KASAHARA Kensuke

J-GLOBAL         Last updated: Nov 15, 2018 at 03:39
 
Avatar
Name
KASAHARA Kensuke
Affiliation
Hosei University
Section
Faculty of Letters, Department of Philosophy
Job title
Professor
Degree
Doctor of Philosophy(The University of Tokyo)
Research funding number
10152620

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1977
 - 
Mar 1978
東京大学文学部 研究生
 
Apr 1978
 - 
Mar 1980
君津郡市中央病院組合立 君津中央病院付属高等看護学校 非常勤講師
 
Apr 1980
 - 
Mar 1987
桐朋学園大学音楽学部 非常勤講師
 
Apr 1982
 - 
Mar 1984
法政大学第一教養部 専任講師
 
Apr 1984
 - 
Mar 1994
法政大学第一教養部 助教授
 

Published Papers

 
レッシング『賢者ナータン』再読
Kensuke Kasahara
Thought   (1126) 22-30   Feb 2018   [Invited]
Lessing und Friedrich Schlegel; Betrachtungen ueber ihr jeweiliges Orient-Bild
Kasahara, Kensuke
Schelling-Jahrbuch   (22) 38-49   Jul 2017   [Invited]
Die aussereuropaeische Welt und Europa bei Lessing und Herder
Kasahara, Kensuke
Studies of Comparative Lterature   (102) 6-17   Feb 2017   [Invited]
Watsuji Tetsuro"Fudo" and Herder
KASAHARA, Kensuke
Shisou   (1105) 136-157   May 2016   [Invited]
第1105号。136~157頁。和辻哲郎とヘルダーの接点を著書『風土』の形成過程、とりわけ論文「風土」に着目して解明し、和辻のヘルダー受容の意義と制限を考察した。本研究の遂行に当たっては、独立行政法人日本学術振興会の科学研究費の助成を受けた(課題番号22520331)。
Pluralitaet und Norm. Betrachtungen ueber Ideen zur Philosophie der Geschichte der Menschheit von J. G. Herder
KASAHARA, Kensuke
Bulletin of Hosei Society for Philosophy   (12) 25-37   Mar 2016   [Refereed][Invited]
第12号、25~37頁。文化の複数性を認める思考はいかにして相対主義をまぬかれ得るか。この問題をヘルダーの主著『イデーン(人類歴史哲学考)』を手がかりにして考えた。本研究の遂行に当たっては、独立行政法人日本学術振興会の科学研究費の助成を受けた(課題番号22520331)。

Misc

 
桑原俊介『シュライアマハーの解釈学 近代解釈学の成立史』
Kenuke Kasahara
The Annual Bulletin of The Japanese Society for Eighteenth-Century Studies   (33) 49-50   Jun 2018   [Invited]
桑原俊介『シュライアマハーの解釈学 近代解釈学の成立史』御茶の水書房、2016年の概要を整理して取り出し、その意義を論じた。
新たなヘルダー理解を切り開く労作 濱田真『ヘルダーのビルドゥング思想』
KASAHARA, Kensuke
Herder-Studien   (20) 179-184   Apr 2015   [Refereed][Invited]
ヘルダーについての我が国における最新の包括的な研究書、濱田真著『ヘルダーのビルドゥング思想』(鳥影社、2014年)について、主要な論点を取り出して紹介し、論評した。
"Destiny" of Dialectic of Enlighetenment and its Destinations -about Takashi Kurihara: From German Idealism to Hegel.
KASAHARA, Kensuke
Studien zu Hegels Philosophie   (20) 177-181   Dec 2014   [Refereed][Invited]
栗原隆『ドイツ観念論からヘーゲルへ』(未來社、2011)、第4章~第6章、とりわけ第4章「合理化と神秘化-思弁的宗教論へと到る啓蒙の定め」を中心に、論点を分析し、考察を加え、問題を提起した。
書評:井川義次『宋学の西遷 近代啓蒙への道』
KASAHARA, Kensuke
The Annual Bulletin of the Japanese Society for Eighteenth-Century Studies   (27) 79-80   Jun 2012   [Refereed][Invited]
17世紀にヨーロッパに知られるようになった朱子学について、ヨーロッパ人が依拠した資料を渉猟し、クリスティアン・ヴォルフに至る受容の課程を解明した井川義次『宋学の西遷 近代啓蒙への道』の論点を取り出し、論評を加えた。
グラーツの国際18世紀学会、ドイツ語訳『歴史批評辞典』のことなど
KASAHARA, Kensuke
日本18世紀学会学会ニュース   (68) 2-4   Dec 2011   [Refereed]
2011年7月25~29日にオーストリアのグラーツで開催された国際18世紀学会第13回大会の動向を、同時期に取り組んでいた研究課題と関連付けて報告し、論評した。

Books etc

 
The German Enlightenment and the Non-European World; Knigge, Lessing und Herder.
Kensuke KASAHARA
Mirai-Sha   Jan 2017   ISBN:978-4-624-01195-6
2015年度に東京大学大学院総合文化研究科に提出した博士学位論文(学術)「ドイツ啓蒙と非ヨーロッパ世界―クニッゲ、レッシング、ヘルダーを中心にして」に加筆・補訂を加えたもの。科学研究費補助金(研究成果公開促進費)の助成による刊行。
Herder und seine Wirkung
Michael Maurer, Klaus Manger, Wolfgang Duesing, etc. (Part:Joint Work, 第8部 Wirukungsraeumeの内、Herders Ideen und Watsuji Tetsuro -Zur Geschichte der Herder-Wirkung im aussereuropaeischen Gebietを執筆。)
Synchron Verlag Heidelberg   Dec 2014   ISBN:978-3-939381-68-6
Part8, Chapter 2: Herders Ideen und Watsuji Tetsuro -Zur Geschichte der Herder-Wirkung im aussereuropaeischen Gebiet.
Ernst Cassirer, Nachgelassene Texte und Manuskripte Bd. 1, Zur Metaphysik der Symbolischen formen.
Kensuke, KASAHARA, Yoshihito MORI (Part:Joint Translation, 全部)
Hosei University Press   Aug 2010   ISBN:978-4-588-00941-9
1990年代半ばから刊行され始めた、哲学者エルンスト・カッシーラーの遺稿集の内、第1巻、Ernst Cassirer, Nachgelassene Texte und Manuskripte Bd. 1, Zur Metaphysik der Symbolischen formenを全訳した。末尾に本遺稿の意義を述べた「訳者あとがき」を付した。共訳者:森淑仁。最終稿の作成、訳語の統一は笠原が行った。
A History of Social Thought
Kensuke, KASAHARA, Yoshifumi HAMADA, Akitoshi KAKU, Kaichiro YUKAWA, Eiji MAKINO, Tsutomu HOSHINO, Shin ABIKO, Takeshi SAKAI (Part:Joint Work, 第5部「現代ドイツを中心とした社会思想」・第6章「承認論的社会理論」)
Hosei University   Mar 2010   
第5部「現代ドイツを中心とした社会思想」・第6章「承認論的社会理論」を執筆。批判理論第3世代のアクセル・ホネットの社会思想を主著『承認をめぐる闘争』に基づいて論じた。
ノイズとダイアローグの共同体―市民社会の現場から
Yasuaki KAWANABE(ed.), Kensuke KASAHARA, Hiroyuki TANIGUCHI, Eriko YAMAGUCHI, Yasushi UCHIYAMADA, Osamu YOSHINO, Makoto HAMADA, Takamichi TAKEI, Ayako NAKAI, etc. (Part:Joint Work, 第IV部「一八世紀ドイツの市民的公共性と社交性」・第13章「クニッゲと啓蒙の社交性―カント、シュライアーマッハーとの連関の中で」)
Tsukuba University Press   Mar 2008   ISBN:978-4-904074-05-3
第IV部「一八世紀ドイツの市民的公共性と社交性」のうち第13章「クニッゲと啓蒙の社交性-カントとシュライアーマッハーとの連関の中で」を執筆。拙訳クニッゲ『人間交際術』(講談社学術文庫、1993年、中直一との共訳)の意義を18世紀ドイツの脈絡のなかで論じた。

Conference Activities & Talks

 
Nietzsche und Platon
Kasahara Kensuke
公開シンポジウム「プラトンと現代」   23 Jun 2018   Hosei University Faculty of Letters Department of Philosophy
ハイデガーとピヒトのニーチェ解釈を出発点にして、ニーチェとプラトンの哲学の対立点と接点を論じた。他の提題者:奥田和夫、中釜浩一、星野勉、山口誠一、酒井健、牧野英二。
特別企画―笠原賢介『ドイツ啓蒙と非ヨーロッパ世界』を批評する [Invited]
特定質問者:小林直子、松原文、八幡さくら。質問への回答者:笠原賢介。
日本ヘルダー学会春季研究発表会   13 May 2018   Herder-Society Japan
笠原の著書『ドイツ啓蒙と非ヨーロッパ世界』(2017年)について、全三章のうち三人の特定質問者がそれぞれ一章を担当して質疑を行い、笠原が応答し、参加者全体を交えて討議を行った。
啓蒙の世紀における人文知 [Invited]
Kensuke Kasahara
中部高等学術研究所第2回研究会   26 Jan 2018   中部大学中部高等学術研究所
『比較文學研究』第102号「特輯 研究を語る」座談会 [Invited]
Kasahara Kensuke, Hanakata Hisayuki, Enomoto Yasuko, Matsuo Risa.
『比較文學研究』合評会・座談会・若手推奨研究コロキアム   22 Dec 2017   東大比較文學會
『比較文學研究』第102号「特輯 研究を語る」執筆者三名による座談会。笠原は執筆の論文「レッシング、ヘルダーにおける非ヨーロッパとヨーロッパ」をもとに、領域横断的な視点の意義、近年の資料のディジタル化に伴う研究環境の変化などを中心にして比較研究の意義を述べた。
A. Gethmann-Siefertのヘーゲル『美学』論 Danto und Hegel zum Ende der Kunst- Ein Wettstreit um die Modernitaet der Kunst und Kunsttheorie (2013) をめぐって
Kasahara, Kensuke
ヘーゲル美学講義研究会   24 Sep 2016   

Research Grants & Projects

 
The German Enlightenment and the Non-European World
Japan Society for the Promotion of Science: Grant-in-Aid for Publication of Scientific Research Results
Project Year: Apr 2016 - Mar 2017    Investigator(s): Kasahara, Kensuke
2015年度に東京大学総合文化研究科超域文化科学専攻において博士(学術)の学位を取得した論文「ドイツ啓蒙と非ヨーロッパ世界―クニッゲ、レッシング、ヘルダーを中心にして―」に加筆・訂正を行った著書『ドイツ啓蒙と非ヨーロッパ世界―クニッゲ、レッシング、ヘルダー』未來社、2017年1月の出版に際して、日本学術振興会に出版費用助成を求めて採択されたものである。
ヘーゲル美学講義に結実した芸術体験の実証的研究
Japan Society for the Promotion of Science: Grants-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2014 - Mar 2018    Investigator(s): Ishikawa Iori
十八世紀ドイツ文芸における社交性と非ヨーロッパ世界
Japan Society for the Promotion of Science: Grants-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2010 - Mar 2016    Investigator(s): Kasahara, Kensuke
文芸におけるアフリカ表象の変容:日欧比較研究
Japan Society for the Promotion of Science: Grants-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 2006 - Mar 2009    Investigator(s): Fujita Midori
和辻哲郎の思想と学問に関する基礎的研究
Japan Society for the Promotion of Science: Grants-in-Aid for Scientific Research
Project Year: Apr 1991 - Mar 1993    Investigator(s): Hamada Yoshifumi

Others

 
Jul 2005
2005年10月2日(土)に行われた公開シンポジウム「新たな生の哲学のために―ニーチェ徹底討議」(主催:法政大学文学部哲学科、共催:法政大学言語文化センター、後援:法政大学文学部同窓会)に向けた座談会。笠原賢介、山口誠一、酒井健、牧野英二(司会)。『法政』2005年7・8月号に掲載。
Apr 1990
1985~6年に研究滞在したドイツ南西部のテュ-ビンゲン大学を紹介した。『法政』1990年4月号、48頁。