ARAI Kazuyoshi

J-GLOBAL         Last updated: Nov 29, 2019 at 02:52
 
Avatar
Name
ARAI Kazuyoshi
Affiliation
Hosei University
Section
Faculty of Science and Engineering, Department of Mechanical Engineering
Job title
Professor
Degree
PhD in Engineering(Tokyo Institute of Technology)
Research funding number
10202706

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1988
 - 
Mar 1993
横浜国立大学工学部 助手
 
Apr 1993
 - 
Mar 1995
日本大学生産工学部 助手
 
Apr 1995
 - 
Mar 1996
法政大学工学部 専任講師
 
Apr 1996
 - 
Mar 2002
法政大学工学部 助教授 (「非金属材料」「機械工学特講」担当) (現在に至る)
 
Apr 2002
 - 
Mar 2008
法政大学工学部 教授
 

Education

 
Apr 1985
 - 
Mar 1988
化学工学専攻, Graduate School, Division of Science and Engineering, Tokyo Institute of Technology
 

Awards & Honors

 
Mar 2014
日本金属学会 第64回金属組織写真賞 顕微鏡関連部門「奨励賞」, 日本金属学会
 
受賞作品「透明積層体への超高速衝突による動的破壊の実時間観察」
Jun 2013
日本材料科学会功労賞, 日本材料科学会
 
May 1994
日本材料科学会末澤賞(奨励賞), 日本材料科学会
 
「PP・PMMAポリマーブレンドのモルホロジーと微視的破損過程」
May 1989
日本材料科学会論文賞, 日本材料科学会
 
「円柱まわりのスラリー流れによるプラスチックのエロージョン」
Mar 1989
手島工業教育資金団研究奨励賞, 手島工業教育資金団
 
「スラリー流れによる高分子材料のエロージョンに関する研究」

Published Papers

 
野球用アイガードの耐衝撃性能評価
秦 自強,篠山英恵,石橋之宏,新井和吉
日本機械学会 シンポジウム:スポーツ工学・ヒューマンダイナミクス2019講演論文集   C-19(USBメモリー)   Oct 2019
Preliminary Study on Fiber Orientation Analysis of Medium-scale Low-resolution Images of Recycled Carbon Fiber Nonwovens
Takahiro Moriwaki, Masumi Higashide, Sunao Sugimoto,Toshiya Nakamura and Kazuyoshi Arai
16th Japan International SAMPE Symposium & Exhibition (JISSE-16)   S-19    Sep 2019   [Refereed]
Impact of Foreign Object Damage to Leading Edge on Fatigue Capability of CMC Turbine Vanes
Kenro Obuchi, Fumiaki Watanabe, Hiroshi Kuroki and Kazuyoshi Arai
ASME 2019 Turbo Expo   GT2019-90841    Jun 2019   [Refereed]
ALADDIN-2: Dual Mode Impact Dust Detector Array for Hypervelocity and Low Velocity Regimes Onboard the OKEANOS Spacecraft
Hajime Yano, Takayuki Hirai, Haruki Nakano, Kazuyoshi Arai, Masayuki Fujii, David Veysset, Mostafa Hassani-Gangaraj, Steve Kooi, Christopher Schuh and Keith Nelson
Joint Symposium 32nd ISTS & 9th NSAT   2019-k-49    Jun 2019   [Refereed]
Meteoroid Flux Variation to the Earth in 2015-2018 Revealed by the Tanpopo Mission Onboard the International Space Station
Hajime Yano, Keita Yamamoto, Erika Minakami, Shuto Ohizumi, Kazuyoshi Arai, Maximilian Eitel, Takaaki Noguchi, Satoshi Sasaki, Yoko Kebukawa, Kensei Kobayashi, Hajime Mita, Eiichi Imai, Makoto Tabata, Kyoko Okudaira, Junya Imani, Masaru Tomita and Akihiko Yamagishi
Joint Symposium 32nd ISTS & 9th NSAT   2019-k-64p    Jun 2019   [Refereed]

Misc

 
A research about performance of metal baseball bats
1) Yuta Goto, Takahito Watanabe, Syunpei Hasuike, Zyun Hayasaka, Mitsuo Iwahara,Akio Nagamatsu, Kazuyoshi Arai, Yukihiro Teranishi and Hiroshi Nagao
The Impact of Technology on Sport II, F.K.Fuss, A.Subic and S.Ujihashi, Taylor&Francis   357-362   Sep 2007
軽量・小型デブリシールドの試作
小山修人、加納学、長谷川直、新井和吉
法政大学イオンビーム工学研究所報告   26 138-141   Jan 2007
The Effect of Hardener Distribution on Corrosion and Degradation Behavior of Unsaturated Polyester Resin
Tetsuya Sakai, Masatoshi Kubouchi, Kazuyoshi Arai, Shigeru Ono and Ken Tsuda
Book of Abstracts for 4th Intern. Conf. on Polymer Modification, Degradation and Stabilization   282   Sep 2006
Quality Evaluation of Molded Epoxy Resin and Particulate Filled Composites by Ultrasonic Technique
Hidemitsu Hojo, Shigeru Ono, Wen Fa Li, Akira Kanetaka and Kazuyoshi Arai
Proc. of ICCE/4   107-108   Jul 1997   [Refereed]
非破壊試験法として幅広い分野で使用されている超音波試験法を取り上げ、超音波を用いて、エポキシ樹脂および粒子充填複合材料の材質に影響を及ぼす構造および物性を簡便にしかも正確に判別する非破壊試験法について検討を行った。超音波特性と材料の構造・物性の関係を検討した結果、樹脂および複合材料の材質評価における超音波試験の有効性を検証した。 全2頁107~108頁、共同研究につき本人担当部分抽出不可能 共著者:Hidemitsu Hojo, Shigeru Ono, Wen Fa Li, Aki...
Erosion Phenomena of Composites based on Polymeric Materials -Effect of Filler Content and Size-
Asep Handaya Saputra, Masatoshi Kubouchi, Ken Tsuda and Kazuyoshi Arai
Proc. of Regional Symposium on Chemical Engineering 1996   1(11) 2-7   Oct 1996   [Refereed]
シリカ粒子充填エポキシ樹脂複合材料のサンドエロージョン損傷特性を解明するため、サンドエロージョン挙動に及ぼす粒子衝突角度や速度、粒子充填率、充填粒子の粒径について検討を行った。粒子径が増加するに従い、損傷速度は減少することがわかった。またシリカ粒子充填エポキシ樹脂は高衝突速度ほど脆性的損傷挙動を示し、損傷速度が最大となる粒子衝突角度は、粒子衝突速度が増加するに従い高角度側へ移行することがわかった。 全8頁1112~1117頁、共同研究につき本人担当部分抽出不可能 共著者:Asep Ha...

Books etc

 
最新 材料の性能・評価技術
(株)産業技術サービスセンター   May 2014   
高圧ガス保安技術 第11次改定版
高圧ガス保安協会   Feb 2014   
高圧ガス保安技術 第10次改定版
高圧ガス保安協会   Feb 2013   
高圧ガス保安技術 第9次改定版
高圧ガス保安協会   Feb 2012   
固定屋根式石油類貯蔵タンクの通気装置(日本高圧力技術協会基準 HPIS G 103:2012)
日本高圧力技術協会   Jan 2012   

Conference Activities & Talks

 
2段式軽ガスガン(藤原銃)の移設・稼働状況
第3回「日本における超高速衝突実験の現状と将来展望」研究会   19 Dec 2013   
一段式ガスガンを用いた複合材料の耐衝撃性
「日本における超高速衝突実験の現状と将来展望」研究会   12 Dec 2011   

Patents

 
特許公開2003-14398 : 飛翔体発射装置