共同研究・競争的資金等の研究課題

2009年 - 2010年

差異的樹状細胞免疫法による前立腺癌幹細胞特異的モノクローナル抗体の網羅的作製

日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)
  • 田村 隆彦

課題番号
21791532
配分額
(総額)
3,510,000円
(直接経費)
2,700,000円
(間接経費)
810,000円

HAを発現する制御性樹状細胞をマウスに免疫するとHAに対する抗体産生は成熟活性型樹状細胞を用いた場合と比較すると強く抑制された。しかし、OVAタンパク質をその後免疫すると、OVAに対する抗体産生は抑制されなかった。これらのことから差異的樹状細胞免疫法の基盤が確立された。培養細胞から抽出された膜タンパク質は樹状細胞に貪食されることが確認された。貪食樹状細胞を免疫することで細胞表面タンパク質に対する抗体産生が誘導された。制御性樹状細胞を用いた場合は抗体産生が有意に抑制された。

リンク情報
論文
STEAP4 regulates focal adhesion kinase activation and CpG motifs within STEAP4 promoter region are frequently methylated in DU145, human androgen-independent prostate cancer cells
論文
Production of Antibodies against Multipass Membrane Proteins Expressed in Human Tumor Cells Using Dendritic Cell Immunization
URL
https://kaken.nii.ac.jp/file/KAKENHI-PROJECT-21791532/21791532seika.pdf