竹本 和広

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/03 08:56
 
アバター
研究者氏名
竹本 和広
 
タケモト カズヒロ
URL
http://sites.google.com/site/kztakemoto/
所属
九州工業大学
部署
大学院情報工学研究院 生命情報工学研究系
職名
准教授
学位
博士(情報学)(京都大学)
Twitter ID
kztakemoto

研究分野

 
 

経歴

 
2015年7月
 - 
現在
九州工業大学 大学院情報工学研究院 准教授
 
2012年4月
 - 
2015年6月
九州工業大学 大学院情報工学研究院 助教
 
2009年10月
 - 
2013年3月
科学技術振興機構 さきがけ研究者
 
2009年4月
 - 
2009年9月
東京大学 大学院新領域創成科学研究科 特任研究員
 
2007年4月
 - 
2009年3月
日本学術振興会 特別研究員
 

委員歴

 
2017年9月
 - 
現在
PLOS ONE  Academic Editor
 
2017年5月
 - 
現在
The Sixteenth Asia Pacific Bioinformatics Conference (APBC 2018)  Program Committee
 
2017年1月
 - 
現在
6th International Conference on Complex Networks and Their Applications (COMPLEX NETWORKS 2017)  Program Committee
 
2015年6月
 - 
現在
Scientific Reports (Nature Publishing Group)  Editorial Board
 
2015年6月
 - 
現在
MOL2NET, International Conference on Multidisciplinary Sciences  Scientific Committee
 

受賞

 
2017年9月
Oxford Journals - Japanese Society for Bioinformatics Prize 2017
 

論文

 
Takemoto K, Aie K
BMC Bioinformatics   18 278-1-278-9   2017年5月   [査読有り]
Takemoto K, Imoto M
Royal Society Open Science   4 170162-1-170162-7   2017年4月   [査読有り]
Muto-Fujita A, Takemoto K, Kanaya S, Nakazato T, Tokimatsu T, Matsumoto N, Kono M, Chubach, Y, Ozaki K, Kotera M
Scientific Reports   7 43368-1-43368-14   2017年3月   [査読有り]
Takami H, Tanigichi T, Arai W, Takemoto K, Moriya Y, Goto S
DNA Research   23(5) 467-475   2016年10月   [査読有り]
Takemoto K, Ii M, Nishizuka SS
Royal Society Open Science   3 160267-1-160267-11   2016年9月   [査読有り]

Misc

 
竹本和広
実験医学増刊   35(5) 211-214   2017年3月   [査読有り][依頼有り]
竹本和広
応用数理   24(1) 10-18   2014年3月   [査読有り][依頼有り]
竹本和広
細胞工学   33(1) 31-36   2014年1月   [依頼有り]
竹本和広
生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi   90(3)    2012年3月   [依頼有り]
竹本和広
実験医学増刊   29(7) 180-185   2011年4月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
バイオインフォマティクス入門
日本バイオインフォマティクス学会 (編集) (担当:分担執筆, 範囲:6-6, 6-7, 6-8節)
慶應義塾大学出版会   2015年8月   ISBN:4766422511
Statistical and Machine Learning Approaches for Network Analysis
Takemoto K, Oosawa C (担当:分担執筆, 範囲:Chapters 2 and 3)
John Wiley & Sons   2012年8月   ISBN:0470195150

講演・口頭発表等

 
Network complexity, disease and health [招待有り]
Takemoto K
The 2nd International Symposium on BioComplexity (ISBC2)   2017年1月20日   
Environmental change influences ecological network structure on a global scale
Takemoto K
Conference on Complex Systems 2016   2016年9月20日   
Relative abundance of oxic reaction genes may determine metabolic rate and lifespan
Takemoto K, Kawakami Y
Conference on Complex Systems '15   2015年10月2日   
Heterogeneity is the main factor in determining the stability of ecological mutualistic networks
Takemoto K
NetSci 2015: The International School and Conference on Network Science   2015年6月1日   
ネットワーク理論から捉える代謝・生態システムのロバストネス [招待有り]
竹本和広
豊田理化学研究所・特定課題研究「制御・情報理論による生物システムのロバストネス解析と設計」第1回講演会   2014年9月18日   

競争的資金等の研究課題

 
代謝ネットワークを通して可能にする微生物生態系の機能評価とデザイン:理論と応用
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(若手研究(A))
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 竹本 和広
代謝ネットワークから解き明かす生物—環境相互作用:解析基盤の確立と応用
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(若手研究(A))
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月    代表者: 竹本 和広
Elucidation of the design principles of metabolic pathways of living organisms via mathematical modelling analysis
National Natural Science Foundation of China: International Young Scientists Program
研究期間: 2013年       代表者: 竹本 和広
Computational analysis of metabolic networks from a viewpoint of structure and physicochemical properties of proteins
Chinese Academy of Science: Fellowship for Young International Scientists
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 竹本 和広
環境適応から解き明かす代謝ネットワークの設計原理
JST戦略的創造研究推進制度(個人研究型) (個人研究推進事業:さきがけ研究21‐PRESTO)
研究期間: 2009年10月 - 2013年3月    代表者: 竹本 和広