基本情報

所属
熊本大学 発生医学研究所 講師
学位
博士(医学)(京都大学)

連絡先
kojikkumamoto-u.ac.jp
ORCID ID
 https://orcid.org/0000-0002-7616-8200
J-GLOBAL ID
200901088427498142
Researcher ID
W-1048-2017
researchmap会員ID
6000019523

外部リンク

 細胞極性とは、分子が位置情報に基づく一つの軸に沿って空間的に偏りを持って配置される性質であり、これが組織の3次元構造における細胞の機能分化を規定します。細胞極性は細胞種に応じて多様であり、適切に確立される必要があります。私共は、適切な細胞極性が、私共が着目するタンパク質複合体の細胞種特異性より決定されると予想し、分子の動態を内在性レベルで生物/細胞種横断的に解析できる実験系を構築して分子基盤の解明を目指します。

 私共は特に、微小管とWntシグナル経路の連関に着目して、培養細胞/ショウジョウバエ/マウスを用いて研究を進めています(Life Sci. Alliance, 2022EMBO Rep., 2018.; J. Cell Sci., 2012.; EMBO J., 2010.)。これまでの経験を生かして(Cancer Res., 2013.他)、ゲノム編集によりEGFPノックイン生物を作製し、タンパク質が有する細胞内での本来の発現/局在パターン/分子間相互作用を解析しております。

 細胞極性の形成・維持が破綻しますと、様々な疾患の発症につながる事が知られています。私共は、学術的な問いを明らかにするだけでなく、疾患の発症・病態の解明につながるような研究プロジェクトを立ち上げて、研究を進めております。

Google Scholar


共同研究・競争的資金等の研究課題

  15

論文

  19

MISC

  5

講演・口頭発表等

  55

その他

  14