TOKUYASU Akira

J-GLOBAL         Last updated: Nov 15, 2018 at 03:39
 
Avatar
Name
TOKUYASU Akira
E-mail
atokuyashosei.ac.jp
URL
http://www.t.hosei.ac.jp/~atokuyas/
Affiliation
Hosei University
Section
Faculty of Social Sciences, Department of Sociology
Job title
Professor
Degree
M.A.(sociology)(The University of Tokyo)
Research funding number
30188742

Research Interests

 
 

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1986
 - 
Mar 1988
Assistant, Faculty of Social Sciences, Hosei University
 
Apr 1988
 - 
Mar 1990
Lecturer, Faculty of Social Sciences, Hosei University
 
Apr 1990
 - 
Mar 1993
Lecturer, Faculty of Literature, Chou University
 
Apr 1990
 - 
Mar 1996
Associate Professor, Faculty of Social Sciences, Hosei University
 
Oct 1991
 - 
Mar 1992
Lecturer, Faculty of Literature, University of Tokyo
 

Committee Memberships

 
Oct 2006
   
 
German-Japanese Society for Social Sciences  Vice President
 

Published Papers

 
Risk, Trust and Anxiety in the Functionally Differentiated Society
Akira Tokuyasu
The Journal of Studies in Contemporary Sociological Theory   10 68-75   Mar 2016   [Invited]
福島第一原子力発電所の事故のような社会全体に影響のおよぶリスク問題を題材にして、ルーマンの社会システム理論に依拠して問題の構図を記述し、科学技術とリスク・アセスメントの関係、リスク・アセスメントへの非専門家の参加について論じる。
ドイツ社会学におけるタルコット・パーソンズの受容過程の分析──『ケルン社会学・社会心理学雑誌』における引用動向を中心に──
社会学研究   (79) 35-63   Jun 2006
社会システム論と意味構成の科学的認識
Akira Tokuyasu
科学基礎論研究   30(1)    Dec 2002   [Refereed]
社会システム理論の現在
Akira Tokuyasu
社会・経済システム学会 『社会・経済システム』   (19)    Nov 2000   [Refereed]
中間単位のシステム論的考察
Akira Tokuyasu
社会・経済システム学会 『社会・経済システム』   (18)    Nov 1999   [Refereed]

Misc

 
Is Social Simulation Possible?
Trends in the Sciences   17(2) 54-57   Feb 2012
Analysis of regulation and communication from the view point of social systems theory
慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所(G-SEC) バイオセキュリティワークショップ 科学の倫理と機微技術のリスク管理 開催報告書   38-42   Dec 2011
『ケルン社会学・社会心理学雑誌』におけるタルコット・パーソンズの引用動向調査
社会志林   53(1) 35-53   Jul 2006
The Evolutionary and Pluralistic Design Principles of Social Systems in the Global Age
Akira Tokuyasu
ISSS Proceedings of Annual Meeting in Shanghai      2002
ドイツ社会─統一後の状況と社会学の新しい潮流
(財)政策科学研究所 『21世紀フォーラム』   (56)    Mar 1996
1990年の東西ドイツ統合の前後から1995年までのドイツの社会学会大会のテーマの変遷をたどりながら、またドイツ社会の状況の一部を点描しながら、旧東ドイツの社会と社会学が抱えていた諸問題、統合によって新たに生み出された統一ドイツの社会と社会学の抱える諸問題を明らかにした。 全3頁

Books etc

 
Ideenevolution (Evolution of Idea)
Niklas Luhmann translators: Mariko Hatanaka, Akira Tokuyasu, Haruki Aoyama, Daisuke Tagami, Toru Hijikata (Part:Joint Translation, 第2章 社会階級の概念について)
Shinsensha   Apr 2017   ISBN:978-4-7877-1705-4
ドイツの社会学者ニクラス・ルーマンによるゼマンティク研究(思想史的、知識社会学的研究)の論文集。進化、階級、科学、合理性、理念史の5つのテーマについての論考が収められている。
The Revival of Social Theory - Beyond Social System Theory and Reflexive Self-Organization
Takatoshi Imada, Kazuo Seiyama, Toshio Tomoda, Toshiki Sato, Toru Takahashi, Tsutomu Hashimoto, Shigeto Sonoda, Takashi Machimura, Daizaburo Hashizume, Yoshimichi Sato, Toshiyuki Masamura, Akira Tokuyasu, Takeaki Komatsu, Kaoru Endo (Part:Joint Work, 13 自己組織性と社会システム──主体のありかをめぐる考察)
Minerva Shobo   Dec 2016   ISBN:978-4-623-07768-7
社会システム論と再帰的自己組織性の理論の展開を展望する。「社会システム論とモダニティ」、「再帰的自己組織性論とポストモダン」という2つのテーマにそった諸論考が収められている。
デリダ、ルーマン後の正義論─正義は〈不〉可能か 原著 Gunther Teubner (Hrsg.), Nach Jacques Derrida und Niklas Luhmann: Zur (Un-)Möglichkeit einer Gesellschaftstheorie der Gerechtigkeit
土方透、青山治城、大森貴弘、吉岡剛彦、毛利康俊、庄司信、渡會知子
新泉社   Apr 2014   ISBN:978-4-7877-1405-3
脱構築の正義(デリダ)、偶発性定式としての正義(ルーマン)、両者の遺した学問的成果から、われわれはつぎに何を語れるのだろうか。社会において正義を可能にする諸々の道具立てを描出し、正義の社会理論の〈不〉可能性を問う。
社会構造とゼマンティク 3 原著 Gesellschaftsstruktur und Semantik 3 原著者 Niklas Luhmann
高橋徹、三谷武司、赤堀三郎、阿南衆大、徳安彰、福井康太
法政大学出版局   Nov 2013   ISBN:978-4588009631
Protest - Systemtheorie und soziale Bewegung, Niklas Luhmann
Shinsensha   Aug 2013   ISBN:978-4787713063

Conference Activities & Talks

 
How can we make the democratic decision about risky ecological problems?
Akira Tokuyasu
International symposium: crisis of democracy? Chances, risks, and challenges – a comparison japan (asia) and Germany (Europe   15 Mar 2018   German-Japaneses Society for Social Sciences
An analysis of regulation and communication from the perspective of social systems theory
Keio Global Security Research Institute (G-SEC) Bio-security Workshop   18 Dec 2010   Keio Global Security Research Institute (G-SEC)
機微技術のリスク管理について、社会システム論の観点から、「情報の境界管理」を鍵概念として分析した。機微技術にかんする情報の規制とコミュニケーションについて、すくなくとも当該技術を扱う科学技術の研究組織のレベルと、セキュリティを国益の観点から評価する国家のレベルの2つを区別して、情報の境界管理の具体的な可能性とリスクについて考察した。

Teaching Experience