平塚 眞樹

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/15 03:39
 
アバター
研究者氏名
平塚 眞樹
 
ヒラツカ マキ
所属
法政大学
部署
社会学部社会学科
職名
教授
学位
教育学修士(東京大学)
その他の所属
法政大学
科研費研究者番号
10224289

研究分野

 
 

経歴

 
1990年4月
 - 
1991年3月
京都大学教育学部教育行政学講座 文部教官助手
 
1991年4月
 - 
1993年3月
法政大学社会学部 専任講師
 
1993年4月
 - 
2003年3月
法政大学社会学部 助教授(「教育原理」「教育実習」「発達・教育の理論」「演習」担当)
 
1995年4月
 - 
1996年3月
早稲田大学文学部 非常勤講師
 
1995年4月
 - 
1996年3月
立教大学文学部 非常勤講師
 

学歴

 
1986年4月
 - 
1990年3月
東京大学 教育学研究科 教育行政学講座
 

委員歴

 
2011年8月
   
 
日本教育学会  理事
 
2010年10月
   
 
日本教育行政学会  研究推進委員
 
2004年10月
 - 
2006年10月
唯物論研究協会  運営委員
 
1999年10月
 - 
2001年10月
日本教育行政学会  監査
 
1993年1月
   
 
日本教育社会学会  会員
 

論文

 
「学校からの排除」への行政的関与~欧州における「学校からのドロップアウト削減政策」の試み
日本教育行政学会年報   (40) 184-187   2014年10月
なにが若者支援か~日欧の比較~
教育   (794) 14-22   2012年2月
EUにおける若者政策の研究動向
教育政策学会年報   (17) 168-174   2010年7月
若者たちの社会関係と背景・経歴
「若者の教育とキャリア形成に関する調査」第2回調査結果報告書   92-105   2010年3月
欧州における若者政策をめぐる論争軸
人間と教育   (64) 98-105   2009年12月

Misc

 
ヨーロッパにおける若者支援の現段階~フィンランドに焦点をあてて 第1回 就学と就労を支える公的制度
高校のひろば   (82) 36-39   2011年11月
ユースワークの現場を訪ねて2 フィンランドにおける学校とユースワークの合同事業
高校生活指導   (179) 104-107   2008年12月
ユースワークの現場を訪ねて1 英国バーミンガムから
高校生活指導   (178) 102-105   2008年9月
若者の移行期をめぐるインフォーマルなネットワーク ~人生の経歴における資源か 社会的不平等の再生産か?(抄訳)
教育   (722) 69-76   2006年9月
”不安定で危うい”人生軌道のあらたな出現にどう対峙するか
高校生活指導   (168) 14-21   2006年3月

書籍等出版物

 
Handbook of Children and Youth Studies
Akio Inui, Akihiko Higuchi
Springer   2015年1月   
そろそろ「社会運動」の話をしよう
田中優子他
明石書店   2014年10月   
若者の居場所と参加
田中治彦・萩原健次郎他
東洋館出版社   2012年4月   
同書中の「子ども・若者支援の政策と課題」を分担執筆
持続可能な包摂型社会への生涯学習~政策と実践の日英韓比較研究
乾彰夫、鈴木敏正、姉崎洋一他
大月書店   2011年11月   
高度成長の時代3 成長と冷戦への問い
大門正克他
大月書店   2011年3月   

講演・口頭発表等

 
The Transformation of Youth Transitions in Japan ~Double-sided ‘Freeters
7th International Conference on Researching Work and Learning   2011年12月   Researching Work and Learning
英国における若者政策の展開とユースワークの変容
日本教育学会第69回大会   2010年8月   日本教育学会
The Differentiation of Trajectories from School to Work in Present-Day Japan
Yuki Honda, Akihiko Higuchi, Masahiro Kidoguchi, Takumi Arikai
XVII ISA World Congress of Sociology   2010年7月   International Sociological Association
特別課題研究 若者たちの社会関係・社会参加と背景・経歴
日本教育学会第68回大会   2009年8月   日本教育学会
Youth Work, Youth Policy and Youth Research in Japan~ New polarization among youth
“Reflective youth work – linking theory and praxis”, Symposium   2008年7月   Youth Department of City of Helsinki