末武 康弘

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/15 03:39
 
アバター
研究者氏名
末武 康弘
 
スエタケ ヤスヒロ
eメール
suetakehosei.ac.jp
所属
法政大学
部署
現代福祉学部臨床心理学科
職名
教授
学位
教育学修士(筑波大学), 博士(学術)(法政大学)
科研費研究者番号
00216269

研究分野

 
 

経歴

 
1986年4月
 - 
1989年3月
女子美術短期大学 非常勤講師
 
1987年4月
 - 
1993年3月
東京家政大学学生カウンセリング室 嘱託カウンセラー
 
1989年4月
 - 
1991年3月
女子美術大学芸術学部 専任講師
 
1991年4月
 - 
1992年3月
女子美術大学芸術学部 助教授
 
1992年4月
 - 
1993年3月
明治学院大学文学部 専任講師
 

学歴

 
1985年4月
 - 
1989年3月
筑波大学大学院 教育学研究科 教育学専攻
 

委員歴

 
2016年4月
   
 
(一般財団法人)日本カウンセリング・センター  代表理事
 
2014年4月
   
 
(一般財団法人)日本カウンセリング・センター  理事
 
2008年4月
 - 
2014年3月
(財団法人)日本カウンセリング・センター  理事
 
1994年4月
 - 
2001年3月
日本学生相談学会  理事
 

論文

 
ジェンドリン――そのダイアフィルス――
末武康弘
人間性心理学研究   36(1) 15-16   2018年9月   [招待有り]
「特集:追悼 ジェンドリン――人生と哲学、出会い――」への寄稿。クリエイティブ・ペアとしてのロジャーズとジェンドリン、プロセスモデルと暗在性哲学、ジェンドリンからの手紙、等を論じた。
内山論文に関するコメント
末武康弘
上智大学臨床心理研究   40 24-26   2018年1月   [招待有り]
内山ひかる(2018)「傷つきやすさから身を護る男性と不全感をもつセラピストの面接過程」へのコメント
フォーカシングにおけるアセスメントツールとしてのフォーカサビリティチェックリスト(Focusability Check List: FCL)の作成と検討
境友之・末武康弘
法政大学大学院人間社会研究科臨床心理相談室報告紀要   14 3-11   2017年12月
本研究では、フォーカシングを行う際の個人の状態を測定するアセスメントツールを作成し、その信頼性と妥当性の検討を行った。まずフォーカシングセッションを阻害する内的・外的要因を検討し、32項目からなる仮ツールを準備した。そして大学生122名(男子56名、女子66名)をから得られた結果について因子分析を行い、26項目、3因子からなるフォーカサビリティチェックリストを作成し、信頼性分析および精神健康調査票GHQ28との相関分析によって、その信頼性と妥当性を検討した。
佐伯論文へのコメント
末武康弘
明治大学心理臨床学研究   (13) 54-56   2017年11月   [招待有り]
佐伯顕(2017)存在することに救いを求めた50歳女性との面接過程(明治大学心理臨床学研究 13, 44-53)へのコメント。
フォーカシングとTAEをその他の方法とともに多元的に活用するセラピーのためのガイドの作成――多元的フォーカシングセラピー(pluralistic focusing therapy: PFT)のガイド――
末武康弘
現代福祉研究   17 7-29   2017年3月
本稿の目的は、カウンセリングやサイコセラピーの中でフォーカシング(Gendlin, 1981)およびTAE(thinking at the edge)(Gendlin, 2004; Gendlin & Hendricks, 2004)を、他のさまざまな方法と多元的に組み合わせながら活用するための理論的な枠組みと手続きを示し、それを1つのガイドとして作成することである。フォーカシングとTAEを中心にして他のさまざまな方法を多元的に活用するための理論的な観点と手続きが論じられ、「多元的フォーカ...

Misc

 
ジェンドリンと私
末武康弘
The Focuser's Focus   20(2) 2-3   2017年8月   [依頼有り]
2017年5月1日に90歳で亡くなったジェンドリンへの追悼文。
書評:『ハンドブック インタラクティブ・フォーカシング――からだに根ざした深いコミュニケーションを学ぶ~傾聴・共感・癒し~』
末武康弘
The Focuser’s Focus   19(3) 12   2016年11月   [依頼有り]
近田輝行監修、前田満寿美・伊藤三枝子著『ハンドブックインタラクティブ・フォーカシング――からだに根ざした深いコミュニケーションを学ぶ~傾聴・共感・癒し~』(インタラクティブ・フォーカシング学習会)の書評。
多元的アプローチの醍醐味
末武康弘
学術通信   35(4) 5-7   2015年12月   [依頼有り]
受容と共感、そして一致――ロジャーズに学び直す
末武康弘
児童心理 12月号 臨時増刊 No.1014   69(18) 74-78   2015年12月   [依頼有り]
プロセスは構造を生成する――しかし構造単独ではプロセスを生成しない――
大迫久美恵・末武康弘・得丸智子・松下弓月・諸富祥彦(訳)
日本フォーカシング協会ホームページ(https://focusing.jp/international)   1-11   2015年4月
Gendlin, E. T. (2012). Process generates structure: Structure alon don't generate process. The Folio (A Journal for Focusing and Experiential Therapy), 23(1), 2012, 3-13. の全訳。

書籍等出版物

 
心理学的支援法――カウンセリングと心理療法の基礎――
末武康弘
誠信書房   2018年4月   ISBN:978-4-4144160-4
「はじめに」、第1章「心理学的支援法への誘い」、第2章「心理学的支援法の特質」、第3章「心理学的支援法ではどのような問題を対象とするのか」、第4章「心理学的支援法はどのように発展してきたのか」、第5章「心理学的支援法のさまざまな理論と方法」、第6章「心理学的支援法の主要理論(1)――心理学的支援法の基礎としてのパーソンセンタードセラピー」、第7章「心理学的支援法の主要理論(2)――パーソンセンタードセラピーの発展的方法とヒューマニスティックセラピー」、第8章「心理学的支援法の主要理論(3)...
産業カウンセリング――産業カウンセラー養成講座テキストⅠ――
共著者25名 (担当:共著)
一般社団法人 日本産業カウンセラー協会   2017年1月   
1章「カウンセリングとは何か」、2章「傾聴の意義と技法」、9章「カウンセリング理論の源流とその発展 1 カウンセリングとサイコセラピー、4 来談者中心療法と人間性心理学」を執筆。
「主観性を科学化する」質的研究法入門――TAEを中心に――
末武康弘・諸富祥彦・得丸智子(さと子)・村里忠之編著、共著者22名 (担当:共編者)
金子書房   2016年6月   ISBN:978-4-7608-2658-2
1章「主観性を科学化する」研究とは、13章‐4 セラピープロセスの分析、コメント を執筆。
The Person-Centered Approach in Japan: Blending a Western approach with Japanese culture
Mikuni, M. (Ed.), Fukumori, H., Ikemi, A., Kira, Y., Motoyama, T., Nagano, K., Nakata, Y., Nojima, K., Sakanaka, M., Suetake, Y., & Tamura, R. (担当:共著)
PCCS BOOKS   2015年9月   ISBN:978-1-906254-40-7
Person-centered qualitative research: A theoretical perspective (Chap. 11)
スタンダード臨床心理学
杉江征・青木佐奈枝編、共著者16名
サイエンス社   2015年8月   ISBN:978-4-7819-1360-5
第6章「人間性心理療法・来談者中心療法」を執筆。

講演・口頭発表等

 
On a guide to integral focusing therapy (IFT) and its clinical application
12th World Association for Person-Centered & Experiential Psychotherapy & Counseling conference   2016年7月23日   New York Person-Centered Resource Center
Recently the presenter has attempted to make a guide to integral focusing therapy (IFT). IFT is an integrative approach to psychotherapy using various methods pluralistically, which is also based on person-centered/focusing-oriented therapy and es...
The Therapist-TAE Practice as a Qualitative Analysis
大迫久美恵、末武康弘
25th International Focusing Conference   2013年6月2日   
We have reallized the immense values in applying Thinking At the Edge(TAE) into the qualitative analysis for therapist to evaluate their or client's works in the focusing-oriented psychotherapy. We present our practice about the recovery from diss...
The Development of Focusing-Oriented Psychotherapy and Thinking At the Edge in Far East
Kumie Osako, Satoko Tokumaru, Tadayuki Murasato, Yasuhiro Suetake
Focusing-Oriented Psychotherapies Second World Conference   2011年11月   The Focusing Institute
The Focusing Oriented Psychotherapy (FOT) and The Thinking At the Edge (TAE) are developing unique way in the context of Far Eastern culture. In this presentation, we offer some materials for discussion with showing major development and expansion...
What does occur in person-centered and focusing-oriented therapy?: A qualitative analysis by therapist TAE
Satoko Tokumaru, Yasuhiro Suetake
Philosophy of Psychotherapy Conference   2011年7月   
The purpose of this presentation is to show the application of TAE (thinking at the edge) (Gendlin & Hendricks, 2004) to qualitative research methodology, especially therapist TAE which is arranged for therapist to examine her/his therapeutic prac...
Some odd concepts in Gendlin’s Process Model and their clinical implications
Philosophy of Psychotherapy Conference   2011年7月   
This presentation is one of my continuing studies (Suetake, 2010; Suetake, 2011) on Gendlin’s A Process Model (Gendlin, 1997). The Process Model (PM) is a philosophical work that is constructed of a variety of new terms, and it includes some conce...