平山真理

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/05 16:14
 
アバター
研究者氏名
平山真理
 
ヒラヤママリ
所属
白鴎大学
部署
白鴎大学法学部
職名
教授
学位
修士(法学)(関西学院大学), Master of Laws(University of Minnesota Law School)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
2004年
関西学院大学 法学研究科 刑事法
 
 
 - 
2003年
University of Minnesota Law School Law School Master of Laws
 

委員歴

 
2018年12月
 - 
現在
Asian Law and Society Association  Board of Trustee
 
2017年10月
 - 
現在
犯罪社会学会  理事
 
2017年10月
 - 
現在
犯罪社会学会  編集委員会
 
2017年
 - 
現在
International Society of Criminology  Scientific Committee
 

論文

 
Japan’s Reformed Prosecution Review Commission: Changes, Challenges, and Lessons
ディヴィッド・ジョンソン、平山真理
Asian Journal of Criminology      2019年1月   [査読有り]
「今市事件裁判員裁判と取調べ録音・録画の課題」
平山 真理
牧野茂/小池振一郎編『取調べのビデオ録画―その撮り方と証拠化―』(成文堂)   95-104   2018年8月
「平成29年版犯罪白書を読んで:特集部分に関して」
平山 真理
『法律のひろば』   71(1) 14-22   2018年1月
“A Future Prospect of Criminal Justice Policy for Sex Crime in Japan-the Roles of the Lay Judge System There”
平山真理
Jianhong Liu and Setsuo Miyazawa (eds.), Crime and Justice in Contemporary Japan      2018年1月   [査読有り]
“Introduction of Videotaping of Interrogations and the Lessons of the Imaichi Case: A Case of Conventional Criminal Justice Policy-Making in Japan”
平山 真理 (宮澤節生との共著)
Washington International Law Review   27(1) 148-176   2017年12月   [査読有り]
「修復的司法―何が 実現され、何が実現 されなかったか」
平山 真理
『犯罪被害者問題―シリーズ刑事司法を考える第4巻』   172-191   2017年9月
「今市事件裁判員裁判における被疑者取調べ録音録画映像のインパクト―刑事裁判のリアリティ」
平山 真理
『現代日本の法過程―宮澤節生先生古稀記念 下巻』   181-205   2017年5月
「今市事件裁判員裁 判は試金石となり得たか―傍聴記をもとにいくつかの刑事手続上の重要な課題を論じる」
平山 真理
『法学セミナー』   739 1-5   2016年8月
「アメリカの刑事司 法制度の重要な課   題―陪審裁判と性犯罪事件」
平山 真理
『罪と罰』   52(3) 92-104   2015年6月
「性犯罪と裁判員裁    判―『市民感覚』が性犯罪問題をめぐる議論で果たす役割」
平山 真理
『性依存症の治療』   123-132   2014年4月
「性犯罪の裁判員裁 判の現状と課題― 『市民の目線』は何 を変えるのか」
平山 真理
『性暴力と刑事司法』(大阪弁護士会 人権擁護委員会性暴力被害検討プロジェクトチーム編)   145-156   2014年2月
「裁判員制度の影 響、課題、展望―裁判員制度施行後2年間の性犯罪裁判員裁判の検討を通して」
平山真理
『法社会学』   (79) 85-105   2013年10月
「阪神・淡路大震災 後の犯罪現象と関東大震災後の犯罪現象の比較」
平山真理
斉藤豊治編 『大災害と犯罪』(法律文化社)   23-40   2013年5月   [査読有り]
“Sentencing and Crime Policy for Sex Offenders in Japan- Possible Impacts of the Lay Judge System”
平山真理
Karen Harrison and Bernadette Rainey eds., The Wiley-Blackwell Handbook of Legal and Ethical Aspects of Sex Offender Treatment and Management   168-179   2013年3月
「刑事裁判の劇場化 と『感情を揺さぶる証拠』」
平山 真理
『刑事法理論の探求と発見: 斉藤豊治先生古稀祝賀論文集』   323-340   2012年12月
「フォーカス〔22条 の4〕被害者傍聴の課題」
平山真理
守屋克彦・ 斉藤豊治編 『コンメンタール 少年法』   341-344   2012年12月
「性犯罪と修復的司法」
平山 真理
『修復的司法の明日・未来 後期モダニティにおける新しい人間観の可能性』 (成文堂)      2012年10月
「ジェンダーと裁判員制度―性犯罪裁判員裁判をめぐる課題」
平山 真理
ジェンダー法学会編 『講座: ジェンダーと法 第3巻』   107-122   2012年10月
" Lay Judge Decisions in Sex Crime Cases: The Most Controversial Area of Saiban-in Trials"
平山 真理
Yonsei Law Journal   3(1) 128-160   2012年5月
「アメリカのDefense Initiated Victim Outreach(DIVO)の意義―被害者と刑事弁護人―『敵の味方』は『敵』でなくともよい」
平山真理
『自由と正義』   (61) 39-43   2010年8月
「裁判員裁判と性犯罪」
平山真理
『立命館法学』   (327/328)    2010年3月
「家庭内殺人未遂事件の裁判員裁判」
平山 真理
『法学セミナー』   (660) 30-31   2009年11月
「刑事弁護人と被害 者の間に橋渡しを置く意義―米国のDIVOに学ぶ」
平山真理
『季刊刑事弁護』   50    2009年10月
「刑事裁判はどう変るのか―被害者参加制度と裁判員制度のインパクト」
平山 真理
『青山法学』   50(1/2) 585-650   2008年12月
「刑事弁護人の新し い役割への期待」
平山真理
『白鷗大学 法科大学院紀要』   (3) 240-270   2008年11月
「刑事事件における 被害者と被疑者、被告人の弁護人の間の橋渡しの意義」
平山真理
『白鷗法学』   15(1)    2008年4月
「修復的司法には何が出来るのか~犯罪被害者の多様な感情とニーズを理解する」
平山真理
『法学セミナー』   (693)    2008年
「わが国における性 犯罪者対策の課題 ―アメリカ合衆国 のメーガン法施行 後10年の展開事例 を通して見えてく るもの―」
平山真理
『刑事政策学の現状と展望 -前野育三先生古稀記念論文集』 (法律文化社)      2007年12月
「わが国における子どもを対象とした性犯罪の現状とその再犯防止対策について」
平山真理
『法と政治』   58(1) 139-164   2007年
「被害者と量刑:ア メリカ合衆国の死刑事件裁判におけるVictim Impact Statementの検討よ り」
平山 真理
『量刑法の総合的検討:松岡正章先生古稀祝賀論文集』(成文堂)      2005年3月
修復的司法をめぐる 研究動向
平山真理
『犯罪社会学研究』   (27) 119-124   2002年10月   [査読有り]
「非行からの立ち直 りに関する生涯発 達的研究(1)」
平山 真理(白井利明らとの共著)
『大阪教育大学研究所年報』   (35) 37-50   2000年12月
「メーガン法の成立過程とその問題点-被害者保護政策論のための考察-」
平山 真理
犯罪社会学研究   (25) 104-122   2000年10月   [査読有り]
「メーガン法の成立 と実際的帰結」
平山 真理
『犯罪と非行』   (125) 85-104   2000年8月   [査読有り]
「刑事手続における 犯罪被害者の尊重について」
平山真理
『女性ライフサイクル研究所』   (9) 145-153   1999年11月
「刑事司法制度にお ける犯罪被害者の権利擁護について ―アメリカ合衆国のメーガン法を素材として」
平山真理
関西学院大学大学院法学研究科      1999年3月

書籍等出版物

 
『法システム入門―法社会学的アプローチ―(第4版)』
平山 真理 (担当:共著)
2018年6月   
『現代日本の法過程 (宮澤 節生先生古稀記念)―下巻
平山 真理 (担当:編者)
2017年5月   
『現代日本の法過程 (宮澤 節生先生古稀記念)―上巻
平山 真理 (担当:編者)
2017年5月   
『刑事政策がわかる』
平山 真理 (担当:共著)
2014年10月   
『刑事訴訟法教室』
平山 真理 (担当:共著)
2013年4月   

講演・口頭発表等

 
Reviewing the First and the Appellate Trial of the Imaichi Case.What Are the Issues There? [招待有り]
平山 真理
Audio-Visual Recording of Interrogations in Japan and Australia Workshop   2018年12月4日   
The Reformed Prosecution Review Commissions in Japan: Will ‘Lay Participation’ Change the Practices and Impact of Prosecution?
平山 真理
2018 Annual Meeting of Asian Law and Society Association   2018年11月30日   
Sex Crime and Law in Japan: Recent Penal Code Reform
平山 真理
2017 Annual Meeting of ALSA, at National Chiao Tung University School of Law   2017年12月16日   
Prosecution Review Commissions in Japan: Lay Participation in Prosecution?
平山 真理
2017 Annual Meeting of ALSA, at National Chiao Tung University School of Law   2017年12月16日   
「今市事件の概要とビデオ録画の課題―裁判傍聴を踏まえて」
平山真理
シンポジウム「取調べのビデオ録画とその証拠化」   2017年12月10日   
Sex Crime Lay Judge Trials in Japan
平山 真理
International Meeting on Law and Society in Mexico City 2017   2017年6月20日   
「刑事政策研究と教育の過去・現在・未来」
平山 真理
第97回日本刑法学会ワークショップ「刑事政策研究の将来と研究者の養成」   2017年5月21日   
Prosecution Review Commissions: Will Lay Participation Change Prosecution in Japan? [招待有り]
平山真理 (David T.Johnson巨樹との共同報告)
MLS-ASIA Research Collaboration, Prosecution and Detention in Japan, Melbourne Law School   2017年4月24日   
Imaichi Case Lay Judge Trial in Japan as a Touchstone of Criminal Trials in the Future
平山真理
The Inaugural Asian Law & Society Association Conference, National University of Singapore, Singapore   2016年9月23日   
Will They Prevent Sex Crime Against Children in the Community?: Examining Ordinances for Safety of Children in Nara, Osaka and Tochigi.
平山 真理
8th Annual Conference of Asian Criminological Society , Beijing   2016年6月18日   
More Presumed Guilty and Non-Transparency? Reviewing Imaichi Case (4/08/2016, Utsunomiya District Court) as a Touchstone Case.
平山 真理
2016 Annual Meeting of LSA, New Orleans, Louisiana, USA   2016年6月2日   
Lay Participation and Victim Inputs: How these Two Key Factors Have Changed the Criminal Justice System in Japan after late 90’s
平山 真理
2015年8月6日   
Transparency of Prisons in Japan?- Roles and Significance of Prison Visitation Committee
平山 真理
2015年8月5日   
Have Sentencing Patterns Changed Since the lay Judge System Started: With a Special Focus on Sex Crime Cases
平山 真理
2015年5月29日   
Sentencing Patterns: Continuations and Changes with a Special Focus on Sex Crimes
平山 真理
2014 Annual Meeting of American Society of Criminology, San Francisco Marriot Marquis.   2014年11月19日   
「災害と犯罪につい ての諸外国の研究紹介~ハリケーンカトリーナ後」
平山 真理
2014年6月29日   
Past, Present and Future of the Criminal Justice Policy for Sex Crime in Japan- Possible Impacts of the Lay Judge System
平山 真理
2014年6月28日   
Which Direction Will the Criminal Justice Policy for Sex Crime Proceed in Japan?- The Possible Impact of the Lay Judge System [招待有り]
平山真理
I-House Expert Series , I House UC Berkeley, Berkeley, CA USA   2014年3月18日   
Lay Judge Decisions in Sex Crime Cases- Impacts of “Saiban-In” on the Criminal Justice System for Sex Crime
平山真理
2013 Annual Meeting of American Society of Criminology, the Atlanta Marriott Marquis, Atlanta GA USA.   2013年11月   
Re-Integration or Exclusion? The Future of the Criminal Justice Policy for Sex Crime in Japan
平山 真理
2013年5月31日   
「裁判員裁判と性犯 罪」
平山真理
2013年度 日本本社会学会   2013年5月11日   
「性犯罪裁判員裁判 の課題―『市民の目線』が与えたインパクトは」
平山真理
犯罪社会学会第39回大会   2012年10月   
“Comparative Study on Crime Phenomena after the Two Great Earthquakes in Japan- the Hanshin-Awaji Great Earthquake in 1995 and the Kanto Great Earthquake in 1923”
平山 真理
2012 International Law and Society Conference, Hilton Hawaiian Village, Honolulu, Hawaii, USA   2012年6月7日   
“Comparative Research of Crime After the Great Earthquakes in Japan- Hanshin-Awaji Great Earth Quake in 1995 and Kanto Great Earth Quake in 1923”
平山 真理
The 16th World Congress of Criminology, Kobe, Japan   2011年9月   
“Is There Any Room for DIVO in the Japanese Criminal Justice System?”
平山 真理
2011年9月   
“Crime Justice Policy for Sex Offenders in Japan: Possibility for Japanese Version of Megan’s Law?
平山 真理
The 2nd Congress of East Asian Law and Society Association, Seoul, South Korea   2011年9月   
“Crime Policy for Sex Offenders in Japan- Exclusive or Re-integrative? And the Possible Impact of the Lay Judge System in Japan”
平山 真理
The 16th World Congress of Criminology, Kobe, Japan   2011年8月   
Revenge of Shimin-Kankaku- How General People’s Opinion Have Impacted the Criminal Justice System in Japan
平山 真理
The Annual Meeting of Law and Society Association, at San Francisco   2011年6月6日   
“The Copernican Revolution of Criminal Trials in Japan“
平山 真理
2010 the Annual Meeting of American Society of Criminology, San Francisco Marriot Hotel   2010年11月   
「裁判員制度の刑事 司法制度へのインパクト ~刑事訴訟法の立場から」
平山真理
犯罪社会学会第37回大会 テーマセッションB「裁判員制度の導入に伴う『処遇』の動向」   2010年10月20日   
「裁判員制度の本格 的開始から一年 ~刑事司法制度に与えたインパクは?」 [招待有り]
平山真理
金沢大学創基150年記念 シンポジウム「『市民はどう裁いたか』 ―裁判員制度の課題と展望」   2010年7月17日   
Crime Policy for Sex Offences in Japan
平山真理
2010年5月8日   
“Victims’ Perspectives in the Criminal Justice System in Japan Today”
平山真理
The Annual Meeting of National Organization of Forensic Social Work, the Renaissance Resort Hotel, Atlanta   2010年4月   
“Crime Policy for Sex Offenders in Japan-Exclusion or Re-integration? Which Way Are We Going to Take?”
2009 Congress of Research Committee of Sociology of Law, at Onati International Institute for the Sociology of Law , Onati, Spain   2009年7月   
「犯罪被害者と刑事弁護人―アメリカのDIVOに学ぶ」
平山 真理
日本司法福祉学会第10回大会   2009年8月9日   
「性犯罪前歴者に対 す包摂型対策と排除型対策―刑務所『後』の対応を考える」
平山 真理
日本司法福祉学会第9回大会 第6分科会 於九州大学   2008年8月3日   
Sex Offenders’ Crime Policy in Japan”
平山 真理
15th World Congress of Criminology, at University of Barcelona, Spain   2008年7月23日   
「刑事施設視察委員 会の理念と展望― その意義と展望」
平山真理
日本刑法学会 第86回大会 ワークショップ 「刑事施設・留置施設視察委員会の理念と動」於神戸国際会議場   2008年5月18日   
「メーガン法の動向 とその展開事例か ら」
平山真理
犯罪社会学会 第33回大会 ミニシンポジウムA 「性犯罪者とその対策」   2006年10月18日   
アメリカにおける修 復的司法の実践と課題の検討 -わが国における実践の可能性と展望に向けて
平山真理
日本犯罪社会学会 第32回大会 ラウンドテーブル・ディスカッションD 「被害者加害者対話 -日本における実践の試み-」   2005年10月22日   
アメリカにおける修 復的司法の現状と課題から我々は何を学ぶべきか
平山 真理
日本福祉学会 第6回大会 第1分科会 「少年司法の動向と被害者 加害者対話」   2005年8月7日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
「刑事司法に対する 社会の信頼促進を目指す研究 ―刑事事件再審査委員会の意義と可能性」
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 平山 真理
「性犯罪と裁判員裁判の研究 ―裁判における課題、量刑・処遇・対策へのインパクト」
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2011年4月 - 2015年3月    代表者: 平山真理
「性犯罪者の再発防止対策の現状と課題-包摂型対応と排除型対応の比較と検討を通して-」
日本学術振興会: 科学研究費補助金 (若手研究B)
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 平山真理