YUKITA Shuichi

J-GLOBAL         Last updated: Nov 29, 2019 at 02:59
 
Avatar
Name
YUKITA Shuichi
URL
http://yktlab.cis.k.hosei.ac.jp/wiki/
Affiliation
Hosei University
Section
Faculty of Computer and Information Sciences, Department of Digital Media
Job title
Professor

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1983
 - 
Mar 1987
東洋大学工学部情報工学科 非常勤講師
 
Apr 1986
 - 
Mar 1989
稚内北星学園短期大学経営情報学科 専任講師
 
Apr 1989
 - 
Mar 1993
稚内北星学園短期大学経営情報学科 助教授
 
Apr 1993
 - 
Mar 2000
会津大学コンピュータ理工学部 助教授(「位相幾何学」「離散系論」「フーリエ解析」「計算幾何学」「プログラミング入門」担当)
 
Apr 2000
 - 
Mar 2001
法政大学情報科学部 助教授
 

Published Papers

 
縮退運転時のオーバーコミットを抑制する小規模仮想化環境向け動的資源割り当て
二川潤, 廣津登志夫
電子情報通信学会 和文論文誌D   J95D(3)    Mar 2012   [Refereed]
DRBDと仮想化技術を利用した耐障害性と汎用性の高いサーバファームの構築
二川潤, 下農淳司
ICOTS2008   105-110   Dec 2008   [Refereed]
S2 Directory - A Framework for Object-Directory Mapping with Dynamic Implementation Injection
J. Futagawa
Advanced Information Network and Applications 2008, 22nd International Conference   22 323-328   Mar 2008   [Refereed]
S2 Directory Mapping technique is proposed. This new technique pose a bridge between the relational model and the object model, which provides the application programmer with neat framework for development.
An E-learning System Based on the Top-Down Method and the Cellular Models
Norihiko Fujii, Shuichi Yukita, Nobuhiko Koike, Tosiyasu L. Kunii
Journal of Distance Education Technologies   2(4) 77-93   Nov 2004   [Refereed]
A top-down e-learning system called TDeLS is presented. The sytem offers learners the learning materials based top-down, that is, goal oriented method. The meterials are organized with cellular structures which are shown best suited for the top-do...
Linear celluar automata on groups
Japan J. Indust. Appl. Math. Vol.18      Jan 2001   [Refereed]
線形セルオートマトンに関する伊藤・大里・那須の結果の非ユークリッド化である。セル空間をなす群が一意積性(ある代数的な性質)をもつとき、並列写像の単射性、全射性が局所写像の係数の数論的性質で完全に決定されることを示した。 全10頁

Misc

 
Generation of Complexity-Controlled Mathematics Problems for Colleges
Yuki Mori
The 2015 International Conference on Frontiers in Education: Computer Science and Computer Engineering      Jul 2015   [Refereed]
無限ループを検出するインタプリタの実装手法の検討
Yuki SAKURAI, Akira SASAKI, Shuichi YUKITA
情報処理学会第76回全国大会講演論文集      Mar 2014
ソフトウェア及び、その開発において出現する典型的なバグに、
無限ループが存在する。このタイプのバグはプロセスのゾンビ化や
デスクトップアプリケーションのフリーズを引き起こす。
本研究では、このような無限ループをランタイムエラーとして検出し、
プログラム中で例外としての扱いを可能とするインタプリタ実装に
ついて報告する。この手法では、関数のコールパス及び継続を用いて、
プログラムの状態の表現を与える。その状態の同値性から
無限ループを検出することで、そのエラーを発生させる。
本稿ではまた、こ...
計算量がコントロールされた連立方程式の問題及び模範解答の自動生成
Yuki MORI, Shuichi YUKITA
情報処理学会第76回全国大会講演論文集      Mar 2014
数学教員の支援ツールとして, 計算量がコントロールされた連立方程式の問題と模範解答を自動生成するシステムを開発した. ユーザーに指定された条件を満たす連立方程式の問題を, 解の次元から導く独自の手法を用いることで, 計算量のコントロールを可能とした. このシステムによって, 教材・試験問題作成を自動化することで, 数学教員の手間大きく省き, 教育指導により多くの時間を割けるようになることが期待される.
Cellular Automata in Non-Euclidean Spaces
Shuichi Yukita
Int. Conf. on MATHEMATICAL METHODS AND COMPUTATIONAL TECHNIQUES IN ELECTRICAL ENGINEERING      Nov 2005   [Refereed]
Classical results on the surjectivity and injectivity of parallel maps are shown to be extendible to the cases with non-Euclidean cell spaces of particular types.
Also shown are obstructions to extendibility, which may shed light on the nature o...
Top-down Education for Digital Logic Design Course Based on Cellular Methods
Norihiro Fujii, Atsutoshi Imai, Tomomi Abe, Niki Suzuta, Shuichi Yukita, Tosiyasu L. Kunii, Nobuhiko Koike
Frontiers in Education 2003      Nov 2003   [Refereed]
A new top-down e-learning tool for hardware logic design course was developed.

Books etc

 
インターネットリテラシー
朝倉書店   Dec 1997   
インターネット時代の知りたがりのネットワークユーザーにWEBトップパブリッシング(江坂、石川担当)の基本と応用編としてJAVA(長尾)、Perl(田原)、Tcl/Tk(室川)の使い方およびそれらのプログラミング言語の基本概念の徹底した図解を試みた。本書の詳細な企画、トピックの選定、アウトラインの執筆は雪田が担当した。執筆スタイルの統一、内容の整合性のチェックを永松が担当した。 全150頁中、詳細な企画、トピックの選定、アウトラインの執筆を担当 共著者:雪田修一、永松礼夫、江坂直紀、石川...
UNIX Red Book
マグロウヒル   May 1994   
UNIXというOSの設計思想、それに基づくネットワーク環境の基本的なアイデアを強調しながら様々なコミュニケーションツール、システム管理ツールの利用法を解説している。Internetの標準に特に留意した。 全208頁、全10章中、第3、4、6、8章を担当 共著者:林 隆史、雪田修一
UNIX Blue Book
マグロウヒル   Oct 1993   
UNIXというOSの設計思想、それに基づくソフトウェア環境の基本的なアイデアを強調しながら様々なプログラミングツールの利用法を解説している。C++による簡単なコンパイラ設計の例を通じて字句解析、構文解析などの生成ツールとその理論を概観する。 全209頁
UNIX White Book
マグロウヒル   Jul 1992   
UNIXというOSの設計思想、それに基づくソフトウェア環境の基本的なアイデアを強調しながら様々なツールの利用法を解説している。よりよいユーザインタフェースとは何かという疑問が本書を貫く一貫したかくしテーマとなっている。 全239頁
UNIXネットワーク ベストプログラミング入門
技術評論社   May 1992   
BSD-UNIXから発展したソケットを用いたネットワーク上のプロセス間通信の技法を解説している。アプリケーションレベルのプロトコルの設計をゲームのプログラミングを通じて、同期-非同期のそれぞれの場合を詳述した。なお、System-Ⅴ TLI(Transport Level interfave)などの新しい標準についての議論も含む。 全255頁