伊藤 伸一

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/15 16:37
 
アバター
研究者氏名
伊藤 伸一
 
イトウ シンイチ
eメール
s.itotokushima-u.ac.jp
URL
http://pub2.db.tokushima-u.ac.jp/ERD/person/189119/profile-ja.html
所属
徳島大学
部署
大学院社会産業理工学研究部理工学域
職名
助教
科研費研究者番号
90547655

プロフィール

Shin-ichi Ito has received the B. E. and M. E. degrees from the Tokushima University in 2002 and 2004, respectively, and the D. E. degree from Tokyo University of Agriculture and Technology in 2007. He has worked at Japan Gain the Summit Co., Ltd. and Tokyo University of Agriculture and Technology as a System Engineer and a Specially Appointed Assistant Professor, in 2004 and 2007, respectively. Since 2009, he has been an Assistant Professor at Tokushima University. His current research interests are EEG analysis, bio-signal processing and information visualization. He is a member of IEEE, IEICE, JSMBE and IEEJ.

研究分野

 
 

経歴

 
2004年4月
 - 
2005年9月
  株式会社ジェイジーエス・システムエンジニア
 
2007年10月
 - 
2009年3月
 東京農工大学工学府・特任助教
 
2009年4月
   
 
-    徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部・助教
 

学歴

 
 
 - 
2004年
徳島大学 工学研究科 知能情報工学専攻
 
 
 - 
2007年
東京農工大学  生物システム応用科学専攻
 
 
 - 
2002年
徳島大学 工学部 知能情報工学科
 

委員歴

 
2015年4月
 - 
2017年3月
電気学会  センサシンセシスによるシステムの多機能化協同研究委員会委員, 高度センサ応用による人間中心システムの協同研究委員会委員, 平成21年電子・情報・システム部門大会実行委員, 高度センサ応用による人・環境親和システムに関する協同研究委員会, 高度センサ応用による環境・機械・生体の計測制御技術創生に関する協同研究委員会, 人間モニタリング技術の社会実装化協同研究委員会, 第2次・人間モニタリング技術の社会実装化協同研究委員会
 
2013年8月
 - 
2015年7月
電気学会  センサシンセシスによるシステムの多機能化協同研究委員会委員, 高度センサ応用による人間中心システムの協同研究委員会委員, 平成21年電子・情報・システム部門大会実行委員, 高度センサ応用による人・環境親和システムに関する協同研究委員会, 高度センサ応用による環境・機械・生体の計測制御技術創生に関する協同研究委員会, 人間モニタリング技術の社会実装化協同研究委員会, 第2次・人間モニタリング技術の社会実装化協同研究委員会
 
2014年4月
 - 
2015年5月
電気学会  論文委員会(C2グループ)主査
 
2013年9月
 - 
2015年3月
電気学会  センサシンセシスによるシステムの多機能化協同研究委員会委員, 高度センサ応用による人間中心システムの協同研究委員会委員, 平成21年電子・情報・システム部門大会実行委員, 高度センサ応用による人・環境親和システムに関する協同研究委員会, 高度センサ応用による環境・機械・生体の計測制御技術創生に関する協同研究委員会, 人間モニタリング技術の社会実装化協同研究委員会, 第2次・人間モニタリング技術の社会実装化協同研究委員会
 
2011年6月
 - 
2013年5月
電気学会  センサシンセシスによるシステムの多機能化協同研究委員会委員, 高度センサ応用による人間中心システムの協同研究委員会委員, 平成21年電子・情報・システム部門大会実行委員, 高度センサ応用による人・環境親和システムに関する協同研究委員会, 高度センサ応用による環境・機械・生体の計測制御技術創生に関する協同研究委員会, 人間モニタリング技術の社会実装化協同研究委員会, 第2次・人間モニタリング技術の社会実装化協同研究委員会
 

受賞

 
2017年9月
The Institute of Industrial Applications Engineers Bset Student Paper Award of The 5th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2017 A Method to Specify a Region of Character String in Augmented Reality
受賞者: 日笠 賢, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔
 
2017年8月
TJCAS 2017 Student Presentation Award of 2017 Taiwan and Japan Conference on Circuits and Systems Evaluation of Driver Behavior Quantification using RSOM for Driver State Estimation
受賞者: ??c ?? ?? ???? Kazuhito Sato, ?? ?L?? ??? ?
 
2016年12月
計測自動制御学会 SI2016優秀講演賞 視覚障害者用方向定位付きLED発光ブロックの実証実験
受賞者: 永濱 秀明, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一, 清山 幹弘, 池田 典弘, 竹内 聖人, 荻野 弘, 高橋 和哉
 
2016年11月
4th International Conference on Advanced Technology & Sciences (ICAT'Rome) Best Presenter Award Japanese Janken Recognition Based on Wrist EMG Analysis by CNN and SVM
受賞者: 平岡 大樹, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔
 
2016年3月
日本機械学会 2015 JBSE Papers of The Year Award Strain Magnitude dependent intracellular calcium signaling response to uniaxial stretch in osteoblastic cells
受賞者: 佐藤 克也, Yuki OGAWA, 伊藤 伸一, 藤澤 正一郎, Kazuyuki MINAMI
 
2015年8月
電気学会 電気学会C部門大会優秀ポスター賞 SVMによる手首筋電を用いたジャンケン動作識別
受賞者: 平岡 大樹, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔
 
2014年12月
第15回公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 SI2014優秀講演賞 横断歩道口用発光ブロックの識別に関する研究
受賞者: 清山 幹弘, 志賀 大輔, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一, 稲垣 具志, 池田 典弘, 高橋 和哉
 
2014年9月
The 2nd International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2014 Student Paper Award Development of EOG Mouse Using Learning Vector Quantization
受賞者: 張 鵬, 伊藤 桃代, 伊藤 伸一, 福見 稔
 
2014年9月
電気学会 技術委員会奨励賞
受賞者: 内山 知, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔, 藤澤 正一郎
 
2013年10月
電気学会 優秀論文発表賞 交通イベントに起因する生体情報と運転行動の変化に関する分析
受賞者: 八重樫 和也, 伊藤 桃代, 伊藤 伸一, 福見 稔
 
2010年9月
計測自動制御学会 第20回インテリジェント・システム・シンポジウム ベストプレゼンテーション賞 脳波の個人特性とエゴ得点との関連性考察
 
2010年
第20回 インテリジェンス・システム・シンポジウム ベストプレゼンテーション賞
 
2008年3月
東京農工大学 成績優秀賞
 

論文

 
An Electroencephalogram Analysis Method to Detect Preference Patterns Using Gray Association Degrees and Support Vector Machines
伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔
Advances in Science, Technology and Engineering Systems Journal   Vol.3(No.5) 105-108   2018年10月   [査読有り]
A Specification Method of Character String Region in Augmented Reality
日笠 賢, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔
Journal of the Institute of Industrial Applications Engineers   Vol.6(No.2) 73-79   2018年4月   [査読有り]
This paper proposes a method to enter characters and/or character string in an augmented reality usinga gesture motion. The proposed method detects the region of character string using the gesture motion. It consistsof five phases; template genera...
Japanese Janken Recognition by Support Vector Machine Based on Electromyogram of Wrist
Daiki Hiraoka, 伊藤 桃代, 伊藤 伸一, 福見 稔
ECTI Transactions on Computer and Information Technology   Vol.11(No.2) 154-162   2017年11月   [査読有り]
In this paper, we propose a method which can discriminate hand motions. We measured an electromyogram of wrist by using 8 dry type sensors. We focused on four motions, such as ``Rock-Scissors-Paper'' and ``Neutral''. ``Neutral'' is a state that do...
藤澤 正一郎, Ishibashi Tatsuki, 佐藤 克也, 伊藤 伸一, 末田 統
Studies in Health Technology and Informatics   Vol.242 910-917   2017年9月   [査読有り]
Tactile walking surface indicators (TWSIs) are installed on footpath to support independent travel for the blind. There are two types of TWSIs, attention patterns and guiding patterns. The attention pattern is usually installed at the crosswalk en...
伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔
電気学会論文誌C (電子,情報,システム部門誌)   Vol.137(No.2) 302-309   2017年2月   [査読有り]
This paper discusses a method to detect electroencephalogram (EEG) patterns using a self-organizing map(SOM) based on a learning algorithm for plural-attribute information (SOMPA). The input data for SOMPA has two attributes which are EEG feature ...
Norihiro Ikeda, Kazuya Takahashi, Tomoyuki Inagaki, 佐藤 克也, 伊藤 伸一, Motohiro Seiyama, 藤澤 正一郎
Procedia Manufacturing   Vol.3 3147-3151   2015年10月   [査読有り]
Visually impaired persons require tactile walking surface indicators (TWSIs) for independent walking. However, if these blocks are installed following guidelines for constructing TWSIs, it's unkind to users. Therefore, we propose LED blocks instal...
Norihiro Ikeda, Kazuya Takahashi, Tomoyuki Inagaki, 佐藤 克也, 伊藤 伸一, Motohiro Seiyama, Kiyohito Takeuchi, Hiroshi Ogino, 藤澤 正一郎
Studies in Health Technology and Informatics   Vol.217 512-517   2015年9月   [査読有り]
According to the WHO, about 80% of visually impaired persons in the world are with low visual capacity. It is considered that LVs' safe independent mobility will be improved as employing Tactile Walking Surface Indicators (TWSIs). In the night, gu...
藤澤 正一郎, Kyohei Hirono, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 末田 統
Studies in Health Technology and Informatics   Vol.217 633-638   2015年9月   [査読有り]
The authors have been continuously researching tactile walking surface indicators and audible pedestrian signals used for crossing intersections. A pedestrian walks to the opposite side of the crosswalk using audible pedestrian signals. The positi...
米崎 二朗, 池田 真紀, Takuya Tsubaki, 佐藤 克也, 伊藤 伸一, 末田 統, 藤澤 正一郎
Studies in Health Technology and Informatics   Vol.217 805-810   2015年9月   [査読有り]
筋萎縮性側索硬化症(ALS)は,身体機能が徐々に衰えていく進行性の難病である.重度のALS患者には,重度障害者用意思伝達装置が用いられることが多い.しかし,症状の度合いが患者ごとに異なるため,適した入力スイッチを選定する必要がある.また,スイッチの選定は知識・経験の差に大きく影響されるため,主観的な評価で支援が進められることが多い.本研究では,入力スイッチにセンサを組み込むことでレバーの変位から指の動きを計測できる評価器具の開発を行った.これにより,入力スイッチの選定を行う際に,患者の残存...
佐藤 克也, Yuki OGAWA, 伊藤 伸一, 藤澤 正一郎, Kazuyuki MINAMI
Journal of Biomechanical Science and Engineering   Vol.10(No.3) 1-11   2015年9月   [査読有り]
In osteoblast cells, cells change their intracellular Ca2+ concentration ([Ca2+]i) as the response to mechanical stimuli. Although it has been reported that osteoblast cells responded to many kinds of mechanical stimuli including stretch of substr...
Method to Classify Matching Patterns between Music and Humans Mood Using EEG Analysis Technique Considering Personality
伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 藤澤 正一郎, 福見 稔
The Online Journal on Computer Science and Information Technology, OJCSIT   Vol.5(No.3) 341-345   2015年7月   [査読有り]
In this paper we introduce a method to classify matching patterns between music and human mood using an electroencephalogram (EEG) analysis technique and considering personality. We analyse the EEG of the left prefrontal cortex by single-point sen...
生野 貴子, 伊藤 桃代, 伊藤 伸一, 福見 稔
Journal of the Institute of Industrial Applications Engineers   Vol.3(No.2) 59-64   2015年4月   [査読有り]
本論文では,監視カメラの画像を想定し自動で監視する方法を提案している.通常,監視カメラの映像での物体探索では様々なサイズと形状の変化がある.そのため,物体の変形に対応できる方法が必要である.本論文の方法では,遺伝的アルゴリズムを用いることにより,映像内に残された忘れ物を高速・高精度に検出する方法を提案している.特に,大域的探索を遺伝的アルゴリズムが担当し,局所的探索をランダム探索法で行う方法を提案している.さらに,複数の忘れ物を候補として検出する方法により,比較的高精度に忘れ物の検出が可能...
張 鵬, 伊藤 桃代, 伊藤 伸一, 福見 稔
Journal of the Institute of Industrial Applications Engineers   Vol.3(No.2) 52-58   2015年4月   [査読有り]
Recognition of eye motions has attracted more and more attention of researchers all over the world in recent years. Compared with other body movements, eye motion is responsive and needs a low consumption of physical strength. In particular, for p...
伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎, 福見 稔
International Journal of Advances in Psychology   Vol.3(No.3) 86-93   2014年8月   [査読有り]
本論文では,前頭前野脳波分析技術を用いて嗜好を分析する手法を紹介する.脳波分析では,脳波の周波数特性を定量化する.脳波に含まれる個人差を緩和するために,エゴグラムを用いてヒトの性格を定量化する.これら脳波の特徴量とエゴグラムの得点を特徴ベクトルとし,嗜好パターン分類の問題適用することで,提案手法の有効性を検証する.パターン分類識別機には自己組織化マップを用いる.実験検証の結果,提案手法の有用性が確認できた.
パーソナリティ分析と灰色理論に基づく脳波分析を用いた嗜好パターン分類法
伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎, 福見 稔
The Online Journal on Computer Science and Information Technology, OJCSIT   Vol.4(No.3) 276-280   2014年7月   [査読有り]
本論文では,音刺激に対する嗜好パターンを脳波分析技術を用いて検出する手法を提案する.脳波分析では,脳波の周波数帯域間の関連性を灰色理論に基づいて分析し,灰色関連度を算出し,脳波の特徴量とみなす.脳波に含まれる個人差を緩和するために,ヒトの性格をエゴグラムを用いて定量化する.脳波の特徴量とエゴグラムを特徴ベクトルとし,嗜好パターンを分類する.実験検証の結果,提案手法の有効性を示すことが出来た.
Kyohei Hirono, Tatsuya Miyazaki, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎
Assistive Technology Research Series   Vol.35 435-436   2014年6月   [査読有り]
視覚障害者誘導用ブロックは視覚障害者の単独歩行には重要である.音響式方向者信号は同様に交差点の横断するために重要である.点字ブロックは交差点までを誘導し,音響式方向者信号機は交差点を横断することを支援する.しかしながら,音響式歩行者信号機の支援は点字ブロックの支援と連携をとっていないことがある.本研究では,音響式歩行者信号機を設置される場所の異なる位置で視覚障害者が如何に誘導されるかを検証することである.
Kuramoto Nobuhisa, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎
International Journal of Bioscience, Biochemistry, Bioinformatics (IJBBB)   Vol.4(No.1) 49-56   2014年1月   [査読有り]
ブレイン・コンピュータ・インタフェースによる歩行アシストシステム構築のために,随意運動時における大脳皮質の活動メカニズムを分析する手法を提案する.提案手法は,独立成分分析とメディア・モルフォロジーフィルタを用いてノイズ除去および特徴を強調する.実験検証の結果,提案手法の有効性が示され,かつ,随意運動時の大脳皮質活動にも個人差が含まれることが確認できた.
藤澤 正一郎, Miyazaki Tatsuya, 伊藤 伸一, 佐藤 克也
Assistive Technology Research Series   Vol.33 647-652   2013年9月   [査読有り]
視覚障害者が交差点を横断するのは,最も危険な行動の1つである.視覚障害を持つ歩行者は視覚障害者誘導用ブロック「TWSIs」によって横断歩道入り口に誘導される.視覚障害者が歩行者用音響信号を利用して安全にかつ円滑に交差点を横断することが重要です.しかしながら,TWSIsと音響式歩行者信号との歩行支援システム間の接続性や連続性が確保させていない.本研究の目的は,この接続性と連続性について確かめることある.本研究の知見から指針設計のための基本的なの科学的データを取得することが可能となる.
Maeno Tetsuya, 藤澤 正一郎, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, Ogawa Takehiro, Ishimoto Hiroh
Assistive Technology Research Series   Vol.33 970-975   2013年9月   [査読有り]
本研究の第一の目的は,政府と会社が彼らを理解し就職率が増加することより深く支援するために,知的/精神障害者の特性を分析することである.第二の目的は,知的/精神障害者が活動的になることを研究が引き金になってこの評価を新たに通して,知的/精神障害者の作業評価方法を見直すことである.本研究の検証の結果,会社の雇用の阻害要因が障害者の障害から起こる要素より外部の要素である「強周囲の健康な人」の要素にかなり関連するのを示した.
Ikeda Norihiro, Takahashi Kazuya, Yamamoto Genji, Kimura Yuki, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎
Assistive Technology Research Series   Vol.33 982-987   2013年9月   [査読有り]
ロービジョン者の中には,朝夕や夜間などの低照度環境下において視力による視認性が著しく低下する場合がある.このことが,ロービジョン者の外出の機会の減少させる一因となっている.視覚障害者の安全な歩行を確保するため,視覚障害者誘導支援システムに関する様々な研究・開発が行われている.本研究では,LED発光ブロックを路面に埋め込む歩行誘導システムについて検討した.横断歩道口用発光ブロックを横断歩道口の注意喚起ブロックの端に設置した.この発光ブロックはロービジョン者にとっては,残存視力で知覚することが...
Matsubara Kayoko, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 坊岡 正之, Oku Hidehisa, 藤澤 正一郎
Assistive Technology Research Series   Vol.33 988-993   2013年9月   [査読有り]
我々の以前の研究で,視覚障害者誘導用ブロックの両側に置かれた側帯と側帯の医学的な実験結果は視覚障害者が道を歩いていて見つけるために有効であることが示された.本論文では,視認性と誤識別の関係を前の研究のデータを異なった観点から検証した.視覚障害者の症状の違いと等級の違いによる影響も検証した.結果として,30%の輝度コントラストが側帯と製造された点字ブロックの視認に誤識別しないことを担保するための最適値であることが示された.
パレート最適解間の関連性調査のための可視化技術
伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 斎藤 隆文, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎
INFORMATION   Vol.16(No.7(B)) 4893-4906   2013年7月   [査読有り]
パレート最適解間の関連性を可視化する手法を提案する.提案手法では,個体の適応度と個体の遺伝子の値を見える化することで,最適解間の関連性を一目で把握可能になる.見える化技術には疑似カラー法を適用している.提案手法の有効性検証するために,多目的ナップサック問題を適用した結果,提案手法の有用性が確認できた.
大規模データセットのための非線形学習アルゴリズム
竹内 洋平, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔
International Journal of Engineering and Innovative Technology   Vol.2(No.7) 407-412   2013年1月   [査読有り]
非線形な特徴生成手法はパターン認識の分野で最も重要なツールの一つである.線形の主成分分析(PCA)とフィッシャー判別分析(FLDA)が様々な方法で改良されており,高性能な特性が評価されている.また,判別分析の近似的手法であるSimple-FLDAも提案されているが,大規模な複雑データに対しては必ずしも妥当な方法ではない.本論文では,Simple-FLDAに対してカーネルトリックを適用して非線形高次元空間に拡張したSimple Kernel Discriminant Analysis (SK...
伊藤 伸一, 濱口 昌志, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎
ライフサポート   Vol.24(No.4) 153-158   2012年12月   [査読有り]
本論文では,自己組織化マップ(self-organizing map: SOM)を用いて脳波の個人差を見える化し,聴覚刺激時における脳波の個人差に関して考察する手法を紹介する.脳波の計測箇所は左前頭極付近とし,周波数分析の結果を脳波の特徴量とする.紹介する手法の有効性を検証するために,聴取音に対するヒトの嗜好を分類する問題に適用する.実験的検証の結果,紹介手法の有用性が確認できた.
伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎, 福見 稔
Journal of Signal Processing   Vol.16(No.5) 443-450   2012年9月   [査読有り]
聴取音楽に対する感受性の違いを分析する方法を提案する.提案手法は脳波分析部,パーソナリティ分析部,および聴取音楽の印象分類ぶで構成される.脳波分析部では,遺伝的アルゴリズムを用いて脳聴取音楽の印象分類に有用な周波数帯域を選定する.パーソナリティ分析部では,心理テストを用いてヒトの性格を定量化する.印象分類部では,k近傍法を用いて聴取音楽に対する印象を分類する.個体間差を分析するために,脳波による聴取音楽の印象分類結果と定量化された性格との関連性を分析した.その結果,ネガティブな印象の検出が...
上田 喜敏, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎
福祉のまちづくり研究   Vol.14(No.2) 9-17   2012年7月   [査読有り]
本調査研究では,腰痛アンケート調査(1,925名)を実施し,腰痛の有無と介助作業場面でどのような腰痛が発生するかについて介助動作場面の問題点を調査した上で,その結果からベッド介助作業での高さを変えた位置での持ち上げによる重量負荷(10kg)を筋電計と呼気ガス分析装置を用いて分析した.結果介護者の腰痛発症者が6割近くあり,既往者を含めると8割近くが腰痛を訴えていた.腰痛が発生しやすい介助動作は,ベッドでの介助場面であった.腰痛発生の原因は,中腰で長く続く作業であり,ベッドでの介助作業は腰の高...
Takahashi Shinji, Miyake Akifumi, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 坊岡 正之, 藤澤 正一郎
Assistive Technology Research Series   Vol.29 587-594   2011年8月   [査読有り]
視覚障害者誘導用ブロック(TWSIs)は視覚障害者,特に全盲者のための重要な歩行支援用品である.しかし,点字ブロックがすべての歩道で有効ではない.本研究はTWSI(特に,注意喚起ブロック)が方向の決定に貢献する割合を決定するため視覚障害者で検証を行った.TWSIsの形状を改善することが目的である.直線を5m歩行した後,その偏軌を比較することによって,正方配列と千鳥配列の方向提示性能の違いがあるかの検証を行う.方向提示性能は千鳥配列より正方配列が有意であることが確認できた.
Matsubara Kayoko, Hamada Takamaro, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 坊岡 正之, Oku Hidehisa, 藤澤 正一郎
Assistive Technology Research Series   Vol.29 610-617   2011年8月   [査読有り]
弱視者は時々路面を穴や溝として誤識別する.この場合の誤識別に起因する路面の要因を見つけることが本研究の目的である.本研究の予備結果として,本論文は弱視者がどのように路面を誤認識するかを説明する.弱視者59名を被験者として実験に参加した.幅,輝度比,および照明の異なったパラメータの路面の線の視認性を実験で検証を行った.三つの内の一つの実験では,被験者にそれぞれ異なったパラメータを持った8本の線を一度に見てもらう.線は昇降順に配置されている.それぞれの実験の終わりに,被験者からの回答を得た.
伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 福見 稔
Electronics and Communications in Japan   Vol.94(No.5) 9-16   2011年5月   [査読有り]
脳波の特徴抽出精度向上ための手法と抽出された脳波の特徴データを客観的に評価する方法を提案した.特徴抽出は,一般的な潜在構造モデルのモデル誤差を個人誤差と定義したモデルにより行なう.その際に,未知のパラメータである個人誤差をRGAにより推定している.客観的評価は,目視できる3次元空間へ射影する方法を提案している.そして音楽聴取時の脳波データを用いて,提案手法の有効性を検証した.
Aligning Real Space with the 2D Model on See-through HMD Using GA with Interactive Handling
Fuji Taiki, Shin-ichi Ito, Yasue Mitsukura, Tanabata Takanari, Kimura Nobutaka and Morita Toshio
Journal of Signal Processing   13(4) 347-350   2009年
Shin-ichi Ito, Yasue Mitsukura, Hiroko Miyamura, Takafumi Saito and Minoru Fukumi
WILEY Transaction, Electrical Engineering in Japan (Translated from Denki Gakkai Ronbunshi, Vol. 127-C, No. 6, 2007, pp. 874-881)   92(41) 9-17   2009年
伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 福見 稔
電気学会論文誌C   129(1) 17-24   2009年
Objectively Psychological Evaluation Using the EEG
Tomita Yohei, Shin-ichi Ito, Koda Naoko, Jianting Cao, Yasue Mitsukura and Minoru Fukumi
Journal of Signal Processing   12(6) 465-472   2008年
前頭前野の脳波を用いた気分一致曲の検出法
伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 宮村 浩子, 斎藤 隆文, 福見 稔, 曹 建庭
Journal of Information   10(6) 889-901   2007年
伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 齋藤 隆文, 宮村 浩子, 福見 稔
電気学会論文誌C   127(6) 874-881   2007年
伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 福見 稔, 赤松 則男
電気学会論文誌C   124(6) 1259-1266   2004年

書籍等出版物

 
情報科学入門
石丸 善康, 伊藤 伸一, 宇野 剛史, 岡村 康弘, 大平 健司, 小野 公輔, 掛井 秀一, 金西 計英, 澤田 麻衣子, 蓮沼 徹, 古屋 S. 玲, 松浦 健二, 松本 和幸, 土岐 順子, 阿部 香織, 山? 紅, 辰巳 丈夫, 勝村 幸博
日経BP社   2017年4月   

講演・口頭発表等

 
A Proposal of Suitable Driving Behavior Model Selection according to Driving Scene
伊藤 桃代, Kazuhito Sato, 伊藤 伸一, 福見 稔
Conference record of 2017 Taiwan and Japan Conference on Circuits and Systems   2017年8月22日   
Evaluation of Driver Behavior Quantification using RSOM for Driver State Estimation
??c ?? ?? ???? Kazuhito Sato, ?? ?L?? ??? ?
Conference record of 2017 Taiwan and Japan Conference on Circuits and Systems   2017年8月22日   
ディープラーニングによる視覚障害者の識別
萬代 蘭丸, 黒住 亮太, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎
電気学会研究会資料   2017年6月24日   電気学会
農作業補助具の開発及び装着時の評価
山本 宰, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一, 樫山 直樹, 藤本 陽亮, 田中 義浩
電気学会研究会資料   2016年12月3日   電気学会
注意喚起ブロックの突起直径と間隔の違いによる方向定位性能の評価
石橋 樹, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一
電気学会研究会資料   2016年12月3日   電気学会
方向定位付きLED発光ブロックの敷設位置の検証
永濱 秀明, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一, 稲垣 具志, 池田 典弘, 高橋 和也
電気学会研究会資料   2016年12月3日   電気学会
ジェスチャーモーションによる拡張現実空間における文字列検索
日笠 賢, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔
瀬戸内信号処理研究会 SSS2016   2016年9月21日   
表情分析による蓄積ストレス評価
田中 智也, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔
瀬戸内信号処理研究会 SSS2016   2016年9月21日   
方向符号照合法とパーティクルフィルタを用いた蚊の追跡
野々口 大幹, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔
瀬戸内信号処理研究会 SSS2016   2016年9月20日   
横断歩道における視覚障害者の単独歩行のための移動支援機器間の連続性に関する研究
藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一, 末田 統
電気学会研究会資料 制御研究会   2016年3月4日   電気学会
Crossing an intersection is one of the most risky actions for a person with visually impairment. A visually impaired pedestrian is guided to the crosswalk entrance by the tactile walking surface indicators "TWSIs". TWSIs are necessary for persons ...
視覚障害者誘導用ブロックの方向提示性能の定量的評価
石橋 樹, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一
電気学会研究会資料制御研究会   2016年1月23日   電気学会
視覚障害者のための方向定位付きLED発光ブロックの実証実験
永濱 秀明, 清山 幹弘, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一, 稲垣 具志, 池田 典弘, 高橋 和哉
電気学会研究会資料制御研究会   2016年1月23日   電気学会
介助用手動車いすのタイヤ空気圧調整時における振動計測
大嶋 昇, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一, 坊岡 正之
電気学会研究会資料制御研究会   2016年1月23日   電気学会
重度障害者を対象とした意思伝達装置に関する研究
中島 紘一, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一
電気学会研究会資料 制御研究会   2015年9月26日   電気学会
GAとNNを用いた有効脳波スペクトラム領域の抽出
伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 福見 稔, 赤松 則男
電子情報通信学会NC研究会   2002年6月   電子情報通信学会
知的・精神障害者の作業分析に関する研究
石橋 樹, 吉村 祥吾, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一, 前野 哲哉
電気学会研究会資料 制御研究会   2015年9月26日   電気学会
CHRMESを用いた音楽データベース生成
田村 集, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔
瀬戸内信号処理研究会 SSS2015   2015年9月11日   
因子分析とニューラルネットワークを用いた脳波パターンの特徴抽出
伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 福見 稔, 赤松 則男
ヒューマンインタフェース学会研究報告会   2003年1月24日   ヒューマンインタフェース学会
背景差分を用いた動画像処理による蚊の検出
野々口 大幹, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔
瀬戸内信号処理研究会 SSS2015   2015年9月11日   
画像セキュリティのためのカラーIDの開発
伊藤 伸一, 矢野 謙典, 満倉 靖恵, 赤松 則男
ヒューマンインタフェースシンポジウム2003   2003年10月1日   
脳波による最良楽曲選出のためのデータベース構築
田村 集, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔
電気学会研究会資料 知覚情報研究会   2015年8月10日   電気学会
伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 宮村 浩子, 斎藤 隆文, 福見 稔
信学技報   2006年7月8日   電子情報通信学会
音楽視聴時の心的変化を示す脳波の特徴抽出法を提案する.脳波は複数の要因が複雑に絡み合った時系列信号であり,個人特性が強いため特徴抽出が困難であるとされている.周波数分析された脳波の各周波数成分の離散時間推移には個人差があり,各周波数成分の持つ特徴の重要性が異なると考えられる.これらの差が,従来から言われている脳波の個人特性を示していると思われる.本稿では,単一チャンネルに出現する脳波の外部刺激による心的変化モデル(Mental Change Appearance Model: MCAM)を...
脳波に基づいた情報処理 [招待有り]
伊藤 伸一
電気学会研究会資料 制御研究会   2015年8月1日   電気学会
実用的脳波計測装置を用いた音楽聴取時における脳波分析
伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 齋藤 隆文, 宮村 浩子, 福見 稔
電気学会産業計測制御研究会   2007年3月7日   電気学会
横断歩道口用発光ブロックの識別に関する研究
清山 幹弘, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一, 稲垣 具志, 池田 典弘, 高橋 和哉
電気学会研究会資料 制御研究会   2015年3月21日   電気学会
脳波センシングシステムを用いた感覚の分類
冨田 洋平, 伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 甲田 菜穂子, 福見 稔
産業計測制御研究会   2008年3月11日   
SVMを用いた時変複素音声分析による曲調解析
遠藤 司, 深井 寛修, 伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 福見 稔
産業計測制御研究会   2008年3月11日   
脳波センシングによる気分一致・不一致刺激の検出
伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 福見 稔
産業計測制御研究会   2008年3月11日   
脳波による最良楽曲選出のためのデータベース構築
田村 集, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔
瀬戸内合同信号処理研究会 SSS2014   2014年9月17日   
音楽聴取時における左前頭極脳波のパターン分類
伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎, 福見 稔
第79回パターン計測部会研究会   2009年7月31日   計測自動制御学会
生体情報を用いた聞き手の違和感検出?意思疎通のための会話支援システム?
都築 菜生, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔
瀬戸内合同信号処理研究会 SSS2014   2014年9月17日   
脳波の個人特性とユーザのエゴグラム得点との関連性
伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎, 福見 稔
電気学会 産業計測制御研究会   2010年3月9日   
初心者のための描写能力向上支援システム
正田 光, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔
瀬戸内合同信号処理研究会 SSS2014   2014年9月17日   
薬効に基づく裁量医薬品組み合わせの決定
内山 知, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔, 藤澤 正一郎
電気学会研究会資料 知覚情報研究会   2014年9月1日   電気学会
振り子特急列車乗車時における酔いの予兆検出のための生体情報分析
藤島 敬史, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔, 藤澤 正一郎
電気学会研究会資料 知覚情報研究会   2014年9月1日   電気学会
横断歩道口用発光ブロックの識別に関する研究
清山 幹弘, 志賀 大輔, 池田 典弘, 高橋 和哉, 稲垣 具志, 佐藤 克也, 伊藤 伸一, 藤澤 正一郎
電気学会研究会資料 制御研究会   2014年3月29日   電気学会
交差点周辺の視覚障害者の単独歩行のための移動支援機器間の連続性
廣野 恭平, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎
電気学会研究会資料 制御研究会   2014年3月29日   電気学会
破面合成法による道路交通騒音再現に関する研究
田辺 猛, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一
電気学会研究会資料 制御研究会   2014年3月29日   電気学会
ロービジョン者の歩行面の誤識別に関する研究
濱田 ?麿郎, 松原 加代子, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 坊岡 正之, 奥 英久, 藤澤 正一郎
産業計測制御研究会   2010年3月9日   
重量物持上げ動作時の背筋筋電図の測定と疲労解析
原田 敏司, 米津 金吾, 上田 喜敏, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一
第79回パターン計測部会研究会資料   2009年7月31日   計測自動制御学会
適応律動成分抽出法を応用した睡眠脳波分析
冨田 洋平, 伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 田中 聡久, 曹 建庭
産業計測制御研究会   2009年3月9日   
路面の違いが乗り心地に与える影響の検証
朱 景華, 伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 渡井 宏和, 田代 勝巳, 村上 和朋
産業計測制御研究会   2009年3月9日   
脳波を用いた過矯正におけるテクノストレスへの影響解析
冨田 洋平, 伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 福見 稔
信学技報   2008年6月27日   電子情報通信学会
曲調解析に基づく音楽分析法の提案
遠藤 司, 伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 福見 稔
信学技報   2008年6月27日   電子情報通信学会
画像による質感解析手法の検討
鈴木 聡, 深田 陽介, 深井寛 修, 伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 福見 稔
産業計測制御研究会   2008年3月11日   
ハチ目の性決定システムを取り入れた遺伝的アルゴリズムの提案
中村 泰行, 深井 寛修, 伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 福見 稔
電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会   2008年1月16日   
環境状況分類における脳波特徴抽出システム
村上 純子, 横松 恵理子, 伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 福見 稔
電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会   2007年6月24日   
遺伝的特徴解析によるEMG信号解析
土肥 賢太郎, 伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 矢間 優希, 福見 稔
信学技報   2006年7月8日   電子情報通信学会
多変量解析による音楽聴取時の脳波分類
小川 宜洋, 伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 福見 稔, 赤松 則男
信学技報   2005年7月   電子情報通信学会
ニューラルネットワークを用いた脳波解析
伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 福見 稔, 赤松 則男
日本シミュレーション&ゲーミング学会秋期全国大会   2002年9月   
Personal Authentication and Hand Motion Recognition Based on Wrist EMG Analysis by a Convolutional Neural Network
塩士 亮平, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔
Proc. of 2018 International Conference on Internet of Things and Intelligence System (IOTAIS)   2018年11月2日   IEEE
Recent years, EMG has attracted much attention as a tool of human interface. In hand motion recognition and personal authentication using wrist EMG, we have obtained good results. However, there has been no way to establish them at the same time. ...
進化型コンピューティングによる特徴脳波スペクトラム領域の抽出
伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 福見 稔, 赤松 則男
電気•情報関連学会中国支部連合大会   2002年10月   
Authentication of Aerial Input Numerals by Leap Motion and CNN
山本 駿, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔
Proc. of 2018 International Conference on Internet of Things and Intelligence System (IOTAIS)   2018年11月2日   IEEE
As information technology has advanced in recent years, services which include personal authentication systems such as ATM are increasing. Current main personal authentication systems include IC cards, passwords, and biometrics authentication such...
セキュリティ保護のためのカラーIDの作成
伊藤 伸一, 矢野 謙典, 満倉 靖恵, 赤松 則男
第12回計測自動制御学会中国支部学術講演会   2003年11月28日   
Personal Authentication by Lips EMG Using Dry Electrode andCNN
森川 詩音, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔
Proc. of 2018 International Conference on Internet of Things and Intelligence System (IOTAIS)   2018年11月2日   IEEE
As an alternative to voice, sign language and artificial larynx can be used. However, there are disadvantages where they require a long-term training and are expensive. Therefore, researches on detection of utterance by electromyography (EMG) anal...
因子分析を用いた脳波の特徴抽出
伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 赤松 則男
第46回自動制御連合講演会講演会   2003年11月28日   
A Method to Check whether Human Understands Contents of Learning Using Electroencephalogram
大前 久基, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔
ICISIP2018   2018年9月12日   ICISIP2018
This paper proposes a method to check whether human understands contents of learning using electroencephalogram (EEG). The proposed method consists of three stages; EEG measurement, EEG feature extraction and EEG pattern classification. The EEG fe...
音楽聴取時における脳波の特徴抽出
伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 宮村(中村) 浩子, 斎藤 隆文, 福見 稔
日本シミュレーション&ゲーミング学会秋期全国大会   2006年11月   
A Method to Extract a Nail Half Moon for Accumulation Stress Evaluation
島本 和樹, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔
ICISIP2018   2018年9月12日   ICISIP2018
In this paper, we propose a method to extract a nail half moon for accumulation stress evaluation. The proposed method consists of three phases; nail half moon area extraction, HSV color system conversion and nail half moon outline detection. Trim...
個人特性を考慮した脳波出現モデルと客観的評価方法
伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 宮村(中村) 浩子, 斎藤 隆文, 福見 稔
第15回計測自動制御学会中国支部学術講演会   2006年11月18日   
Kinectを用いた監視システムのための個人識別
安藤 輝, 福見 稔, 伊藤 桃代, 伊藤 伸一
電気学会電子・情報・システム部門大会論文集   2018年9月7日   電気学会
脳波に混入するアーチファクトの検出
伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 宮村 浩子, 福見 稔
電気学会産業応用部門大会   2007年8月20日   電気学会
スパース構造学習を用いた視認性の差異に基づくドライバ状態の識別
阪部 禎幸, 伊藤 桃代, 佐藤 和人, 伊藤 伸一, 福見 稔
電気学会電子・情報・システム部門大会論文集   2018年9月7日   電気学会
遺伝的アルゴリズムの可視化に基づく対話的スキーマ決定法
伊藤 伸一, 宮村 浩子, 満倉 靖恵, 斎藤 隆文, 福見 稔
日本シミュレーション&ゲーミング学会秋期大会   2007年10月29日   
運転シーンにおける単眼カメラを用いた移動物体識別
木村 拓也, 伊藤 桃代, 佐藤 和人, 伊藤 伸一, 福見 稔
電気学会電子・情報・システム部門大会論文集   2018年9月7日   電気学会
左前頭極脳波センシング技術とその応用 [招待有り]
伊藤 伸一, 満倉 靖恵
平成20年電気学会産業応用部門大会   2008年8月27日   
乾式電極を用いた口唇EMGによる個人認証
森川 詩音, 福見 稔, 伊藤 桃代, 伊藤 伸一
電気学会電子・情報・システム部門大会論文集   2018年9月5日   電気学会
左前頭極脳波センシングによる気分と聴取音楽の関連性に関する一考察
伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 福見 稔
日本シミュレーション&ゲーミング学会秋期大会   2008年10月25日   
パンチルトカメラを用いた危険物検出
藤井 ゆりか, 福見 稔, 伊藤 桃代, 伊藤 伸一
電気学会電子・情報・システム部門大会論文集   2018年9月5日   電気学会
BCI構築のための個人特性とエゴグラムの関連性に関する一考察
伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎, 福見 稔
電気学会産業応用部門大会   2009年9月2日   
深層学習を用いた質問の返答分類のための脳波分析法
伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 藤澤 正一郎, 福見 稔
ITCS   2018年8月17日   StemConference
This paper proposes a method to classify answers of questions during human communications based on an electroencephalogram (EEG) analysis technique. The proposed method consists of three phases; EEG measurement, EEG feature extraction and answers ...
ヒトの心理特性と左前頭前野の活動との関連性に関する一考察
伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎, 福見 稔
平成21年電気学会 電子・情報・システム部門大会   2009年9月3日   
Verification of blinking LED block installed at crosswalk entrance for low-vision people
藤澤 正一郎, Okada Tomohiro, Kihara Taiki, Nagahama Hideaki, Inagaki Tomoyuki, Ikeda Norihiro, Takahashi Kazuya, Takeuchi Kiyohito, Ogino Hiroshi, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 末田 統
Proceedings of the AHFE 2018 International Conference on Human Factors in Transportion   2018年7月24日   Springer
弱視者の障害の程度や見え方には個人差があるが,光の明暗の判別は可能である場合が多い.そのため,弱視者のための支援として点滅光を利用することが有効であると考えられる.こういった弱視者のための支援として,本研究室では横断歩道入口に発光点滅ブロックを導入する研究が行われている.本研究では弱視者に対する支援のための発光ブロックの開発の導入研究として,被験者に点滅光を提示した際の点滅刺激の強さと,その視認性の良さを官能評価によって評価してもらい,弱視者支援に最も適した点滅方法を考察する.
交差点の音場空間再現と評価手法の検討
原田 敏司, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一
第10回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集   2009年12月26日   計測自動制御学会
脳波の個人特性とユーザの心理特性との関連性に関する一考察
伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎, 福見 稔
第10回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会   2009年12月26日   計測自動制御学会
二極式乾式電極を用いた口唇筋電解析による日本語母音識別のためのデータセット作成
高畠 亮介, 福見 稔, 伊藤 桃代, 伊藤 伸一, Kamat Rahayu Binti Seri
電気学会全国大会講演論文集   2018年3月14日   電気学会
脳波の個人特性とエゴ得点との関連性考察
伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎, 福見 稔
第20回 インテリジェント·システム·シンポジウム(ベストプレゼンテーション賞 受賞)   2010年9月26日   日本機械学会
乾式電極による口唇EMGを用いた個人認証
森川 詩音, 福見 稔, 伊藤 桃代, 伊藤 伸一, Kamat Rahayu Binti Seri
電気学会全国大会講演論文集   2018年3月14日   電気学会
因子分析とNNを用いた脳波解析
伊藤 伸一, 満倉 靖恵, 福見 稔, 赤松 則男
第12回 インテリジェント·システム·シンポジウム   2002年11月21日   日本機械学会
Leap motionを用いたCNNによる空中入力数字の認識
山本 駿, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔, Kamat Rahayu Binti Seri
電気学会全国大会講演論文集   2018年3月14日   電気学会
灰色関連度を用いた嗜好検出のための脳波分析法
伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔
ICEIC2018   2018年1月24日   ICEIC2018
This paper introduces an electroencephalogram (EEG) analysis method to detect human preference. The proposed method consists of three phases; EEG recording, EEG feature extraction and preference detection. In EEG recording, we employ the simple el...
Identification of Visually Impaired Person with Deep Learning
藤澤 正一郎, Ranmaru Mandai, 黒住 亮太, 伊藤 伸一, 佐藤 克也
Proceedings of the 1st International Conference on Intelligent Human Systems Integration (iHSI 2018)   2018年1月9日   Springer
本研究の目的は,視覚障害者と健常者の歩行の静止画をディープラーニングで学習することによって視覚障害者を識別することである.歩行の静止画は,上からと横からの動画から静止画を取り出している.画像数(1000枚と2000枚)とドロップアウトの回数(1回,2回,3回)を変えて学習を行った.実験では,視覚障害者(全盲者)と健常者の2パターンの学習器のみの学習であったので,画像数2000枚,ドロップ数2回で,99.9%の正解率が得られた.
スパース構造学習を用いた運転情報による漫然状態の分析 -視認性の差異に基づく考察 -
阪部 禎幸, 伊藤 桃代, 佐藤 和人, 伊藤 伸一, 福見 稔
HCGシンポジウム2017論文集   2017年12月13日   
交通事故の最大の要因は認知・判断のミスによる漫然運転である.漫然運転時の運転行動変化を検出することができれば,交通事故の予防や,自動運転時の運転権限委譲の問題に対応することが可能となる.本稿では,スパース構造学習を用いてドライバの情報の相関から,平常状態と注意散漫状態の差異を分析する.ドライバの運転行動情報としては,視線,顔向き,心拍数,速度,加速度,およびハンドルの傾きを使用する.これらの情報が視認性の差異によってどのように変化するか,分析する.
運転行動の変化に基づく注意散漫状態の検出-GGMを用いた運転行動モデル化の検討-
竹安 このみ, 伊藤 桃代, 佐藤 和人, 伊藤 伸一, 福見 稔
HCGシンポジウム2017論文集   2017年12月13日   
近年の交通死亡事故の特徴として,漫然運転が原因の事故が増加している.漫然運転の状態を検出することができれば,交通死亡事故を減らすだけでなく,自動運転における権限委譲のためのドライバの状態監視の実現にもつながる.そこで本研究では,ドライビングシミュレータを用いて測定した運転行動に対し,グラフィカルガウシアンモデルによって疎構造モデルを生成した.また,生成した運転行動モデルの有用性を検討した.
VR技術を用いた視覚障害体験システムの開発
藤澤 正一郎, 三原 佑太, 伊藤 伸一, 佐藤 克也
第22回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集   2017年9月27日   日本バーチャルリアリティ学会
我が国の視覚障害者数は164万人に上る.そのうちの144万9千人がロービジョン者であり, 緑内障, 糖尿病網膜症, 加齢性黄斑変性, 色弱等の症状を抱えている.そこで本研究では, ステレオカメラを内蔵したヘッドマウントディスプレイを用いて多種多様な視覚障害の症例を体験できるシステムを構築した.カメラから取り込んだ画像にPC上で画像処理を行い, ヘッドマウントディスプレイに出力することで様々な視覚障害の症状を再現する.特に本報ではシステム開発に向けた第一歩として色弱の見え方を再現することを目...
Japanese Vowels Recognition Using Linear Discriminant Analysis and Surface Electromyogram Measured with Bipolar Dry Type Sensors
高畠 亮介, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔
Proc. of the 5th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2017   2017年9月8日   the Institute of Industrial Applications Engineers (IIAE)
Personal Authentication Based on Wrist EMG Analysis by a Convolutional Neural Network
塩士 亮平, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔
Proc. of the 5th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2017   2017年9月8日   the Institute of Industrial Applications Engineers (IIAE)
Biometrics Authentication of Aerial Handwritten Signature Using a Convolutional Neural Network
中西 康平, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔
Proc. of the 5th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2017   2017年9月8日   the Institute of Industrial Applications Engineers (IIAE)
A Method to Specify a Region of Character String in Augmented Reality
日笠 賢, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔
Proc. of the 5th IIAE International Conference on Intelligent Systems and Image Processing 2017   2017年9月8日   the Institute of Industrial Applications Engineers (IIAE)
脳波を用いた学習理解の評価に関する研究
大前 久基, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔
電気学会電子情報システム部門大会論文集   2017年9月7日   電気学会
表情分析によるストレス評価の検討
田中 智也, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔
電気学会電子情報システム部門大会論文集   2017年9月7日   電気学会
ディープラーニングによる視覚障害者の認識
萬代 蘭丸, 黒住 亮太, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎
平成29年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集   2017年9月6日   電気学会
The purpose of this research is to identify the visually impaired person by learning the still picture of walking of a visually impaired person and a healthy person by the deep learning. The still picture of walking has taken out the still picture...
視覚障害者のための階段昇降支援ロボットの開発
劉 楠, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, 藤澤 正一郎
平成29年電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集   2017年9月6日   電気学会
KInectを用いた監視システムにおける呼吸検知
安藤 輝, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔
電気学会電子情報システム部門大会論文集   2017年9月6日   電気学会
Character Input System using Gesture Motion in Augmented Reality
日笠 賢, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代, 福見 稔
電気学会電子・情報・システム部門大会論文集   2017年9月6日   電気学会
深層学習を用いた手首筋電の個人認証
塩士 亮平, 福見 稔, 伊藤 桃代, 伊藤 伸一
電気学会情報システム研究会   2017年8月3日   電気学会
手首で計測された筋肉電位を用いて個人認証を高精度に行ったことの報告である.特に,畳み込み型の深層学習ネットワークを用いることにより,ジャンケン動作に伴う筋電に基づいて個人認証を行う方法を提案し,計算機シミュレーションにより高精度認証が可能であることを定量的に評価している.
2極式乾式電極を用いた表面筋電による日本語母音識別
高畠 亮介, 福見 稔, 伊藤 伸一, 伊藤 桃代
電気学会情報システム研究会   2017年8月2日   電気学会
Verification of Installed Position of LED Block Equipped with Projections to Indicate Travel Direction
Inagaki Tomoyuki, Nagahama Hideaki, Ikeda Norihiro, Takahashi Kazuya, Takeuchi Kiyohito, Ogino Hiroshi, 佐藤 克也, 伊藤 伸一, 藤澤 正一郎
Proceedings of the AHFE 2017 International Conference on Human Factors in Transportion   2017年7月17日   Springer
A crosswalk entrance is on the boundary of a roadway and is a dangerous area for visually impaired persons. Tactile walking surface indicators (TWSIs) are installed on the road to support independent travel for blind and low-vision individuals. We...
Research on Blinking-Luminescence Travel Support for Visually Impaired Persons
Okada Tomohiro, Miyamoto Takashi, 伊藤 伸一, 佐藤 克也, Ikeda Norihiro, 末田 統, 藤澤 正一郎
Proceedings of the AHFE 2017 International Conference on Human Factors in Transportion   2017年7月17日   Springer
Of the five human senses, vision is said to account for 80% of the in-formation acquired. The presentation of light is an effective way to convey visual information. A blinking presentation especially attracts attention. A low-vision person acquir...
方向定位付きLED発光ブロックの全盲者向け敷設位置の検証
永濱 秀明, 藤澤 正一郎, 佐藤 克也, 伊藤 伸一, 稲垣 具志, 池田 典弘, 竹内 聖人, 荻原 弘, 高橋 和哉
ロボティクス・メカトロニクス講演会2017講演論文集   2017年5月13日   日本機械学会

競争的資金等の研究課題

 
科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 伊藤 伸一
科学研究費助成事業
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 藤澤 正一郎
科学研究費助成事業
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 藤澤 正一郎
科学研究費助成事業
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 伊藤 伸一
科学研究費助成事業
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 滝本 裕則
科学研究費助成事業
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月    代表者: 藤澤 正一郎
脳波分析による自動選曲システムに関する研究
研究期間: 2006年   
脳波の個人特性を考慮した脳波分析法に関する研究
研究期間: 2004年   
脳波の個人特性と心理特性の関連解明に関する研究
研究期間: 2009年   
遺伝的アルゴリズムの可視化
研究期間: 2007年 - 2009年
最適解探索を支援する可視化技術に関する研究
民間学術研究振興費補助金
研究期間: 2010年