澤田 哲生

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/12 15:49
 
アバター
研究者氏名
澤田 哲生
 
サワダ テツオ
所属
富山大学
部署
人文学部 人文学科
職名
准教授
学位
Sciences humaines(人文学)(パリ東(旧第12)大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
富山大学 人文学部 准教授
 
2016年4月
 - 
現在
高岡法科大学 法学部 非常勤講師(フランス語)
 
2010年4月
 - 
2013年3月
静岡大学 人文社会科学部 非常勤講師(フランス語)
 
2010年4月
 - 
2013年3月
独立行政法人日本学術振興会 特別研究員PD
 
2010年6月
 - 
2012年3月
東京大学グローバルCOE「共生のための国際哲学研究教育センター」(UTCP) 共同研究員
 
2009年4月
 - 
2010年3月
独立行政法人日本学術振興会 特別研究員PD
 
2008年4月
 - 
2009年3月
独立行政法人日本学術振興会 特別研究員DC2
 

委員歴

 
2009年4月
 - 
2013年3月
静岡日仏協会  執行委員
 

論文

 
"Liberté et institution : Sur la phénoménologie de l'Einbildungskraft dans la pensée de Marc Richir"
澤田 哲生
Bulletin d'analyse phénoménologique (Université de Liège, Web Journal)   (2) 525-544   2017年3月   [査読有り]
"Pseudo-idéalisme et sublime négatif. Sur le rationalisme morbide de la psychose"
澤田 哲生
Annales de phénoménologie   (15) 199-220   2016年6月   [査読有り]
「メルロ=ポンティと精神分析――性とエディプスコンプレックスの批判をめぐって――」
澤田 哲生
『実存思想論集』   (XXXI) 81-100   2016年6月   [査読有り]
Du somatique au corps vivant - sur le cas de Dora dans les Notes de Cours de M. Merleau-Ponty -
澤田 哲生
『富山大学人文学部紀要』   (64) 23-38   2016年2月
「ほつれと浸食――後期メルロ=ポンティの思索のはじまりと展開について――」
澤田 哲生
『メルロ=ポンティ研究』   (19) 85-97   2015年9月   [査読有り]
"Idéal et Verstiegenheit dans la psychose"
澤田 哲生
Annales de phénoménologie   (14) 277-296   2015年2月   [査読有り]
"Du phénomène de perversion dans la pathologie transcendantale de Marc Richir"
澤田 哲生
Revue internationale Michel Henry   (6) 155-169   2014年   [査読有り]
"Phénomène d'aphonie et Phantomleib: sur la pathologie phénoménologique de Marc Richir"
澤田 哲生
『富山大学人文学部紀要』   (61) 21-40   2014年8月
"La variation imaginaire dans le dessin enfantin"
澤田 哲生
Annales de phénoménologie   (13) 159-179   2014年1月   [査読有り]
「メルロ=ポンティと反遠近法の現象学」
澤田 哲生
『メルロ=ポンティ研究』   (17) 41-53   2013年9月   [査読有り]
"Dessin et cure de l'enfant névrosé"
澤田 哲生
Annales de phénoménologie   (12) 255-269   2013年1月   [査読有り]
澤田 哲生
Eikasia. Revista de Filosofia (Web Journal)   (47) 189-200   2013年   [査読有り]
「空想と触発:フッサール『空想、像意識、再想起』第19草稿をめぐって」
澤田 哲生
『現象学年報』   (28) 131-137   2012年11月   [査読有り]
「『知覚の現象学』における分裂病の分析の位相について――メルロ=ポンティの現象学的病理論の二つの方向性」
澤田 哲生
『フランス哲学・思想研究』   (17) 115-123   2012年9月   [査読有り]
モーリス・メルロ=ポンティ『行動の構造』における病的現象の位相について
澤田 哲生
『文化と哲学』   (29) 25-45   2012年7月   [査読有り]
"Phénomène du cercle fermé dans le dessin enfantin"
澤田 哲生
Annales de phénoménologie   (11) 201-221   2012年1月   [査読有り]
「性の脱中心化と身体の中心化:モーリス・メルロ=ポンティ『知覚の現象学』における性理論の再考察」
澤田 哲生
『レゾナンス』   (7) 78-84   2011年11月   [査読有り]
"Schéma corporel et image corporelle en phénoménologie"
澤田 哲生
Annales de phénoménologie   (10)    2011年1月   [査読有り]
「言語と理念性:メルロ=ポンティ『フッサール「幾何学の起源」講義』におけるハイデガー言語論の導入をめぐって」
澤田 哲生
『Heidegger-Forum』   (5) 69-80   2011年   [査読有り]
「精神分析と現象学:モーリス・メルロ=ポンティ『受動性講義』における症例ドーラの解釈をめぐって」
澤田 哲生
『精神分析と人文学 問題としての「欲望」』(UTCPブックレット第20巻)   165-185   2011年   [査読有り]
「後期メルロ=ポンティの思想におけるクロード・シモンの位相について」
澤田 哲生
『AZUR』   19-35   2011年   [査読有り]
「フッサール空想論の射程再考--『空想、想起、像意識』第1草稿と第18草稿をめぐって」
澤田哲生
『現象学年報』   (26) 117-125   2010年   [査読有り]
「政治の病理学:メルロ=ポンティによるサルトル情緒理論の受容をめぐって」
澤田哲生
『メルロ=ポンティ研究』   (14) 39-55   2010年   [査読有り]
「平凡な世界における芸術と政治:メルロ=ポンティにおける散文の位相をめぐって」
澤田哲生
『文化と哲学』   (27) 79-97   2010年   [査読有り]
「時間意識における空想の役割:フッサール『ベルナウ時間草稿』第19・20草稿をめぐって」
澤田哲生
『中部哲学会年報』   (41) 50-61   2010年   [査読有り]
「若きレヴィナスにおけるフッサール現象学:『フッサール現象学における直観理論』をめぐって」
澤田哲生
『フランス哲学・思想研究』   (14) 163-172   2009年   [査読有り]
「メルロ=ポンティの政治哲学再考――階級論をめぐって」
澤田哲生
『レゾナンス』   (6) 71-78   2009年   [査読有り]
「メルロ=ポンティとゴルトシュタイン 病理的現象の記述に関する方法的考察」
澤田哲生
『メルロ=ポンティ研究』   (13) 3-18   2009年   [査読有り]
「幻影肢現象の歴史的視点からの考察――シャルコ、レルミット、メルロ=ポンティ――」
澤田哲生
『年報 地域文化研究』   (12) 195-210   2009年   [査読有り]
« Problématique de l’affectivité en phénoménologie et en anthropologie phénoménologique »
Tetsuo SAWADA
博士論文(パリ東〔旧第12〕大学)      2008年4月   [査読有り]
「イメージの表象における気分と感情の役割:フッサール像理論の射程」
澤田哲生
『現象学年報』   (24) 133-139   2008年   [査読有り]
「人間の経験における平板化の現象――『知覚の現象学』におけるシュナイダー症の分析を手がかりにして」
澤田哲生
『文化と哲学』   (25) 37-54   2008年   [査読有り]
「身体図式と断片的な身体:エレメントの現象学のための一試論」
澤田哲生
『メルロ=ポンティ研究』   (12) 67-82   2007年   [査読有り]
« Sédimentation Institution Passivité – Étude sur la structure du ‘‘champ phénoménal’’ chez Merleau-Ponty »
Tetsuo SAWADA
DEA論文(パリ第12〔現東〕大学)      2004年   [査読有り]

Misc

 
「中井久夫『分裂病と人類』」(著作解題)
澤田 哲生
『中井久夫 精神科医のことばと作法』(河出書房新社、KAWADE夢ムック)   216-218   2017年5月
現象学と病理学――マルク・リシールをめぐって――
澤田 哲生
『現象学年報』   (31) 73-79   2015年11月   [査読有り][依頼有り]
「スタッドのある風景V オードレイ・ケイゼル、マギー・ネストレ・オンタノン『女子サッカー 女性はサッカーの未来』を読む」
澤田 哲生
『レゾナンス』   (8) 84-85   2014年1月
「現象学と病理学」
澤田 哲生
『現代思想』   230-230   2012年7月
「スタッドのある風景IV マティアス・ルー『スパイクを履いたソクラテス』を読む」
澤田 哲生
『レゾナンス』   (7) 52-53   2011年11月
「『ヒューマニズムとテロル』」
澤田 哲生
『メルロ=ポンティ』(道の手帖、河出書房新社)   43-45   2010年
「『弁証法の冒険』」
澤田 哲生
『メルロ=ポンティ』(道の手帖、河出書房新社)   49-51   2010年
「『見えるものと見えないもの』」
澤田 哲生
『メルロ=ポンティ』(道の手帖、河出書房新社)   65-67   2010年
「スタッドのある風景III 『ローデス・アヴェイロン・フットボール80年史』によせて」
澤田 哲生
(6) 32-33   2009年
「スタッドのある風景II セバスチャン・ルイ、『イタリアのウルトラス現象』を読む」
澤田 哲生
『レゾナンス』   (5) 84-85   2007年
「フッサール現象学における準現在化概念の一考察:『イデーン1』と『間主観性の現象学』「テクスト10」をめぐって」
澤田哲生
『現象学年報』   (22) 157-159   2006年   [査読有り]
「スタッドのある風景 クリスチャン・ブロンベルジェ『バガテル』によせて」
澤田 哲生
『レゾナンス』   (4) 148-149   2006年
「スポーツを記述する方法の問題――クリスチャン・ブロンベルジェ『フットボールの試合』によせて――」
澤田 哲生
『レゾナンス』   (3) 92-93   2005年

書籍等出版物

 
モーリス・メルロ=ポンティ (担当:共訳, 範囲:「ブランキ~ベロ」、「フッサール」、「補記」)
白水社   2017年2月   ISBN:456009313X
『国際哲学研究』2号
澤田哲生 (担当:単訳, 範囲:ジョスラン・ブノワ「「超反省」に対するいくつかの反省」(澤田哲生訳、49-52ページ))
東洋大学国際哲学研究センター編   2013年3月   
澤田 哲生
人文書院   2012年9月   ISBN:4409041037
Thinking in Dialogue with Humanities. Paths into the Phenomenology of Merleau-Ponty
澤田 哲生 (担当:共著, 範囲:Analyse phénoménologique du comportement enfantin chez Maurice Merleau-Ponty (pp. 140-153))
Zeta Books (Bucharest)   2010年6月   ISBN:978-973-1997-96-4
『現代思想 総特集=フッサール』
澤田哲生 (担当:単訳, 範囲:マルク・リシール「現象学の鋳直し」(澤田哲生訳、314-331ページ))
青土社   2009年12月   ISBN:978-4-7917-1206-9
『現代思想 臨時増刊号=メルロ=ポンティ』
澤田哲生 (担当:単訳, 範囲:ショーン・ギャラガー「間身体性と間主観性 メルロ=ポンティ、認知科学、心の理論」(澤田哲生訳、288-299ページ))
青土社   2008年12月   ISBN:978-4-7917-1190-1

講演・口頭発表等

 
「メルロ=ポンティとクライン:攻撃/不安、取入れ/投影をめぐって」
澤田 哲生
精神分析的心理療法フォーラム第6回大会(大阪経済大学)   2017年7月1日   
"Événement dans les phénomènes de phantasia: autour de la nouvelle fondation de la phénoménologie chez Marc Richir"
澤田 哲生
"From Being to Event: the Trends in Postmetaphysical Thinking", Philosophy Department, Institute for History and Archives, Russian State University for the Humanities (Moscow, Russia)   2017年3月30日   
Phénomènes, institution et leur dissociation : sur la pathogenèse transcendantale dans la pensée phénoménologique de Marc Richir
澤田 哲生
Marc Richir : Phénoménologie, esthétique et politique, 4e journée du Laboratoire de philosophie continentale, l'Université Laval (Canada)   2016年9月30日   
「メルロ=ポンティとワロン 超-事物をめぐって」
澤田 哲生
日本メルロ=ポンティ・サークル第22回大会(日本大学)   2016年9月11日   
La phénoménologie de l'Einbildungskraft dans la pensée de Marc Richir
澤田 哲生
L'acte d'imagination : Approches phénoménologiques, 10e séminaire annuel de l'Unité de recherche "Phénoménologies" à l'Université de Liège   2016年4月26日   
Phantasy and Vulnerability in Children's Drawing: Starting from Merleau-Ponty's Sorbonne Lectures 1949-1952
澤田 哲生
Finnish-Japanese Research Collaboration:International Symposium "Phenomenology of Vulnerability and Limits"   2016年3月2日   
「自由と眩暈 『弁証法の冒険』から『弁証法的理性批判』へ」
澤田 哲生
サルトル研究会ワークショップ「『弁証法的理性批判』刊行55周年――その多面的可能性を切り拓く」   2015年12月5日   
生き生きとしつつ、いびつな生――マルク・リシールのファントム身体論――
澤田 哲生
日本現象学会第36回大会 ワークショップ「現象学と病理学 マルク・リシールをめぐって」   2014年11月30日   
ほつれと浸食――後期メルロ=ポンティの始まりと展開に関する一考察――
澤田 哲生
日本メルロ=ポンティ・サークル第20回大会 20周年記念シンポジウム「メルロ=ポンティ研究のこれまでとこれから」   2014年9月20日   
Illusion comme phénoménalisation et horizon anthropologique
澤田 哲生
Workshop international: "La pensée de Marc Richir" (Faculté d’humanités de l’Université de Coimbra)   2014年4月1日   
Illusion et apparence: Sur la nouvelle fondation de la phénoménologie chez le jeune Richir
澤田 哲生
日仏哲学会(京都大学)   2014年3月29日   
異文化受容の光と影 留学から静岡日仏協会時代までを振り返って
澤田 哲生
フランスにおける日本学 日本におけるフランス学   2014年2月27日   
メルロ=ポンティと病理の現象学
澤田 哲生
現象学者と臨床家の対話(関西大学)   2013年3月31日   
"Vie en clivage et Phantomleib –Sur l’approche du phénomène de perversion de Marc Richir"
澤田 哲生
Association des Sociétés philosophiques de langue française, Kyoto University   2013年3月30日   
メルロ=ポンティと反遠近法の現象学
澤田 哲生
日本メルロ=ポンティ・サークル   2012年9月29日   
"Phantomleib : sur la pathologie phénoménologique de Marc Richir"
澤田 哲生
Phénoménologies allemande et française dans l’espace européen   2012年9月14日   Ecole d'été franco-allemande, Université de Toulouse le Mirail
「モーリス・メルロ=ポンティ『行動の構造』における病的現象の位相について」
澤田 哲生
静岡大学哲学会   2011年11月   
「イメージによる触発と未規定な地平:『空想、像意識、想起』第19草稿をめぐって」
澤田 哲生
日本現象学会   2011年11月   
「メルロ=ポンティ『知覚の現象学』における分裂病の位相について:現象学的病理学の二つの方向性」
澤田 哲生
日仏哲学会   2011年9月   
"De la théorie de la connaissance vers le registre archaïque du phénomène" [招待有り]
マルク・リシールにおける現象学の「鋳直し」をめぐって(大阪大学人間科学部基礎人間科学講座ワークショップ)   2010年   
「後期メルロ=ポンティにおけるクロード・シモンの作品の位相について」
成城大学フランス語フランス文化研究会   2010年   
「言語と理念性:メルロ=ポンティ『フッサール「幾何学の起源」講義』におけるハイデガー言語論の導入をめぐって」
ハイデガー・フォーラム   2010年   
"Du somatique au corps vivant – Réflexion autour de l’analyse du cas de Dora par Merleau-Ponty dans les Notes de Cours 1954-1955" [招待有り]
3rd Annual Meeting of International Society of Psychoanalysis and Philosophy, Department of Philosophy San Paulo, Brazil   2010年   
「政治の病理学:メルロ=ポンティによるサルトル情緒理論の受容をめぐって」
日本メルロ=ポンティ・サークル   2009年   
「人間の経験における平板化の現象II メルロ=ポンティにおける『散文』の位相をめぐって」
静岡大学哲学会   2009年   
「フッサール空想論の射程再考 『空想、像意識、想起 1898-1925』第一草稿と第十八草稿をめぐって」
日本現象学会   2009年   
"Exposé de la thèse de doctorat" [招待有り]
Centre d’Etudes multiples (Maison du Japon), Journée d’Études à la Maison du Japon   2008年   
「若きレヴィナスにおけるフッサール現象学」
日仏哲学会   2008年   
"Théorie merleau-pontienne de l’intentionnalité affective : À partir de l’analyse du dessin enfantin" [招待有り]
Corporeity and Affectivity, Conference in celebration of Maurice Merleau-Ponty 100th Birthday, Fifth Central and Eastern European Conference of Phenomenology, Faculty of Humanities of the Charles University in Prague, Czeck Republic   2008年   
「時間意識における空想の役割:フッサール『ベルナウ時間草稿』第19・20草稿をめぐって」
中部哲学会   2008年   
「表面と奥行き:『知覚の現象学』におけるシュナイダー症の分析の射程」
静岡大学哲学会   2007年   
「イメージの表象における気分と感情の役割:フッサール像理論の射程」
日本現象学会   2007年   
「身体図式と断片的な身体:エレメントの現象学のための一試論」
日本メルロ=ポンティ・サークル   2006年   
「フッサール現象学における準現在化概念の一考察:『イデーン1』と『間主観性の現象学』「テクスト10」をめぐって」
日本現象学会   2005年   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
フランス語講演通訳:「芸術と地平としての世界の意味」(ピエール・ロドリゴ、ブルゴーニュ大学文学部哲学科教授)
その他   2011年3月
フランス語講演通訳:ジュール・イルマン(在日フランス大使館広報・内政担当)講演
その他   2009年4月
国際学会フランス語討議通訳:「新たな身体の哲学の構築に向けて メルロ=ポンティ生誕100年に際して」(日本メルロ=ポンティ・サークル主催)
その他   2008年
マノス・ツァキリス「身体性の神経現象学 行為者性と身体所有性の間の相互作用」(澤田哲生訳)、国際学会:「新たな身体の哲学の構築に向けて メルロ=ポンティ生誕100年に際して」(日本メルロ=ポンティ・サークル)の配布論文翻訳、1-22 pp.
2008年

競争的資金等の研究課題

 
フランス現象学運動における患者と子どもの位相に関する研究
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費(若手B)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 澤田 哲生
マルク・リシールを中心とした現象学運動における病理的現象の研究
独立行政法人日本学術振興会: 科学研究費(研究活動スタートアップ支援)
研究期間: 2013年9月 - 2015年3月    代表者: 澤田 哲生
メルロ=ポンティの哲学における意味の喪失と再生の関係性について
独立行政法人日本学術振興会(東京大学): 科学研究費補助金
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 澤田 哲生
メルロ=ポンティにおける知覚概念の再考
独立行政法人日本学術振興会(東京大学): 科学研究費補助金
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月    代表者: 澤田哲生