TOYODA Takashi

J-GLOBAL         Last updated: Jan 12, 2018 at 02:57
 
Avatar
Name
TOYODA Takashi
Affiliation
Hosei University
Section
Faculty of Business Administration, Department of Business Strategy
Job title
Professor
Degree
Master of Economics(The University of Tokyo)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1976
 - 
Nov 1976
福島大学経済学部 講師
 
Dec 1976
 - 
Sep 1982
福島大学経済学部 助教授
 
Apr 1978
 - 
Mar 1979
福島県立農業短期大学校 非常勤講師
 
Oct 1982
 - 
Mar 1989
東京経済大学経済学部 助教授
 
Apr 1984
 - 
Mar 1985
一橋大学経済研究所 非常勤講師
 

Education

 
Apr 1972
 - 
Mar 1976
理論経済学専攻, Graduate School, Division of Economics, The University of Tokyo
 

Committee Memberships

 
Sep 1992
 - 
Aug 1994
The Japan Statistical Society  associate editor
 
Sep 1990
 - 
Aug 1992
The Japan Statistical Society  director
 

Published Papers

 
The Measurement of Inequality:Lorenz Partial Ordering
経営志林   47(4) 33-40   Jan 2011
Concentration Curves and the Method of Measuring Elasticities
The Economic Review   45(2) 107-116   Apr 1994   [Refereed]
3つの集中曲線(ローレンツ曲線、狭義の集中曲線、比率曲線)から2つをとり出して組み合せる図法によって一群の弾力性計測法が得られることを示し、それらがすべて操作変数法で直線をあてはめたときの平均まわりの弾力性を推定したものと解釈できるということを指摘した。なお、租税累進度尺度との関係についても触れた。
The measurement of elasticities by using the Lorenz Curves
日本経済と経済統計   206-223   Dec 1986
これまでもっぱら不平等や集中度を比較するためのグラフとして利用されてきたローレンツ曲線を新たに弾力性の比較と計測に適用した試み。家計調査データを用いて、十大費目の支出弾力性の計測例を示し、この方法の有効性を実証的に示した。 全19頁
Decomposability of Inequality Measures
The Economic Studies Quarterly   31(3) 207-228   Jan 1981   [Refereed]
不平等尺度が、任意のグループ分けに対して、グループ内不平等度の加重和とグループ間不平等との和として表現できるという一般的な条件の下で、具体的内容をもち、かつ実用可能な不平等尺度を導出した。また、グループ内不平等度の加重和としてのみ表現され、グループ間不平等度を含まない型の分解に対する不平等尺度のクラスも示した。基本的には前著論文「所得分布の不平等度」の主要部を精緻化した研究である。
昭和40年代の職業別所得不平等度とその計測
和合肇
Kokumin Keizai   (137) 41-60   Jun 1977   [Refereed]

Misc

 
The Gini Index and Its Decomposition by Factor Components
経営志林   42(1) 41-44   Apr 2005
The Measurement of Inequality: A Direct Relationship Between the Gini Index and the Coefficient of Variation
経営志林   41(4) 131-135   Jan 2005
What is the Gini Index: The Mathemtics of Inequality Comparison
数学セミナー   38(10) 7-12   Oct 2000
ジニ係数をはじめとする種々の不平等尺度の解説と不平等比較の根底にある数理の紹介。
Tax Progressivity and Measures of its Redistributive Impact
The Economic Review   38(2) 166-170   Apr 1987   [Refereed]
累進税制には所得再分配効果があるが、その効果の事後的な実証的計測にあたっては、再分配係数と呼ばれる尺度がしばしば使われている。ところが、この再分配係数が実際何を計測しているのかという基本的な点については曖昧なままであった。この論文では、再分配係数は線形租税関数をDurbinの操作変数法で推定したときの平均まわりの租税の所得弾力性と解釈できることを示した。
ジニ係数の一般化―人口原理について―
商学論集   50(4)    Mar 1982

Books etc

 
Introduction to Economic Statistics
中村隆英、新家健精、美添泰人
東京大学出版会   Dec 1992   ISBN:4-13-042080-1
教科書
Introduction to Statistics
中村隆英、新家健精、美添泰人
東京大学出版会   Mar 1984   ISBN:4-13-042060-7
教科書
Introduction to Economic Statistics
中村隆英、新家健精、美添泰人
東京大学出版会   Mar 1983   
教科書

Conference Activities & Talks

 
on the covariance formula of Gini index
統計関連学会連合大会   14 Sep 2005   日本統計学会・応用統計学会・日本計量生物学会
On Two Summary Measures of Tax Progressivity
理論・計量経済学会1988年度大会   23 Sep 1988   理論・計量経済学会(現 日本経済学会)
Musarave and Thin(1948)Suits(1977)、Kakwani(1977)が提案している一群の累進度尺度が経済学的にいかなる意味の累進度を測る尺度と解釈できるかを明らかにした。