緩和医療学会学術大会
Do patients with advanced stages of cancer feel secure in receiving care at home and in the region? : a large-scale survey in Japan
秋山 美紀
Academy Health 2011 Annual Research Meeting   2011年6月   
地域医療連携における情報技術の活用 [招待有り]
秋山 美紀、三原一郎
第28回日本医学会総会   2011年4月9日   日本医学会
Healthcare IT Adoption under Different Government Models [招待有り]
秋山 美紀
International Conference on Information System(ICIS) 2010,   2010年12月15日   

Works

 
地域包括ケアと情報・コミュニケーション
その他   2014年7月 - 現在
岩手県医療保健情報化 コンソーシアム招待講演
地域連携がつくるコミュニティヘルス
その他   2014年6月 - 現在
鶴岡地区歯科医師会学術集会招待講演
地域ぐるみで幸齢に
その他   2014年6月 - 現在
鶴岡市保健衛生推進員会連合会総会基調講演
コミュニティヘルスのある社会へ
その他   2014年6月 - 現在
シンポジウム座長と講演、日本医療マネジメント学会学術総会
コミュニティヘルスのあるまちづくり
その他   2014年6月 - 現在
第5回北陸支部ワールドコンチネンスウィークイベント招待講演

競争的資金等の研究課題

 
研究機関から一般社会への成果発信に関する調査研究
文部科学省・日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2019年4月 - 2023年3月    代表者: 秋山 美紀
在宅高齢者と介護者の食生活と栄養を支援するプログラムの開発
科学研究費補助金(文部科学省・日本学術振興会)
研究期間: 2014年 - 現在    代表者: 秋山 美紀
ヘルスサービス組織の危機管理に関するケースメソッド教材の開発
日本生命財団: 
研究期間: 2012年10月 - 2014年9月    代表者: 秋山 美紀
がん疼痛治療の施設成績を評価する指標の妥当性を検証する研究(H22-がん臨床-一般-036)
厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月
第3次対がん総合戦略研究事業「緩和ケアプログラムによる地域介入研究」
厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 江口研二

社会貢献活動

 
奈良県地域医療連携課
【】  2008年5月 - 現在
飛鳥大学専門職大学院(設置申請準備中)
【】  2007年12月 - 2008年11月
緩和ケアコーディネータ養成講座
【】  2007年 - 現在
学際領域研究所
【】  2007年 - 現在
インターネット医療協議会
【】  2007年 - 現在